映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

バードマン

2015年05月01日 | 洋画(15年)
 『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を渋谷シネマライズで見ました。

(1)本作(注1)は、本年度のアカデミー賞作品賞を獲得した作品ということで、映画館に行ってきました。

 本作の冒頭では、レイモンド・カーヴァーの詩が掲げられ、そしてタイトルクレジット。
 次いで、ロケットらしきものが空を飛んだかと思うと、ブロードウェイの劇場の楽屋の場面となって、男がパンツ一枚の格好で空中浮揚しています。
男は、主人公のリーガンマイケル・キートン)。そのモノローグが入ります、「なんでこうなった。酷い楽屋だな。股間のような臭いだ。俺達の居場所じゃない」。

 それから、彼のパソコンに、娘のサムエマ・ストーン)からスカイプで連絡が入ります。
 彼女が「パパ、何の花がいい?」と尋ねるので、リーガンが「何かいい匂いがするもの」と答えると、サムは「皆キムチの臭がする!」と言い(注2)、更にリーガンが「見栄えのいいもの、ただバラはダメだ」と応じたりします。

 そんな時に、「皆が待っている」との連絡が入り、リーガンは楽屋から舞台に向かいます。
 舞台では、リーガンが脚色した戯曲の稽古が行われますが、リーガンが自ら演出し主役も務めます。

 どうやら、数十年前に映画『バードマン』で一世を風靡しながらも、今や鳴かず飛ばずになっているリーガンが、この舞台に再起をかけようとしているようです。
 そんなことが果たしてうまくいくのでしょうか、………?

 本作は、昔はスーパーヒーロー映画の主役として世界的なスターだった男が、その後の長い低迷状態を抜け出そうと、自分で脚色・演出・主演を務める作品をブロードウェイの舞台に掛けようとする物語。主人公の内心の声や妄想がそのまま地続きで映像になったりするなど、舞台初日までのハチャメチャな状況が一層混乱した感じで描き出されますが、実に興味深い作品に仕上がっています(注3)。

(2)下記の(5)で触れる前田有一氏が、本作を「ハリウッド内幕的な物語」と規定し、「とくに、アメコミ映画に興味がない、アメリカのショウビズ界にもまたしかり、なによりマイケル・キートンがどういう人生を歩んできた人か知らない。そういう人は、遠慮しておいた方が無難である」と述べています。
 となるとクマネズミは、前田氏の言う「遠慮しておいた方が無難」な種族に属するようです。というのも、主役を務めるマイケル・キートンについて、今までその出演映画を見たことがありませんから、彼が「どういう人生を歩んできた人か知らない」わけで、アメコミについても、それほど「興味がない」ので、見たことがある作品といえば『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』とか『キック・アス』くらいですし(『ダークナイト』も見ましたが記事をアップしませんでした)、さらに「アメリカのショウビズ界」の状況などまるでわかりませんから。

 にもかかわらず、クマネズミは、この作品を随分と面白く見ることが出来ました。
 例えば、
イ)本作は、レイモンド・カーヴァーの小説を軸にしながら(注4)、徹頭徹尾、愛をめぐるお話となっていて、特に、リーガンとサムとの関係は、『インターステラー』のクーパーとマーフとの関係を思い起こさせるものがあり、アメコミ映画などの情報にそれほど通じていない者でも、十分に楽しむことができます。



ロ)本作の冒頭で早速空中浮揚のシーンがあることからもわかるように、映画の中では現実と内面・妄想との境目がなく、簡単にリーガンは二つの領域を行き来します。といって、観客はそれで混乱するわけではなく、むしろ映画の厚みが増している感じがします。
 なお、この空中浮揚は、イニャリトゥ監督の前の映画『BIUTIFUL ビューティフル』のラスト近くで描き出される臨死体験の模様(天井から死にゆく自分の姿を見る)に通じるところがあるのかもしれません。

ハ)上のことにも関連しますが、イニャリトゥ監督は、最初から最後まであたかもワンカットで撮影したかのように全体を構成していますが、そのことによって、リーガンが舞台を迎えるまでの混乱の中で次第に追い詰められていく様が観客側にうまく伝わってくるように思います(注5)。
 この点について、前出の前田有一氏は、「本作のカメラワークに新鮮さは薄い」として、「巷で言われているほどワンカット長回しをほめたたえる気にはならない」と述べていますが、問題は手法が新しいかどうかではなく、何がそれによって描き出されているのか、ということではないでしょうか?

