ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

幸せの意味

2014-11-28 10:19:42 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 矢印クリックお願いいたします

いい詩を見つけました


お母さんのゆめ    
                 川北真詩 7さい


お母さんのゆめは何?
ってきいたら
「もう、かなったよ」

どんな、ゆめやった?
ってきいたら
「かわいい子どもが生まれますように」

それ、ぼくのことや
うれしくてわらったら
お母さんもニコニコ
わらってたよ。

             

                産経新聞一面の 朝の詩 より


いい詩ですね。

こんなゆったりとした母と子の時間がある

そんな日本にしていきたいです

「しあわせ」 の意味を考えました・・・  

それで思い出したのが、この歌「おかあさん」

you tube で検索したら とってもいい「おかあさん」がありました

https://www.youtube.com/watch?v=U5fBT4GfsGo 

昔、古典の授業で「愛し」とかいて「かなし」と読むと習いましたが、

「愛し」くなりました。

コメント (1)

エネルギーの自立 小中学校屋根貸しによる太陽光発電

2014-11-23 12:17:19 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。このところ、他の参加者に押しまくられています。

23日(日)は所沢市空手道選手権大会から始まりました。

今、ちょうど行事と行事の間、が2時間半できたので、ブログを書いています。

さて、先日のブログで「国土交通大臣賞」を所沢市が受賞したことを書きました。

「未来の子供たちに今の大人は何を伝え、何を残すのか?!」

を念頭に所沢市は、

・ふるさとと呼ぶにふさわしい自然ゆたかな環境を残すこと、

・人と人が助け合え支えあう社会を残すこと

そして、

・借金(つけ)は残さないこと、

などに取り組んでいます。

さて、昨年出来た『マチごとエコタウン所沢構想』は、

すべての施策を環境の視点から横串に指し、ライフスタイルまで問うていく構想ですが、

エネルギーの自立を目指した各種事業を展開中です。

例えば、昨年出来たメガソーラー「とことこソーラー北野

自然再生エネルギーの普及のための数々の補助金「実践!創エネ・省エネ 所沢市スマートエネルギー推進補助金
 https://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/seikatukankyo/kankyo/ekojyosei/kasomu_2014042616373068/index.html


そして、小中学校の屋根も有効利用し、太陽光発電設備を展開中です。


(富岡中学校の屋上 避難も考えて屋根の一部を覆っています。スイッチ一つで災害時には校舎で使えます。)

設置方法は、市で着けて市で使うのではなく、市は屋根を貸して賃料をとり、設置は発電会社が自分でして、会社は売電して運営する、というもの。

化石燃料に頼らずエネルギーを自立できる社会態勢を目指す、というのが目的です。(もちろん、原発に頼らない社会にする!)

災害時には避難所となる学校で利用できる契約になっています。 

また、来年には、県産材を使って学校の内装を木質化する「学校内装木質化事業」も工事開始(狭山ヶ丘中・中央中)

断っておきますが、クーラー入れるより安いのです。
(狭山ヶ丘中の場合、純然たるクーラー工事分1億4000万円、空調全体で3億1200万円プラス燃料代。いっぽう木質化は1億円)

県内林業の活性化、県産材を使って地球温暖化防止、木のぬくもりと温かみのある教室、それに吸湿・吸音効果が望めます。

年間を通しての効果があります。

動け! 所沢 紡ごう! 絆」そして「未来(あす)を見つめ 今を動く

所沢市はがんばります。



 

コメント (4)

教育功労者表彰  と 桐島洋子さん 

2014-11-21 10:06:59 | 行事を見たり聴いたり活動

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

高齢者大学の公開講座として桐島洋子さんにご講演いただきました。

会場は久々の2階まで満員御礼。

さすが、桐島洋子さん、彼女の生き方にあこがれた人々が来られたんだな、とすぐにわかりました。

そこで、講演に先立つ市長挨拶でも、桐島さんの生き方を思い起こしながら
12月に提出される3つの条例案
1.国民健康保険条例2.住民投票条例3.市民参加条例 を例に挙げて、
市民参加決定を呼びかけさせていただきました。

