露地の先に

2018-02-28 20:52:06 | 大屋根の家


「大屋根の家」にある、天井高さ3.6メートルの不思議な細長い空間。
実はここは、和室へのアプローチ空間なのです。
リビングのそばにあって、転がり込むようにゴロ寝できる和室も良いですが、和室に行くのにドラマ(!?)があるのも、なかなか愉しいものです。

床は「なぐり加工」が施されたナラの無垢板フローリング。素足にとても気持ちいいです。

「露地」と名付けたこの空間の先には、床が一段落ちていて、睡蓮鉢が置かれています。中には切り花が水に浮かべられて。
その先に見える庭の眺めにつながっていきます。


コメント