家をたのしむ。

2020-04-06 21:51:25 | 古木のある家


東京でいよいよ緊急事態宣言が出されることになり、非日常感が増すばかり。
なるべく自宅にいるように。ストレスにもつながっていくようなそんな流れが、少しでも楽しいものであるといいですね。

「古木のある家」は都内の住宅地にある家です。古い木々を残し、それらに面するように居場所を散りばめていきました。
もともと、家での生活を積極的に楽しもう!というお考えの施主でしたので、いろいろなアイデアに溢れた家になりました。
庭に面した大きなデスクコーナー、ハンモックを吊るせるリビング、七輪で焼き鳥をできる土間、こもるようにゴロ寝できる畳スペース、ダークゾーン?なライブラリー などなど。
暮らしを楽しむことが凝縮されたような空間になりました。



写真は家ができあがったばかりの頃。この頃は、なるべく外出を控えるべき、という時が来るとは想像だにしていませんでした。
でもそんな今、この家の真価が発揮され始めたかなあと思います。
コメント

古いものを残す

2020-01-20 21:59:41 | 古木のある家


家を建て替えるとき、以前からずっとあった何かを残すことがあります。
多くの場合、それは庭の木々であったり、昔風のガラス戸一枚だったりするのですが、そんなふうにして以前からあったものを残そうとするのはとても自然なことでもあるように思います。

家が新しくできるのは、とてもワクワクすることですし、気持ちも高揚するものだと思います。
でもそれ以上に、できあがった家で長く暮らすためには、安心感や、気持ちが穏やかになるような場所であることが、なにより大切なのではないかと思っています。

古くから残るものにちょっと寄り添うような感じ。そんなものがあるだけで、安心感や、心穏やかさがもたらされるように思います。
ずっと見慣れた木々を窓から眺めながら過ごせるコーヒーコーナー。家の外観は、そんな木々の影の背景になるように。
そんなふうにしてつくった家がありました。
都会のど真ん中の家ですが、独特の癒された気分になります。

コメント

ヘリンボーンの床

2019-03-27 22:28:06 | 古木のある家


「古木のある家」より。
カーペット敷のウォークインクローゼットから廊下に出ると、ほの暗い空間にヘリンボーン張りの床が黒光りしています。
古い庭木をなるべく残して建て替えたい、そんなご要望から始まった家だから、打ち合わせを重ねるうちに、全体的にクラシックというか、古色ある気分に包まれた家になりました。

小ぶりなサイズのヘリンボーン用のフローリングを、大工さんがひとつずつ丁寧に組んでいきます。角度が合わなくなるときれいに張れないので、大工さんの腕が肝要になります。
コツコツコツ・・・と音を響かせながら、大工さんが黙々と作業を続けていたのを思い出します。

新築の家だけれども、以前からずっと在り続けたような佇まい。
新しくもあるし、古くもある。
個性的でもあるし、凡庸でもある。

昔に読んだ、画家・有元利夫への評で、暗闇があると同時に光が溢れ出す不思議さ、というようなことが書いてありました。
切れ味よい言葉で表現されるコンセプトから遠く離れて、あらゆるものが同時に在ることををきちんと表現できたらいいな、と思います。
コメント

正しく古いものは 永遠に新しい。

2018-03-06 22:04:09 | 古木のある家


昨年できあがった「古木のある家」より。
那智黒石の玄関。
ヘリンボーン張りのホールの床。
スチールのドアと、古びた取っ手。
レトロなスイッチ。



敷地内に残る庭木に寄り添うように建てられたこの家には、「懐かしさ」を積極的に楽しもうとするアイデアに溢れています。
新しい家なのに、古びている。
なんだか新しい境地でした(笑)
コメント

ワーーーープ!!!

2017-09-06 22:35:19 | 古木のある家


最近できあがった「古木のある家」にある、不思議なトンネルのような空間。
実はこれ、中がライブラリーになっているんです。
廊下とウォークインクローゼットをつなぐように通路があって、その壁面に本棚が作りつけられています。
中が真っ黒に塗られているだけで、なんだか独特のゾーンができあがります。

せっかくだから特別感をだそう、ということでできあがった入口のカタチ。
入口のアーチは綺麗なカーブを描き、大工さん、お見事!!
コメント