講演後、桐島さんから色紙をいただきました。

犀(さい)の角(つの)のように
独り歩め   
      -仏陀の言葉よりー

今の自分にとって、とても意味深い言葉でありました。


             
                   (桐島洋子さんの講演に先立ってご挨拶)


昨日は教育功労者表彰がありました。

教育委員さんとして、学校医として、後援会長として、放課後ところの役員さんとして、学校評議員さんとして、
文化活動の担い手として、貴重なご浄財をご寄附されたことに対して、そして、学生として活動を頑張って成果を上げたことに対して…

教育界に功労のある方々を顕彰する式典でありました。

今日は来賓側だったのですが、う~ん、祝辞を申し上げるにあたって『迷い』が生じてしまいました

用意した祝辞は自分にとって「しっかり言いたいことが入った」文章でした。

しかし、会場に入って表彰者を拝見して、8割の方が存じ上げた方々だったので、

「何も見ず、全員のお名前をそらんじて、それからおもむろに祝辞を申し上げよう」

なんて野心が芽生えてしまったのでした。

しかし、もし途中で度忘れしたらパニックになるな・・・どうしよう・・・って迷っているうちに

祝辞を読み始めてしまい、

途中どこかで皆さんのお名前をそらんじようか…など迷いながら、結局 日付まで読んでしまい、

そのまま後ろ髪引かれながら、あきらめて席に戻ったのでありました。

だから祝辞にも覇気がなく、速めに読んで重さがなく…  今さらながら悔やんでいます。

表彰されたすべての皆様に、ここに改めて感謝と敬意を表します。

そして、あらためて「すみませんでした」とも申し上げます。

平成26年11月21日 所沢市長 藤本正人


                         (教育功労者として表彰された皆さん)

 

 

コメント

表彰式 そして 大学生とミーティング さらに篠田光ちゃん U-15 優勝の報告を受ける

2014-11-19 12:01:47 | 市長への訪問を受けるなど

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村  ←クリックお願いいたします。ブログ競争をしていますので、ぜひ1クリックお願いします。

一昨日の11月17日(月)は

技能功労者と障害者雇用優良事業者ならびに自治表彰者をお招きして、表彰式を挙行しました。
技能功労者表彰は 永年1つのお仕事に専心され、技能を磨かれた方々を顕彰するものです。
また、退職自治会長・町内会長感謝状贈呈式は、地域のために尽力されこのたび退職された自治会・町内会長さんに対して、感謝の意を表すものです。

人に歴史あり

表彰を受けられる皆様の永年のご労苦、ご尽力に対し市長として 心からのご挨拶を申し上げました。


                    (技能功労者 そして 障害者雇用優良事業者の皆さま)


                         (退職自治会、町内会長の皆さま)

また、その日の夕刻からは

大学生に聞く「タウンミーティング」を実施。
明治大、国学院大、早稲田大、秋草短期大、日大のみなさんが夕闇せまる市役所8階に集合。
所沢はブランドはどうしたら推進できるか?!
アイデアや意見をいただきました。



う~ん、進行が難しかったぁ~。
最初に自己紹介してもらえばよかったとつくづく思いました。
(最後にやってもらったらみんな30秒くらいでうまく話せるんですもの。大人の場合、1人で10分以上話してマイクを離さない人が続出するもので、20人近く参加の今回は、自己紹介を後に回したのでした。だったら、最初に紹介してもらって和気あいあいの雰囲気にしていけば善かった…と後悔しました。みなさん、ごめん!!)

