桜坂の家.6 ~1年点検~

2007-06-21 22:16:16 | 桜坂の家

桜坂の家も竣工から1年が経ち、先日、1年点検を行いました。工務店の監督さんと一緒に、じっくりと見て廻りました。結果、数箇所にペンキの剥げ落ちが見られたので、その手直し。玄関のドアチェックの調整など。細かな部分を何点か手を入れることになりました。手作りでつくられた家は、こうして少しずつ手をいれながらずっと住み続けていくもの。

070621

久々に眺める桜坂の家。オマエ、すこし大きくなったんじゃないか?どこか、こんもりと山のような外観。植えてから1年経った植木はだんだん大きくなってきました。建物と緑の調和。その植木の間からダイニングテーブルのペンダントライトが垣間見え、穏やかな生活の様子がしのばれます。

070621_1

道路に面してしつらえられたコンクリート製の雨樋受けの花壇には、賑やかに花が植わっています。小さな花壇ですが、その中だけを思いきっていろいろな色の花を植えるのが、とても楽しいのだそうです。そんな楽しみがあるのも、建物の表情が簡素で穏やかだからかもしれません。

070621_2

帰り道、桜坂のそばを流れる六郷用水を通りながら駅へ。静かな木漏れ日のなかを歩んでいくと、桜坂の家に求めた住まいの在り方が、どんどんと思い出されてきました。古びた街の記憶。自分が生まれる以前からこの街にあり続けた、静かで穏やかな雰囲気に寄り添うような佇まいを、桜坂の家に求めたのでした。身の丈にあったちょうどよい大きさの、穏やかで素朴な質感をもち、そして内部では、きりりと引き締まった日本的な空間が支配するような。

070621_3

設計をはじめる際、若い住まい手から最初に言われた要望は、「ワインのように年月と共に家も住まい手も味わいを増していく、そんなあり方を求めたい」

この家はそんな住まい手の気持ちに対しても、そして桜坂の「地霊」に対しても、僕なりの回答としてデザインしたものです。

コメント

自由が丘の家.7 ~ジューンベリー~

2007-06-07 14:08:34 | 自由が丘の家

070607

もうすぐ梅雨入りしそうなこの季節、自由が丘の家の中庭の緑は、ずいぶんとこんもりと茂ってきました。あまり見たことのないほど大きく育った(育ってしまった)シマトネリコの隣に、もともとは主木のつもりで植えたジューンベリーがちょっと控えめに育っています。

ベリーという名のとおり、この季節には実をつけます。小さな実をいくつかとって、井戸水でちょっと洗って、そのままポイッと口に放りこみます。甘く、でも甘過ぎもせず、とてもおいしい・・・。そして最後に口に残るちょっとした苦みが、少しばかり大人の味のような感じで。

070607_1

半世紀前から在り続けている柿や梅の老木、まだ植えて5年ほどの若いジューンベリーなどなど。実のなる植物が元気に植わっている庭というのは、やはり楽しいものだと実感しますし、毎年実をつけるその生命力にあらためて驚かされます。

2年ほど前に、この庭にたくましい花が登場しました。それは武尊の山から採ってきた百合。もう花の季節が終わったあとで、地元のおばさんから、「何色の花かわからんけど、もっていきな」といただいてきたものでした。

070607_2

白い壁の前につくった花壇に植えたところ、この時期になるとみるみる育ち、そして大きな橙色の花をいっぱい咲かせたのでした。気がつくと、周囲にちいさな百合が幾本か増えていっています。さすが山百合、陽当たりがいいとはいえ、このたくましさ。見習わなければ。これからしばらく連続花火のように花開くのを楽しみにしようと思います。

0706072

コメント