日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



昨年のカンヌでパルムドール(最高賞)を受賞した作品。

1987年といえば、約20年前。
日本はバブルがぼこぼこ鳴り出した時代(笑)
東京ディズニーランドは既にオープンしていたし、「朝シャン」「カウチポテト」なんて言葉がはやったりした。


そんな日本では軽い時代に、世界の裏側で実在した「悪夢」をどう表現するか。

その「悪夢」とは、チャウシェスク政権下のルーマニア。
官僚主義がはびこり、人々の自由が極端に制限されていた時代の末期。

スタッフは1人の女子学生にフォーカスし、その女性の長~く辛い一日を通して表現した。
なぜそういう方法で表現する設定なのかは、ネタばれになってしまう部分もあるので書かないが。
ポスター(写真)のおとなしさで十分わかるが、恐ろしく派手さとは無縁。
観た直後はどす~んときてちょっと落ち込む。
実際その晩、夢見も悪かった(笑)
が、あとでじわっとくるタイプの作品。


映画祭では、審査員の中で意図的に「今年はこういう方向でいくぞ」をリードする人物が出現し、そのムードで賞も決まっていくが、2007年のカンヌはどういう中でこの作品に決まったのだろうか。
キーワードは「テーマへのフォーカス法」とか「低予算」だったのだろうか?
60周年記念だったから、原点回帰があったのだろうか。

ちなみにこの年、日本から出品された河瀬直美監督の『殯の森』がグランプリを受賞している。
確かに「低予算」ではあるなあ~


ブログアップしていなければ、観賞後のもやもや感があいまいなままいつか薄れていくだけなのだが、こうやって形に残すことで次に進める(かなりオーバー!!)
なんてことも考えさせられてしまう、「4ヶ月、3週と2日」なのだった!


コメント ( 2 ) | Trackback ( 10 )



« Perfum... 多謝! 当プロ... »
 
コメント
 
 
 
当時。 (BC)
2008-09-28 01:25:16
onscreenさん、こんばんは。
トラックバックありがとうございます。(*^-^*

確かに、観た直後は後味良くない作品ですよね。。。

当時の彼女達にとってはそれしか成すすべがなかったんだろうけど、
やりきれなくて考えさせられました。
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2008-09-28 09:34:22
BCさん、コメントありがとうございます。

ヴィスコンティじゃないですけど、こういうどっしり系もたまには良いですよね!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
「4カ月、3週間と2日」 4 luni, 3 saptamani si 2 zile (俺の明日はどっちだ)
舞台は1987年、チャウシェスクが大統領だったルーマニア。 かつての日本同様、「産めよ、増やせよ」が国策となっていて中絶が厳しく禁じられたいた中、ルームメイトが望まぬ妊娠をし、その非合法の中絶を手伝う女子大学生の1日を思い切り丹念に描き、当時の社会主義国家が...
 
 
 
『4ヶ月、3週間と2日』 (ラムの大通り)
(原題:4 mois 3 semaines 2 jours) ----この映画、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したんでしょ。 変わったタイトルだよね。 「実は、このタイトルに意味があるんだけどね…。 すでにいろんなところで、ネタバレチックな紹介がされているけど、 ボクはこの映画は...
 
 
 
4ヶ月、3週と2日 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『これは 二人だけ の秘密──。』  コチラの「4ヶ月、3週と2日」は、1987年独裁政権下のルーマニアを舞台に法律で禁じられたことを実行した勇気あるヒロインを描いたPG-12指定のサスペンスで、3/1公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  60回を...
 
 
 
4ヶ月、3週と2日/ 4 mois 3 semaines 2 jours (我想一個人映画美的女人blog)
カンヌ国際映画祭で、 最高の賞であるパルムドール受賞! おまけに、アカデミー賞外国語映画賞ルーマニア代表でノミネート。 3月に観たいリストに入れ忘れてたけど、それ聞いて興味がわいた。 妊娠中絶をテーマにした話ということしか知らずに観たけど、、、、、。 ...
 
 
 
4ヶ月、3週と2日 (レンタルだけど映画好き)
これは二人だけの秘密──。 1987年 独裁政権下のルーマニア。法律で禁じられたことを実行した勇気あるヒロインの物語。 2007年 ルーマニア  劇場公開日2008/03/01  レンタル開始日 2008/09/10 4ヶ月、3週と2日 デラックス版 監督 クリスティ...
 
 
 
『4ヶ月、3週と2日』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:ルーマニア映画、クリスティアン・ムンジウ監督&脚本、2007年カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞など数多くの映画賞を受賞した作品。 
 
 
 
『4ヶ月、3週と2日』(DVD) (いつか どこかで)
『4ヶ月、3週と2日』(DVD)を見ました。
 
 
 
65●4ヶ月、3週と2日 (レザボアCATs)
選ぶ権利と、その責任の重さ。驚嘆すべき物語を、アッサリと語る、ドライなリアリズムが刺さった。
 
 
 
「4ヶ月、3週と2日」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
1987年。チャウシェスク独裁政権末期のルーマニア。大学生のオティリア(アナマリア・マリンカ)は、 望まない妊娠をした寮のルームメイト、ガビツァ(ローラ・ヴァシリウ)から、違法中絶の手助けを 頼まれる。手術当日、オティリアは恋人からお金を借りると、ガビツァが...
 
 
 
『4ヶ月、3週と2日』'07・ルーマニア (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオティリアは寮のルームメイトのガビツァとせわしくなく動き回っていた。寮を出たオティリアはホテルへ行くが、予約が入っていない事を知り、仕方なく別のホテルを取る。またガビツァの代わ...
 
 


 
編集 編集