しかし、いろんなサジェスチョンをいただきました。
参加くださった皆さん、これからも学生生活の充実を、そして、就活の成功を祈っておりマス。

そして、翌18日は 

市役所の災害訓練 震度6の地震、それに続く火災を想定しての、市民誘導訓練。
市役所庁舎の各階の係がそれぞれの役割を訓練しました。
いつか必ず来る災害 気が引き締まりました。


そして、夕刻は 
ボクシング日本チャンピオンの篠田光(ひかる)ちゃんがジムの会長とコーチをしてくれるご両親とともに訪問してくれました。
第7回Uー15ボクシング全国大会女子優秀賞の受賞報告です。


が、小学校6年生の篠田光ちゃん かわいらしい笑顔と利発そうな受け答えに僕はビックリ。
でも、朝は6時から校庭に行ってお父さんと一緒に走ったりスパークリングの練習を、放課後は、そのまま東大和のジムに通って2時間の練習を毎日欠かさないのだとか。
こんなかわいらしい少女なのに努力は人一倍しているのか・・・。
苦しかったり辛かったりしないかい?
と聞くと
でも勝ったら喜びもひとしおなので大丈夫!!
と笑顔で答えてくれました。
オリンピックにも正式種目になっている女子ボクシング。
日本の星、世界の星を目指して、大事にしっかり、頑張ってくださいね。

コメント

所沢市 消防団特別点検 そして 所沢市表彰式

2014-11-16 15:53:46 | 行事を見たり聴いたり活動

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いいたします

昨日は、小手指小学校開校125周年記念式典に参列。

地域の皆さんに愛された歴史ある学校は、校庭の大きなイチョウが象徴のようだ。

青空にまっすぐ伸びる大きなイチョウの木のように、子どもたちよ、逞しく成長されよ。


       (手紙を書いた風船を飛ばす子ども達   遠い土地から返信があって…メルヘンですねぇ)


そして、本日は、消防団特別点検に市表彰という大きな行事が午前午後とあった。

朝は8時30分より消防団特別点検。

分列行進、 通常点検、機械器具点検、車両分列行進、一斉放水 と 規律厳正にして勇猛なる消防団の雄姿を拝見しました。

命を懸けたボランティア=消防団活動 

頼もしくもありがたき団員の活動に敬意と感謝を表したい。



続いて、2か所の文化祭を訪問。

そして、民謡のおさらい会にてごあいさつ。

続いて、所沢市として最高峰となる表彰式 「所沢市表彰」に出席。

これは、市の模範たる永年にわたる活動をされてきた市民、団体に、または、貴重なご浄財をご寄附いただいた方々に、

敬意と感謝の意を表し、顕彰するもの。

厳粛なる式典が行われたと思いました。

表彰を受けられた皆様、本当にありがとうございました。

どうか今後ともますますのご健勝とご活躍を祈ります。


 
                            市表彰を受賞された皆様

 

コメント

所沢市 緑を守り育てる取り組みで 国土交通大臣賞を受賞! と トコろん4コマ漫画コンテスト 最終回

2014-11-14 18:26:43 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いいたします

11月14日(金) 今日は県民の日。

昨日の、読売テレビの『秘密のケンミンSHOW』や、本日のテレビ東京『昼めし旅』の番組でも、所沢の事が語られ、

山田うどん
、市の観光大使の春日俊彰さん、富岡のPTA会長の吉田さん、そして、中富の農家 田中さん 

テレビに登場!!

にやにやしながらうれしく観てしまったのでした…。

さて、実は、所沢市 市と市民の取り組みが評価され、

環境面での最高峰 緑の都市賞国土交通大臣賞 を受賞したのです!!

