社労士(社会保険労務士)さんのひとり言

SGLT2阻害薬を飲みだしてから尿量は増えるは、(作用機序からすると当たり前だけど)尿糖は出るは…で大変です。

今日こそはフィットネスクラブに行きたい。

2012年05月31日 07時47分45秒 | Weblog
最近、朝、30分でも歩くようにしています。

「食後10分の早歩きが血糖値降下に効果的」とか「健康維持には30分のウォーキングで充分」という記事を読んで、60分ウォーキングにこだわらなくなったからです。


今日は月末なので、事務所手伝いの日ではないのですが、事務所へ顔を出します。

その後、社会保険労務士会へ行き、欠席した研修会の資料代を支払い。領収書も補充しておこう…。

F社に行って、給与計算について話を伺って…。

今日は早じまいをするつもりです。

今日こそはフィットネスクラブに行きたいからなんですけど…。

さて、どうなりますやら…。



おまけ。


きゅうりの花。



まだ小さいですが、きゅうり。

去年は苗が良かったのか、バカみたいにでかいきゅうりが出来ましたが、今年は小さいのしかできません。
コメント

裏の顔もその人の顔。

2012年05月30日 07時20分52秒 | Weblog
昨日の「11時アポ」は通勤災害の書類に印をいただく作業。

社長夫人と面会しました。


社長夫人とは2回目の邂逅なんですけど…。

1回目の印象とは大違いでした。

凄く丁寧なんですよ…。


1回目は、去年のことなんですけど…。

会うなり、嫌みを言われましたもんね。

理由は、前々事務員さんが「社会保険の問い合わせ」に応えなかったことです。

社長夫人が「社会保険料表が欲しい。」と電話したら、「御社は社会保険については当事務所との契約はありませんよね?」と言われたとか。

私は、その経緯を知らないんで…。

夫人から文句を言われている間は苦笑するばかりでした。


それと、従業員さんに対して優しい。

「欠勤中も給料を払うつもり。」

被災従業員さんに対しても…。

「とにかくしっかりリハビリをして、きちんと直してもらいなさい。」

ま、給料については「休業補償」との比較を説明して、社長に選択してもらうことにしましたけどね。


社長夫人の顔というか…。

本来は、こちらの優しい顔が本当なのかも知れません。

私も、少しホッとして次の仕事に向かいました。
コメント

暇人な私。

2012年05月29日 10時08分26秒 | Weblog
携帯からの投稿です。
11時アポなので、約1時間、暇になりました。今、ろー村の駐車場で時間を潰しています。

今日は、朝から役所を3件回ったんですけど…。どこもサクサク。
他に客もなく、問題のある書類もなく。

1軒、会社に行きましたが、「落とした財布が出てきた。」とのこと。保険証再発行の仕事がなくなり…。

まあ、悪いことではありませんが。

まだ時間があるな…。
本でも買って読むかな…。
コメント

過剰接待の例。

2012年05月29日 07時06分08秒 | Weblog
D社(現在は合併しましたが合併してもD社。)の例。

「この薬を◎◎錠、使ってくれたら旅行に招待します。」

(私が裏で点滴を受けていたのを知らなかったらしい。)


名前を忘れたけど、大手の会社。

「学会への旅行費の負担。」

後から聞いた話。医師は病院から交通費を貰っていたので、メーカーが負担した交通費はお小遣いに。


鎮痛剤を2社体制で打っていたときの相手会社。名前を忘れた…。

整形外科ゴルフコンペの丸抱え(全額メーカー負担)。

我社は医薬品サンプルを提供しただけだったので、見積もりに敗れたうえ、サンプルは提供損。


飲み屋さんの飲食代接待。

メーカー間で協定を結び、医者の飲食代を数社で負担。

(メーカーの人間はその場にいないのですが、請求書だけをメーカーに送って貰い、飲食代を支払うシステム。)


医者の息子を塾に送るというタクシー代行。

各メーカーが輪番表を作り、医者の息子を塾に送迎する係を決めていた例。

「次期院長になる人だから…。」
コメント

医薬品添付から公正競争規約へ。で、今回の規制強化。

2012年05月29日 06時53分16秒 | Weblog
え~。私が医薬品メーカー時代の話を書くと、大変、評判が良くないようでして…。

アクセス数が激減します。

それに味をしめて、医薬品の話を継続します。


医薬品メーカーの接待というと、かなり「派手」というイメージがあるようです。

実際、私の時代にも、接待は多かったですね。


ただ、私の前の時代はもっと激しかったそうです。

接待の上に「添付」が普通に行われていたようですね。

「添付」っていうのは、医薬品に医薬品のオマケをつける行為なんですよ。

例えば、1箱の医薬品に同じ仕様の医薬品を付けると、100パーセント添付となります。(医薬品業界では、『パーセント』ではなく『プロ』を使う慣習があるので、100プロ添付と言っていましたけど。)