(3)加えて、大層トリビアルながらも面白いことがいくつも転がっているなと思いました。
 例えば、
イ)本作は、むしろ文学方面に少しでも通じていると一層面白いかも知れません。
 例えば、レイモンド・カーヴァーです。
 なにしろ、リーガンがブロードウェイの舞台で上演しようとしているのは、カーヴァーの短編小説『愛について語るときに我々の語ること』をリーガンが脚色したものなのですから(注6)。

 ただ、映画の冒頭でレイモンド・カーヴァーの詩が引用され、字幕では「君は何を望んだのだ?/“愛される者”と呼ばれ 愛されてると感じること」となっていますが、ここは村上春樹氏の訳(注7)、「君はいったい何を望んだのだろう?/それは、自らを愛されるものと呼ぶこと、自らをこの世界にあって愛されるものと感じること」の方が適切なのでは、と思われます(注8)。
 他人からどう見られるかではなく、むしろ自分自身を自分でどのように見るのかが大事なんだということではないでしょうか?

ロ)リーガンは、楽屋で、上演する劇のことでジャーナリストたちのインタビューを受けるのですが、その際、ある記者が、「なぜ、漫画の主役を演じることからレイモンド・カーヴァーの小説を上演することに?」と尋ね、加えて「お分かりでしょうが、フランスの哲学者のロラン・バルトは、昔、神話とか叙事詩でなされたことが、今や洗剤のCMや漫画でなされている、と述べています」(注9)などとリーガンに言います。
 リーガンは面食らってしまうものの、この質問は、バルトを知らない他の記者がとんでもない質問をするものですから(注10)、立ち消えになってしまいます。

ハ)劇場用パンフレットに掲載されているインタビューで、エマ・ストーンは、「25テイクも撮影した時は、楽屋で座っていても自分のセリフも言えなくなっていた。………、ある段階を通過すると、決まった型にはまったようになって、呼吸をしている、完璧に振り付けされた機械のように動けるようになるの」と述べています。
 もしかしたらこの状態は、前々回の拙エントリの(3)で取り上げた三浦哲哉著『映画とは何か フランス映画思想史』(筑摩選書)が言う「モデルたちの自動的な身体」(あるいは「自動運動」)に該当するのではないでしょうか?
 なにしろ、同書によれば、ある女優の言ですが、「(ロベール・ブレッソン監督の撮影では)ショット毎に20回から75回ものテイクを重ねる日々が続いた」とのことですから(同書P.140)!

(4)ただ、しいて難を言えば、
 例えば、
イ)リーガンのこれまでの経歴からしたら、映画の中でタビサリンゼイ・ダンカン)という著名な批評家が言うこと(注11)が、常識的には正しいのではと思えます。
 いくら、リーガンが学生の頃、演技をレイモンド・カーヴァーに褒められているとしても(注12)、それだけでは優れた戯曲は書けないでしょうし、また舞台の上での訓練を十分に受けていない者がいきなり主役を演じたり演出家になったりするのも酷く難しいのではないでしょうか?
 たとえ、リーガンという名前によってブロードウェイでの上演が可能になるとしても、もとよりその成功などはリーガン本人によっても考えられないのではと思われます。