「みどりの基本計画」を作って、着実に「里山保全」を行い、

「みどりのパートナー推進事業」
など、市民の活動を盛り上げて、

みんなでみどりを守り、育ててきたことが評価されたものでした。

「里山保全地域指定」は、ここの緑を大切にしたいね、と指定すること。相続などがある場合に優先的に公有地化する制度です。
平成23年度以降、28,34haを新たに指定しました。また、平成23年度以降新たに2,3haの公有地化も致しました。

一方、みどりのパートナーは、市民有志が緑の保全・育成の活動をし、市が必要な資材を提供して一緒にみどりを守り育てていく仕組み。
現在26団体が登録し、活動してくださっています。

この賞は今回で第34回を迎え、今回は内閣総理大臣賞1点、国土交通大臣賞3点が受賞。
埼玉県内でも今までに自治体としての受賞は1例しかありませんでした。

市民の皆さん、所沢市は 
「未来の子どもたちに 今の大人は 何を残し、何を伝えていくのか」
常に考えながらまちづくりを進めていきます。


ということで、

トコろん4コマ漫画コンテスト

今日は最終回 優秀賞 佐藤清一郎さん の作品です。


                ああ、そうでした。 わたしたちもそういう疑問を 昔もちましたね~。
                            子供たちの素朴な質問に  素朴なトコロンも たじたじですね~。

コメント (2)

行事の数々 と トコろん4コマ漫画コンテスト

2014-11-13 16:03:20 | 行事を見たり聴いたり活動

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いいたします

昨日は、麹町へ行って文科省の審議官から地方教育行政の今後の動き、を伺いました。

さて、ここで3つのイベントについてお知らせいたします。

1つは、回虫博士 藤田紘一郎先生による「免疫力をつける生活」
アトピーも花粉症も実は、腸に鍵が…。そして、サナダ虫をおなかに飼えば、アトピーは治ってしまうのだった!!
衝撃にして抱腹絶倒なお話です。

う~ん、すみません!!こちら満員御礼。申し込締め切ったそうです!!



2つめは
所沢図書館発「赤毛のアンとモンゴメリー英米児童文学との関係」
小峰和子先生(明治大学講師)
NHKの連続ドラマ で注目されている『赤毛のアン』と作者モンゴメリー
公立図書館の企画や如何に!!


11月15日(土)午後1時半~3時

11月29日(土)午後1時半~3時
ともに図書館本館3階


そして、3つ目は市民による企画。

「モンゴルの風」
馬頭琴の演奏、リンベ(横笛)、ホーミー、ヤマガ(琴)
11月19日(水) 午後2時開場 2時半開演
並木公民館2階ホール
入場料2000円
問い合わせは 光井さん090-3526-9960 または 杉田さん 080-1167-1745



そして、 トコろん4コマ漫画コンテスト

今回の作品は 優秀賞 の ペンネーム くまだくまさんの作品です。

                         う~ん、前回せっかく仲良くできたのにねぇ  果たしてどうなるのか?

コメント (1)

