設計スタッフ募集のお知らせ

2016-06-30 23:11:00 | 住宅の仕事
設計スタッフ募集のお知らせ

オノ・デザイン建築設計事務所の住宅設計に共感し、数年間、じっくりと住宅設計の仕事に取り組みたい方を、 スタッフとして募集します。

◆募集要項
採用人数 : 若干名
業務内容 : 住宅の設計・監理
応募資格 : 建築・美術系大学卒業の方、若しくは実務経験者
給与待遇 : 15万円~(能力・業務経験により昇給)
休日休暇 : 日・祝日・夏期休暇・年末年始休暇
試用期間 : 3カ月
採用時期 : 即日~



◆応募方法
メール、若しくは郵送にて下記2点をお送りください。※お送り頂いた資料は返却致しません。ご了承ください。
・履歴書
・ポートフォリオ




お送りいただいた資料を拝見し、面接に来ていただく方のみ、後日こちらからご連絡致します。
※電話による直接のお問い合わせはご遠慮ください。

送付先:
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘3-16-8
オノ・デザイン建築設計事務所  小野宛
Email : ono@ono-design.jp
コメント

青葉の家

2014-07-31 23:48:08 | 住宅の仕事

1407311

オノ・デザイン建築設計事務所のホームページを更新し、仙台に建つ住宅「青葉の家」の写真をアップしました。
ぜひご覧ください!!リンクはこちらから。
http://www.ono-design.jp/aoba.html

僕の事務所での設計では、家の内と外を印象的につなぎながら、居心地の良いコーナーをつくっていくことを大切にしています。そんなことから、「ドリフト・プラン」と呼んでいるジグザグ型の間取りが特徴になっています。「青葉の家」は、ドリフト・プランを大きく展開した住宅になりました。

室内のそれぞれの窓からは、それぞれ異なった印象に見えるように庭造りをしています。荒く造られたコンクリート平板敷きのテラスから、庭へのつながりも印象的なものになりました。

これまで、室内に色はあまり使わなかったのですが、トイレや子供部屋など、いくつかのスペースの壁を彩色しました。

1407312

1407313

1407314

できあがった住宅の写真は、すべて僕自身が撮りました。小雨の降る日に、写真を撮りに伺うと、庭もしっとりとした雰囲気で、じんわりと居心地の良い雰囲気がありました。そういう雰囲気がいいなあと思いながら、歩き回ったり座ったりしながら写真を撮りました。そんな時間がとても好きです。もともとカタルニア・ロマネスクの写真を見たのが建築を志したきっかけですから、シャープで現代的な建物よりも、気配や雰囲気といったものを丁寧につくりこんでいく方が、性に合っているようです。

写真もセルフなのに加え、ホームページも手作り。これも、なるべく思うニュアンスのみを伝えたいという思いからそうしているのですが、なにかと不具合も伴いがちです。ホームページがうまく更新画面に切り替わらない場合もあるようですので、そのような場合はページの再読み込みをしていただけますと幸いです。

ホームページを更新しなかった期間に、いくつかの住宅ができあがりました。どの住宅も、内と外のつながりの気持ちよい空間になるように心がけて設計したものですが、それぞれに独自の特徴も生まれました。それらの空間も、準備ができたものから少しずつホームページやブログにアップしていきたいと思います。

コメント

はじめての作品

2013-09-03 23:21:47 | 住宅の仕事

1309031

埼玉県川口市で住宅を設計中で、法令手続きのために川口駅周辺の庁舎を訪れました。その際に川口駅前の広場に立ち寄りました。なつかしい、小さなオブジェに会うために。

もう10年近く前になりますが、僕が独立して設計事務所を構え、さあ、仕事をはじめよう、でも何をしよう・・・というような状況のとき、ひょんなことからデザインコンペに応募することになりました。川口駅前の広場に、時計塔モニュメントをつくるので、そのデザイン案を募集するとのこと。まずはこのコンペを楽しんでやってみよう!ということで応募した案を採用していただき、現実につくられることになりました。自分の力ではじめて得た仕事。とても嬉しかったのを覚えています。

1309032

結果的にはいろいろな理由から、当初思い描いたカタチからはだいぶ離れて実現しましたが、鋳物を活かしたデザインはそのまま実現することができました。それからしばらくの間、なかなか訪れることがなかったのですが、ようやく「再会」することができました。

雨風にうたれ、塗装もはがれ気味ですが、その分、年季がはいった感じになっていました。かつての自分に出会うような、妙な感覚がありました。

さて、そんな思い出の街で進めている住宅は、大きな屋根のある家。ほとんどが平屋で一部が2階建てになっています。大きな屋根というよりも、深い軒のある家、と呼びたくなるような。そんな懐の深い雰囲気が出ればいいと思います。

敷地にあった大きなケヤキを使って、家のなかのあらゆる家具をオリジナルに作ります。そのメインは大きなダイニングテーブル。それらが格調高く感じられるような空間を、素材とプロポーションを吟味してつくりあげたいと思います。

1309033

コメント

ブリコラージュの街

2013-07-14 00:08:56 | 住宅の仕事

1307131

陶芸家のご夫婦のアトリエ住居を設計することになり、打合せが始まりました。現在のアトリエの様子を見学に、愛知県の瀬戸を訪れました。

街の中には今も煙突がいくつも立ち、街の中に埋め込まれるようにして、多くの陶芸作家のアトリエが現役で活動している様子でした。古い製陶工場や倉庫を改修して使い続けているものも多くあり、風土のなかに、陶芸の文化が深く浸み込んでいるようないるような印象を受けました。

街全体が、派手に陶芸文化を主張しているわけではありません。むしろ、街の中のあちらこちらにひっそりと潜む、文化の断片を発見することに、この街を散策する楽しみがあるようにも思います。その代表格が、使い古しの器や残った陶器・型を、垣や塀に埋め込んでデザインに生かされているもの。「窯垣」というのだそうですが、観光用にキレイにデザインされたものよりも、その奥深くにどんどんと歩いて行ったところに散在する、「余ったから使っちゃった」ぐらいの軽いノリ(?)でつくられたような無造作なものの方が、なんとも言えぬ良い味わいを出しているように思いました。もともとの用途と別の使い道をして再利用するアートを指して、レヴィ・ストロースは「ブリコラージュ」と呼んだのですが、ガウディの建築の表層を覆う装飾と同じように、瀬戸の窯垣はどこか愛嬌に満ちた美しいブリコラージュになっていました。

1307132

街の隅々に窯元としての風情が染み渡る風土。全国にそのような地域はいくつかありますが、それぞれの風土で、永年の間に培われてきた知恵や技法というのがあるそうです。個人の造形的な才に溺れることなく、まずはその「伝統」のなかに深く身を浸し、関わるいろいろな人々の話に真剣に耳を傾け、あらゆることを吸収しようとしなければ、大切なことを得ることはできないことを、施主である陶芸家から聞きました。

今回、アトリエ住居を計画するのは、この風土から遠く離れ、多摩湖に程近い狭山の地。創作の上で慣れ親しんだ風土を離れるというのはどれほどのことでしょうか。派手で目立つ器をつくるのではなくて、他の器とも調和し、日々の生活のなかに息づく、なんとなくいいなあと思える優しい器。そのような器をつくり続ける陶芸家の家とアトリエは、簡素で、即物的で、穏やかな光に満ちたものでありたいと、じわじわと強く思えてきました。

コメント

いちばんいい眺め

2013-03-09 22:04:16 | 住宅の仕事

1303091

富士市で計画している住宅の打合せに行った帰り、お施主さんに車で駅まで送ってもらいながら外を眺めると、傾きかけた陽に照らされて富士山がとても美しく見えました。富士山はいったいどの角度からが一番きれいに見えるか。タモリさんが番組の富士市のロケで、この角度からが一番きれいなんだよな~ということを話していたそうです。そこはそれなりにマニアックな場所で(やっぱりタモリさんはよく知ってますね)、きっといろいろな角度から眺めた結果なのでしょうか。

東京に暮らしていると山の気配も感じることがないですが、僕自身が生まれ育った京都でのことを思い返すと、いつも意識のなかに比叡山がありました。富士山とは比べものにならないくらい小さな山ですが、自分の生活圏内からはいつも見ることができ、少し歪んだそのシルエットが僕にとっての比叡山の姿でした。

時は江戸時代、後水尾天皇は、自身の離宮を造営するにあたり、比叡山が最も美しく見える場所を探し歩いたそうです。いったいどのような尺度で「最も美しい」とするかはとても難しいところですね。どこかで聞いたことがあるのですが、後水尾天皇は、一番の場所を探すのではなく、近からず、遠からず、あらずあらず・・・で探し続けて辿り着いたところ、であったそうです。たしかに、ひとつの真理に向かう筋道かもしれません。

1303094

さて、そうしてできあがった場所がここ。京都市北部にある小さなお寺、円通寺。数年前に訪れたこの時は霞がかかっていて、ほんのりと比叡山が見えるぐらいで、写真だと、どこにあるの~といった感じになってしまいました。でも、柱と生垣で縁取られた構図のなかに、一期一会の風景が広がります。何度でも訪れたくなる、人も少ない小さなお寺。オススメです。

コメント