ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

8月25日(金)

2006-08-26 01:02:39 | かんじたこと、つぶやき
今日は夜、国際交流委員会の夕べに参加した。
そのあと、地元小学校のネットワークの懇親会に入れていただいた。
ありがとうございました。
さて、僕のブログを読んでるよとおっしゃってくださった方がいらした。
うれしい!!
しかも、
その方もブログを開いているとか。
ああ、それで今見ようとして、ブログの題名を忘れてしまいましたっ。
教えてください!!!!!
コメント (2)

視察で食傷気味なわたしは・・・焼き鳥「カミヤ」

2006-08-26 00:40:01 | おいしいものなど

視察にいくと食傷気味になる。
さらっと蕎麦でいい、なんて思ってもいえない。

そこで、帰りは汚いところに行きたくなるのさ。

自慢じゃないが
おそらくここは新宿歌舞伎町で最も安く、最も汚い焼き鳥屋だ。

焼き鳥「カミヤ」
ホッピー290円、お代わりの焼酎200円。その他のサワーも290円どわっ。

うわっ、壁がすこしネトついているぞ。 きれいな着物のあんたが悪い。
焼き鳥1本70円。
5本セットでしか頼めない、いや、頼ませない。
その5本も「2本タレで3本塩で」なんて客のわずかな抵抗は聞いてくれない。
昨日もやはり断られた。
がつ刺し、レバ刺し350円。
割り箸なんて置いてない。
食いたきゃ串を2本うまく使って食えっ。

油断すると濃い顔をしたおじさんと気楽な顔のお兄さんが
「かしら5本だよねえ」とか
「ハイお客さんホッピーですかぁ」
なんて攻め込んでくる。
気の弱い客はここで「えぇ」なんて微笑んでしまう。
それでは負けだ。
この店では、酒を飲んでも気を緩めてはいけないのだ。

いやなときは「NO」ということを学ぶことができる店。
そういう点で
発展途上国にこれから旅立つ者は、
是非ここで訓練してから旅立っていただきたい。

悪く書いたが、ワイルドな店。
僕はすぐに吸い込まれる。

今日も2100円なり。

地球の歩き方推奨店舗

焼き鳥 「カミヤ」
コマ劇場の広場を区役所方面に向かって歩き、
2本目の露地左側。

コメント

8月23,24日視察 昼飯は・・・

2006-08-26 00:13:44 | 視察関係

引き続き視察どすえ。

22日は太陽の家のあと、「京都スカイセンター」
に高齢者の社会作りを見に行く。
京都のガイドボランティア、
活動をインターネットで紹介し高齢者同士をつなげ
社会参加の助けをする仕組みを参考にした。

また、24日午前は「子ども未来館」をみた。
平成7年から幼稚園、保育園、医療を結びつけ一箇所にまとめたのはすごい。
未就学児に焦点化し研究も進める。

もう、かんにんどす。
詳しくはホームページで後日。

てことで、昼飯は京都 仕出し「井政」

県議会の昼飯は合成である。いや、豪勢だ。
市議会のように旅費以内でまとめたりしない。
思いっきり贅沢して、足りない分は給与から差し引かれる。
うえーん!

この昼は高級仕出屋「井政」さん
思わず「さん」をつけてしまう品のよさ。


見よ、この品よくまとめられた昼飯を!!
板さんはその道の「師範」の称号を持っていた。

えーい、ホームページも教えちゃえどす。

http://r.gnavi.co.jp/imasa/
「井政」
京都市下京区七条通御前西入ル
おおきに。

 

コメント

8月23日社会福祉法人太陽の家

2006-08-23 17:30:38 | 視察関係

障害者自立といっても、お金を取ることばかりで自立を求めている感じの昨今。
しかし、自分の公約の一つにも障害者に働く場を、そしてジョブコーチを、というのがある。

「太陽の家」は障害者の働く場を作ったことで有名だ。我々はオムロン京都太陽株式会社を訪れた。

・no one is so disabled as to be unable to work at all. no charity ,but a chance!
[世に心身障がい者はあっても、仕事に障害はあり得ない。保護より機会を!」

・「自立と自律」

の理念で昭和40(1965)年開所、、大分は別府を拠点に1984年愛知太陽の家、1986年京都太陽の家開所。

住む、働く、憩うをそこで行っている。
オムロンと共同出資しオムロン京都太陽(株)を設立、社会福祉法人太陽の家は授産施設と福祉工場を持つ。オムロン(株)がオムロン京都太陽(株)に発注、それを太陽の家が受託する形で経営する。福祉工場では光電センサー等授産場ではその付属品やコードを製作する。