ただ、さすがに、この慣習は規制が入りました。医薬品の過剰投与が問題になったからです。


接待自体にも少しずつ規制が入りました。

公正競争規約ですが…。実際は、「お上に規制される前に、自分たちでルールを作ってしまおう」という機運で作られたと聞いています。

その規約で忘年会の協賛は2万円まで…とかが決まったわけなんですけど…。

ところが一部の医師には「お前らが勝手に決めたもの。俺らには関係ない。」という考えが、まだ蔓延っていました。

だから私が松江市の医者から「宝塚市との交流ゴルフ大会」について、「医師会でお前あの会社は使わないように言ってやろうか。」なんて脅される事件が起きてしまうのであります。

ま、上記事件については、ブログで触れたっけ?

いずれ詳しく書こうかな…。

ま、簡単に書くと「協賛をしない。」とは言っていないんですよ。「主意書」をきちんと作ってくれ…と言っただけなんですけどね。

それがN氏には気に食わなかったらしいです。


ま、今の時代、そんな医者はいなくなったと思いますけど…。
コメント

コーセーキョーソーキヤク。

2012年05月28日 21時40分11秒 | Weblog
前投稿で、医薬品メーカーが医者に対する接待をしなくなったという話を書きましたが…。どうも、公正競争規約で規制が厳しくなったようです。

公正競争規約というのは、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)第12条の規定に基づき、事業者又は事業者団体が、景品類又は表示に関する事項について、公正取引委員会と消費者庁の認定を受けて、公正な競争を確保するために制定する自主規制ルールのこと…であります。

ま、簡単に言うと…。競争に関するルールを自主的に定めて、公正にやりましょうや…という集まりを作っちゃうんですね。で、過大な接待や過大広告を止めちゃう…と。


私にとっては…。この規約には、あまり良い思い出はなく…。

私のいた薬品会社でテストがありまして…。

「公正競争規約は『私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律』に基づく規約である。」

もちろん、答は×ですけど…。

会社(日本◎薬)が出してきた答は○でした。

だから、私の答えは×で、点数にならず…です。

ま、今は知りませんが…。あのころの法律部門にはブァカが揃っていたんですね。

上司(フ◎キ某)も、問い合わせすらしなかったもんな。

私は経済学部出身ですけど…。これぐらいの法律は知っていたぞ…。


もう1つ。

幹事メーカーが病・医院に説明に行ったんですけど…。

某病院が説明に行ったメーカーを出入り禁止にしたとか。

要は、「接待をしないメーカーなんて意味がない。」とでも思ったんでしょうね。

ある意味、それほど医薬品メーカーの役割が「情報提供」よりも「資金提供」に偏っていたんですね。

ま、私も「接待の魔術師」を自任していたわけですけど…。
コメント

飲み屋のおねいちゃんの営業攻勢。

2012年05月28日 07時37分20秒 | Weblog


飲み屋のおねいちゃんからの「誕生日祝い」。財布とキーホルダーです。

「誕生日にプレゼントを用意しています。」「誕生日に来てくれたら店の女の子が『ハッピーバースデー』を合唱してくれます。」って…。

50ン歳の誕生日がめでたいとは思わないんだけど…。

で、結局、誕生日のかなり前なんですけど、プレゼントを先渡ししてくれました。

この財布で幾ら回収しようとしているんでしょうね…




「この前見た財布がくたびれていたから。」って…。よく見ているな…。


おねいちゃんから本音が出ましたけど…。

「最近、お医者さんの接待が無くなった。」のだそうです。

「少なくなった」ではなくて「無くなった」なんですね。

「医薬品メーカーの『飲酒を伴う接待』が出来なくなったらしいです。」

まあ、薬価=薬の値段⇒医療保険で賄われている⇒つまり製薬メーカーの利益も医療保険で賄われている⇒接待費も医療保険で賄われているようなもの…だもんな。回り回って…。

何らかの規制が入ったんだろうな…。


しかし…。さすがにおねいちゃん。じつは、クラブかなんかでナンバーワンを張っていたんだそうで…。

こういう営業活動はマメです。

以前、手帳を見せてもらいましたが…。誰に営業メールを送ったか…全て記録してましたもんね。
コメント

コメント御礼。まさか顔本上で「社会保険労務士の◎◎さんと一緒です。」なんて…。

2012年05月27日 13時28分16秒 | Weblog
「かなち」さん。「勝手に顔本に名前をあげないでもらいたい。」に関するコメント、ありがとうございます。