ロ)それが、実弾入りのピストルをリーガンが本番で発射するだけのことで逆転し、タビサは翌日の新聞のトップに、リーガンの芝居を「スーパーリアリズム」だと絶賛する記事(見出しが「The Unexpected Virtue of Ignorance」!)を書いてしまうのです(注13)。
 ですが、本来のリアルな演劇というものはそういうことで達成されるのでしょうか?
 なんだか、本来の狙いとはかけ離れた演劇の本筋以外のところでリーガンが賞賛されるだけのことではないか、とも思えてしまいます。

ハ)また、リーガンは内心のバードマンの声(注14)に促されて次第に自信を取り戻し、初日の舞台に出て行くのですが、これは単に昔の栄光にすがりついているだけのことであり、この舞台上演をキッカケに新しい自分を創りだそうということになっていないようにも見えるところです。

 ただ、これらの点などは制作側で予め織り込み済みのことであり、としたら、こうした事柄を踏まえた上で、映画全体を見直していく必要があるのかもしれません。

(5)渡まち子氏は、「元ヒーロー役者が現実と虚構の間で追いつめられていく様を描く「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」。奇抜な映像と役者の演技合戦、ひねった映画批判と見どころ満載の傑作」として95点をつけています。
 前田有一氏は、「本作は、ハリウッド業界人がわがことのように感じられるこうした主人公の境遇に、うまいこと共感できる人以外にとっては、地雷になりかねない作品である」として55点をつけています。
 中条省平氏は、「手持ちカメラによる長回しが活用されて、ハリウッドの大作というより、実験映画のような生々しい臨場感がみなぎっている。そこに芸術派監督アレハンドロ・G・イニャリトゥの高度な技術的達成が見られる」として★4つ(見逃せない)をつけています。
 藤原帰一氏は、「この「バードマン」も、楽屋オチやテクニックを取り除くと、自分に意味はあるのかという叫びが聞こえるところはまるで同じ。ただ今回は、叫びが生々しくても目を背けようとは思わない。観客に耳を傾けさせる表現の工夫があるからです」と述べています。
 森直人氏は、「全編ワンカットのように切れ目のない映像が、舞台裏の臨場感と共に、精神の牢獄をさまよう閉塞感を演出するのが驚異的だ。観客はリーガンの脳を通してすべてを見るような、特異な体験を味わうだろう」と述べています。



(注1)本作の監督は、『BIUTIFUL ビューティフル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

(注2)韓国人が経営する店だからでしょう。

(注3)最近では、出演者のうち、代役としてリーガンの劇に出演するマイクを演じるエドワード・ノートンは『グランド・ブダペスト・ホテル』、エマ・ストーンは『マジック・イン・ムーンライト』、リーガンの劇でマイクの相手役レズリーに扮するナオミ・ワッツは『美しい絵の崩壊』、プロデューサー役のジェイク役のザック・ガリフィナーキスは『ハングオ-バー/消えた花ムコと史上最悪の二日酔い-』で、それぞれ見ました。

(注4)劇場用パンフレット掲載の巽孝之氏による「RAYMOND CARVER」が、簡にして要を得た解説となっています。

(注5)劇場用パンフレットのインタビュー記事において、イニャリトゥ監督は、「リーガンの視点になって、劇場の中や廊下を歩きながら感じている彼の絶望を観客にも感じてほしい」と述べています。

(注6)映画から伺われる劇中劇は、マイク(エドワード・ノートン)とレズリー(ナオミ・ワッツ)の夫婦ともう一組の夫婦が4人でキッチンで酒を飲みながら愛について昔話をし、とくにマイクの話に登場するレズリーの元彼の役をリーガンが演じているものと思われます(ラストでは、寝室にいるマイクとレズリーのところにリーガンが突然現れてピストル自殺するのでしょう。レズリーの元彼を演じるリーガンがこの劇の主役ということは、リーガンの戯曲では、原作よりもマイクの話に焦点が当てられているように思われます)。

(注7)村上春樹訳『Carver’s Dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選』(1994年、中央公論社)所収の「おしまいの断片」より(同書P.295)。

