Mizuno on Marketing

あるマーケティング研究者の思考と行動

マクドナルドはなぜ苦境に陥ったか

2015-02-19 13:11:33 | Weblog
鶏肉偽装問題のあとは異物混入など、踏んだり蹴ったりのマクドナルド。今回紹介する『マクドナルド 失敗の本質』は、しかし、最近の苦境を見て緊急出版された類の本ではない。マーケティング・サイエンスの第一人者である小川孔輔先生が、長年積み重ねた研究成果に基づき出版されたものである。

マクドナルドは、上述のトラブルに巻き込まれる以前から、売上・利益の減少に見舞われていた。同業他社に比べた顧客満足度の低落も起きていた。つまり、不運に見舞われたという以上に、構造的な問題を抱えていたのである。それが何であるか、著者は主に公開されたデータや資料から解明していく。

一級のドキュメンタリーのような筆致で、マクドナルドの病巣が抉られる。それを詳細に語ることはネタバレになるので控えるが、その本質的な原因は、経営学、そしてマーケティングのフィロソフィーに深く関わっている。現場のマーケターのみならず、マーケティング教員にとっても他人事ではない。

マクドナルド 失敗の本質: 賞味期限切れのビジネスモデル
小川孔輔
東洋経済新報社

著者は専門であるマーケティングを越え、企業経営全般に及ぶスコープで問題を捉えている。その読みやすさも合わせ、学生が経営の複合的視点を学ぶのに格好の教材になっている。公開情報を活用するだけでもこれだけの分析ができるのだから、企業や市場の分析のお手本として読むこともできそうだ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「美しいセオリー」集 | トップ | 「後づけ再構成」するあなた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事