Oさんは私が食事をしていたら店に入ってきたので、一緒になっただけでして…。

絶縁状態であっても帰るのも大人げないですし…。

そのまま、店で食事を続けたのです。

写真を撮っていたので、私は写されないように避けていたのですが…。

まさか顔本上で「社会保険労務士の◎◎さんと一緒です。」なんて書かれるとは思いませんでした。

それをたまたま見つけたのですが、コメントをして逆に友達申請をされても困るので、私の顔本の方にコメントを載せたのであります。


「勝手に顔本に名前をあげないでもらいたい。」でも触れましたが、Oさんは3人の社会保険労務士と組んで仕事をしていまして。

少なくとも、その中の1人は顔本をやっています。

となると、第三者から見ると、私も仲間と見られる危険性があるわけで…。

それが、どうも私には面白くないんですよ。


>えーと、暗黙の同意を取れないときは、ハッキリと名前使いますと言わないとイケナイですよね。

>今回の本文の内容ではますます顔本で名前を使うときには気を使わないといけないよですね。

少なくとも実名をあげるときは、その人に与える影響を考えないとまずいですよね。
コメント

明日から、新事務員さんがやってくる。

2012年05月27日 10時37分43秒 | Weblog
え~。二日酔いの体に鞭打ちまして…。今日も朝ウォーキングに行ってきました。

途中、7・11に寄って、コピーを取るのも日常化していますねえ…。

今日は、E社の就業規則を2部ずつ。新旧合わせて2部あるので、合計4部であります。

今月の「中小企業定年引上げ等奨励金」は、E社で終了予定。

もしかすると、印取りの関係で来月にずれ込むかも…。


来月はY社の「中小企業定年引上げ等奨励金」をやる予定です。

雇用保険加入が去年の6月なので、6月になってからでないと提出できなかったんですよ…。


明日から新事務員さんがやってきます。

これで、事務員2人体制。
コメント

勝手に顔本に名前をあげないでもらいたい。

2012年05月27日 09時04分13秒 | Weblog
Oさん。

勝手に顔本に名前をあげないでくれませんか。

私は、たまたまアナタと店で出会っただけで、一緒に飯を食いに来たわけじゃあない。

アナタとは絶縁状態にあるけど、私も流石に大人だから…。店で会っても無視はしないけどね。


アナタが昨日、名前をあげた社会保険労務士は…。

1人は知らない人。でも助成金セミナーばかりやっているような人物とはかかわりたくない。

1人は「部下はバカが使いやすい。」と言い切ったバカシャローシ。それも他の社会保険労務士の客を取っては「部下が勝手にやった。」と言い訳するような奴。

もう1人は、嫌いではないけど…。ブログを見たらぶっ飛ぶようなことしか書いていない人。


おそらく社会保険労務士でもないアナタに、社会保険労務士のシステムを使わせているのは、3人目なんでしょうけど。

あまり、そういうことは、マトモなシャローシだと自任している(勝手に自任しているだけかもしれませんが。)私の前では言わない方が…。
コメント (1)

事務員が替わり過ぎ…との印象は悪印象。

2012年05月26日 14時40分34秒 | Weblog
今のところ、アクトスの悪影響はナシ。効いているかどうかについては、血糖測定器を持っていないのでわかりません…。


今日は、N社に行き、労災の書類に印を貰うつもりでしたが…。

社員さんが「今日は社長は休みです。」と取り次いでくれませんでした。

店舗の隣が家なんだから、連絡を取ってくれたらいいんですけどねえ…。

事務組合の先で、他の仕事はないため、滅多に訪問しないからなあ…。

実際、私も2回目だし…。


25日で事務員さんが辞めちゃいました。

在籍期間が約3ヵ月。

事務組合に在籍したこともあり、きちんとした仕事のできる女性でしたが…。

被害妄想の感があり…。

所長に、そんな意志がなかったのに、そんな意志があった…と自分で判断してしまい…。

ソリが合わなくなってしまいました。

22日から新事務員さんがやってきましたが…。

素人なので、仕事を覚えるだけで大変なようです。

かくいう私にも、仕事の負担が大きくなっています。

困ったもんです。


事務員さんが辞めることによる弊害が、もう1つ…。

会社から信用されないんだよね…。

先日、私が某社に行ったら…。

「また事務員さんが変わったね。毎年別の人が来るね。」と言われちゃいました。

困ったもんです。
コメント

今日は飲みに行きます。

2012年05月26日 09時57分24秒 | Weblog
今日は、飲みに行きます。

飲み屋のおねいちゃんを誘いました。

前に迷惑をかけた店への謝罪の意味があるんですけど…。

そこら辺は、あまり考えずに、食事を楽しもうと思います。


実は、Hさんも誘ったんですけど…。

Hさんは、行きたくない…とのことでした。

Hさんは焼き魚と煮魚はダメでして…。

「魚の目が睨んでいるような気がする。」

「じゃあ、(目のある)頭を除けたのは?」「目を想像してしまうからダメ。」

「刺身もダメなんですか?」と聞くと、「刺身は大丈夫です。」とのこと。

刺身の方が、生(なま)なんだから、目を想像し易いのでは??


じゃあ、別の日にHさん・Mちゃんも含めて飲みに行こう…と思って、候補の店に行ってみたら…。

どのコースにも「若鳥の蒸し物」がありました…。

Hさんは鳥もダメなんですよね…。

「昔、友達に『コケコッコって鳴いていたのを食べるのか?』と言われて嫌になった。」

「それなら、牛も「モーモー」言うし、豚も「ブーブー」いうじゃあないですか。」

「牛や豚は美味しいと思います。」

いや、Hさんの好き嫌いの基準が分からん…。


ま、今日は、とにかく楽しもう…。
コメント

アクトス服用開始。

2012年05月26日 09時18分38秒 | Weblog
アクトスの服用については、医師からは「42日毎の検査21日前から服用するように。」と言われていました。

次回の検査が6月11日なので、5月23日から服用すれば、ちょうど6月11日に飲みきる計算になります。

しかし何らかの問題が起きて検査日をずらしてしまうと、アクトスが切れてしまう危険性があります。

そのため、他の薬が21錠になった時から服用するつもりでしたが…。

念のため繰り上げて、土日から服用を開始しました。

思わぬ副作用が起きても対処しやすいですからね。


前にアクトスを飲んだのはいつかな…と思い、検索したら2007年6月26日でした。

入院して血糖を測ったらバカみたいにヘモグロビンA1cが高かったんですよね。

で、そのころ一世を風靡していた?「アクトス」を使った…と。

検査の結果、インスリンがきちんと出ていたので、インスリンの補充療法はしなかったんですよ。


アクトスを飲み終えたのは、おそらく6月30日なので…。5日間しか飲んでいないのね…。

心臓君にバクバク音が出たから処方が中止されました。

それでも、効果が抜群だったらしく…。

血糖値は降下傾向に入りました。


さて…。今回は効くかどうか…。

出来れば早く処方は中止してほしいです。
コメント

違和感バリバリ…。

2012年05月25日 20時52分54秒 | Weblog
昼食を食べて帰ったら、事務員さんがテレビを見ていて…。某お笑い芸人K氏の釈明会見を見ていました。

私は、仕事をこなさなければならないので、見ませんでした。

家に帰ってネットで見たところ…。

「甘い考えだったと深く反省している」と謝罪したうえで、母親が受け取っていた生活保護費の一部を返金する考えを明らかにしたそうですが…。

>Twitterの意味自体を把握してない人は今後一切見なくていいなぁ。 その生き生きとしたパワーをもっと他の事で使えばいいのになぁ。 じゅんを。人の嫌な事を生きがいにしてる人達がどうか無くなりますようになぁ。
>ビオフェルミンの瓶の中の。

反省している人間が、こんなことを書きますっけ??


それと驚いたのが、Y社弁護士の言い分でして…。

全くK氏のプラスになっていない…。

世論に油を注いで帰ったようなもんで…。


まあ、相当額を返還をするそうなんですけど…。

それで済ます例なのかな…と。

少なくとも、本人は謹慎すべきなんじゃあないですかねえ。
コメント

生活保護は悪じゃない。

2012年05月25日 07時39分28秒 | Weblog
生活保護は悪じゃない。やはり必要な制度なんですよ。

私も、心臓君の機能低下で働けなくなっていたら…。

生活保護を貰うしかなくなったかも知れません。

ただ、家族が、それを許さなかったでしょうけど…。


幸い、医師が就労制限を言わなかった…。て、本当は言われたんですけど…。

「ボチボチ働いてください。」

働かないと薬代が払えないよ…。


問題は…。

働くことが出来るのに、働かない生活保護受給者。

働いているのに申告していない生活保護受給者。

要は、詐欺行為を許さないことでしょう。


生活保護の現物支給化については反対。
コメント