社労士(社会保険労務士)さんのひとり言

SGLT2阻害薬を飲みだしてから尿量は増えるは、(作用機序からすると当たり前だけど)尿糖は出るは…で大変です。

「W」とは客単価が違うし、客層も違う。

2014年07月31日 16時07分34秒 | Weblog
Mちゃんが御母堂の店を休むことになり、少しは楽になったようです。

アルバイト先の店は繁盛店でして…。ひっきりなしに客が入りますからね。

給仕のMちゃんも大変ですわ。


先日、私と「W」マスターで、この店に行ったときも満席近く…。何とか、2席は確保して貰いましたが…。

「W」マスター曰く、「料理はイマイチ。」とか…。

そりゃあ、一流の和食店で仕事をして来たマスターと、セミプロのおばちゃんでは勝負になりませんわ。

塩タンなんかゴムですわ。ホントにゴム。

ニラレバのレバーが不味いし…。

白肉のテンプラは食えましたけど…。

まあ、普通には食えないレベル。


それでも地の利が良い。子供でも食えるものがある。それなりの値段。夜の定食がある。

それで客が来る…。


「W」とは客単価が違うし、客層も違いますわね。

「W」の客はこの店には来ないだろうし逆もないですわ。


なお、この店でMちゃんと話し込むことはありません。Mちゃんに酒も飲ませられません。

そこら辺は、しっかりした店だと思います。
コメント

郵便局の選択。

2014年07月31日 14時15分52秒 | Weblog
最近は、近くの郵便局よりも駅までの道にある郵便局へ行くことが増えてきました。

近くの郵便局は、駐車場が道を渡ったところにあり少し歩かなければならず…。

今の季節は暑いです…。

郵便局前に車を停める輩もいますが、そうすると歩道をほぼ塞いででしまい、歩行者が迷惑します。

また、坂の下にあるため、自転車が猛スピードで降りてくるので、かなり危険です。

先日も、事故があったと聞いておりまして…。高校生が郵便局から出てきた大人にぶつけた…とか…。

その上で、駐車した車があると、坂から落ちてくる?自転車が見えづらくなります。


駅に行く途中の郵便局は駐車場が無く、路上に停めることになります。

しかし歩道が広いので、あまり歩行者の邪魔にはなりません。

近くの郵便局は幹線道路に面していますが、途中の郵便局は通行車が少なく…。

郵便を手渡すだけだったら、用事をサッサと済ますことが出来るかな…と。

ま、出来るだけ迷惑にならないように気を付けていますけどね。


今日はレターパックライトを各地の仕事関係者に郵送。

明日の金曜日には到着するものと思います。

世の中が暑いから、出来るだけで外に出ないようにしています。


あずきバーも買い置きしておきました…。
コメント

急性=急激な悪化。

2014年07月31日 09時17分16秒 | Weblog
9時半の出なので、もう1つ書いておきます。

いわゆる「急性ナントヤラ」の場合は、急いで病院に行った方が良いです。

急性=急激な悪化…ですからね。


Hさんのことは書けないので、私の事例で申し訳ないですが…。

「急性心不全」は急激に心機能が低下します。

心機能が低下すると…。体がそれに対応してしまう。

心臓は心機能低下で血液を全身に送れなくなりますから、それを心拍数増で補おうとします。それは、心臓を疲れさせるため、ますます、心機能を落とす結果になりかねません。

肝臓や腎臓も血流量が減るため不全状態になり…。機能が低下しますし…。

脳も、危険信号を出しっぱなしです。凄まじい倦怠感が出ます。

結局、全身が悪くなって行くのでありますよ。

それを我慢してしまうと…。取り返しが付かなくなる時点に到達してしまいます。

つまり不可逆性の障害が起きてしまうとか、最悪は命を落とすことになる。


私の場合、幸い、心機能は戻りましたが…。退院当時は戻るかどうかは分からない…と言われていました。

心機能が戻らなかったら、仕事が出来なくなっていた…と言うか…。セーブせざるを得なかったと思います。


Hさんの場合、私が土曜日に早めの受診を勧めましたが…。当初は、月曜日の受診を考えておられました。

2日ほど早かったことが、まだ功を奏したかどうかは分からないのですが…。

病状によっては、生命を左右することもありますので…。

急激な病状悪化があった場合は、早急に大病院へ行くべきだと思います。
コメント

メディカルクラークを嫌がっている??