青少年の素晴らしさ と トコろん四コマ漫画コンテスト

2014-11-11 23:08:22 | かんじたこと、つぶやき

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

今日は いろいろなことがあった。Z

その中の一つ。

租税教育推進協議会という組織がある。

県税事務所の所長さんや私もメンバーなんですが、中高生に 税に関する作文を書いてもらい、良い作品を表彰しています

今日も優秀者の表彰式をいたしました。

さて、表彰したあと、司会者が「時間があるので、なにか聞きたいことがあったら聞いてみませんか?」

と中高生に話をふったのでした。そうしたら、

「食品添加物についてどう思いますか?」

「消費税が8%の日本は他の国より低いですが、
救急車のサービスなどどうしてできるのでしょうか? 今後どうなるのでしょう。」


そして、

「狭山ケ丘中学で、内装を木でやると聞きましたが、
そのお金があったらクーラーをつけるべきと思いますが、
どういう考えなのですか?」


全部ストレートで率直な質問だった。

第1問と第3問を私が、第2問は教育長が答えたのだが、果たして的を射た答えができたかどうか。

しかし、狭山ケ丘中学のことははじめて子どもに話すことができた。

本当にありがたいことだった。

質問した子も、どの子も勇気が要ったことと思う。

青少年の純粋さに心洗われたひと時だった。

さて、それでは「トコろん四コマ漫画コンテスト」です。

今日は 優秀賞  屋良萌さんの作品です。
 
                       トコろん、 ライバルのひばりちゃんと なかよくできましたね 

コメント

さまざまな市長会にて 鋭気を養う (しかし 少々疲れ気味?) それと 西明石 よねちゃん

2014-11-09 22:40:05 | 行事を見たり聴いたり活動

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 →クリックお願いいたします

市長会がある。

埼玉県市長会、全国市長会。

その他にも実は、目的を持った市長の会があって、それぞれ研鑽を積み、事例を学んで、自分の市に役立つ市政運営をしようとしている。

今週は様々な市長会があった。

まず、11月4日 青年市長会。 
50歳以下で初当選した市長たちの会合。  この会は刺激が強い。メンツが濃い。 
霞ヶ関で行われた青年市長会は、みんな個性が強く、縦横無尽に暴れまわっている人が多い。
もうすぐ導入されるマイナンバーカードのことや医療や交通や財布に活用している先行事例を聞く。 
そして夜は、青年市長会メンバーと全国国会議員1年生との懇談をした。
そこでもびっくり情報。
なんと小手指小・中出身の国会議員がおられました。
現在 愛知県第2選挙区(名古屋市)選出の 東郷哲也氏。 http://www.togotetsuya.com/index.html

不思議な縁です。

翌日11月5日は、特例市長会・・・全国の特例市(人口20万人以上で普通の市より権限を多く持つ)の市長会。

明石市で行われ、今後この制度がなくなり(既に特例市ならば権限は維持される)中核市になるか選択が迫られる今、
中核市になったばかりの大阪府は豊中市長さんや中核市長会長の愛知県の豊橋市長さんから課題や懸案事項、そしてメリットの率直なお話をうかがった。
また、明石市の施策のうち進んだ事業を紹介していただいたりした。
特例市になると重みが出てくる。 優秀な頭脳を持った品のある市長という方々が多い、と感じる。
夜の懇親会も同じ立場で同じ悩み、それでいて、ライバル。 学ぶことが多い。
懇親会では、茅ヶ崎市、明石市、甲府市、宝塚市、小田原市、豊橋市、鳥取市、加古川市、春日井市の市長さんと胸襟を開いて談義した。

11月6日は朝7時の新幹線で11時すぎには所沢に帰り、防犯のまちづくり市民大会、仁川アジアパラ選手報告会、
そして、3つの事務説明、1つの面会 をもった。

11月7日は、静岡県藤枝市で 全国茶サミット
こちらは、全国の茶(100ha以上の茶畑を持つ)生産地の市町村長の会議。
静岡茶、九州のお茶の首長からは「茶の値段が下落していて、このままでは危ない。」との訴えが出され、
「お茶の健康上の効能を全国規模で検証して打って出よう」とか「そうではなくって伝統的な飲用だけでなく商品として出すにも工夫が必要だ」
とか議論がなされた。
その後は、パリの研究者からは海外進出における論点が報告された。 これまたヒントになること多く、学ぶことが多かった。

11月8日(土)は「彩のくに 食と農林業ドリームフェスタ」が航空公園で行われるので、朝6時半出発、10時には所沢に帰って、行事に参加した。
農業者の表彰としては、本市の吉田さん御夫妻が大賞を受賞された。
その後、市民劇団銀杏の会公演、所沢看護学院戴帽(たいぼう)式、市民憲章書道コンテスト表彰式、新所沢地区文化祭、所沢洋蘭会展 に出席。
帰宅後はバタンキュー。

11月9日(日)は朝9時に 青少年三道(弓道・剣道・柔道)大会(市民体育館)、9時50分 所沢市健康まつり(保健センター)、
10時30分 並木公民館まつり(並木まちセン)、11時40分 中央公民館まつり(中央まちセン)、13時 小手指公民館分館文化祭(小手分館)
14時 交通安全推進大会(市役所8階)、15時20分~18時 市政トーク(三ケ島まちセン)、そして、もう一件

