Mizuno on Marketing

あるマーケティング研究者の思考と行動

ソクラテスとネットの無料

2013-04-26 10:07:00 | Weblog
ネットの無料を語るのに、ソクラテスが登場する本書。しかし、話題になるのはギリシャ哲学にとどまらず、モースの贈与論から現代の心理学や脳科学の研究まで渉猟される。前著にも増して、著者の該博さに驚かされる。

ソクラテスはネットの「無料」に抗議する
(日経プレミアシリーズ)
ルディー和子
日本経済新聞出版社

ソクラテスがアテナイで異端視されたのは、知識を無料で提供したからだという。つまり、彼は「無料」の先駆者であった。しかし、すでに教育も貨幣経済に組み込まれている社会で、それは挑戦的な行為であった。

もちろん、それが贈与であるのならよい。贈与は返礼を伴う。しかし、ソクラテスが無料の理由として挙げたのは、自分の知識は無価値だから,というもの。それは、他の「価値ある」知識への挑戦状と受け取れる。

現在のネット上の「無料」は、なぜ成り立っているのか?実は代価として個人情報が提供されている。したがって、ユーザ側がそのことを理解していないこと、またそれを理解させようとしない企業に著者は苦言を呈する。

本書の射程は無料(フリー)に関する議論を超えて広がっている。ルディーさんの著書やブログ記事は、ビジネスのみならず最新の心理学や脳科学の研究がふんだんに紹介され、消費者行動の研究者にとっても得るものが多い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« カープ関連ムック続々発売! | トップ | 今年度から始める研究 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ルディー和子)
2013-04-28 17:14:29
水野先生。
本について書いてくださるだけじゃなくて、ブログも推奨してくださって、ありがとうございます! しばらくお会いしておりませんが、ダイレクトマーケティング学会の年次大会が6月30日明治大学であります。そのときにでも、お会いできると嬉しいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事