社労士(社会保険労務士)さんのひとり言

私の急性心不全による入院。母の逝去。平成は激動の30年と数ヵ月でした。令和は良い時代になりますように。

年の中日。

2007年06月30日 20時32分32秒 | Weblog
まさか、年の中日。六月三十日を病院で過ごすことになるとは思ってもみなかった。
病院のトイレの窓からハローワークが見える。
悲しからずや。
病院の病室の窓から行き着けの本屋が見える。
また、悲しからずや。
しかし、今の私には、歩いてすら行くことすら出来ない。

私信・・・Nご夫妻。今日は、ありがとうございました。
貴重なご意見をいただきました。
無理をしないように、ゆっくりと立ち上がって行きます。

皆さん、お休みなさい。また、明日。
コメント

土曜日のベッドで。

2007年06月30日 12時41分44秒 | Weblog
朝一。血糖検査。私を飛ばしたので、今日はナシかと喜ぶ。そうしたら「忘れていました。」とか行って帰って来た。血糖検査は、週一でいいよ・・・。
朝飯後、主治医が来て、心臓にバクバク音があるから、アクトスを止めるかも・・・と言われる。アクトスは、きつい薬らしい。私が知らないので最近の新薬か?結局、昼飯時に看護婦が回収して行った。
インスリンは、人並みに出ているはずなのでは?
どうなっているんだろう。
血圧は、下が八十九。これは、安定してきた。
便秘が怖いので気をつけなければ。
コメント

減量すると言うこと。

2007年06月30日 11時26分28秒 | Weblog
以前、肺ガンの手術をされた方は、減量されると聞いたことがあります。要は、供給される酸素の量が減る分、それに見合った体を作る・・・。
私も、それと同じ。心臓の負荷を減すための減量と理解しています。
今は、利尿剤で水分を排出。減塩食(一日七グラム)で水分貯留を防ぐ。
しかし、ネックは、安静と運動が矛盾していること。いずれ心臓が安定したら、運動療法に入れるもの・・・と期待しています。
今、体重計に乗ったら、お通じがまだなのと水(飲むようにしている。)で、八十九キロもありました。
体重計は正直であります。
コメント

みじんこさんへ。

2007年06月30日 09時26分16秒 | Weblog
みじんこさん。メールありがとうございました。しかし、今の私にはユーモアと言うよりはカラ元気でして・・・。ブログでも書いてないと世間との接点がなくなってしまいそうな気がしています。追尾装置(命名・・・しんぞうびょうえすあーる)が私を五階に閉じ込めちゃってるし。これからの事も流動的だし。
血糖値が174。これが私本来のインスリンで落ちきってくれて。そして、心臓の血栓が溶けてワーファリンが止められたら。
いい方のシナリオへ転がってくれることを期待しています。
コメント

事務能力検査?

2007年06月30日 07時58分09秒 | Weblog
本来の携帯心電図?を取り付けた時、一枚の紙を手渡されました。一覧表になっていて、左側に時間と行動。右側に症状が書いてあります。検査技師曰く「一日ほどつけろ。」
何で入院患者にこんなもんつけさせるんだ?と思ったのですが。
今、考えると、あれは事務能力検査だったような気がしています。つまり、自分で体調管理。特に服薬順守ができるかどうかをテストしたのではないか・・・と。
実際、今のところ、薬は看護師が持ってくるだけ。チェックはされていません。
コメント

六月二十一日。初日検査。

2007年06月30日 06時26分05秒 | Weblog
昼前。家族構成等を聞かれる。すぐに採血。朝食を食べてきたので、血糖は明日へ。心電図を繋ぐ。(これが今でもぶらさげているもの。)昼過ぎに心電図検査。ここで本来の意味の携帯心電図がぶらさげられる。レントゲン室は地下。そこまでの移動は車いす。これが嫌で仕方がない。(医師の指示らしい。歩かせて心臓が止まらないための配慮。)病棟へ帰還後、心電図の端末が外れたとかで看護師が飛んでくる。心停止を防ぐためナースセンターでモニタしているそうな。16時動脈血検査。酸素濃度低下のため、酸素マスク装着。低濃度らしいけど。
コメント

六月最終日。

2007年06月30日 05時35分58秒 | Weblog
体重88キロ丁度。昨日より減。動いていないのに。やはり、利尿剤はすごい。
夜中に二回も目が覚めて、トイレに行ったのだが、かなり大量の尿が出た。体重も減り、顔つきもスッキリ系に変わってきたかな・・・と思っていたのが、バッタリお会いした・・・やはり入院されていると言うM先生にアッサリと見破られた。まだまだか。
ヤギみたいになっていたヒゲも剃った。
次のシャローシ会の勉強会には、ダンディに変わった私を見せつけてやろうと思う。そのためにも、早く体を治さなければ。
コメント

矛盾する命題。

2007年06月29日 18時29分16秒 | Weblog
暇で仕方がないので、後、一本。
減量する事になりました。昔のピークは、三桁を越えた事もありましたが、入院時は九十四キロ。今日は、八十九キロです。
しかし、安静にしながら減量するんですか?
どうやって?
月曜日にワーファリンの血中濃度計測。薬の増減を決めるとか。
土日も安静?

今からヒゲを剃ります。本当は、今日、退院してから剃るつもりでした。残念ながら、九日目になり限界です。
コメント

風呂に入れないから。

2007年06月29日 16時29分12秒 | Weblog
風呂に入れないので、体を拭くことになります。蒸しタオルで全身を拭くのは、気持がイイのですが、これが毎日ではありません。ちなみに私の記録によると26日ですね。今日が29日なので三日ぶりですか。フットバスが25日。これは、まだ二回目はなし。洗髪が27日。これも二回目はまだです。蒸しタオルで髪を拭いているので、そんなに気にはなりませんけどね。しかし、女性はどうかなあ。気にされるかも知れませんね。病院でサービス化したら儲からないかなあ?
コメント

日々、治療。

2007年06月29日 15時05分29秒 | Weblog
ナースセンターで爪切りを借りる。年代物で、錆びてる。ナース曰く気を付けて使え。そうか。ワーファリンを飲んでいるんだった。ワーファリン・・・血栓を取る薬。その代わり、血が止まりづらくなる。ヒゲをそるのに、カミソリを止める事にした。父に電気カミソリを買って来てもらう。そうしたら、九千円の物を買って来た。高いよ。それも充電式でやんの。私のベッドには、なぜか余分なコンセントがない。仕方がないので、左の方に延長コードをお借りし、右の方のコンセントから電気をもらう。何だか不便な治療生活だ。
コメント

負荷を取る。

2007年06月29日 13時46分58秒 | Weblog
心臓の負荷を取る。まず絶対安静であります。私の場合はトイレ以外は、ベッドで安静。その上で酸素吸入です。食事は、減塩食。風呂は抜き。投薬による負荷軽減。利尿剤・降圧剤・不整脈治療・・・。その他、やることがないので、まさに退屈のオンパレードです。今は、酸素吸入は、やっていませんが、無線心電図は、つけたまま。昔のウォークマンぐらいの大きさです。
やりきれないなあ。後が見えないし。
私は、どうなってしまうんでしょうか?
コメント   トラックバック (1)

病棟内通行許可。

2007年06月29日 09時05分36秒 | Weblog
病棟内通行許可が出ました。これで一階の売店や銀行に自由に行けます。と、思ったのが大間違い。病棟内と言うのは、五階の事。つまりは、まだ五階から出てはならなのいです。と言うよりは、今までの私が指示違反じゃん。病棟内を自由に歩いていたのですから。
今まで検査や銀行チェックで他の階に行く場合は車いすに乗せられて動かされていました。今回の件は、まだ、それを継続すると言うことです。
もう勘弁して欲しいと思います。
コメント

晋三君より心臓君。

2007年06月29日 07時39分20秒 | Weblog
心臓はがんばり屋の臓器なんだそうです。私の場合は、何らかの理由で心臓の動きが悪くなったのですが、それでも、血流を維持しようと心臓が無理をしたとか。そのために、弱いがらも心拍を上げてカバーしたとか。お医者さんは、その時の心拍音を馬が走っているような音と言われていました。このまま行くと、心筋が疲弊し、残った心機能も失われてしまう・・・。
私が入院させられた最大の理由は、安静にし、心臓の負荷を取り除くこと。そして、それは未だに続いているのであります。
コメント

お詫び、その他。

2007年06月29日 06時48分39秒 | Weblog
現在、この闘病記は、携帯にて行っており、コンピュータを見る環境ではありません。
くりみいさんのご厚意により、どなたからどのようなコメントをいただいたか。把握はしていますが、返事をお返しする状況にありません。
これば決して皆様を無視しているわけではないことをご理解いただきたく。


コメント

入院案内。

2007年06月29日 05時30分25秒 | Weblog
入院手続きをとると、スタッフを名乗る男性が迎えに来た。病室は五階だという。風呂・ゴミ集積所・洗面所・便所についても説明を受けた。寝巻きに着替えた後、身長・体重を図る。体重がピーク時よりかなり減っていた。結局、風呂には、まだ入っていない。心臓に負担がかかるので。トイレも畜尿中なので便器に尿を流したことはない。全ての尿は、プラ製の容器に取り、当初は機械に投入。今は、袋に貯めている。容器に入れるなら便器は要らないはずなのだが、長い間の習性は恐ろしい。皆、便器に向かって尿をする格好だけは維持している。
コメント