アウトドアリビングを楽しむ

2019-04-22 22:16:43 | 月見台の家


4月も後半になり、一気に暖かく過ごしやすい日が続いています。家の中だけでなく、家の外にも生活空間が広がれば、家での過ごし方がもっとのんびりと、のびのびと、楽しいものになると思います。
ゴールデンウィークも、行楽地はきっとどこも混んでいますから、昼間からちょっとビールなんか飲みながら本を読んだりする気持ち良いスペースが家にあるとサイコーだなあなんて思ってしまいます(笑)

そんなことを思い浮かべながら設計した住宅「月見台の家」。
ダイニングの続きでデッキコーナーがありますが、テーブルを置ける広いデッキコーナーにつながり、一段降りると、ベンチの上にパーゴラのかかったコーナーがあります。
今ぐらいの時期から、つる性のモッコウバラがきれいに花を咲かせ、ベンチコーナーが緑に包まれます。



大きな庇もしっかりかかったこのスペース。これから雨が多い季節にも重宝されます。
家の中と外を行ったり来たり。
美しい窓辺。居心地の良い窓辺。
そんなふうにして、エクステリアを暮らしの一部としてデザインすると、生活空間がぐっと楽しくなると思います。




コメント

蚊取り線香を傍らに。

2017-05-29 22:01:51 | 月見台の家


だんだんと夏めいてきて、窓を開け放しておくのが気持ちよい季節になりました。
窓辺のテーブルや、デッキに出て、冷たい麦茶(麦酒?)なんか飲みながら無為に時間を過ごすのは、なんとも言えず気分がゆったりとします。
カフェやお店ではなく、自分の家ならではの「ゆったり感」があるように思います。

写真の「月見台の家」」もそんなことをイメージしながらデザインした住宅です。
窓枠は木でできていて、そのレトロ感に愛着が沸きます。

デッキに出るときは蚊取り線香を傍らに置いて。
そんなひとつひとつのものに、愛着の沸くものを選ぶ。
そんなひとつひとつのことが、「ゆっくり暮らす」ことを楽しくしてくれますね。
コメント

月見台の家.6 ~一年点検~

2012-05-15 16:46:05 | 月見台の家

1205131

「月見台の家」ができあがってから1年が経ち、定期点検にお伺いしました。この住宅には、敷地の南北にふたつの庭が計画されていて、それらに包まれるようにしてリビングがあります。ですので、この一年の間に植えられた草木の雰囲気がどのようになっているかも、とても楽しみでした。

伺ってまず感じたのが、お施主さんがとてもこの家を大切にしてくださっているということ。ご自身で庭も手入れされています。手間がかかることではありますが、そんな風に暮らしていただいて、設計者としては頭の下がる思いです。

1205132

点検では、お施主さんご夫妻と、施工担当の栄港建設の監督さんと一緒に家の内外を廻りながら、不具合等がないかをチェックしていきました。大工さんや建具屋さんをはじめ、各職人さんが丁寧な仕事をしてくださったおかげで、とても良い状態に保たれていました。時間が経って、その差がでてくるんですね。一通りチェックをし、庭の木戸の建て付けなど幾つかの部分について少し手を入れることにしました。

この家には、とりたてて目新しいデザインはありません。むしろ、極力そういう「個性」を削ぎ落しました。一方で、ものごとの間合いや、風景を切り取る窓のプロポーション、素材感や質感といったものを吟味しました。以前にこのブログで、「カタチ」ではなく「場所」をデザインしたかった、という話を書きました。丁寧につくられた木の窓枠や床は、少しずつ色味を深めています。窓からは庭の緑が鮮やかに見え、深い軒に守られた室内は、安らぎのある陰影に満たされています。椅子にすわって談笑しながら、今、この場所で時間を過ごしていることの居心地の良さを感じることができました。きっとそれが、この家の個性なのだろうと思います。

1205134

南庭のパーゴラには、モッコウバラがだいぶ絡んできて、白いかわいい花がいくつか咲いていました。来年には、もっと多くの花が一斉に咲くことでしょう。華やかなんだろうなあ。楽しみです。

コメント

月見台の家.5 ~ホームページに写真をアップしました。~

2011-10-07 13:05:45 | 月見台の家

春に竣工した「月見台の家」の写真を、オノ・デザインのホームページにアップしました。

http://www.ono-design.jp/tsukimidai.html

庭に草木が植わった後に、自分で撮った写真です。ですので、いわゆる建築写真とは撮り方がまるで違うのですが、その場の雰囲気がなるべく表れるように、という気持ちをこめて撮ってみました(笑)

