社労士(社会保険労務士)さんのひとり言

SGLT2阻害薬を飲みだしてから尿量は増えるは、(作用機序からすると当たり前だけど)尿糖は出るは…で大変です。

考える事。

2007年07月31日 07時38分21秒 | Weblog
79キロ。血糖値110。
入院直後、もうダメかも・・・と考えていると、いろいろな考えが交錯した。
私が担当していた講義の後任だが・・・。(後で、ある経緯でRさんに決まった。) 私の参加している勉強会のリーダーであるNさんを推薦すれば良かったな。忘れていたよ。
私のブログ。更新ができなくなったら、誰が私が死んだことを知らせてくれるのだろう。
やはり、死因は心不全になるのかな。
よく考えたら、本当に危険になったら、観察室(ナースセンターの隣)に入れられるだろう。
今では笑い話。そんな事を考える前に養生しろよ。
コメント

H先生の事。

2007年07月31日 05時50分22秒 | Weblog
前便の続き。
実は、H先生の2回目の講義が実現するとは思わなかった。1回目の講義は、勉強会のリーダーであるN先生が依頼状を書かれた。その依頼状に私が紹介状を添えた。
依頼の内容は、我が街に来る仕事のある時に、それに乗じて講義をしてくれ・・・と言うトンデモナイ内容。それをH先生は受けて下さった。
しかし、2回目を希望する手紙に関しては、反応がなかった。(お礼に送った日本酒には、丁寧な礼状をいただいた。)1回目は、私の顔を立てていただいた面もあるだろう。しかし、2回目が開催できるとは。
先生に感謝したい。
コメント   トラックバック (1)

七月三十一日。

2007年07月31日 04時36分26秒 | Weblog
七月は全部、潰しちゃったなー。
同室のYさんが、今日、退院される。これで、昨日、入院されたKさんと二人になる。入院してから40日。何人の方を見送っただろう。
看護師から、入院当時は命に危険があった事を知らされる。確率はわからないが、実際、そうだったのだろうと思う。そう考えると、入院期間が長引いたのも、仕方がないのかも知れない。
現在、朝のトイレタイム。便座の温度が高いので下げた。夏なんだから、あまり温度を上げるなよ。
O市のH先生が、私が参加している勉強会で講師をされるそうだ。これで2回目となる。
コメント

その他いろいろ。

2007年07月30日 17時29分53秒 | Weblog
前の前の投稿で、採血による血糖検査を「全血」と書きましたが、どうも用語がアヤフヤなので、カットさせて下さい。
今日、同姓の方が私のいる病室に入ってこられました。「○○さん。」と呼ばれるたびに、「どっちの○○かな?」と確かめないといけないのかな?と考えていたら、師長がやって来まして・・・。新しい○○さん(多分、私の方が年下。)に、部屋替えをお願いしました。やはり、患者の取り違えが怖いようです。新しい○○さんは、前の部屋へ移られました。
不謹慎だと思われるかもしれませんが、選挙は最高のドラマですね。
コメント

歩くと言う事。

2007年07月30日 14時24分35秒 | Weblog
なぜ毎日ウォーキングをしているのか。血糖値を落とすため以外の目的は、自分の体を知る事にあります。
減量によって15キロ近く体重が減ったため、自分の体が軽く感じるので、それに慣れる必要があります。
それと。自分の運動の限界を知るためです。βブロッカーは、心拍数を落とします。その分、大量の血液を送り出すことが可能になるのです。しかし、限界を越えたら。心臓がバクバクしてきます。
そのため、私は、激しい運動はできないし、過大なストレスも禁忌なのです。
それで運動の限界を知る事が大事なのです。
コメント

長引く入院。

2007年07月30日 12時45分46秒 | Weblog
主治医が来て退院の話をせずに帰る。血糖値がまだ高いとか。針で指を刺し測る血糖値は、数値が低めに出るそうな。本当の血糖値は、採血による全血でないと測れないらしい。そんなものなのか? 血糖値が120と高いので、薬を検討するそうだ。心エコーも今週中。と言う事は、八月突入決定か。やれやれだ。
市役所に国民健康保険限度額適用認定証の申請をするための準備をした。我が街では、八月から新しい認定書に切り替わるのだ。
さすがに入院生活にウンザリしている。確かに、まだリスクを抱えているのだが。でも、限界が近づいている。
コメント

七月三十日。

2007年07月30日 08時15分34秒 | Weblog
朝、トイレに行ったら、カーテンの目隠し(カーテンがドアの代わり。)を全開にして、うんこをしている人がいました。丸見えでした。・・・げんなり。
昨晩は、同室のYさんがねむそうだったので、9時前に消灯。私は、選挙をテレビで見ていました。そうしたら、遅れて回診に来た看護師。ドアを開けてすぐに引き返してしまいました。さすがに、起こしてまでは、回診はしないんですね。あの時点では、二人とも起きてたんですけどね。
79.2キロ。微減。血糖値87。
しかし、女性はなぜ風呂に入りたがらないんでしょう。予約がガラガラです。
コメント

