怖い空間とは。

2021-07-11 22:28:12 | アート・デザイン・建築
ぼくの子どもは小学校の特別支援学級に通っていて、日常的に子どもと一緒に登校しています。
そうすると子どもたちや先生方や近隣の方々とも少しずつ顔なじみになっていって、自然とあいさつをするようになって、とても気持ちがよいものです。
普段から学校にお世話になっている感謝も込めて、今年は思いきってPTAの役員をやってみています。

コロナ禍のなかでは低活動状態にならざるを得ないけれど、あいさつ運動や交通安全などに注力して実践すると、多くの方とあいさつもできて気持ちよいものです。
やって大変というより、やってみると気持ちよさと楽しさがあるもんだなあと思います。

ほとんどのイベントが中止になるなか、「夜の学校探検」という企画のリーダーを任されました。
つまりは、真っ暗な学校での肝だめし大会ですね。
ぼくが仕事で設計事務所をやっていることがなんとなく知られているのか、なにかおもしろいアイデアを考えてみてくださ~い、と気軽にふられました。
空間づくりとあらば当然お引き受けするわけですが、さて、怖い空間、こわい空間・・・とは。ん?んん~?
心地よい空間、落ち着く空間、楽しい空間など、いろいろな雰囲気を求めてきたけれど、これまで怖い空間をつくることについては考えたことがなかったし、オーダーを受けたこともない。
まあ、当然ですよね(笑)

人数制限として、6年生だけの参加とのこと。なので、ちょっとだけ大人向け(?)の空間演出を考えました。
でも準備期間も限られているから、なるべく最小限の操作で、最大限の効果を。そんなことをもくろみながらシナリオを描き、皆さんとともに準備しました。

そうしたら! 
緊急事態宣言で、延期に・・・。
せっかく準備したから、延期してでもいつか実現できるといいなと思います。
それにしても、6年生の参加希望は脅威の95パーセント越え!とのこと。ほとんど全員参加じゃないですか。楽しみにしてれているんですね。



怖い空間とはすこし違うけれども、恐怖を喚起させる空間について。
以前に、ベルリンの「ユダヤ史博物館」を訪れたときに、ホロコーストについて記述するコーナーの一環で、必ず通らなければいけない空間がありました。
お化け屋敷みたいに暗かったり脅かされたりするわけではなく、むしろ明るい空間で、なにも変化は起きないのだけれども。



井戸の底のようなヴォイドで虚無な空間。足元に敷き詰められる人面の鉄片と、その上を歩く不安定さ。歩を進めるたびに鳴り響く不気味な音。
映画やバーチャルリアリティーなどの方が、直接的に何かを感じさせるものはつくりやすいでしょうし、現実の空間というのは不自由なものですが、それでも、身体を通してしか感得できないものもあるでしょう。
PTAのイベントで気軽にやるつもりが、意外にも?いろいろと考えさせられました。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アアルト展

2021-06-16 23:05:54 | アート・デザイン・建築


フィンランドの建築・デザインのレジェンド アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルト夫妻の展覧会が世田谷美術館で開催されており、観に行きました。
大学で建築を勉強していた頃には、アアルトの建築の空間性だとか風土との呼応だとか、ロマンあふれる話をたくさん聞かされ、箱モノとしての建築ばかりに目が行っていました。
けれども今回の展覧会は、より身近な家具や什器や食器類によりフォーカスされた特集で、暮らしをいかに良いものにするか、という優しい眼差しに溢れた活動を展示したものでした。
きっと学生の時だったらあまり興味が湧かなかったかもしれないけれど、プロの建築家として仕事をするようになった今では、とても興味深いものでした。
それに、夫婦で建築・デザインの事務所を運営している(といっても規模はまるで違いますが)ところも共通していて、ついつい親近感は湧いてしまいます・・・ケンカとかならなかったですか~とか(笑)

え~、こほん。
特に奥さんのアイノ・アアルトの眼差しはより身近な暮らしに向けられていたようで、老人や子ども、療養中の人や福祉施設での家具や什器のデザインに、多くのアイデアが込められていることに感銘を受けました。
実用的であると同時に、それを使う人の心に寄り添うようなデザインは素晴らしいと思いました。



そんな展示を見て回りながら、少し前にリビングデザインセンターOZONEと協働した「共生社会に向けたデザイン・プロジェクト」のことを思い出しました。
そこでは、特に障がいのある人に焦点をあてて、コロナ禍で暮らしにいかに支障が生じているかをリサーチしたうえで、コロナ禍以降においても使えるユニバーサルデザインを考えよう、というものでした。

