頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

『キル・リスト』フレデリック・フォーサイス

2014-07-09 | books
インターネット上で、アメリカに対する憎悪を説く、イスラム主義者<説教師>に呼応して、アメリカで殺人事件が続いた。<説教師>を探すのが<追跡者>こと、キット・カーソン。祖父も父親も軍人。海兵隊に所属し、アラビア語にもイスラム教にも詳しい。この<追跡者>が世界のどこにいるか分からない、<説教師>を探し、そして殺害するまでを描く、超リアルな国際謀略小説。

「ジャッカルの日」「オデッサ・ファイル」「戦争の犬たち」など国際謀略小説の世界的大家フォーサイスももう76歳。この歳でこんなにも詳しくてリアルな物語が描けるとは。インターネットや、無人偵察機など現代的な武器もたくさん出てくる。

(私のように)国際謀略ものが好物で、武器も好物な人には強くオススメしたい。ラストのパラシュートによる降下。この30頁だけでも読む価値あり。手に汗にぎる。

キル・リスト (海外文学)

今日の一曲

東西冷戦。イデオロギーの対立、テロ。やってはいけないと分かっているのにしてしまう、いけないゲーム。と言えば、Chris IsaakのWicked Game



では、また。
コメント   この記事についてブログを書く
« 『おしかくさま』谷川直子 | トップ | 店名にツッコんでください88 »

コメントを投稿