万年雪化している脂肪。

2007年07月29日 15時54分44秒 | Weblog
入院して良かったのは、体重が減った事ぐらいでしょうか。(死生感・人生観が変わってきた事は別にして。)
しかし、痩せたのは顔・首・横腹ぐらい。全体的に小さくなったのは、確かなんですけど。
あまり変わらないのが、下腹・足のつけね、臀部の下・二の腕です。その上で、柔らかくなっているので垂れてしまう・・・。二の腕なんかプヨンプヨンですよ。プヨンプヨン。
まるで、万年雪みたいなもの。なかなか消えない脂肪であります。
退院したら、セルライトだけは何とかしたいと思います。
コメント

予後。

2007年07月29日 10時58分24秒 | Weblog
主治医からの話。
血管が狭くなって心機能が落ちている場合、それを広げれば心機能が戻る可能性がある。
血管に異常がなければ、薬で保護しつづけるしかない。
今、心機能が常人の何パーセントぐらいなのかわからない。どうなんだろう。
退院について。カテーテル検査で冠動脈をチェックしたいが、血栓があるからできないとの事。このまま入院するか、退院して、いずれ短期入院するか・・・。主治医が考えるそうです。
コメント

減量の努力は続く。

2007年07月29日 10時26分00秒 | Weblog
69.3キロ。血糖値95。
昨日、病棟の待合室で、知り合いのYさんと会った。お父さんが入院されたそうだ。大変だな・・・。
昨日は1100歩ほど歩いた。その結果が300グラムの減量なのかも知れない。入院しているうちは、カロリーが計算されているので、この間に減量しておこう。もちろん、入院期間が長引いても困るのだが。
O市のUさんから手紙をいただきました。感謝です。送っていただいた、はがき、切手、大切に使わせていただきます。Yさんとの飲み会。ぜひ実現したいですね。

コメント

七月二十九日。

2007年07月29日 05時34分54秒 | Weblog
トイレで流さない奴がいるのは、なぜだろう? この前、洗面・洗濯室の真ん中に、うんこが落ちていたのは、なぜだろう?
降りる人が優先のはずなのに、エレベーターが止まった途端に、乗り込んでくる人が多いのは、なぜだろう。
車いすで、ぶつかってきて、それでも謝らない奴がいるけと、なぜだろう。
入院中なのに、一生懸命髪の毛を逆立たせている人がいるけど、なぜだろう。女性がお見舞いに来た所を見たことがないぞ。
看護師が病室のドアを開けておきたがるのは、なぜだろう。冷房しているのに、意味がないじゃん。
コメント

ウォーキングの効果。

2007年07月28日 20時40分50秒 | Weblog
週刊毎日だったかな。糖尿病について、こんな事が書いてありました。
糖尿病患者・・・食事の30分後からのウォーキングが効果的。
糖尿病の予備軍・・・食前・就寝前のスクワットが効果的。
さて、私は、どっちに入るのでしょうね。
ウォーキングと言えば、月刊社会保険労務士 7号に、こんな記事が掲載されています。(85ページ)
30歩=1キロカロリー
体重1キログラム=7000キロカロリー=21万歩
私が、今日、11000歩ほど歩きました。消費したのは367キロカロリー。えっ。そんなもんなの?1キロ落とすのに19日もかかる計算です。
コメント

私が産まれた病院。

2007年07月28日 16時19分45秒 | Weblog
私が入院している病院は、私が産まれた病院でもあります。建物は当時と同じなので、かなり古いと言う事になりますね。実際、天井の板が剥がれたのを補修した後があったり、蛍光灯の傘が破れていたり。スプリンクラーも後付けです。今日は、室板(号室を表す細長い板)が落ちていました。
立て替えの計画はないんだそうです。患者は減少。病院は、赤字。病院廃止の噂も出たことがあります。しかし、地域の基幹病院ですからね。簡単に廃止されると困ります。
誰か、超大金持ちが寄付でもしてくれませんかねえ。百億円ぐらい。
コメント

おまるとしびん2。

2007年07月28日 15時19分13秒 | Weblog
しびんと言えば・・・。私は、入院当初は安静と言う事で、トイレ以外はベッドの上で療養していた。ある日、看護師に「血圧が下がったためか、頭がクラクラする。」と言ったら「それは危険だ。尿は採尿器で採るようにしましょう。」と言われる。さすがにあわてて断った。要はしびんじゃん。嫌だよ、しびんは。
そう言えば、私のいる病室にいた某氏。しびん使用だったのだが。ある日、看護師に「それは自分で握って下さい。」と言われていた。いくら何でも、ナニを握ってもらおなんて・・・。それは、無理だろう・・・。

コメント

おまるとしびん。

2007年07月28日 14時43分05秒 | Weblog
朝食後から、10分ウォーキングと5分休憩を5セット行う。6セット目に入ろうとしたら、急に腹痛。トイレに駆け込む。少し下痢気味。
昼食後も、3セット。早朝散歩も含めると7620歩も歩いた。
トイレと言えば・・・。私のいる病棟は、眼科・内科の患者で占められている。そのため、高齢者が多い。中には、トイレに行くにも不自由な人もいる。そんな人には、おまるが用意されている。そのおまる。部屋の中に置くわけにもいかず。全部、廊下に置いてある。私は、それを避けて歩かなければならない。
しびんを使う人も多い。
以下、続く。
コメント