世の中にはたいがいのものは商品化されていて、それをいかに選ぶか、ということが多いように思うけれど、こうしていろいろと考えてみると、やはり無いものも多いことに気付きました。
以下に挙げるのは、僕たちの提案のひとつ。
「みんなのソファ」と題したもので、室内で車椅子に乗っている人も、なるべく自分の力で移動し、人の輪のなかに自然と参加できるようなソファとして考えたものです。



車いすから移乗しやすい高さの座面と、くつろぐのにちょうどいい高さの座面。
家族がみんなで座るこのソファにはちょっと段差をつけてあります。
テーブルを持ってきて、ごはんを食べたり宿題をしたり、
段差をまくらにうたたねをしたり。
家族の形態と気分に合わせたユニバーサルなソファ。



ソファには手すりがついていて自力で移乗しやすく、そして移乗台はサイドテーブルとしても使えます。

ちょっとしたアイデアだけれども、ハンディキャップのある人も、健常の人も、意識することなく輪になれる。
「心のバリアフリー」が実現できるといいなと思います。

アイノ・アアルトさんが100年前に考えたことに、僕たちも少しずつでも続いていきたいなと思います。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

光跡

2021-04-04 21:53:36 | アート・デザイン・建築


今宵はしとしとと雨が降ります。
雨が似合う場所を思い返すとき、ふと思い出されるのが、ここ。
所沢聖地霊園 礼拝堂と納骨堂です。

もう50年ほど昔の建物で、開設当時は武蔵野の雑木がずうっと続いている環境だったそうです。
設計を担当した建築家の池原義郎先生に、ぼくは大学生時代に教わりました。
そのときの講義のノートを見返すと、この礼拝堂の主題が、デザインされた姿かたちそのものにあるのではなく、それらがもたらす余韻や暗示にこそ主題が求められていたことがわかります。

空間が森につながる。無限の奥として森をとらえたい。実在しない深さを、実在するように感じさせたい。
写真の手前に映る水盤は、心に静けさをもたらすもの。
お彼岸の昼に、礼拝堂の天窓から祭壇に光が落ちるように屋根の角度を決めた。

それらの作為ひとつひとつがもたらすであろう心象的な効果を、学生時代からずっと味わい考え続けてきました。
デザインをするということは、姿かたちの良しあしだけを指すのではない。
そのことをずっと胸に留めてぼくは仕事をしてきました。そのきっかけは池原先生の講義だったと思います。
雨に煙る光景の記憶とともにある、ぼくにとって原風景のような場所です。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アルネ・ヤコブセンの時計

2020-08-26 22:18:45 | アート・デザイン・建築


ぼくの設計アトリエの掛け時計。
デンマークのデザイナー アルネ・ヤコブセンが1943年にデザインしたもの。
STATION と名付けれている通り、駅舎のためにデザインされたそうです。
当時は手描き風の柔らかなフォントがデザインの主流だったそうですが、あえてバウハウス的な機能的なデザインにしたそうです。

いま見ると、いや~ 実に普通(笑)
パッと見るだけでは見過ごすぐらいに特徴が無い、ように見えます。
でも、ず~っと見てると、足すことも引くこともできない絶妙なデザインであることもわかってきます。
秒針が無いところも、またいい。

これはヤコブセンの時計だね、だなんて一度も言われたことはありませんし(笑)、見た目よりも高い(泣)けれども、でもしっくり空間に馴染むもの。
そういったものが身の回りにあるのは、ちょっとした満足感があります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二月堂裏参道の雅。

2020-04-10 22:25:43 | アート・デザイン・建築


最近、いくつかの現場で仕上げ材料の素材や色を決めることが重なり、サンプルを片手に悪戦苦闘しています。
どれもが住宅ですから、もう金輪際 塗り直しはききませんよ、というような匠の素材を選ぶというより、メンテナンスを考慮した素材を選ぶようにしています。
外観でいえば、左官塗りの調子と、隣り合う木部の色合いをどうするか。

枯淡。無名色。そんな境地にたどりつきたいものですが、なかなか。
かつて旅行で訪れた場所の写真などを見返すと、やはり日本の中にも素晴らしいものがあるなあとしみじみ思います。

上の写真は、東大寺二月堂裏参道より。
前近代的な自然の素材を用いて造り、時を味方につけて風化する。
いやあ、うつくしい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする