自由が丘のアトリエ

2012-10-16 18:37:23 | 自由が丘の家

121016

「自由が丘の家」に、アトリエと住居を増築する工事が始まりました。

既存の樹木をよけるようにして配置した、凹凸のある不思議な形のプランで、家全体が奥に細長く続きます。それぞれのスペースから見える外の景色に合わせて、窓のデザインを決めていきました。コンパクトながら居心地の良いスペースになるといいなあ、と思い描いたものが実現していくのは、とても楽しいものです。

施工をしてもらうのは、10年前と同じ、ますいいリビングカンパニー。僕の大学時代の同級生の増井くんが立ち上げたこの会社に、10年ぶりにまたお願いしました。10年前の工事中に、増井くんが毎日鉄管に塩水をかけて錆びさせた、お手製の「古び灯篭」も、処分せずに取り置きしてあります。「これ、どこに付けようかねえ」とニヤニヤしている僕の横で、現場に来た増井くんは「まだこれを使う気か」と思ったかもしれませんが、大事な思い出ですからねえ。取り付けはお願いします!(笑)

コメント