雪の日

2012-03-02 19:04:08 | 日々

1203021

今年は東京でもよく雪が降りますね。子供の頃は無邪気に喜んでいたけれど、大人になって仕事をし始めると、いろいろなことが気にかかるものです。

それでも、雪化粧された風景はいつもと違って新鮮です。そんな気持ちとともに、なぜだか、師匠の村田靖夫さんの事務所に勤めていた頃のことを思い出します。

村田さんは、時折スタッフをランチに誘ってくださいました。常日頃、鬼のような形相でスタッフに相対し仕事をされていたから、スタッフにもちょっとした息抜きが必要だろうと思われていたのかもしれません。村田さんにランチに連れて行ってもらうと、すべて村田さんが支払ってくださいました。スタッフ6人がここぞ!とばかりに食べますから、ケッコウな金額になったのではないかと思うのですが・・・。その行き帰りの道は、ちょっとした課外授業でした。道端の木や草花を指して、なんというナマエかわかるか?とか、花が咲く季節がいつか、など、質問をされては、たいてい答えられない我々に、ヤレヤレという顔をしながら教えてくださいました。

雪が降った日。アスファルトの部分と、土の部分で、雪の解ける速度が違うのはなぜか。それを建築の断熱の仕組みの話にまで関係づけながら、いろいろ話してくださいました。

村田さんは、芸術家肌の建築家ではありませんでした。エンジニア肌で、厳密で職人的な設計の仕事を好まれました。ですから、感覚的な話をするとたいていは怒られました(笑)。

一昨日、「自由が丘の家」の、黒い漆喰の壁を背景に、白い雪が降りしきっていました。できあがって10年が経ち、黒い灰墨が削げて味がでてきた壁。雪が地面を覆い、モノクロームの世界になります。そういったものを、村田さんだったらどのように表現するのだろうか。

1203022

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ドア | トップ | ウンブリア »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。二つ目の写真大好きです。絞りを大き... (hamada)
2012-03-08 17:06:48
こんにちは。二つ目の写真大好きです。絞りを大きくしてシャッタースピードをおもいきり速くしたのでは? 雪の降りてくる瞬間がよくとらえられていて静止の状態だけどそのまま地面まで落ちて行くような錯覚を感じます。吸い込まれて行く感じが目も心もひかれます。
こんにちは。嬉しいコメントをありがとうございま... (ono)
2012-03-09 09:32:53
こんにちは。嬉しいコメントをありがとうございます。おっしゃるような方法で撮ったものです。雪が降っているという意味では、動きのある情景ですが、音もなく降り続ける情景は静止画のようにも感じます。雪の日の光景って、不思議ですね。

コメントを投稿