(注8)レイモンド・カーヴァーの「Last Fragment」の該当箇所は、「And what did you want ?/To call myself beloved, to feel myself/beloved on the earth」。

(注9)今更ながらのロラン・バルトですが、これは、彼の『Mythologies』〔1957:邦訳『現代社会の神話―1957』(みすず書房)〕所収の「石鹸と洗剤」などによっているのでしょう。

(注10)その記者は「顔の若返りのために豚の精液を注射しているって本当か?」と尋ね、リーガンは「そんなのは嘘だ」と答えます。

(注11)タビサは、バーで近づいてきたリーガンに対し、「あなたは、いい芝居があの劇場で上演されるのを邪魔した。ここは演劇界。あなたみたいのが、主演・演出・脚本なんてするのは許せない。あなたは、役者じゃない、タダの有名人にすぎない」と言います。

 なお、マイクも、「俺の舞台」と言うリーガンに対して、「あんたを除く名優の舞台」と言い返します。



(注12)リーガンは、カーヴァーが書いてくれた手紙を後生大事に持っていて、それをタビサに見せます。ただ、カーヴァーは小説家であり、演劇方面にどれだけ通じていたのでしょうか(このサイトの記事によれば、映画用脚本を書いているようですが、戯曲は書いていないものと思います)?

(注13)芝居が終わると、タビサは、誰よりも早く椅子から立ち上がって出口に向かいます。

(注14)バードマンは、リーガンに対し「お前はもっとすごいやつだ。舞台のバカよりはるかに大物だ。カムバックしよう。スーパーヒーローの道を拓いたんだ。不死鳥の復活だ。何千ものスクリーンでお前は輝いた。お前は重力に勝てる。お前ならできる」などと語りかけます。






★★★★☆☆



象のロケット:バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

コメント (8)   トラックバック (63)   この記事についてブログを書く
« 神々のたそがれ | トップ | ソロモンの偽証(後篇・裁判) »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画界ウケ (iina)
2015-05-02 09:35:16
>「元ヒーロー役者が現実と虚構の間で追いつめられていく様を、・・・奇抜な映像と役者の演技合戦、ひねった映画批判と見どころ満載の傑作」

ひとことでいうと、「映画界うけする作品」なのでしょう。

Unknown (クマネズミ)
2015-05-02 11:36:00
「iina」さん、コメントをありがとうございます。
「iina」さんがコメントで引用されたのは渡まち子氏のレビュー記事の文章ですが、クマネズミには、同氏が「ショービジネス界の舞台裏と聞けば、特殊な世界観を想像するかもしれないが、ストーリーの根っこにあるのは、家族との絆を取り戻し、もう一度愛されたいという普遍的な願い。案外オーソドックスな作品といえる」と述べている方がキモではないかと思っています。
確かに、「iina」さんがおっしゃるように、本作は「映画界うけする作品」なのでしょうが、総じて皆さんがそちらの方(本作をを「ハリウッド内幕的な物語」とする見方)に傾きすぎてしまっているきらいがあるのではないでしょうか?
舞台人と映画人の内輪ネタ? (すぷーきー)
2015-05-02 22:06:10
TBありがとうございます。
現実と妄想の境目が分からず、戸惑いました。(^^;)
『バードマン』がどんな映画なのか、気になりました。(笑)
Unknown (クマネズミ)
2015-05-03 06:33:39
「すぷーきー」さん、TB&コメントをありがとうございます。
タイトルに「舞台人と映画人の内輪ネタ?」とあるところ、確かに、「ハリウッド内幕的な物語」という側面はあるでしょうが、本作をそのように決めつけてしまうと酷くつまらなくなってしまうとクマネズミは思っています。
Unknown (ふじき78)
2015-05-03 07:01:39
> イニャリトゥ監督は、最初から最後まであたかもワンカットで撮影したかのように