2014年07月31日 08時48分02秒 | Weblog
姪っ子は日赤でメディカルクラークみたいな仕事をしていますが…。今回、「傷病手当金の書類作成」から「医局へ出入りするような業務」へ変更されるのを嫌がっているようです。

私なんかは、医師にはなれないにしても…。専門職として、メディカルクラークの業務は重要になってくると思いますし。

人の役にも立つ、いい仕事だと思うんですけどねえ…。

姪っ子が、日曜日に相談に来るそうなので、話を聞いてみるつもりです。


昨日の大学病院からの電話も、ICU付きのメディカルクラークからかかってきました。

大学病院にはICU付きの事務員がいるんだね。

担当看護師が付くのには驚かなかったけどな…。

まあ、ICU付きのメディカルクラークなら、嫌な電話をかけることも多いでしょうね。

緊急呼び出しとかは嫌だろうな。

最近は、特定の医者に付くメディカルクラークも多くなっていますから、この業務は、範囲が広がって行くのだろうと思います。


今日は、7月の〆。

書類整理や郵送に勤しみます。

暑いので、皆さん、気を付けませう。
コメント

個人情報保護法って面倒だね…。

2014年07月31日 08時13分36秒 | Weblog
朝ウォーキングは1時間30分。推定消費カロリーは500キロカロリー。


昨日の夕方、大学病院から電話があり、ちょっと緊張しましたが…。

Hさんのご両親と大学病院の間で完全に連絡がついたそうです。その上で、ご両親が私にお礼を言いたいとかで…。

「電話番号をお知らせしてもいいですか?」とのこと。

個人情報保護法って面倒だね…。


私からは「(ご両親に)電話番号を報せても構いません。」と言っておきました。

お礼を聞きたかったわけではなく…。Hさんの病状に関しては、私は聞かされることはないから。

親族でもなく会社の人間でもなく…。ある意味では第三者ですからね。

お礼を言われるよりも様子を知りたいです。


昨日は、M社の育休がメイン。

会社担当者が印を押し忘れていて…。

昨日の帰りに押印していただいて、今日の朝に郵送しました。

会社で印の確認はしないので、たまに、こういうことがあります。

まあ、処理は、しているので安心です。


ちゃねらーの皆様へ。

私は入院していませんよ~。
コメント

バックの青空が、今日の暑さを予感させますなあ…。

2014年07月30日 12時53分06秒 | Weblog
朝ウォーキングは1時間30分。推定消費カロリーは500キロカロリー。



今日の6時33分の撮影。

工事現場のクレーンです。バックの青空が、今日の暑さを予感させましたが…。

実際に暑いですね…。

さっき、少しだけ歩きましたが、汗が出る前に蒸発しそうな熱気です。




ウナギのかば焼き。

昨日は土用の丑の日。「W」に予約していたので皿に盛ってみました。

ちなみに、これが頭の部分です。約半分ですね。

尻尾の部分は、これと同じぐらいの大きさです。

一匹で2,800円。そのうち200円はタレ代。

タレは少ししか使わなかったので、何かに使う予定。




付け合せのサラダ。

上半分は「A」ママ手製のマカロニサラダ。下半分はMちゃん手製のポテトサラダ。

どちらも家庭菜園の野菜のお礼です。
コメント

集中治療室にいるということ。

2014年07月30日 09時20分36秒 | Weblog
集中治療室にいるということは、とりもなおさず生命危機にあるということです。

意外に、それが分かっていない人が多いな…と思います。

今日も「まさか死ぬようなことはないでしょう。」と言われましたが…。

じゃあ何で集中治療室に入れてるのか??