さて、明石市では、ホテルに戻ってから徒歩1分の飲み屋さんで部長と飲んだ。
が、部長と話すよりも、明石市民の皆様と懇親を深メテシマッタ、という方が正確かも知れない。
私の好む場所。安い!うまい!あまりキレイ(ではない)を地で行く素晴らしい串揚げ屋さんだった。
「よねちゃん」 お母さんは60歳後半の方?
我々が行った時、既にお店はいっぱいだったけど、みんなで詰めて移動して、これがうまいよ、あれはどう? と勧められたりいただいたり、
お客さんだけでなく、お店のお母さんからも続々と頂いて、十分満腹。 心は大満足。
一気に明石市ってすばらしい!サイコー! ってことになってしまいました。
明石市の市長は誰ですか? と聞くと、9人中5人くらいの人が手を挙げてくれました。
昨今、総理の名前や国会議員の名前は言えても、市長の名前、ましてや県知事の名前を言える人は少なくなっている気がします。

明石市の泉房穂市長 これは喜んでよい、のではないでしょうか・・・。


 http://tabelog.com/hyogo/A2804/A280401/28017240/dtlrvwlst/よねちゃんの常連さん。

 (注:この手前に部長がいます。肝心のお母さんのよねちゃんも写っていません。あしからず)
 みなさま、お世話になりました。
 みなさんからいろんなお話を伺ったことが、明石市の一番の思い出でした。

コメント

『声の世界を旅する』増野亜子著 と ホーメイ に感動して

2014-11-02 21:55:37 | 本・映画など

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 →クリックお願いいたします。

「〇〇くん、あそ~び~ま~しょ~。」

「は~あ~い、あ~と~で」

昔はそうやって子供たちは遊ぶためにまず友達を誘い合ったものだった。

「じゃんけんぽん、あいこでしょ。」

「ば~か~か~ば~ちんどんや~おまえの・・・」 

昔は生活の身近かなところに歌があったのだ。

実は、僕はこういうのに興味があって、だから、議会という音声の芸術(演説・やじ)も大切にしているつもりなのだった。
(それと同時に議会は 文字記録の場 でもあるのですが・・・。)

さて、そこで題名に触発されて、この本を手にとった。

『声の世界を旅する』 増野亜子(ましのあこ)著

その一部を紹介したい。私の大体の把握なので正確さは欠くかもしれませんが、悪しからず。

1.声と身体の動きを同期させる。

ラグビーのオールブラックスの試合前の歌と踊り

あれは、マオリ族のハカというものが元。
部族同士が複数集まるとき相手部族に敬意を表して「ハカ」は行われ、その後、部族長のスピーチがそれぞれ行われ、
鼻を擦り付け合い、挨拶の儀礼はおわった。

昔の日本のニシン漁 単調で重労働な仕事であったが、
ソロ(音頭)で歌う人と、ヤサエエエンサ~アアノドッコイショのように一同で歌う部分に分かれた(音頭一同形式)

アメリカ南部の囚人の歌 重労働を課せられた彼らも労働の際、歌を歌った(コール・レスポンス形式)

単調で辛い肉体労働は概して、ソロとみんなで歌う歌が歌われていた 他人との連動による紛らわし、そして喜びを得ていた。

※明治期初期の来日外国人による日本探訪記を解読した渡辺京二氏の著書『逝きし世の面影』によると、日本人は歌が好き。
歌っている時間の方が体を動かしている時間より長いくらいだ、との外国人による指摘が示されていたのを思い出す。(byふじもと注)