最近では「ある優しき殺人者の記録」が同じように擬似ワンカットでした。デジタル化する事で表現方法が広がったのはいい事です。

実名を上げた暴露っぽい脚本は、本当にリーガンという人間が世界に実在するなら、同業者に対してこんなことくらい言うだろってだけの事であって、その内幕暴露が主目的ではないと思います。
Unknown (クマネズミ)
2015-05-03 20:54:34
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「ある優しき殺人者の記録」をご教示いただき感謝申し上げます。
また、同業者「の内幕暴露が主目的ではない」とおっしゃる点も、そのとおりだと思います。
アカデミー賞に振り回されないように (atts1964)
2015-05-07 13:40:59
マイケル・キートン起用というのが、ベストチョイスなんでしょうね。副題通りの展開なんですが、結局妄想だったのが、命を取り留めたところで、現実と交差したんでしょうか。
鼻が、撃ってから形が変わったのが、バードマンへの変身に見えました。
賞を取ったことに惑わされないで、いずれ見直したい作品です。
TBお願いします。
Unknown (クマネズミ)
2015-05-08 21:18:53
「atts1964」さん、TB&コメントをありがとうございます。
この作品は、「ハリウッド内幕的な物語」という側面ばかりでなく、様々な側面を持っていると思われ、おっしゃるように、DVDが出たら再度見なおしてみたいと思います。

