コルトーナの街で

2019-03-02 22:17:14 | 旅行記


3月になると、これまで行った旅行のことをよく思い出します。
なぜか3月に旅行に行くことが多いのですが、それはたぶんオフシーズンで旅費が安いとか、観光客も少なくてゆっくりできるとか、そんなこともあって、まだ寒く身も引き締まる思いで旅に出ることが多かったように思います。

写真は10年近く前に行ったイタリア・トスカーナの街 コルトーナ。
初期ルネサンスの至宝とされる宗教画などもあるものの、小さくて静かな山の上の街。

あたりまえのものが持つ美しさ、そんなものに僕は心惹かれます。
コルトーナの街を歩くと、写真のような佇まいによく出会います。
地元で採れる石でできた壁と、木の分厚いドア。
ドアノブは開けやすいように大振りで、何度も握られてすっかり摩耗していい味になっている。
少し模様のつけられた床の舗装は、素朴だけれども、樹影を引き立てています。

自然素材を多く使える風土というのはうらやましい限りとはいえ、これみよがしなデザインがないのに、この美しさはなんだろう。
ここで暮らし、この家のなかで仕事をし、晴れた日にはこのテラスに椅子とテーブルを出して休憩する。


さして特別ではない、でも気に入ったものに囲まれた静かな生活。
そんなあたりまえの日常の光景を思い描くだけで、なんだかじんわりと幸せな気持ちになります。
コメント

ちいさな中庭

2019-02-07 22:22:03 | 旅行記


息子が今春から通う小学校は、今年で創立145周年を迎え、区内最古だそうです。
学校の敷地も思いのほか小さく、傍に神社もあって、古くからあったんだろうなあという雰囲気がじんわりとにじみます。
でも、校舎は創立当初のものでは当然なく、鉄筋コンクリートの建物です。

小さな子どもが過ごす環境が、ずっと昔のことを感じ取れるような雰囲気だったら、もっと素敵だろうな、と思います。
そんなことを考えながら思い起こすのは、イタリア・フィレンツェにある「孤児養育院」です。

イタリアの初期ルネサンス建築の巨匠フィリッポ・ブルネレスキが設計した施設で、15世紀に建てられた古い建物が、今も子どもの養育のための施設として使われ続けています。
石造だから建物は残りやすいわけですが、現代の実用に合わないことがあるのは承知のうえで、大事に使われ続けています。

ルネサンスという時代は、それまでの形式から離れて、人間本位に立ち返るような時代でした。
この孤児養育院も、子どものスケール感に合わせるかのようにして、それまでの時代には考えられなったこじんまりとした居心地の良い回廊と中庭を、ひっそりと抱いています。
数世紀の時間を隔てて、そこを走る子どもたち。



長い年月の間に無数についた傷と、褪せてくすんだ色。ずっと昔からあった場所に、身を置くということ。
それだけで、何かに守られるような安心感とともに、自分以前の存在や時間を大切にする心が育まれるようにも思います。

いつか僕が子どものための施設を設計することがあったら、必ずブルネレスキの養育院を思い出し、そこに浸みわたっていた親和性と穏やかさと包容力に思いを馳せながら設計するのだろうなあ。
コメント

ドアをめぐって

2018-10-30 21:52:12 | 旅行記


住宅には玄関ドアが必要になりますが、思い返してみるとぼくの場合、防火規制が避けられないときを除いてほとんど、木製の玄関ドアをデザインしてきました。
防火用の既製品の木製ドアも発売はされていますが、できれば、自分で図面をひいて建具屋さんに造ってもらうオリジナルのドアがいいなと思います。

写真は、遠くリスボンの街にある、とある教会のドア。
教会ですから「玄関ドア」という呼び方はしっくりこないけれども、でも役割としてはそんな感じのものです。
日本の神社や寺のように、道路から何層もの門扉や結界をくぐりぬけて深奥にたどり着くのではなく、ヨーロッパの教会は、道路に面したドアを開けると、いきなり礼拝堂があります。
ドア一枚で隔てているだけだから、否応なしに街の喧騒が堂内に入り込んできます。

それでも、キリスト教徒ではないぼくにも、安堵感であったり静寂が沁みてくるのです。
その気分はきっと、この古ぼけたドアの前に立ち、開けた時から始まっているようにも思います。
ギイっと軋みながら開く音。長年の間使われ続けてすっかり黒ずんだドアノブ。歪んだ木の板。無数の傷。
そんなものを通り抜けることによって、心のどこかで、自分以前から続く時間の厚みが胸の内に沁み、変わらぬものがあることへの安心感にじんわりと満たされていくのだろうと思います。
引き戸のように持ち上げて取り外されるものではなく、もう離れませんよと言わんばかりに ちょうつがいでしっかりと壁につなぎ留められ、ついでにちょうつがいもしっかりと年季を帯びているような。
そんなドアが好みです。

ぼくにとって、木の玄関ドアをデザインすることは、そんなことへの憧憬なのだろうと思います。
耐震や断熱などのように、性能として住宅を評価できるものではないけれども、古びたドアのように、心のなかに関与してくることを大事にとりあげながら、住宅をつくりたいと思っています。
コメント

ニューヨークの街角にて

2018-10-02 22:07:33 | 旅行記


数年前に訪れたニューヨークのスナップ写真より。
ニューヨークの代名詞のようにして、ネオンの洪水のようなタイムズスクエアの映像がよく流れたりしますが、そのような場所はごく一部で、実際のニューヨークの街並みはとてもクラシックな雰囲気です。
建物の外観など、意外にこと細かにデザインの規制があって、そんなクラシックな趣きをつとめて守ろうとしているそうです。
建物ひとつひとつが個性を競うというよりも、界隈全体として美しい佇まいになっているかどうか。そんな美意識は素敵だと思います。

上の写真はそんな街角で目に留まったもの。
ニューヨーク独特の避難階段などやレンガの外壁など、素材感がそのまま表わされた外観が良い感じ。
タウンハウスとよばれるこうしたアパートがずっと続いているのが特徴で、道路に面して縦長のピクチュア・ウィンドウがあるのも共通ルール。
それらの窓は、ほどよく大きく、でも大き過ぎず。
窓辺が気持ちのよいコーナーになっているんだろうなあと、いつものように職業病のようなイメージが湧いてきます(笑)

たんに道路に面した窓であれば、生活がむき出しになった感じでなんとなく居心地が悪いかもしれないけれど、この界隈は、窓の前にツル性の緑が這わせてあって、適度な距離感が心地よいのです。

暮らす人にも、道行く人にも、心地よい。
そんな街角が少しでも増えていくといいですね。
コメント

ジュリア通り

2018-08-28 16:19:46 | 旅行記


暑い夏の思い出の写真から。

ローマの旧市街 テヴェレ川の近くに、ジュリア通りという道があります。

エッセイなどを読んでいると、須賀敦子さんなど何人かの作家が、ローマで一番好きな道、というようなことが書いてあるのが印象的だったのですが、初めて訪れた時、そのこころがわかるような気がしました。
1キロ以上続く、一直線の道。その左右には趣のある館が並びます。見逃せないのは、立体交差する道のアーチ状のトンネルがあるところ。
一直線の道の単調さを、独特の風情に変えているのは、このアーチによるところが大きいのでしょうか。

工業製品の塗り壁材ではつくりだせない、実に味わい深い壁の表情は、見ているだけで飽きません。
この道の傍らにずっとあり続けた壁。建物の用途は数世紀の間に変わっていけども、風景の一部として変わらない姿があり続けるのは、とてもうらやましいことだと思います。


コメント