日々適当
hibitekitou

カローラのセダン・ワゴンが日本でも発表されたようで

与太話 |2019-09-18

トヨタ、新型「カローラ」「カローラ ツーリング」。1.2リッター直噴ターボ+6速MT車もラインアップ [Car Watch]
トヨタ、新型「カローラ」シリーズを上田チーフエンジニアが解説 [Car Watch]

カローラという名前が嫌いです。トヨタにとって思い入れのある名前なんでしょうけど、嫌いです。
けれども名前はともかくオーリス後継のカローラスポーツに準ずるモデルチェンジでカローラシリーズが出揃ったようです。
海外展開されているモデルよりも若干小ぶりなボディーになっているそうです。でも先代モデルと比較して大型化している(けれども高さは下がっている)。結果としてシュッとしたイメージになっているようです。海外モデルと比較してタイヤの切れ角を増やすなどの味付けの変更も行なっているようなので、実際の乗り味はどんな感じなのか、レビューが待たれるところですね。まぁしかしサイズについては幅はカローラスポーツの方が45mmも広いようなので、シュッと具合が日本仕様のカローラは薄いカモですけど。
まぁつまり、興味はあるわけです。でもセダンには興味がないので、手を出すならツーリングでしょう(もしくはスポーツ)。エンジンは

1.2L 8NR-FTS
1.2リットルの4気筒直噴ターボ。うちのオーリスがこれなのですけど、何か改良されているのでしょうか。(レッドゾーンがオーリスと変わっているという記事も見かけます)ってことに興味あるんでレンタカーでカローラスポーツを借りたかったんだけどねぇ。ん?ツーリングでは6MTモデルだけがこのエンジンを採用しているのかね?
1.8L 2ZR-FAE
ベースモデルに搭載される1.8リットルの4気筒エンジン。2009年にリリースされた車から採用されているそうです。型番が同じでも車によって馬力やトルクといった数字が違っているんで、同じとも言えないのだろうなあ。
1.8L 2ZR-FXE
ハイブリッドですが、さらにE-Fourって4WDシステムも選べる模様。

という三種類を用意していて、そのどれもがたぶん120km/hの高速道路を気分良く走れるのだろうとは思いますけど、個人的に興味あるのを選ぶと6MTになるんすね。まぁ昔はMT車乗ってたし、たぶん今も運転できると思うけど… 重さがカローラスポーツとツーリングではほとんど差がないのですね。体重がちょっと重い人が乗ったら相殺されちゃうぐらいの差しかないみたい。
まぁ当分は買わないからいいとします。
オーリスやカローラスポーツと比較して後部座席の居住性の向上と荷室の拡大ってのは重要です。
ラゲッジスペースはツーリングはグルフバッグ4個と書かれています。カローラスポーツには2個って書かれていますから概ね倍ぐらい乗りそうってことでしょうか。
後部座席はスポーツに対して若干広くなってますか?どうなんでしょう。前モデルと比べると狭くなっているようですが、コンパクトカーに分類されるスポーツやオーリスと比べると広いですよね?

まぁとりあえず興味本位に実機をふらっと車屋さんで見てみるのも悪くないでしょう。気が向いたら試乗してみるとかね。なんか一部のネッツ店でも売られるみたいなので、試乗させてってお願いもできるかもしれない。
とは言え、少なくとも2、3年は車を変えるつもりもないので、興味深く見ているだけです。カローラの名前、やめないかなぁ(^^)

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。