社労士(社会保険労務士)さんのひとり言

母の逝去で母の人間関係を見直しています。やはり血は濃いんだなと思いつつ。金の切れ目は縁の切れ目…も、また真実なんだなと。

焼き鳥屋Kさんは、生活保護で暮らすことを選び、ツケを踏み倒した。

2009年02月28日 21時13分25秒 | Weblog
焼き鳥屋Kさんがいた店は改装され、Kさんは店を追い出されました。改装ったって、店の名前が変わっただけなんですけどね。まあ、焼き鳥屋ではなくなったけですけど。

Kさんは、住む場所を失いました。(店に住んでいた。) それで、私の家に泊めてもらおうと思ったらしいのですが・・・。それはダメでしょ。

その後・・・。彼は遠いところへ転居したそうです。生活保護者だから、市から市営住宅を世話してもらったらしく・・・。

Kさんは・・・。居酒屋Iさんの店をはじめ、数件のツケを踏み倒しているそうです・・・。貸した方も貸した方なんだけど。

特に、某ラーメン屋。朝から夕方まで居座られて、その上、相当額を踏み倒されたそうな・・・。

ツケですが・・・。住所がわからないから、取り立てようがないんでしょうね。

Kさんは、焼き鳥屋に雇われる前にHという店で働いていたらしいですから・・・。おそらくは、そこから生活保護と給料を二重取りしていたのだと思われます。

まあ、どこかでお会いすることもあるんですかね?? 会いたいとは思わないけど。
コメント

今日は早く済んだのです。

2009年02月28日 10時27分12秒 | Weblog
整形外科には、7時前に着きました。しかし、駐車場が、まだ未開錠。7時になるまで近所をドライブ・・・。

7時過ぎ。車を駐車場に。病院の受付に行き、予約表に名を入れました。

リハビリはトップ。院長診察は3人目。

今日は少ないな・・・。

9時。リハビリ開始。トップだから、機械も最初に使えるのかな・・・と思ったら、入院患者さんが入っておられまして・・・。赤外線ヒーター独り占め・・・。肩腰足を暖め状態。

仕方がないので、先に電気。(実は、電気は好きではない。ビリビリしているので苦手なんです。)

次に赤外線が空いたので、赤外線。最後に首の牽引。

首の牽引は気持ちが良いので好き。

10時から診察。院長と話になる。

「加害者が、1回も電話もしてこないし、手紙もよこさないんですよ。」「それはひどいですね。」

結局、継続して治療となりました。


居酒屋Iさんの店に立ち寄ってみました。確定申告に必要な領収書等を回収しに行ったのですが・・・。バイクはあるけど、戸が施錠してあって開いていませんでした。

さすがに、歩いては回収しに行きたくないんですよね。量が多いから。


今日は、少し休む予定。
コメント

今日は整形外科。

2009年02月28日 06時14分18秒 | Weblog
皆様、おはようございます。「ふとっちょ君の延命を図る家族会議」から、桑茶を飲まされている「ふとっちょSR」です。

桑茶を飲んでいると蚕になった気分がするなあ・・・。ケツから絹糸を吐きそうな・・・。

さて・・・。今日は整形外科に行きます。7時過ぎに診察予約。9時からリハビリ。その後、診察でしょう。

朝ウォーキングは、整形外科の周りを歩くつもりです。

さて・・・。早めに出発するかな・・・。
コメント

無断欠勤は、社会人としての最低のマナー違反だと思う。

2009年02月27日 21時40分23秒 | Weblog
10時。S社の社長・社長夫人と面談。いきなり無断欠勤した社員に対する善後策を練る。配達証明つきの郵便で送る文章を添削。早速、今日の郵送で送っていただく。

いきなり来なくなった事で、お二人がショックを受けておられるのが痛々しく・・・。正直、社会人としての最低限のマナー違反をしたのは従業員側なんですから。気にされる必要はない・・・と慰めましたけど。

・・・困ったもんだ・・・。


昨日出した求人がインターネットに公表されているか確認。文句言いの社長なので、何か難癖をつけてくるかな・・・と思ったのですが・・・。何も言ってこないので、放っておきました・・・。


「中小企業緊急雇用安定助成金」で、給与台帳は、給与と休業手当を別段に分けて記載しなければならないのですが・・・。給与計算をしている税理士がソフト上での処理が不可能と言って来たらしく・・・。

簡単な話。エクセルで作り直せば良い訳で・・・。

会社側にやってもらいましょ・・・。


隣県の会社&ハローワーク。雨の中のドライブも乙なもの。
コメント

2月の最終日。

2009年02月27日 08時55分49秒 | Weblog
朝から、「育児休業給付」に添付する「証明書(給与を支払っていないことを証明する書類)」の打ち込み・印刷。

いきなり来なくなった新入社員の保険を切るために、「資格喪失証明書(社保→国保に使用)」をダウンロード・印刷。労働者名簿は、解雇理由を打ち込んで印刷。今日、社長夫人にお会いして、今までの状況をお聞きしようと思う。

トライアルは、途中退社でも支給されるけど・・・。あまり、面白い事例ではないな・・・。

午後からは、隣県の会社&ハローワークへ行く予定。


連合会総務部長は、対応を間違えた・・・としか言いようがない。少なくとも、顧問弁護士に意見を聞いてから返答をするべきだった。

ネット上で、社会保険労務士だけではなく、他士業も注目していることを知らなかったのだろうか??

情けない話である。
コメント

2月26日。

2009年02月27日 07時02分23秒 | Weblog
いわゆる事業主変更届をM社へ郵送。雇用保険・社会保険とも1枚のペラなので、封筒が膨らまずに済む。

給与計算。私は、一時、給与計算を増やそうと思ったのですが・・・。心臓君の問題で入院してからは、給与計算はしない方向に転換しました。給与計算をするならば、補助者が必須ですね。

給与計算配布。B社の求人はハローワークで求人票を貰うことからやり直し。駐車場代をよこせ!! 100円もしたぞ!!

上記、求人票を作成。社長に意向を伺いながらなんですけど・・・。この社長、一言余計にもほどがあり・・・。

「インターネットへの公表はどうされますか?」

「それを提案するのが、ふとっちょさんの仕事だろう。」

「・・・。」「公表されたほうがいいと思いますが。」

「この職種(販売員)を求職するような人間が、インターネットなんかするとは思えない。」

インターネットをする人のほうが多い時代に・・・。求人は広く求める方が有利だっていうのが常識だろうに・・・。

某社で、新入社員がいきなり来なくなったらしい。どうしようか・・・と電話がかかる。

「『14日後までに出社しろ。それか退職願を郵送でもいいから送りなさい。』と手紙を書いて、配達証明つきで送ってください。」

後は何とかなるでしょ。
コメント

コメント御礼。まさか、求人票を・・・。

2009年02月26日 09時12分20秒 | Weblog
「くりみい」さん。「2月25日、午後の部。」に関するコメント、ありがとうございました。

>顧客先は、なくするのを前提に、会社ごとにコピーしておくほうが良いと思いますよ
>先方は、たぶん管理できないから仕事依頼してるんだから。

労働保険申告書・年末調整書類は事業主の住所に郵送。私は、社長から、それを受け取るわけで・・・。失くされちゃうと、その書類自体がないわけで・・・。

再発行依頼をする羽目になるのは私・・・。

今回の求人票も、私が下書きして、社長夫人に渡しているわけで。どう考えても、書類自体が歩いて建物外に出るわけがないのですよ。

ちょっと管理が悪いという次元じゃあないよなあ・・・。

まさか求人票を失くすとは思わないもんなあ・・・。

それで「求人は急いでくれ。」と言われてもなあ・・・。
コメント

2月25日、午後の部。

2009年02月26日 06時28分05秒 | Weblog
M社に電話。ターンアラウンド方式の「高額療養費」について解説。

B社に行くと、社長不在。後で回ることにする。

整形外科へ。リハビリ。「もうそろそろ診察を。」と言われる。私としては、この土曜日に行く予定。しかし・・・。12時まで待たされて、診察10分だからなあ・・・。結局、儀式に過ぎない。しかし、肩痛が治らないのは厳しい。

某社会保険労務士事務所へ。書類を回収。先生も「中小企業緊急雇用安定助成金」の申請を依頼されているそうな。「3月2日から休業」ということなので、2月27日までに提出?? だって、前日までに提出が原則だから。先生は反論。「3月1日が休みなんだから、2日の提出でいいはず。」

答・・・。私の説が原則。ただし、労使協定が2月28日とか3月1日締結ならば、3月2日提出でもOKとのこと。

B社。給与計算資料回収。求人も頼む・・・とのこと。以前、求人票(記入済み)を渡していて、それを修正すればOKといわれる。ならば、それを提出すればいいのだが・・・。求人票が見当たらない。

またか・・・という感じ。労働保険申告書・年末調整書類を連続紛失した前科があるからなあ・・・。これで紛失の三冠王だな。

社長曰く「(求人票を)書いたほうが早い。」って・・・。それは、私が言う言葉でしょ。

久しぶりに、行きつけの店に行き、ビールを嗜む。ある客が話しかけてきたので、誰だっけ??と思っていたら・・・。居酒屋Iさんの店で、数回会ったお客さんでした。

「あの店にはもう行っていません。」とのこと。理由を聞くと・・・。1、マスターがしゃべりすぎ。 2、客筋が悪い。(Sさんを除く) 3、勘定に納得が行かなかった。

「気に食わない店には行かないことですね。」

客筋の質は、この店とあまり変わらないよ。Sさんだけど、Iさんは、もう断るつもりらしいし。(長時間居座って、お客さんに話しかけるため苦情が出た。)

店は、いくらでもあるわけですから。
コメント (1)

備忘。2月25日。

2009年02月25日 12時42分56秒 | Weblog
後期高齢者の保険料を支払いに行く。

担当者に聞くと母の保険料は、4月から年金から天引となるらしい。そうなると、父の社会保険料控除に加算できなくなるわけで・・・。今から父親の通帳から振替るように書類作成するつもり。(実際に、父親の年金から支払っています。)

少しは、負担増を軽減しないとね・・・。


定年延長の助成金申請。65歳のヤツを2社分。70歳のヤツは明日以降に提出しよう・・・。

S社の就業規則変更提出。定年延長65歳→70歳へ。ついでに、法務局へ行き「現在事項証明書」を取得。

これでS社の添付書類(70歳定年延長)は、コンプリート。


M社から電話。高額療養費についてターンアラウンド書類が来たらしい。13時にM社に電話をする予定。


今から、B社を訪問する予定。給与計算資料入手予定。
コメント

体調いまいち。

2009年02月25日 07時54分20秒 | Weblog
昨日、急な電話があり、「中小企業緊急雇用安定助成金」の説明を求められる。3時過ぎに指定の場所に行き、社長と面談。

正直、従業員3人では、中小企業緊急雇用安定助成金の効果は薄いだろうと思われる。しかし、会社を休むことで、経費の削減が出来る。そちらの方が大きい。

社長には、「中小企業緊急雇用安定助成金は、鎮痛剤に過ぎない。」と話す。痛みは少しは薄れるが、痛み自体がなくなるわけではない。

(ちなみに、アメリカではアスピリンを飲む人が多いらしい。心臓病や脳疾患の予防に常用しているのだそうだ。しかし、アスピリンには鎮痛効果があり、痛みを伴う疾患を発見しづらくする危険性も高いといわれている。中小企業緊急雇用安定助成金はアスピリンみたいなもの。鎮痛剤で少し痛みを感じなくなるだけ。むしろ、企業にとって、本当に必要な施策を遅らせてしまう危険性がある。)

社長は、「このまま行くと、半年で(会社が)持たなくなる。しかし、社員をクビにはしたくない。」と言われる。

それは分かるのだが・・・。ある程度、割り切らなければならない場合もあり得る。
あとは、社長自身が判断されるしかない。


某先生が、社会保険労務士業に対する意欲を失いつつある。それを見るのがつらい。

尊敬できる先生だけに・・・。


肩痛が続く。交通事故から6月になろうとするが、まだ治る気配すらない。加害者からは、音沙汰のない状況が続く。保険屋からは何も言ってこない。

まあ、保険屋に何か言ってきてもらっても困るが・・・。

何度も書くが・・・。物損では、満足の行く補償を受けたと思っていない。逆に、保険屋には、「100パーセントの補償はないと思え。もし気に食わないなら弁護士を出すぞ。」と脅されたぐらいだ。

こちらの落ち度ナシの事故で、損をさせられるのは納得が行かない。人身でも、脅しをかけてくるのだろうか。


体調がイマイチ状態。寒暖差が激しいからか?
コメント

コメント御礼。連合会はどうするんでしょうね。

2009年02月25日 07時02分11秒 | Weblog
久保利子さん。「判決の意義。まあ、私なりの考えですが・・・。」に関するコメント、ありがとうございました。

(久保利子さんと岡山県会??との裁判において・・・。)
>県会は、今回の裁判では、控訴できません。
>当職の理事の地位確認請求であったので、外見上は当職の敗訴、だから県会は訴えの利益がなく控訴はできないということです。
(中略)
>当職の理事の地位確認をしなかったのは、総会の理事選任手続きが違法かつ無効であったので、全員がアウトと言われたのです。これは、判決理由であるので、判決は当職の理事を認めないということで、他の役員の決議も認めていないのですが、当職の敗訴と形式上なっているので、県会は控訴できないのです。

なるほど、そうですか。岡山県会??の取れる道は、臨時総会を開催して理事を選び直すか、しらばっくれるかしかないわけですか。

しかし・・・。岡山県会??が、しらばっくれることができるか? それは疑問ですね。判決自体がネットで公表されていることと、新聞記事にまでなったことで、岡山県の社会保険労務士が「判決文」を読まれることは必至でしょう。

また、久保さんが「連合会」に電話されたことで、「連合会」が見解を出さざるを得なくなったことも「岡山県会??」にとっては「しらばっくれること」を難しくしたと思います。

逆に、「連合会」は責任重大ですね・・・。下手な対応を取ると、他士業会から物笑いの種にされかねないですね。
コメント

途中経過。

2009年02月24日 12時56分20秒 | Weblog
10時半のアポは、順調に消化。育児休業者職場復帰給付金の添付書類を取り揃え、ついでにハローちゃんに出しに行く。

添付書類なんですけど・・・。賃金台帳は最近の1月分で良いんだって。ハローちゃんによって違うのかな?? 隣県のハローちゃんでは、6月分、丸ごと要求されるけどな。

まあ、出さなくても良いという書類を出して、「ヤブヘビ」になっても困るので、言われるままに提出して、残りは持って帰りましたけどね。

しかし・・・。これで給料の約2月分が支給?? 私にも分け前を貰えんだろうか・・・。


定年延長の助成金提出準備完了。65歳のだけを提出。70歳のは書類が全部揃ってからにしよう・・・。

提出事務は、整形外科でのリハビリ後にやるつもり。
コメント

ダブル受給。

2009年02月24日 09時34分50秒 | Weblog
今日は、10時半アポ。

育休復帰とそれに基づく助成金の解説。

昼からは、助成金申請2社分。

どちらも、65歳定年延長助成金と70歳定年延長助成金のダブル受給。

ただ・・・。1社分は、「通帳コピー」の郵送待ちとなったため、70歳・・・は次回に申請するつもり。


その他・・・。

居酒屋Iさんの確定申告に手を着けないと、時間がギリギリになりそう・・・。しかし昨日、飲み代の請求が1万円ほど来て気が削がれちゃいました。

何か、気が乗らない・・・。
コメント

判決の意義。まあ、私なりの考えですが・・・。

2009年02月24日 08時50分03秒 | Weblog
朝から雨が降っています。朝のウォーキングは、小雨だったので決行。念のため傘を持って行ったのが正解でした。途中から中雨?になり、傘がなければずぶ濡れでしたからね。

さて・・・。今、ウォーキングから帰って、各ブログ・掲示板を読んでいます。久保利子さんと岡山県会??の裁判も判決が出たわけですが・・・。今のところ、ブログ・掲示板で判決に触れたものは少ないようです。

様子見の方が多いのでしょうか?

実際は・・・。この判決は、社会保険労務士会だけでなく他士業会にも大きな影響を持つかも知れません。

「強制会であっても、その理事の選任手続について有効か無効であるかを、司法が判断できる。」

司法の判断によると「今、岡山県会には理事はいない。」ことになります。

となると・・・。県会??は、控訴するか。それとも、再度、会員の信任を得るか・・・。

まあ、判決を曲解はしないでしょうね。それをやってしまうと、世間の物笑いになってしまうし、他士業会から軽蔑されかねません。さすがに・・・。

どちらにしても、理事の選任には民主的手続を経なければならない。それは絶対的に必要となったと思われます。
コメント (1)

さて、出かけましょうかねえ。

2009年02月23日 13時28分09秒 | Weblog
隣県の会社&ハローワーク。

今日もハローワークの駐車場が満杯で、1台分しか開いていませんでした。良かった・・・。かろうじて停めることができて・・・。

電話が2件。

1件目は、某社から。明日か明後日、社印を取りに行きたいのでアポ申込みをしていたのですよ。ファクスで・・・。そうしたら明日の10時半。ちょっと中途半端だけど仕方がないか・・・。

2件目は、労働保険事務組合の事務局先生。書類ができたから、取りに来てくれ・・・とのこと。

2時ぐらいに取りに行く予定・・・。


その他・・・。

行きつけの定食屋さんの駐車場が満杯。いつも昼にビールを飲みに来る某社会長さんと社長さんの車が停まっていました。

私なら・・・。昼間から酒を飲んでいるような会長・社長のためには働かないけどな・・・。
コメント