Hさん本人も、楽観的だったような気がします。

お会いした時もかなり気楽な感じがしましたから。

でも、医師の焦りが私には伝わってきました。

ただ、「ICU症候群」という言葉があり…。「自分は死ぬかもしれない。」というプレッシャーがかかることは防がなければならず…。

医師は、生命危機については話していなかったような気もします。

それは医師の考えであり、私が立ち入る場面でもなく…。

私は医師の考えに沿って行動した…ということですね。


私自身は楽観視していませんよ。

Hさんが集中治療室から一般病棟へ移るまではね。
コメント

「死に至る病」だとは思わなかった。

2014年07月30日 08時39分31秒 | Weblog
昨日の19時過ぎには、Hさんのお姉さんが病院に到着されたものと思われます。

Hさんのお姉さんが大学病院に電話されたのですが、その時に対応した主治医は「電話で詳しい話は出来ない。」と言ったとかで…。

ほとんど詳しい状態を知らされていなかったようです。

何故、私に、それが分かるのかというと…。

留守番役の妹さんが、私の話を聞いて「初めて病状を知ることが出来ました。」と言われたから…。

逆に、私は医師ではないので、簡単な話しかできずで申し訳なかったのですが…。


もう1つ。

私はHさんが月曜日(28日)に病院に行く…とメールして来られたので、「宿直医にでも見て貰った方が良い。」と返したのですが…。

私が勧めたのが駅前病院でして…。

Hさん宅から近いし、検査入院となっても私が対応しやすいからだったのですが…。

Mちゃん曰く…。「何故、(主治医のいる)日赤病院に行かなかったのか?」

Hさんは駅前病院でなく日赤病院でもなく、市民病院へ行かれました。そこら辺の経緯は分からないのですが…。結局、市民病院から大学病院へ搬送されていますからね。

「日赤だったら搬送されていないのではないか?」

まあ、こればかりは分からないですね。もしかしたら搬送されたかも知れない。


ただ、確かに主治医のいる日赤からの搬送の方が望ましかったのは確実です。

私がHさんの病気を「死に至る病」と判断しなかったこともありますが…。
コメント

私は、Hさんの回復を祈るのみです。

2014年07月29日 20時48分33秒 | Weblog
Nちゃん=飲み屋のおねいちゃんは、やはりHさんが気になるらしく…。店から私に電話してきました。

Hさんのお姉さんは、もう病院には着いた頃だと思います。

しかし、私に電話されることはないでしょうね。お会いしたことがないですしね。


私がHさんの実家に電話した時に対応されたのは妹さんで…。

やはり聞かれたのは私の素性でしたから。「会社でお世話になっている方ですか?」ってね。

その上で、誰も(私の電話番号を書いてある)ファックスを見ていないわけで…。

お姉さんが私の電話番号を見ている確率は皆無ですわ。


病院のアナムネで私の電話番号が出ていたようですが…。それは「友人」として書いてあり…。

重要度は会社よりは下でしょうから。

お姉さんが電話するとしたら、やはり家族>会社>私。


ただ、私はそれで良いと思っています。

もう私が関わることはなく…。医師の力量と家族の想いでありましょう。

私は、Hさんの回復を祈るのみです。
コメント

ずっと話中…。

2014年07月29日 14時30分47秒 | Weblog
Hさんの実家へ電話をかけ続けていますが…。朝のうちは呼び出し音だったのですが、昼過ぎから「通話中」になりました。

さっき(14時ちょっと)かけても通話中だったので、受話器が外れたか長電話をされているかですが…。

114にかけても「確認できませんでした。」とのこと。

果たして私のファックスを見ていただけたのかどうか??

病院に電話をかけて、確かめるのも病院に迷惑でしょうし…。

これは困ったもんです。

ファックスには私の携帯電話番号も記入しているので、一言でも電話で「見た。」と言っていただければ、それだけで私は安心できるのですが…。

もしかすると、もう、こちらに向かってるのかなあ??


Nちゃん=飲み屋のおねいちゃんが心配して電話をかけてきました。

NちゃんはHさんとは一番古い付き合いだからでしょうか。


それにしても、これってどうすりゃいいんだろう??


(14時50分、追記。)
ようやく連絡が取れましたが、ご両親の帰宅は明後日なんだそうです。今、Hさんの姉?が、病院へ向かっておられるとか。ご両親も旅行から帰り次第、病院へ向かわれるそうです。

ただ、私のファックスではなく、別のルートから話が伝わったようですね。

まあ、伝われば良し…です。

後は、Hさんの病状が好転することを祈るのみです。
コメント

「W」マスターのご厚意。

2014年07月29日 10時37分16秒 | Weblog
朝ウォーキングは1時間30分。推定消費カロリー500キロカロリー。


11時に「W」へウナギを取りに行きます。

家族には気を遣わせないために「貰った。」と言いましたが…。もちろん買ったんですよね。


「W」が土用丑の日にウナギを売るのは初めてのことで…。

マスター曰く「いろいろと動いてみたい。」とか。

ウナギについては、マスターが我街で有名なウナギ屋の初代料理長だったことで、仕入先を知っていたことから実現したそうです。

ちなみにウナギコースについてはここ


「W」には近隣の社長連も来られまして…。我県では中堅の建設会社の社長も来られます。

マスターが「紹介してあげるよ。」と言われるのですが…。あの会社はK先生が相談を受けてるんで、私は遠慮しますわ。

K先生にはお世話になってますし…。


そのK先生、「W」で私と飲んでいた時、たまたまおられた某役所のトップが挨拶に来られて…。

私が席を遠慮したことがあるんですけど…。

「W」マスター曰く「K先生には挨拶があったけど、太っちょさんにはなかったでしょ。だから(役所のトップに)知られておくというのも大事だと思うんだ。」

「W」マスターは、そのトップを私に紹介する気満々です。

しかし、こういうご厚意は嬉しいものですね。
コメント

もう1つの意外。

2014年07月29日 08時59分02秒 | Weblog
例えば駅前病院。

以前、Kさんのご主人が入院された時、私が連帯保証人になったのですが…。

「印鑑の代わりにサインでいいか?」「ダメです。」

私は、駅前病院の常連なのにねえ…。


日赤病院。

姪っ子の手術の連帯保証人&手術同意書等の親族欄。

書類の数が分からなくなるほど、サイン&押印をさせられました。


じゃあ、大学病院は?

