個室のこと

2024-04-23 22:30:28 | 緑の回廊の家


上の写真は、先月にお引渡ししたばかりの「緑の回廊の家」の、個室です。
広い庭があって、そこに面して正方形の窓がひとつ。
庭が広いのだから、もっと大きな窓にすることもできましたが、やはりこのサイズがいいと思いました。

立ったときには、窓の高さがとても低く感じます。
でも、すわったときには、すぅっと目線が庭に滑り出て行って、とてもよい案配。
この部屋では、建て主の愛犬が一緒に過ごしたり一緒に寝たり。そんな暮らしのことをイメージしながらつくった部屋でした。
愛犬の目線からも、無理なく庭が眺められそう。

窓の傍らには、真新しいライティングビューロー。建て主がずっと憧れていたものだそうです。大事なものが、窓辺の傍らに。
無垢のチェリー材で丁寧に作られたこの家具は、家具工房ウッドユーライクカンパニーのもの。職人さん自ら運び入れてくださったそうです。

自分だけの窓辺と、デスクがひとつ。
ぼくにとって、個室のいちばん魅力的なあり方は、そんなところにあります。




上の写真は、かつてイタリアを一人旅したときに訪れた、フィレンツェ近郊の小さな村にある修道院の個室。
回廊のある開放的な1階の空間のうえに、修道士のための個室が並んでいます。
とても小さな空間で、こちらも無垢の木でできたデスクと、小さな窓がひとつ。
要素がとても少ないぶん、窓からの光も鮮烈で、デスクの経年の味わいも際立っていました。
デザインなどなにも無いような空間だけれども、逆に余計なものが何もなく、純粋で真正なものだけがある、という充実感に心が満たされたのを覚えています。
一人旅だったせいかな、笑

このときの一人旅では多くの修道院を訪れて、人々が語らう開放的な緑あふれる回廊と、ひとりきりでいることが心地よく感じる美しい窓辺の個室を、じっくりと見て回りました。
そのときに感じた気分が、その後ぼくが設計する住宅には、静かに息づいているような気がしています。


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ランチ会

2024-04-16 22:16:27 | わらびの家


5年前に完成した「わらびの家」の建て主から、ランチにお誘いいただきました。
ランチ会には工事を担当した監督さんもいらっしゃって、久々に家づくりのメンバーが集い、楽しいひと時となりました。

この家は、テンションの上がるキッチンを!というテーマをいただき、一緒につくりあげてきた家で、ぼくにとっても思い出深く、そしてとても気に入っている住宅です。
とにかく来るたびに、いい。そんなふうに思えることが幸せですし、家を大切にしていただけていることをとても嬉しく思います。
建て主のインスタグラムにも日々の様子が紹介されているのですが、なんて映えること!(笑) 久しぶりに訪れましたが、素敵な雰囲気になっていることを日々見せていただけるのは嬉しいものです。



庭には小鳥が遊びに来るようになったそうです。
ランチ会のときにも、バードバスやピーナッツ台に小鳥が次々にやってきます。
トラックがブンブン通る街道沿いに建つロケーションなのに、一歩中に入ると静かで、小さな庭は楽園のようです。

ハンスウェグナーがデザインしたテーブルや、ルイスポールセンのランプも空間に優雅さをもたらしてくれます。
ぼくたちがデザインした窓も、よい雰囲気で庭の風景を切り取ってくれています。

ゆっくり時間が流れる、落ち着く楽しい居場所。
そんな家になったなあと思えて、嬉しくなりました。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

高窓の光

2024-03-31 00:07:12 | 緑の回廊の家


スペインやイタリアにある小さな教会や礼拝堂に訪れたときのことをよく思い出します。
仄暗くて、しんと静かな空間に、高窓から光がすぅっと入ってくる。
小さな空間だからこそ、そのささやかな光がとてもかけがえのないものに思えます。
そんな気分にさせてくれる空間を、つくってみたいと思っていました。

「緑の回廊の家」は、庭に面して大きく窓が開かれ、室内と庭とが一体となった雰囲気の家です。
明るく開放的な室内のなかに、すこしだけ、翳りと光を印象的にもたらしたいと思いました。
そんなことを思いながらデザインしたのが、上の写真のような高窓です。

木の板張り天井の一部が斜めに切れ上がって、高窓から光が入ります。
午前中のある時間帯だけ現われ、刻々とその表情を変える特別な光と陰影。
開口部にはレトロな装飾ガラスがはめ込まれていて、さながらステンドグラスのよう。
不思議なことに、室内に落ち着きと寄る辺をもたらしてくれました。






コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ギャラリーのような空間

2024-03-16 23:50:20 | 進行中プロジェクト


都内で進めてきた住宅の現場。
緑溢れる庭が主役の家ですが、室内には写真のような静かな雰囲気の場所もあります。

個室のなかですが、さながらギャラリーのような雰囲気の壁になりました。
白い壁の上をゆったり漂う、自然光と翳りの移ろいが印象的です。

完成は、もうすぐ。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

山中湖へ。

2024-03-09 22:02:12 | 山中湖の家


雪の山中湖へ。
鉛色の湖と、一面の銀世界。
風光明媚なこの地の、モノクロームの世界観にしばし酔いしれます。



その森の奥に、現場があります。
雪原からひょっこり三角の顔を出して可愛らしい感じ。
森の中に隠れた、平屋の家です。



現場では棟上げをした直後で、構造や屋根ふきの作業が進行中です。
ブルーシートに覆われたところはダイニング。
小さな間取りにポンっと天井が高く、まるで森の中の小さな礼拝堂、という雰囲気です。
その空間のなかに、10人以上が集える大きなダイニングテーブルをつくる予定です。

室内はざらりとした左官塗の壁になる予定で、森からの自然光が差し込み、そして陰影をつくってくれることでしょう。
まだ工事が始まる前、何度も現場に来ては、光と陰影の空間を夢想していました。
いよいよその空間が形になり始め、否が応でも気持ちがたかぶります。

しばらく、山中湖通いが続きそうです。


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする