社労士(社会保険労務士)さんのひとり言

SGLT2阻害薬を飲みだしてから尿量は増えるは、(作用機序からすると当たり前だけど)尿糖は出るは…で大変です。

神社参りは70日達成。

2014年11月30日 16時01分50秒 | Weblog
朝ウォーキングはタヌキ騒動で短縮。

昼ウォーキングは雨のため休止。

おそらく、夜も歩けないかもね…。


昼食後、雨が降らないうちに車で神社だけに行きました。

9月22日から始めた神社参りは…。

9月は9日。10月は31日。11月は30日。

今日までで70日連続であります。

ご利益は?あったのかな??

神社は「頼む所ではなく感謝する所」というイメージもありますが…。

やはり、ご利益が欲しいよな…。


結局、F社は私が顧問になれず。

つまりはH先生からの継承は失敗です。

いろんな問題がありましたが、結局は経費だけが出費となりまして、得たお金は0円。

正直、疲れただけに終わりました。

H先生関係は二連敗だな…。


雨が酷くなってきました。こりゃあ、歩きには行けないな…。
コメント

今朝、タヌキが死んでいた。

2014年11月30日 10時04分15秒 | Weblog
今朝、タヌキが轢かれて死んでいました。

我家は坂の途中にあり山に近いため、野生動物が庭に来ることがあるようです。

山から我家へ来るのに、道路を渡ろうとしていたのかも知れませんね。

道路上ではありましたが、我家とは反対車線でもありましたので…。

私はウォーキングに出た時にタヌキに気が付きましたが、そのままにして出発しました。

「誰かが知らせるだろう。」と思ったのですが…。


ウォーキングの途中、父から電話があり…。

タヌキの死骸がずっと放ったままになっているとか。

市役所の夜間電話に電話して貰ったのですが…。

どうも出ないとかで…。

私が帰って対応したのでありました。


タヌキの死骸は、しばらくしたら取り除いてありました。

前に母が「柿の皮を干していたらネコに食べられた。」と言っていましたが…。

ネコではなくタヌキだったのではないか…と思います。

イトコが「猫は柿を食べない。」と言っていましたからね。


冬になって、エサが減っているのでしょうか。

車の運転にも気を付けなければなりませんね。
コメント

我が母校(高校)は坂の上にありましたⅡ。

2014年11月29日 21時01分52秒 | Weblog
私の出身高校が、私の卒業後に荒れに荒れた…という件。

本当に凄まじかったそうですよ。

1回、母に「卒業証明書」を取りに行って貰ったことがありますが…。(私が出張続きで平日は地元に居なかったため。)

母が学校に着いた頃は既に昼だったそうですが…。その頃に登校する生徒がいて…。

その生徒を教師が…。

「よく、登校したね。」と出迎えたとか。

私は、それを聞いて唖然とした覚えがあります。


ブログで調べてみましたが…。

「○○高校 荒れた」でググってみたら…。

「部活が全て行われていなかった。」「(あまりにも荒れたため)廃校しようという動きがあった。」

初めて聞いたぞ、廃校の話は…。


実は私は高校時代の記憶が、ほとんど残っていません。

写真が1枚も残っていませんしね。

でも、やはり我が母校なんですよ。

何かあったら、助勢に行きたいと思っていますよ。
コメント

我が母校(高校)は坂の上にありました。

2014年11月29日 10時45分40秒 | Weblog
今日は「2時間で行って帰るウォーキング」の日でした。

何処へ行くか、昨日の夜に考えた結果が「我が母校である高校」です。

通学時は、バス通学でしたが…。今日は、歩いて行ってきました。


バス停から学校へ行くまでに…。


ちょっと下った後には…。





坂だらけ。

そうです。我が母校は新設校だったので、坂の上にあったのであります。

(最後の写真に、ちょっと校舎が写っていますが、ただ今工事中。)


ちなみに、私が卒業した後、この高校は荒れに荒れてしまい…。

部活が全く活動できなくなるほどの荒れようだったそうです。

体育祭の復活がテレビニュースになったぐらいですからね…。


ちなみに往復で1時間50分かかりました。

工事中だったので、中には入りませんでした。
コメント

中島啓江さんのご冥福をお祈り申し上げます。

2014年11月29日 10時25分25秒 | Weblog
オペラ歌手の中島啓江さんがお亡くなりになったそうです。

ご冥福をお祈り申し上げます。


私自身はテレビでしか拝見したことはなく…。

かなり体格のいい人だな…というイメージしかありませんでしたが…。

180キロある体重が肺や心臓を圧迫していたとか。

やはり、肥満は内臓に負担をかけてしまうようです。


私自身が、肥満傾向にあったことで…。

心臓君に負担をかけていただろうことには間違いはなく…。

引き金は「パラインフルエンザウィルスから来た心筋炎」と思われる急性心不全でも…。

医師によると、元々、急性心不全を起こしかねない要素を持っていたようです。

たまたま、悪化するキッカケが心筋炎だったというだけなんですね。


会社時代は105キロまで達した体重も、さすがに今では、そこまでは太ってはいませんが…。

最低体重の72キロに戻すには、まだ時間がかかりそうです。

人生最後のダイエットは、いつまでと制限することなく…。

目標まで努力するつもりです。

下手をすると、一生、続けなければならないかも知れませんね。
コメント

キッカケさえあれば変えることが出来る。

2014年11月29日 09時42分03秒 | Weblog
昨日は長々と書きましたが…。

要は、Hさんが亡くなったことと完全減酒には、直接の関連はないということです。

元々、減酒はやらなければならなかったことなんですよ。体重抑制とヘモグロビンA1cを減らすためには…。

逆にHさんと飲んでいることが楽しかったので、ズルズルと不完全な減酒をしてしまい…。

完全減酒に至らなかったことは事実ですが…。


実際に完全減酒に入ったのは風邪を引いたため。

「T」や「W」に行かなくても意外に平気だったので、そのまま外酒を止めてしまったのであります。

その後の理由付に、「Hさんがいなくなったこと。」を利用させてもらったことになりましたけどね。


Mちゃんとの付き合いを止めようと思ったのは、彼女が「N美さんの関係」からハシゴ酒をしだして…。

私やHさんを付き合わせるから。

減酒に取り組んでいた私には、逆効果でしたからね。

失礼なメールが来たことで、これ幸いですわ。

これがキッカケになって、彼女との縁が切れましたから…。


結局…。物事はキッカケ次第なんだな…と思いますね。

キッカケさえあれば変えることが出来ます。
コメント

Hさんがいなくなって3ヵ月Ⅳ。Mちゃんとの付き合いを止めたわけⅣ。

2014年11月28日 21時11分21秒 | Weblog
Hさんの血糖値が高くなったのは分かるけど…。

肝臓の値がどうだったのかは知りません。

私はHさんから「高熱が出て体がしんどい。」と言うメールが来たときに、感染症を疑ったわけですが…。

まさか肝臓だとは思わなかったんですよね。


Hさんが昏睡から目覚めた時…。つまり、もう生命は助かるであろう…と推察された時に…。

Mちゃんは私に「(高血糖が肝臓に良くなかったとしたら)薬を貰いに病院へ行かなかったのはHちゃんの自己責任。」と言いました。


今、その自己責任という言葉を彼女に返しておきます。

もし、彼女が酒で何らかの障害を起こしたら、それは彼女の自己責任。

もう40過ぎの大人なんですからね。


そして、その自己責任という言葉は、私にも向けられていると思うのです。

酒を飲むことで体重を増やすのも、血糖値を悪化させるのも…。

私の自己責任なんですよ。


ここまで書いてきて…。

私が、外での「ちょい飲み」を止めた真の理由は…。

Mちゃんに対しての意地なんかもしれんな…と思いだしました。

私は、自分の責任において…。自分の体を大事にする…ということで…。

Mちゃんは反面教師なんだ…と。
コメント

Mちゃんとの付き合いを止めたわけⅢ。

2014年11月28日 20時54分49秒 | Weblog
それと何でスナックのアルバイトなんか始めたわけ??

それも週3回(火・木・土)だって。

Mちゃんは持病があって、おそらくですが医師からは酒を制限されているはずなんですよ。

それをパカパカ飲んでいるので「大丈夫かいな?」と思ったことも何回かあり…。

実際、それで病院に担ぎ込まれたこともあったし…。

スナックのアルバイトの前にやっていた飲食店給仕のアルバイトなら酒を飲まずに済んだはず。

まあ、変な先輩がいたから辞めたかったのは分かるけどね。


まあ、最終的に…。

私が、Hさんのご両親から聞いた話について…。

車の行方や、マンションを引き払う時期について聞いたことをメールで知らせたんですけど…。

その返事が「こんなメールを送ってくる意味が分からない。」とかいうもので…。

私の方は、別に情報として知らせただけだから、そんな返事を書かずに流せばいいものを…と思ったんですよ。

それで、この人とは、もう友人でも何でもないな…と。
コメント

Mちゃんとの付き合いを止めたわけⅡ。

2014年11月28日 13時58分32秒 | Weblog
結局ね。私は嫌だったのは、MちゃんがHさんのことを「世間知らずのオボッチャマ」とか言っていたことなんですよ。

連れて行って貰ってね、文句を言うな…てぇことです。

1回、Hさんからプロポーズらしきことを言われたそうですが…。

多分その時なんでしょうけど、私に「Hさんの出身大学ってどこだっけ?」と聞いて来ましたけど。

その後も、どこかに連れて行って貰っておいて段取りが悪いだの、面白くなかっただの言っていましたね。

裏では、そんなことを言って、飲む機会では奢って貰うのが当たり前…ってどうなの??


それと、あれやこれや頼んでおいて、後はナシノツブテってのは…。

甚だしかったのは、自宅にインターネットを引く…とか言い出して…。

あれやこれやの準備をさせておいて…。

Hさんなんかプロバイダに電話までかけて…。

ようやく、GOサインが出たらインターネットが引けますよ…というところまで持って行ったら…。

「やっぱり止めた。」だもんな。

理由は面倒くさくなったからだとか。

で、コンピューターは置物に。

私が誕生日プレゼントに要求されたマウスも無駄なものに。

Hさんの行動も私のアドバイスも無駄…。


1つのメールでキャンセルなんてことが多すぎましたわ。
コメント

Mちゃんとの付き合いを止めたわけ。

2014年11月28日 10時07分45秒 | Weblog
Hさんは男らしいところがあって女性にはお金を出させないんですよ。

逆に言えば、Mちゃんは、そこを利用した面がある。

私は、「T」「W」とハシゴになって後は帰っていましたが、HさんはMちゃんを誘ってカラオケスタンドやスナックへ行くことがありました。

それは全て、Hさんの奢りだったらしいです。(たまにはMちゃんも、自分の分は払ったらしいですけど。)


私は、それが望ましいとは思わなかったんです。

特に、Hさんが「高血糖の薬が切れた」という話を聞いてからは、酒を飲むつもりなら日赤病院に行って薬を貰った方がいい…と言っていましたから。

「主治医に怒られる。」「人間ドッグの結果を持って行って薬を貰えないか?と日赤病院に言ったら「ダメです。」と言われた。」

よほど、主治医のM先生が怖かったんでしょうけどね。

結局、Mちゃんも「病院へ行け。」と言ったため、ようやく病院へは行ったのですが…。


やはり、酒は高糖質なんですよ。

私がビール2本程度で血糖値が下がらなかった。逆に上がっていたわけですから。

Hさんの酒量からすると、血糖値が跳ね上がることは目に見えていました。

だから、2人でハシゴ酒をすることを望ましいとは思わなかった。


ただ、Mちゃんの名誉のために言うと…。

MちゃんもHさんの体のことは気遣っていました。

だから、病院に行け!!という話はしていましたね。


私がMちゃんとの付き合いを止めたわけは、この件とは別にあるのです。
コメント

Hさんがいなくなって3ヵ月Ⅲ。アルコール。

2014年11月28日 09時53分12秒 | Weblog
Hさんの最初の印象は「大酒飲み」でした。

とにかく、焼酎のロックをパカパカ飲む。

そして酔うと人格が変わってしまい…。

それが私と飲むようになっても、そんなに変わりませんでした。


変わったのは血糖値が高いという指摘が為されてから。

焼酎のロックが水割りに変わり、飲む総量は変わらなかったので、アルコール分は減ったことになります。

Hさん本人も、「水割りにしてから二日酔いが少なくなった。」と言われていました。


潮目が、再度、変わってきたのが、「N美さん騒動」から。(前に「酒量が減った理由。」2014年11月2日に書いていますね。)

簡単に書くと、Mちゃんが「N美」さんを嫌い、「N美」さんがいるときは「T」に行かなくなった。そのため、我々(Hさんと私)を別店に呼び出し、「N美」さんが帰ったら「T」へ行くようになった。

最初は、私も、Mちゃんからの呼び出しで他店に行くようになりまして…。その後、「T」へ行くというパターンに嵌ってしまいました。

しかし、店ごとにビールを飲むことになり、酒量は増えることになるので…。私は店ごとのビール数を減らすようにして対処しました。

Hさんはというと…。

Mちゃんとハシゴをすることもあり、三次会・四次会へ流れることもあったようです。

Hさんも、また二日酔いの日が多くなってきまして…。

さすがの私も、Mちゃんが居ないときにHさんに、提案をしたのでした。

「Hさん。もう、ハシゴは止めましょう。酒も減らしましょう。Mちゃんと飲みに行くの止めた方がいい。キリがないですよ。」
コメント

Hさんがいなくなって3ヵ月Ⅱ。高血糖の影響?

2014年11月28日 09時12分43秒 | Weblog
結局、昏睡から覚めて、リハビリを始めて…。

通常なら、後遺症なく治癒するだろう…という感覚でいたのですが…。

急変したのは腎臓障害が出てからだったそうです。

私は医師ではないので、そこら辺の顛末は分からないのですが…。

薬学上からは、肝腎が障害を受けると薬の排泄が出来なくなります。

肝臓経由⇒大便から排泄 腎臓経由⇒尿から排泄

つまり、使う薬が限られてしまう…。


ご両親からの電話では、本当に急変したということでした。

再度の昏睡から逝去の間は、そんなに時間はなかったようです。


私は医師ではありません。

だから、Hさんが後遺症なしで社会復帰できなかった理由を確定することは出来ません。

ただ、どうしても高血糖とアルコールが悪影響を及ぼした…としか思えないんですよ。


高血糖は、エクアとアマリールを半年間も飲んでいなく…。日赤の医師から怒られた…ということでした。

ヘモグロビンA1cが、かなり高くなっていたようです。(つまり、薬でコントロールしていたものが無駄になった。)

日赤受診から肝機能障害が起きた日までは、1週間も経っていなかったのですが…。

日赤受診時に肝臓の異常値が出ていなかったのかどうか??

それについては、家族ではない=他人である私…には確かめようがないのであります。
コメント

Hさんがいなくなって3ヵ月。

2014年11月28日 08時53分15秒 | Weblog
前投稿で、今日が月末みたいな表現をしてしまいました。平日としては月末ですが、まだ土日があったんですよね。

お詫びして訂正いたします。


11月10日基準体重より5キロ減。

Hさんの逝去から3月となるので、Hさんの件で書いていないことを書きます。

完全に私事で、社会保険労務士との関連は一切ありません。

そこら辺は、私のブログは日記でもあるということでご容赦願いたく…。


Hさんの死因は肝機能障害であり、その原因は分からなかったと書きました。

病理解剖でもわからなかったのですから、どうしようもないのですが…。

通常、急性肝炎から昏睡に至り、そこから覚醒した時は後遺症は起こらずに元に戻る。

私は文献で、そう読んでいました。

だから、昏睡から覚醒した時は「時間がかかっても元に戻る。ただ酒は飲めなくなるかもね。」という感覚だったのです。

後から聞くと、歩けないほどの後遺症があった…と聞いて驚いた覚えがあります。

それでも、ゆっくりリハビリをすれば社会復帰も可能だろう。

それは、Hさんのご両親も、そう思っていたそうです。

医師からも「助かるでしょう。」と言われていたぐらいですからね。
コメント

本当に飲みに行かなくなったなあ…。

2014年11月27日 20時26分32秒 | Weblog
11月10日から今日の27日まで…。外で飲んだのは13・18・22日だけ。

13日⇒飲み会例会。 18日⇒「T」にて。 22日⇒「A」にて。

3/18日か…。

本当に飲みに行かなくなったなあ…。

それもハシゴは皆無。


Hさんがお亡くなりになったのが8月31日だったので…。明日今月末で3ヵ月目の月末となります。(土日があるのを忘れていました。11月28日修正。)

そこから、少しずつ、飲む機会を減らして来たのですが…。

風邪をひいたことで、しばらく飲みに行かなかったら、そのまま、飲みに行かなくなってしまいました。

表上は「Hさんが居なくなったから。」と言っていますが…。

元々、飲みに行く事を止めたかったんですよね。

Hさんの逝去によって、それが達成されるというのは皮肉な感じです。


まあ、実際、Hさんが居なくなったことで、飲んでいても面白くないのは事実でして…。

「T」マスターは相手をしてくれるんですけど、他のお客さんが来られたら、そちらに行ってしまうし…。

「W」では、お客さんが入ると相手にされない。

「A」では滅多に飲まないためか、お客さんと話が合わない。(馬券の話なんか分からんよ。)


何ですね。3ヵ月で生活習慣って変わるんだね。
コメント

ダイエット基準体重の変更。

2014年11月27日 09時43分10秒 | Weblog
11月10日から我家の体重計で計測開始。

今日の11月27日までは3.7キロの減となりました。

3700/17=217.64…。

1日に、約200gずつの減となっています。

1ヵ月を30日とすると6キロほど落ちる計算になりますね。


ピーク体重ですが…。

病院で計測した体重です。

着衣のため、ある意味では不正確であり…。

これからは基準体重を11月10日の体重とします。

目指す体重は、7年前の最低記録よりも下回った70キロ。

達成は来年へ持ち越しの様相ですが…。

来年の早期に達成したいと思います。
コメント