確かに母の手術のときは、書類を山ほど書かされたですが…。

Hさんの入院に関しては皆無。

何処かの部屋に連れて行かれて、連帯保証でもさせられるかと思いましたが…。

全く皆無でした。


まあ、日曜日だったからかもしれませんし、会社が健康保険組合なので取りっぱぐれはない…という判断だったのかも知れません。


そういえば市民病院に寝巻を返す…という話だったんですけど…。

寝巻を預かるの、忘れていたな…。
コメント

意外な言葉。

2014年07月29日 08時25分37秒 | Weblog
昨日、Mちゃんが休みだったので、飲み友の人々に「Hさんの件」について説明。

というのも、私が突出して、勝手に動いていると思われるのが嫌だったのです。

会社やマンションに電話する行為は、通常は考えられませんからね。


話をした後、言われた言葉は…。

「これ以上深入りすべきではない。」でした。

「親の携帯電話番号を知らないということはあり得ない。」

実際、私の知り合いには父親と絶縁状態で…。「死に目でも会いたいと思わない。」という方がおられますが…。

それでも携帯の電話番号は携帯に記憶させているそうです。

「Hさんが親に知らせたくないのは勝手。携帯を持っているのなら自分が連絡するべき。」

う~ん。そういうもんなんかな??

私はHさんが正常な思考を欠いたか、自分の置かれた立場(集中治療室にいるということ。)が理解できていないか…。

どちらかだった…と思っていますが…。


まあ、どちらにしても…。

今日、ご両親が旅行から帰って来られる予定。

私のファックスを見て貰えれば、後は、私の出る幕ではありませんね。
コメント

高年齢雇用継続給付って苦情が多い。

2014年07月28日 13時23分27秒 | Weblog
高年齢雇用継続給付って苦情が多いんですよね。

ちょっと遅れただけで「今月分、まだ入っていないんですけど。」なんて文句が付きます。

M社も、総務課がしっかりしているので、総務課がクレーム処理をしているようですが…。1回だけ「まだでしょうか?」なんて問い合わせがありました。

問題のあった書類で、ハローワークへ説明をするのに時間がかかったんですよ。

それで、その方だけが支給遅れ…。で、クレームが来たわけです。

他の従業員さんは入ったのに、何で私のは入っていない??なんてね。


事務所手伝いに行っていた時に、やはりクレームがついたことがあり…。

「私は、これで生活しているのに。キ~~~。」ってなもんで…。

確か、書類の入手が遅れたんだよな。

会社側が逃げちゃって、「支給が早くならない?」なんて聞いてきましたが…。

そりゃあ無理。

それも土曜日に話を聞いたもんだから、もっとどうにもならない。


今日は、Hさんの件で朝時間を潰しました。

それでも朝ウォーキングは1時間30分でしたよ。

昼前にY社へ行き集金・書類回収。

今は、H社の「高年齢雇用継続給付」申請作業に入っています。
コメント

仕事ではないが、医師の要望には応えられた。

2014年07月28日 12時10分26秒 | Weblog
医師がHさんの家族と連絡が取れないのだそうです。

Hさんが書いたという両親の固定電話番号では、電話しても「使われていない。」というそうで…。

Hさん曰く「(父親の)携帯電話番号は持っていない。」とか。

昨日の段階では…。何も出来ませんでした。日曜日ということもありましたので…。


今朝の段階で…。

Hさんのマンション管理室に電話。何とか両親宅の固定電話番号を教えて貰い…。

それでも携帯電話番号を知っているかもな…と思い、Hさんの会社へも電話。残念ながら携帯電話番号は分かりませんでしたが、固定電話番号に間違いがないことは確認できました。


Hさんの両親宅に電話しましたが、やはり電話には出ず。

Hさんの話で「両親は旅行に行っている。29日に帰る。」といことでしたから。

最後の手段というわけではありませんが…。電話を掛けた時にファックス兼用電話だと分かりましたので…。

ファックスで状況を知らせた上、医師に電話するように依頼しておきました。

早くても明日になることはやむを得ないと思います。

しかし、これ以上のことは出来ませんでしたね。


仕事ではありませんが…。何とか、医師の要望には応えられたのかな…と思います。
コメント