ねこの居場所

2013-09-11 14:56:30 | 日々

最近、近所ののら猫が、庭先でくつろぐ姿を見かけるようになりました。

だんだんと朝夕が涼しくなってきた最近、ふと事務所の玄関を見ると、ガラス戸の向こうに猫がくつろいでいるのが見えました。

130911

風は涼しく。

風鈴が りーんりーんと鳴り。

そんな音を聴いているのかな。

照明でほんのりと明るい暗がりに、しばらくそうやっていました。気持ちいいんだろうなあ。猫のためにつくった場所ではないけれど、きっといつの時代のどの猫も、この場所は居心地がいいぞ、と思うような場所になっているのかもしれません。

今までは愛犬ロビンが敷地内をパトロールして(笑)目を光らせていたので、こんな光景は見られなかったのですが、足を病んで思うように動けなくなり、猫にとってはのびのびとできるようになった、というわけです。

変わらないものもあり、変わってゆくものもあり。

楽しくもあり、寂しくもあるところですね。

コメント

はじめての作品

2013-09-03 23:21:47 | 住宅の仕事

1309031

埼玉県川口市で住宅を設計中で、法令手続きのために川口駅周辺の庁舎を訪れました。その際に川口駅前の広場に立ち寄りました。なつかしい、小さなオブジェに会うために。

もう10年近く前になりますが、僕が独立して設計事務所を構え、さあ、仕事をはじめよう、でも何をしよう・・・というような状況のとき、ひょんなことからデザインコンペに応募することになりました。川口駅前の広場に、時計塔モニュメントをつくるので、そのデザイン案を募集するとのこと。まずはこのコンペを楽しんでやってみよう!ということで応募した案を採用していただき、現実につくられることになりました。自分の力ではじめて得た仕事。とても嬉しかったのを覚えています。

1309032

結果的にはいろいろな理由から、当初思い描いたカタチからはだいぶ離れて実現しましたが、鋳物を活かしたデザインはそのまま実現することができました。それからしばらくの間、なかなか訪れることがなかったのですが、ようやく「再会」することができました。

雨風にうたれ、塗装もはがれ気味ですが、その分、年季がはいった感じになっていました。かつての自分に出会うような、妙な感覚がありました。

さて、そんな思い出の街で進めている住宅は、大きな屋根のある家。ほとんどが平屋で一部が2階建てになっています。大きな屋根というよりも、深い軒のある家、と呼びたくなるような。そんな懐の深い雰囲気が出ればいいと思います。

敷地にあった大きなケヤキを使って、家のなかのあらゆる家具をオリジナルに作ります。そのメインは大きなダイニングテーブル。それらが格調高く感じられるような空間を、素材とプロポーションを吟味してつくりあげたいと思います。

1309033

コメント