公園を望む家

2022-06-16 22:10:33 | 城北の家


梅雨になり、雨が降るごとに緑が湧きたちます。
写真の「城北の家」は、公園の隣という緑あふれるロケーションの家です。公園の緑を「満喫」することを楽しみにこの土地を購入され、家づくりが始まりました。
せっかくなら、窓いっぱいに大きく緑が溢れるように。
緑を引き立たせるような額縁のような窓を。
そんなことを思いながら設計しました。

緑と補完しあう色味として、インテリアは赤味がかった色を基調としました。
床のフローリングはブラックチェリー。時間を経るごとに色が深みを増していく特徴があります。
窓枠はラワン材にローズウッド色のオスモカラーで着色したもの。

そうしてできあがった窓辺は、どこかフォーマルで重厚な佇まいになりました。
3メートル近い天井高さと相まって、凛とした雰囲気が宿ります。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鎌倉小町の家 上棟 | トップ | レトロガラスの魅惑 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