”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

和三盆と賀茂鶴の酒粕

2024-04-15 00:01:31 | 食・レシピ

昨年12月に、香川の和三盆をいただきました。

 

ばいこう堂さんの「さぬき和三宝糖」です。

  

  

この和三盆を何に使ったらよいのか、ずっと悩み続け・・・。(T_T)

  

と言うのも、私は

「和三盆は、『美味しんぼ』第3巻第2話に出てきたような

茶事の席に使われる和菓子を作るためのお砂糖」

と、思い込んでいたので。

  

 

改めて、和三盆をそのままいただいてみると、

す~っとした甘みで、口の中でふわりと溶けていきます。

  

  

パッケージの裏にも、

「洋菓子や家庭料理にお使いください。」と書いてあるし、

難しく考えるのは止めようと思いました。

 

  

  

そこで、作ったのが、

和三盆と酒粕のパウンドケーキです。

  

  

  

 

香川と瀬戸内つながりで、広島の銘酒 賀茂鶴の酒粕なら

和三盆とも相性が良いのではと考えました。

  

 

パウンドケーキの材料です。

金属のボウルに入っているのが和三盆です。

酒粕は賀茂鶴の板粕をレンジで軟らかくしてから使っています。

  

  

 

焼き上がったところは、こんな感じです。

  

  

和三盆の軽やかな甘さが酒粕の香りを引き立てます。

甘さ控えめなのに、コクのあるパウンドケーキは、

まるでチーズケーキのような味わいです。

  

おいしかった~♪ (^O^)

和三盆、もっと早く使えばよかった!!

 

 


コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 最後の最後です、あやめ雪 | トップ | たくあんアレンジは楽しい! »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (riri)
2024-04-15 05:17:09
しっとりしてとっても美味しそうなパウンドケーキですね!
酒粕と和三盆、身体にも良さそうでおやつに出てきたら最高だなぁ♡

和三盆は和菓子に使うお砂糖なんですね。
勉強になりました。
ririさん、おはようございます。 (ume724)
2024-04-15 07:16:59
ririさん、コメントありがとうございます。(^-^)
和三盆はすーっとした甘さなので、
和菓子に使ってもべとべとした甘さにならないのだと思います。
私は、これまで干菓子に使うイメージが強かったです。
 
しかし、2枚目の写真にあるように、
和菓子だけでなく、洋菓子、家庭料理、飲み物に使っても良いようです。
先入観にとらわれないで、使うことが大切なんだなぁと反省しました。(^-^;
工夫料理 (りりん)
2024-04-15 21:04:30
こんばんは

和三盆、高級なお砂糖のイメージです
それを酒粕に合わせるなんてさすがです。
食べてみたいです。

じゃがいもの芽も沢山出ててすごいですよね。
収穫が楽しみ。
そして食べ比べもですね(^^♪
りりんさん、こんばんは! (ume724)
2024-04-15 21:16:27
りりんさん、コメントありがとうございます。(^-^)
お疲れがたまっていませんか?
 
和三盆、こんなにすてきなお砂糖があるなんて、
その味わいに感動を覚えました。
ホント、りりんさんからコメントをいただくたびに、
「お近くに住んでいたら、お届けしたいなぁ。」と思います。
 
じゃがいももうまく育てばいいのですが…。
それぞれの特性を活かしたお料理を考えるのが楽しみです。(^^♪

コメントを投稿

食・レシピ」カテゴリの最新記事