コメントを投稿

63 トラックバック

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (佐藤秀の徒然幻視録)
ハリウッドの栄光は死んだ時に決まる、あるいは・・・ 公式サイト。原題:Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance) 。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督。マイケル・キートン、エドワー ...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (♪HAVE A NICE DAY♪)
絶賛!!ではないけれど面白く観ました アカデミー賞の他のノミネート作品はあまり観てないけど・・・ バットマンを演じたマイケル・キートンが演じるし マイケル・キートン自体のストーリーでもあるような作品だそうですね。 バードマンの声、ふと思ったけど クリスチ...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) 嘗て、傑作自虐ネタ映画『その男 ヴァン・ダム』があったが
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/マイケル・キートン (カノンな日々)
第87回アカデミー賞では賞レースの中心的存在であったマイケル・キートン主演のブラック・コメディなダークファタジーなヒューマン・ストーリー。監督は『BIUTIFUL ビューティフル』 ...
[映画] バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (12時間Blog)
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を川崎109シネマズにて観て来ました そんなにネタバレを気にするような内容の映画でもないんですが、なるべく予備知識の無い状態で見て欲しいので、バレなしの要素についてはコンパクトにまとめさせて頂きます か...
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:BIRDMAN OR(THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE))本作の勝因は主演にマイケル・キートンを据えたことであり、それ以外はハッキリ言ってどうでもいい。過去に特別な役を振られて見事に応えた俳優だけが持つカリスマ性を、改めて認識することが出来た。  昔....
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (あーうぃ だにぇっと)
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 2015年4月7日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 ジャパンプレミアとうことで別居問題で騒がれている、米倉涼子と小芝風花が登壇しました。 米倉涼子は好きであるが、あまり喋らない方が良いかもw 【ストーリー】  かつ...
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (beatitude)
俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、かつて『バードマン』というスーパーヒーローを演じ一世を風靡したものの、シリーズ終了して20年経った今ではすっかり落ち目となってしまった。彼はレイモンド・カーヴァーの小説『愛について語るときに我々の語ること』...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (だらだら無気力ブログ!)
アカデミー賞受賞してなかったら、多分観に行ってなかっただろうな。
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (新・辛口映画館)
 今回私は「ジャパンプレミア試写会」に招かれた。上映前にクリス・ペプラー司会、米倉涼子、小芝風花の舞台挨拶があり、本編上映前からシーンを再現した寸劇やネタバレ的な会話が多く、困ったイベントである。客入りは満席、客層は大人ばかりであるが、一人だけ5歳位の...
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)」2015 USA かつて一世を風靡したスーパーヒーロー映画“バードマン”の主人公を演じたリーガンは、いつまでたってもそのイメージが拭えず、その後もぱっとせず今や落ち目の中年俳優。妻シルヴィアとは離婚し、一人...
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 バードマンが与えてくれるもの (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 第87回アカデミー賞において作品賞・監督賞(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)・脚本賞・撮影賞(エマニュエル・ルベツキ)を獲得した作品。  主演には惜しくもアカデミー賞は逃したものの、久しぶりに存在感を示したマイケル・キートン。  音楽を担当した...
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 (或る日の出来事)
ユニークだなあ!
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Ost: Birdman [CD]元ヒーロー役者が現実と虚構の間で追いつめられていく様を描く「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」。奇抜な映像と役者の演技合戦、ひねった映画批 ...
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は二兎を追う (映画のブログ)
 グッとくる題名だ。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。原題は"Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)"。  映画監督に限らない。創作に携わる人は誰もが「予期せぬ奇跡」を目指していよう。それをもたらすのが無知であることに...
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 (FREE TIME)
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (そーれりぽーと)
大方の予想に反して今年のアカデミー賞作品賞と監督賞他を掻っ攫って行った『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を観てきました。 ★★★★★ ここ10年と少しの間で一番面白いと感じた映画でした。 驚く程に延々と続く長回しが生み出す新感覚。 日本...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・キートン  エマ・ストーン  エドワード・ノートン  ナオミ・ワッツ 【ストーリー】 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること....
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'15.03.23 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(試写会)@20世紀FOX試写室 cocoで当選! いつもありがとうございます┏○ペコ スゴイ見たかったので大喜びで行ってきたー ネタバレありです! 結末にも触れています! 「かつてヒーロ...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) (我想一個人映画美的女人blog)
今年のアカデミー賞作品賞ほか最多4部門で受賞のアレハンドロ・ゴンザレスイニャリトゥ監督作品。 「アモーレス・ペロス」や「21グラム」「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」 全編1カットに見せる手法?という驚異の撮影スタイルで描き出し緊迫感の継続....
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 (ゆっくり歩こ。)