2.子守唄は、一人で行われる労働でもあった。内容は はやく寝ろ、泣くな、の他、自らに語りかける愚痴、不安を歌ったものも多い。
発音は「ねんねん」日本 とか「ニンナニンナ」イタリア とか「ハイハイ」アイヌ とか「ハウォハウゥ」ネイティブアメリカン
のように「N音」[H音」が使用される。

3.歌垣や和歌や民謡
・万葉や古事記、日本書記の時代 花見のときに男女が歌を掛け合い、お互いを誘い合う遊びがあった。
歌垣(うたがき)という。当時、歌を文字で作る事をツクルと呼び、声で作ることをヨムといった。それらをウタフと評した。

現代でも、八重山の歌掛け、秋田は横手の金澤八幡宮の掛け歌、中国南西部少数民族の中にその風習は残って? いる。
それらは男女がボールをパスするように歌を投げ掛け合い即興で答え、また返すもので、ゲーム性を帯びている。
ゲームゆえ徳之島の旧7月のそれに見られるように、返す歌に詰まったものは負けとなり、勝者の言いなりにならねばならないこともあったらしい。
 なお、中国雲南省の白族やジンポー族でも、それら歌垣は皆の前で行われた。

※昔、中国は雲南省、貴省などの少数民族を訪ねた折、運転手をしていた青年が「歌垣」やヨバイをしたことを語ってくれた。
日中に山の向こうで働いている女性に呼びかけるのだそうだ(顔かたちは遠くて見えない)。
そして、お互い返しあって意気投合すると夜尋ねる約束をする、というような事を語っていた。byふじもと注)

4.牧畜と結びついた歌(というより声)
家畜を集めたり、狼をはらったり、鹿などの獲物をおびき寄せたり・・・世界各地にそのために使う声を出す文化がある。
「平原には目が、森林には耳がある」という諺がスカンジナビア地方にはある。そこではクルニンと呼ばれる女声がある。
スイス地方のヨーデルも、モンゴルのそばのトゥバ共和国に残る風習(声)も動物の声に関連している。
例えば、子供を産んでも乳をやらない(育児放棄)ラクダにも弦楽器と声(歌)(「フースフース」と歌う)で語りかける風習がある。
フースの儀礼。弦楽器を聞きながらフースの声を聞いて、撫でられているくうちに、母親ラクダは目に涙を浮かべる。
そこで、子ラクダを腹に押し付けてやると子を受け入れ、乳をやるようになる、という。

二つの音を同時に奏でる。その音を倍音というが、同じく喉歌とも呼ばれ、倍音を出すホーメイとかホーミーと言われるものがある。

その他、私たち人間の営みの中で、昔と今の時空を貫いて、世界の中で、声と歌とを考察する。
それがこの『声の世界を旅する』であった。



以上が本の感想です。が・・・

じつはこのホーメイ。私はむかしから大変これに興味があって、いつか直に聞いてみたいと思っていた。

が、昨日 聴くことができた。

奏者はモンゴルのホーメイ大会で優勝した方、ボルドエルデネさん
昨日は、北中小学校の音楽祭に招かれて演奏しての帰りだったのだ。それに招待された。

小学校では2年生の国語に「スーホの白い馬」という教材がある。そのお話に馬頭琴(ばとうきん)がでてくるのだが、誰も馬頭琴を知らない。
そこで、馬頭琴の演奏と、それに合わせてうたわれることの多いホーメイを児童と保護者で聴こう、ということで北中会のみなさんが、奏者を所沢に招いたのだ。
https://www.youtube.com/watch?v=EsLdZXqHkUc
(このyoutubeでは、周りがざわざわしていて雰囲気が伝わらないですね。私は静かなところで聴いたので、すごかったです。)

直に聞いてみて、モンゴルの大草原が眼前に浮かび上がった。
すごい音量と、遠くまで通る音で、渋谷の雑踏で歌い始めても一瞬にして人々は気づき、人だかりができるだろう、と思われた。
驚嘆、とはこのことを言うのだ、と思った。


 

 


 

コメント (1)