そば専科植田塾☆蕎麦打ち教室

大阪市中央区で、蕎麦打ち教室を主催しています。
そば専科植田塾では、日替わり蕎麦ランチやっています。

図面でそば打ち理論の説明

2016-04-23 21:53:54 | 日記
2段位受験強化練習会1kg

同じそば打ち練習するなら、こうしたら、こうなると頭で理解し

そうなるように練習すれば、同じ1回でも2~3回の価値があります。


水回し 左図:右回し 左回しで赤丸のデッドゾーンをも必ず動かし均一の粒を作る
  

くくり 捏ね:しっかり体重を乗せピーナツ形を繰り返す


菊練りへそ出し:麺体をしっかりお越し中央へ包みこむように入れ込み端を磨く


地延し:40cm位まで手できれいな円盤にしあげる(整形には1番大事)
丸出しの粗延し:波延しで赤筋の様に米の4か所で凸凹を整える
丸出しの本延し:きっちり5分(30度)を守り1回転で60cmの直径にする


四ツだし:①②③④の順に少しづつ力を抜き75cmの正方形に持っていく


肉分け 幅だし 本延し:説明ややこしいから教室にきてください


いよいよ実技:植田塾では、このように図面を手書きで説明しその場で疑問、質問に答えます。

一度 二度 三度聞いてしっかり頭に叩き込みそば打ち理論を理解 把握し練習を重ねてください
知ると知らないでは、上達の違いは明らかです。
時間が有れば、遊びに来て下さい。待ってるよ~~



コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 久々の手打そば唐変木 | トップ | 神十蕎麦 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事