“好みが分かれる作品”と言われてましたがホントですねー 私はあんまし好きくないかも、・・・だけど今までに体験したことのない映画の世界だったので良いのかもしれないです BGMはドラムの音だけ! この音が変わった作りの作品である象徴のように鳴り響き・・・...
『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) アレハンドロ・G・イニャリ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストについて触れています。『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)監督
劇場鑑賞「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 (日々“是”精進! ver.F)
彼は、本物のバードマンになれたのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504100001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】Birdman [ バードマン あるいは(無知がもたら...価格:2,285円(税込、送料込)...
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (公式)を本日公開初日に劇場鑑賞。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 今でも世界中で大人気のスーパーヒーロー映画...
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」本年度アカデミー賞受賞作品です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ 本当の映画好き ☆☆☆☆☆ 本当のとは、映画を見てワクワクすることです。 常識を打ち破ったというか、常道では考えられない展開が続きます。 実際、ベトナム旅行の飛行機でこの映画を見かけたのですが、中国版だったお蔭で、早口でしゃべられ...
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2015/4/15、ユナイテッドシネマ豊洲。 10番スクリーン。H列。I列でもよかった。 この日、3階ノースポート、紀伊国屋書店前で、 キッザニアに向かう大勢(数百人)の中学生軍団に遭遇。 この近くの中学校が大挙してキッザニアに行くとも思えないので、 どこか...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (Akira's VOICE)
悪夢も視点を変えればハッピー。  
映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』★長いタイトルの“奇跡”を見てみよう(^_-)-☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166403/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   監督 : アレハンドロ・ G ・イニャリトゥ 主演: マイケル・キートン   =元バ...
『バードマン』 映画と舞台 微妙な関係 (Days of Books, Films )
Birdman(viewing film) 落ちぶれたかつてのスターが過去の栄光
バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (映画と本の『たんぽぽ館』)
私の無知がもたらす、「面白くなさ」なのだろう。多分。 * * * * * * * * * * 第87回アカデミー賞作品賞受賞作、ということで期待してみましたが・・・。 かつて「バードマン」というヒーロー映画で 一世を風靡した俳優リーガン・トムソン(マイ...
翔べ! ~『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (真紅のthinkingdays)
 BIRDMAN OR  (THE UNEXPECTED VIRTUE OF                    IGNORANCE)  かつてアメコミヒーロー映画 『バードマン』 に主演し、一世を風靡したもの の、今は落ちぶれつつある俳優のリーガン(マイケル・キートン)は、再...
翔べ! ~『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (真紅のthinkingdays)
 BIRDMAN OR  (THE UNEXPECTED VIRTUE OF                    IGNORANCE)  かつてアメコミヒーロー映画 『バードマン』 に主演し、一世を風靡したもの の、今は落ちぶれつつある俳優のリーガン(マイケル・キートン)は、再...
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (こねたみっくす)
映画好きにはたまらん大傑作だ! ただ映画を見るのが好きなだけの映画ファンよりも、業界裏事情まで含めた映画に纏わるもの全てを愛する映画好きにこそ、この映画の魅力は花開く ...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
バードマンは飛んだのか? メキシコの異才、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の最新作は、ブロードウェイの舞台制作を通して、再起をかける落ち目の俳優が、虚構と現実の狭間に迷うシュールでユーモラスなダークファンタジー。 主人公の元ヒーロー映画のスターに、...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)。 (すぷのたわごと。)
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を観に行ってきました。 新宿コマ跡地に今月17日にオープンした、TOHOシネマズ新宿での初めての鑑賞。 歌舞伎町に映画館が復活! ガラガラで快適な自由席ではなく、大混雑の指定席なのは我慢するしかない。 ...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 【出演】マイケル・キートン/ザック・ガリフィアナキス/エドワード・ノートン/アンドレア・ライズボロー/エイミー・ライアン/エマ・ストーン/ナオミ・ワッツ 【公開日】2015年4月10日 【製作】アメリカ 【スト...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)】2015/04/10公開 アメリカ PG12 120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー、エイミー・ライアン、エマ・スト....
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  (心のままに映画の風景)
ヒーロー映画「バードマン」で一世を風靡したリーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、そのイメージが払拭できず、鳴かず飛ばずの俳優人生を送っていた。 自分が脚色を手掛けた「愛について語るときに我々の語ること」で再起を懸けようと、ブロードウェイの舞台に...
『バードマン』をトーホーシネマズ六本木7で観て、変なのでも悪くないけどそう好きでもないふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★これにアカデミー作品賞と監督賞を与えるのは先鋭的だが頭でっかちな老人がアカデミー会員に多いという事だろう】   全くもって悪くはないし、飽きる事も ...
『バードマン』もういっちょ(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
『バードマン』について、風呂に入りながらちょっと気付きがあったので、 一つ記事を加えて書き添えておく。 ネタバレ注意 冒頭、マイケル・キートンの空中浮遊で始まり、 ラ ...
映画:バードマン Birdman 中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快?怪作! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方と....
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (I am invincible !)