・ここ京都太陽の家などには157人が働くが、そのうち121人が障害者、さらにその83人が重度障害を持つ。

・身体障害者の働く場なので車いすの人、うまく手が動かない人などのため、生産機械もそれように工夫されている。大企業は一定割合障害者を雇用するよういわれているが、障害者をまとめて集め働いてもらった方が機会の工夫などスケールメリットが出るように思った。工場の面積は1,5倍必要らしい。健常者の働きより、福祉工場で7割、授産場はそのずっとしたになるらしいが、視察してみた限りすごく早く正確な生産だと思った。福祉工場の方の給与は平均20万前後/月。授産場は3万円くらいという。オムロン京都太陽は年間1000万ほど黒字だというが、やはり障害者雇用にはパートナーとなる強い精神が企業に求められると伺った。

夫婦寮、独身寮を持ち、授産場に通う100%、福祉工場の40%がそこから通う。

・創始者の思いと力はすごい。

コメント (2)

8月22日視察「大阪 マザーズハローワーク」

2006-08-22 16:58:21 | 視察関係

昨日夜中の2時に帰り、今朝は7時の電車で大阪に向かった。

少子高齢福祉社会対策特別委員会副委員長としての視察に少し緊張する。
一緒のメンバーがベテランばかりで、そういう意味でも緊張なのだ。

さて、大阪府はそれ以前平成3年から女性に特化したハローワークを
大阪なんばに設置していた。
が、厚生労働省がこの4月から全国12箇所に再チャレンジ支援と銘打ってマザーズハローワークを設置したのに伴い、ここもマザーズハローワークと名前を変えて再オープンした。

・女性に特化しても月に300人くらい就職が決まる。
・新規就職者の2割が子育て中の母親。
・その半分は0~3歳の子を持つ母。
・社会状況を反映して正規職員の募集は半分くらい。
・乳母車で動けるようにスペースを十分とり、公共求人コーナーとか正規職員求人コーナーとか自給1000円以上コーナーとか45歳以上求人コーナーとか保育施設を持つ企業コーナーとか本日入荷求人コーナーとかいろいろ工夫された掲示方法だった。ここで感じたのは、やはりコンピュータで自己検索させるより、本屋のようにきれいにコーナー分別され、探す人が立って選べる(しかも、気になる求人の紙はもって帰れる)方が人間的で健全な感じがするということだ。きれいな本屋さんに来たような雰囲気だった。それを指摘すると所長さんも「そうでしょう。職員も府内各地の情報を集め、それを選別して掲示していくのに苦労をしているんです。」と答えられていた。
・所内に行くと2,30人の女性が探していた。8割は20歳代か。子連れの人も2組いた。
・職員数は13人。

埼玉には若者に特化した「ヤングキャリアサポートセンター」があるが、ここも特化して効果を挙げているのだろう、と想像した。なお、本当は、各ハローワークに女性コーナーができれば、もっとよいのだろう。それも充実したもので。

以上、今日の視察の中から報告でした。

コメント

8月20日 サマースクール開校

2006-08-22 16:33:13 | 行事を見たり聴いたり活動

8月20日からサマースクールが開校した。
6泊7日で、矢板市の星降るくまの木小学校で、
その日その日のやることを子供たちが選ぶ形で行われる。

今年で23年目。
自分の親がサマースクールの創設に関わってきたことから
県議会議員になって参加するようになった。
20日の出発式、そして、20日夜遅くに現地に合流。
21日夜9時までだが一緒に行動した。

リーダーたちの多くは自分が小学生だったときに参加して、
今度は自分がお兄さん、お姉さんになろうとリーダーとして参加している。
中学生、高校生そして社会人のリーダーは、
一所懸命子供たちの先頭をきってガキ大将になり、
かつ保護者になりがんばっていた。

これから一週間、
子供たちもリーダー諸君もがんばって元気に帰ってきておくれ!!

写真は2日目キャンプファイヤーの1こま。
 

コメント

今日の大切な時間

2006-08-20 01:58:20 | かんじたこと、つぶやき

高柳先生と電車で別れると、僕の頭の中には中村雅俊の歌が流れ始めた。
青春学園ものの番組のときに流れた曲である。

ああ、こんなにすばらしいのに、何でこんなにさびしいのだろう。
あの4時間はあまりにも早く、自分の前を過ぎてしまった。

少し話せた子にはもっともっと聞いてみたかった。
少しも話せなかった子とは、いろいろ質問して話したかった。

ああ、もっと時間があったなら・・・、
でも、時間があっても、気持ちはやはり切ないものなのだろう。

子どもにとっては未来ばかりが人生だろうが、
僕ら教員にとっては君らも僕らの大切な人生なんです。

ああ、もっともっと話をし、質問し、聞いて、心行くまで語らいたかった。

君たちよ、大空に羽ばたいてくれ!!
人生を鷲づかみにして進んでくれよ!!