撮影にお伺いしたのは暑い日でしたが、抜けていく風がとても気持ち良かったのが印象的でした。写真には風の心地よさが映らないのが残念ですが・・・。

さて、ホームページには載せていない写真から一枚。

1110071

障子の前に置かれた、白磁の花瓶。ぱっと見ただけでは同じ白でも、素材の違いでその質感も異なります。抑制された自然光と陰影によるモノクロームの空間のなかで、異なる素材の表情が、落ち着きのなかにもキリリと引き締まった調和を生んでくれています。

白く塗られた障子の桟の、光沢の無いペンキの白。

障子紙の、ざらついた柔らかい白。

白磁の花瓶の、艶やかで品のある白。

ここは階段の途中にある出窓です。一日のなかで数回、上ったり下りたりするだけの場所ですが、そのときだけ感じられる、不思議な奥行きのある場所になりました。

コメント

月見台の家.4 ~月見台の庭~

2011-08-22 14:41:50 | 月見台の家

春先に竣工した住宅「月見台の家」のお施主さんから、庭ができました・・・とのご連絡をいただき、先日お伺いしてきました。

すこし唐突な話になりますが、「家」というものについて考えるとき、床・壁・天井といったカタチあるものに最初に関心をいだくか、それとも、それらのカタチの間に挟まれた、いわば空気のようなカタチのない「場所」に関心をいただくかで、家の設計やデザインのあり方も変わってくると思います。

「月見台の家」は、まさにその後者の考え方でイメージした住宅でした。野生のリスが走り回る小高い丘の上の立地。そこから奥にぐっと引き込まれたような敷地。風が気持ちよく抜け、桜の木立が見える、ポケットのように奥まった静かな、場所。

「カタチ」ではなく、「場所」をつくりたいと思ったのです。床や壁や天井は、そんな「場所」を引き立たせる良き背景であってほしいと思いました。生活がはじまって置かれる家具や道具、植栽などは、「場所」のイメージをかたちづくる、ひとつひとつの「かけら」のようなもの。そんな「場所」の風景は、静けさと穏やかさに満ちた、そう、「ロマネスク」がもつ慎ましやかさにも似た雰囲気になるのではないかな、と思っていました。

思い描いていた「山の上のロマネスク」の家。どんな風になっているかなと、とても楽しみにしながら坂道をあがっていきました。

110801

たどり着くと路地状の通路に、背の高い雑木が覆うように植えられていました。樹木の奥に風景が見え隠れし、奥行きのある雰囲気がでてきていました。

庭にしつらえられたベンチコーナーの板壁に促されるように、さらに、さらに奥に。

110801_2

そうして玄関にはいると、高さの抑えられた窓から、北庭の気配が見えます。

110801_4

この住宅は、北と南の両方の庭に包まれるようにリビングが配されています。リビングへは、木でできた大扉を開けて入ります。リビングへ入ることが印象的なものになるように。

大扉を開けた視線の先は、リビングを抜けて、南庭へすうっと抜けていきます。

110801_5

110801_6

南庭は雑木の庭。ソロの木が幽玄な幹肌を見せてくれます。リビングからデッキへ、デッキからベンチコーナーへ、床の高さと雰囲気を変えながらつながっていきます。ベンチコーナーの柱には、モッコウバラが絡んでいます。やがて蔓が延びていき、綺麗な花を咲かせてくれるのが楽しみです。設計の意図を汲んで植栽を施していただいた造園家、手入れを欠かさず丁寧に住んでいただいているお施主さんに、頭が下がる思いになります。

北庭は和風の庭。白砂利の敷かれた、落ち着いた庭の先には桜の木立が見えます。

110801_7

木でできた家具と床は、家にしっとりとした質感を与えてくれます。単調で大きな白い壁と天井は、ものごとの背景としての心地よい余白になってくれます。そんな単純で素朴な家の内と外には、歩き回るといろいろな風景と場所が連なっていて、常に新鮮な気持ちになります。ちいさな楽しみが、ギュッとつまったような家。緑が植わり、家具類も置かれ始めて、この家が持つべき空気感が見え始めているように思いました。

110801_8

コメント