かつて映画「バードマン」で主役のスーパーヒーローを演じ、世界的な映画スターとなったリーガン(マイケル・キートン)は、今ではすっかり過去の人。
映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』感想 ザ・ドラム・ムービー (映画を観たからイラスト描いた)
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance2014年/アメリカ/120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン/ ...
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (時間の無駄と言わないで)
超長回し風の撮影と編集半端ない。 2時間のほぼ全てが1カット(に見える)って凄いよね。 舞台が変わろうが時間が変わろうがカメラが追い続けるのなんの。 繋いでいる素材自体が ...
■バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第375回「アカデミー賞の威光が無かったとしたら?」 映画ファンとして毎年楽しみにしている行事。アメリカの「アカデミー賞受賞式」。つい先だって授賞式が行われ、なんの関係の無い私もどの作品が獲るだろうか?なんて勝手に予想したりして楽しみました。特に今年の....
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」みた。 (たいむのひとりごと)
第87回アカデミー賞で、作品賞、監督賞ほか4部門を受賞。かつての大スターも今は昔、過去の栄光と呪縛からの脱出を試みた男の再生物語。コメディタッチなシリアスなのか、シリアスタッチなコメディなのか観る人に
映画:バードマン Birdman 中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快?怪作! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方と....
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 そして彼はバードマンになった (はらやんの映画徒然草)
タイトルだけを見てヒーロー映画と思って、この作品を観に行くと痛い目にあうことだろ
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』('15初鑑賞34・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:05の回を鑑賞。
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (こんな映画見ました~)
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』---BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)---2014年(アメリカ )監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演:マイケル・キートン 、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン 、...
No.487 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (気ままな映画生活)
第87回アカデミー賞では同年度最多タイの9部門でノミネートされ、作品賞、監督賞を含む4部門を受賞。かつてスーパーヒーロー映画「バードマン」で世界的な人気を博しながらも、現在 ...
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」□監督・脚本 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□キャスト マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、       アンドレア・ライズボロー...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (atts1964の映像雑記)
2014年作品、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、マイケル・キートン主演。 俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、かつて『バードマン』というスーパーヒーローを演じ一世を風靡したものの、シリーズ終了して20年経った今ではすっかり落ち...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (シネマ日記)
まぁた日本の宣伝会社が変な副題つけたもんだなー。と思ったら、なんとなんと原題についてた。なんじゃこりゃ?変わってんなぁと思いつつ。アレハンドロゴンザレスイニャリトゥ監督(最近長すぎると思ったのか“ゴンザレス”の部分をただの"G&quot...
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」☆映像に釘付け (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
男性版「ブラック・スワン」というべきか。 常に極限に居ることを強いられる人たちにとって、一部の癒しもないヒリヒリした日常から、遂に到達した念願の高みと究極の安らぎの世界。 「ブラック・スワン」はハッピーエンドと感じた私がやや戸惑うラストも、もしかすると...
バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡) (はるみのひとり言)
映画館で観ました。 ヒーロー映画”バードマン"で一躍大スターになったリーガンさん。しかしシリーズ終了から20年経った今は、あのバードマンのと言われるくらいで新境地もなくスランプ状態。家族も大切にしてなかったので、妻とも離婚、娘との溝も深まっ....
再起をかけた男 (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは落ちぶれた今、自分が脚色・演出・主演の舞台に再起を懸けていた。 しかし、降板した俳優の代...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督 の新作でマイケル・キートンが主演を務め、本年度 アカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞と 4つもの受賞歴を誇るブラックコメディー映画 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 が公開されまし...
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) (事務職員へのこの1冊)
読売新聞にいま連載されている仲代達矢の半生記がむやみに面白い。映画界でも舞台でも活躍する彼に、双方が提供する条件が好対照なのだ。映画会社は「(うちの専属になれば)家を建ててやる」とオファー。ロケでは一流ホテルに宿泊。対して、所属する劇団の公演ではほと...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (銀幕大帝α)
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 2014年 アメリカ 120分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/10) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演: マイケ...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (いやいやえん)
【概略】 映画シリーズ4作目を断って20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー“バードマン”。だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、ブロー...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 主演 マイケル・キートン 2014年 アメリカ映画 119分 ドラマ 採点★★★ 平均寿命から考えると、人生の折り返しってのをとっくに過ぎてしまったミドルエイジ真っ盛りな私。ただまぁ、下の子がまだ小さいってのもあってか、さ...