そして僕は自分にこう言い聞かす。
「さよならだけが、人生だ。」

(いや、そうは割り切れない・・・。)

 

コメント

魚専門 小手指 白樺

2006-08-19 00:47:01 | おいしいものなど

魚料理 白樺である。
魚が専門で、それ以外はおいていない。

刺身、焼き魚、何でもござれ。
頼んだ調理法で上手に骨まで料理してくれる。

魚が好きな方なら行って頼んでみればよい。
今日は秋刀魚の刺身、鯨の刺身、からほ貝の刺身、
そして、太刀魚の焼き物、さば焼き
を注文した。、
そしてからほ貝の内臓、秋刀魚の皮や内臓をうまく調理してくれて、
苦い中にも濃くのある味わいを堪能させていただいた。
ご飯にお身をつけもいただいた。

酒はなみなみと2杯コップで、受け皿からもこぼれてしまう。

値段は超破格値。
閉まるのはちょっと早いから早めに行くのがいいのかも。

小手指駅南口
公民館分館の前の道を50mほど東に行ったところ。

魚料理 白樺 青い看板が目印 

コメント

イヤー暑い日ですねえ。

2006-08-18 18:28:26 | Weblog
今日は朝下山口駅で議会報告を配った。
立っているだけで顔から汗が垂れてくる。
タオルもしめって濡れてしまった。
今日はまだ仕事休みの人がいるのだろう、
いつもより通勤客が少なく感じた。
通勤の人もみんな顔に汗が光っているから、
「いやあ、お互い暑いっすねえ。」なんて言いたくなって
一人で苦笑いしてしまった。

さて、立っていたら教え子のIさん(旧姓)がかわいいお子さんを抱いてやってきてくれた。
旦那さんが駅から「今、藤本先生がいるよ。」とメールしてきてくれたのだそうだ。
時間をかけて駅までお子さんを抱っこして会いに来てくれたこと、本当にうれしかった。

Iさんはいま育児休業中、子どもが小さいうちは母親は子どもと一緒にいてあげるのが一番いい。
少ない貴重な期間、子どもとじっくり向き合ってあげてくださいね。
抱っこされているお子さんは男の子、Iさんそっくりのくりくりした目を輝かせている。
この子もIさんのような聡明な人になるんだろうなあ。
「今もかわいいけどねえ、これから2歳、3歳・・・とますますかわいくなるもんだよう」って僕は伝えておいた。
家族みなさん、仲良く幸せにね。

さて、今振り返って思ったことなのだが、
このところばったり会う教え子は不思議とみんな所沢中学紺ジャージの教え子である。
今30歳くらいなんだと思う。

思い浮かべて
「すっかりお母さんになって」といいたいところなのだが、
どうも中学生の時の面影、感じが完全に残っていて、
学生服を着させればそのまま中学生といってもおかしくない、ような感じに僕には思えるのだ。
あのころにタイムスリップしてしまいそうだ。
いや、自動的にタイムスリップしてしまうのは僕の方で、
会った瞬間、教え子を見る感覚器が麻痺してしまうのだろうか?
うん、きっとそうなのだろう。

今、相談事の解決のために県庁にきて、そのあとこのブログを打っている。
控え室は誰もいない。静かなものだ。
今日は18日、いつの間にか夏休みは過ぎていくのだ、と実感してしまった。

なお、昨日の全教の大会についてはまじめなホームページで報告いたします。
そちらもごひいきにお願いいたします。

写真だけ、昨日の大会「藤本義一氏の講演」の様子。
コメント

全教研究集会に参加して

2006-08-18 01:56:06 | 勉強会など

まずは、警察および市の職員の皆さん、
無事に集会が開かれましたことありがとうございました。

私は1部のすべてに参加しましたが、妨害もなくスムースに議事も進みました。
写真は交通規制などに当たる警察および機動隊員、そして、ミューズの周りに囲われた塀。これらで相当(700~800万円)の税金が費やされた。

詳しい感想等は後日に回しますが、まずは写真だけでもお知らせいたします。

コメント

明日は全教の教育研究集会!!

2006-08-17 00:51:41 | Weblog

さて、あすはいよいよ教育研究集会である。

自分は組合員ではないが、どういうことが話されるのか興味がある。

行ってみたいと思っている。

果たして世間が言うように日の丸君が代とか政治的なことばかりに終始するのか?
それとももっと教育を取り巻く社会の現状を憂い、改革しようと動くのか?
どんなスローガンが出されるのか?
今の教育界の現状をどう分析し、どう打開しようとするのか?

知りたいと思う。

ちょっと緊張する。

コメント

15日は議会報告配り

2006-08-16 00:58:14 | Weblog
15日は終戦記念日で、小泉さんが靖国神社に参拝するかしないかで昨日からマスコミがうるさかったけど、参拝しましたね。そのことはまじめなホームページに任せて・・・。
今日は、午前中、午後と2回に分けて議会報告を配った。小手指1丁目である。
なんせ記事の内容が17日のことを書いているので、それまでに配らないと古くなってしまうから忙しく配っている。
さて、このブログのアクセスですが、先週半ばまではやたらに多く、一日40人弱訪れていただいていたのに、後半からまた急激に減って昨日は9人になってしまいました。うーん、やはり更新をこまめにやらないといけないのでしょうね。
今後こまめに更新したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
コメント

ポスター戦争

2006-08-11 00:36:13 | Weblog

このところ
「ポスターが貼ってあるね。」
といわれます。

すると私は、
「僕は後援会組織が弱くて小さいのと、
市議会議員からなったので自分を知ってくれている人が小手指、新所沢以外には
あまりにも少ないので、
まずは顔を知ってもらおうと
ポスターを出したのです。」
と答えます。

貼らして頂いた多くの皆様、本当にありがとうございます。
どうかこれからもご指導ください。

さて、しかし、悲しいこともあるものです。

ポスターを貼っていただいた方から

「せっかくつけさせてやったんだけど、その後○○議員が来て、
『何であいつのをつけさせたんだ?』と言うので、やっぱりはずしてくれ。」

と連絡があったのです。

仕方ありません。
善良な人々を議員戦争に巻き込むわけには行きません。
ご迷惑をかけてしまいすみません・・・。

(気を取り直して)皆様どうか、
掲示板を掲げていいよ、といってくださる方、
ポスター貼ってもかまわないよ、と言ってくださる方、
いらっしゃいましたらご連絡ください。

よろしくお願いいたしまーす。



 

 

コメント (2)

8月9日(火)いろいろでした

2006-08-10 01:18:34 | Weblog
朝は駅立ちしようと思ったが雨で中止。
午前中に、
①詩吟の大会に寄稿する文章を大幅に書き直し、完成させ、
②自治会長さんに了解を得る県の改修工事の資料を作り、手紙を書き、
③中富地区を配るためにビラを3種類重ねあわせ準備をした。
午後2時過ぎまでその作業がかかった。

結局議会報告を配り始めたのは4時ころになってしまった。
それから7時半まで中富地区に議会報告を配った。
雨が降り、また、虹も出た。
暗くて家までの道が見えなくなってしまったので終了、8時過ぎに帰宅。

その後、電話が3件かかってきた。電話9時過ぎに終了。
10時にファミリーレストランで会うことにして、10時にお会いする。
12時に帰路に着く。

それにしても文章を寄稿するって言うのは時間がかかる。
推敲しながら、書き始めると不確かな文言や史実などが出てきてしまう。
そこで
アアデモないコウデモナイッテ、
確かめるためにインターネットで調べる。

昔は資料集や百科事典があったからすぐに調べ、
載ってなければあきらめたので時間がかからなかった。
が、今はコンピュータで調べるので、これが結構時間を食うのだ。

インターネットっていうのも調べるのに便利かもしれないけれど、
本で調べたほうが人間、時間節約できるのではないか、と思った。
コメント (2)

あついぞ!!浦和

2006-08-09 00:54:19 | Weblog

すみません。
8月4日のことを書きます。

朝狭山ヶ丘駅にたつ。

その後市内で4件仕事が入っていたが、
急遽市民から相談事が入った。
相談内容からして緊急なので、
はじめの1件を予定変更して
県庁に向かった。


せっかく来たので、もう一件の懸案事項も相談し、
時間がないので1時間で所沢にとんぼ返りした。

県庁の議会等から本庁舎、そして第2庁舎をはしごしていたとき、
ふと路上で見つけたセミの抜け殻だ。
セミも暑いのでこんなところで羽化してしまったんだろう。
でも、抜け殻だってことだから、きっとセミ君、大空に飛びたてたんだねえ。
めでたしめでたし。

コメント