映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ビューティフル

2011年07月31日 | 洋画(11年)
 『BIUTIFUL ビューティフル』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。

(1)映画の主人公ウスバルハビエル・バルデム)は、よくもまあこれだけあるものだと見ている方が感心してしまうくらい、たくさんの問題を次から次へと抱え込みながら、それらをなんとか解決すべく、148分という長尺の映画の中であちこち駆けずり回ります。ですが、どの問題も、うまく解決などできるべくもありません。

イ)映画で描き出される様々な問題を少し例示してみましょう。
 まず、ウスバル自身が、膀胱癌で余命2カ月と医者から宣告されます。2人の子供がいるだけでなく、たくさんの問題を抱えていて、とても死んでなどいられないと言ってはいるものの、血尿が頻繁に出たり、気を失ったりと、次第次第に弱っていき、最後の方では、モルヒネ注射を自分でうつようになってしまいます。

 次いで、妻マランブラマリセル・アルバレス)とは離婚していますが、子供2人は彼が、その狭くて汚らしい棲み家で面倒を見ています。彼らが通う学校へ送り届けたり出迎えたりするだけでも大変なところに、宿題の面倒もみてあげなくてはなりません(ですが哀しいかな、英語のbeautifulの綴りを娘から尋ねられて、biutifulと書いてしまうのです!)。



 また、ウスバルは、不法にスペインに入国したアフリカ人や中国人の世話をするなどして手数料を稼いでいます。とはいえ、警察による取締りからお目こぼししてもらうべく、警察の方にも手を回さなくてはなりません。
 それでも、目立つところでアフリカ人たちが商売するに及んで警察も取り締まらざるを得ず、逮捕者には本国帰還の措置がとられるので、結婚でもしていると、ウスバルが残された妻子の面倒を見ざるを得なくなります(注1)。
 さらには、建設業に従事させていた中国人労務者をタコ部屋に閉じ込めておいたら、暖房器具の不具合で20数名全員が中毒死するという悲惨な事態をも招いてしまいます(彼らを温めてやろうということで、わざわざウスバルが購入した器具なのです!)。
 なお、中国人労務者を率いてスペインにやってきた男は、バロセロナにいる中国人を頼るのですが(この中国人が、ウスバルのお得意さんの一人)、彼らは本国においてホモセクシャルな関係にあったとされています。



 以上の簡単な例示からでも、末期癌、子供の養育、不法入国などといった実にシリアスな問題がいくつも、映画で取り上げられていることがおわかり願えるでしょう。

ロ)さらに映画では、上記のような問題に加えて、普通では余り見かけない精神的な面に関することまで描かれています。

 まず、ウスバルの妻だったマランブラは、双極性障害(従前は「躁鬱病」といわれました:注2)で、ある時はウスバルがうるさいと大声で怒鳴るほどに喋り続けたり、彼の弟と陽気に騒いでいるかと思えば(肉体関係もあるようです)、他の時は沈みきって子供たちと食事をしていたりします(何度も診療施設に入って治療を受けているようです)。
 この点が主な原因でウスバルは妻と別れ、なおかつ子供達を自分で育てているのです。



 次に、ウスバルは、死者と交信ができるということで葬式に呼ばれます。眼が開いたまま棺に納められた少年と交信したことによってその父親からお金を受け取りますが(少年はこの世に名残があったが、自分が彼をあの世に旅立たせた、とウスバルは言います)、少年の母親はウスバルを信用しません。ここでは、『ヒア アフター』でマット・デイモンが演じた霊能者と類似の姿が描かれています。

 また、天井から自分の姿を見るという臨死体験としてよく言われるイメージに類似する光景がラスト近くで映し出されます。ウスバルが、死に瀕しながらも隣の部屋をのぞくと、その天井に自分自身の姿を見るのです。
 なお、映画の冒頭では、ウスバルの亡くなったはずの父親が随分と若い時分の姿で彼の前に現れます。それも周り中が雪の森の中というわけですから、おそらくはウスバルの幻覚なのでしょう。父親は、フランコ政権に嫌気がさして、船で新大陸に向かったところ、途中で命を落としたとの話です。
 そして、映画のラストでも、冒頭と同じように、若い時分の姿をしたウスバルの父親と彼とが向かい合う場面が描き出されるところ、これもウスバルの幻覚なのでしょう、過ぎ去っていく父親に向かって、ウスバルは“そっちには何があるの?”と尋ねます。これは、もうすぐ彼自身が“そっち”、すなわち死者の国に行くことを示唆していると思われます(注3)。

 映画には、ウスバルを通して現代のスペイン(ひいては今の地球が)が抱える様々の問題が、社会問題から精神的な問題に至るまで、目一杯詰め込まれていて、見終わるとぐったりするほどながら、同時にトテモいい映画を見せてもらったという感動がじわじわと沸き起こっても来ます。

 ウスバルの役柄は、ややもすると狂言回しになりかねないところ、自分の死が迫っているなかで何とか子供たちだけは生きていける算段を付けておこうとする強い思いが一貫していて、決して狂言回しにはなっていないところがこの映画の良さといえるでしょう。
 そしてそう言えるのも、演じるバルデムの説得力ある演技力によるところが大きいものと思います。




(2)映画は、織田裕二の『アンダルシア』にも登場するバルセロナが舞台とされ、バルテムも、すでに同市を舞台とする『それでも恋するバルセロナ』に出演しているところ、それらの作品で描かれる明るい都市の光景とはマサニ逆の街の様子が、専ら描き出されています。
 なんといっても、バルセロナと言えば、ガウディのサクラダ・ファミリア教会でしょうが、むろんそうした観光名所は、この映画ではほんのチラッとしか見えず、大部分は下町のごみごみした情景ばかりです。でも、それがバルセロナの底辺で生活する者にとっては日常なのでしょう。

 なお、ガウディ(1852-1926)は、敬虔なキリスト教徒であり、政治活動を行ったわけではありませんが、田澤耕著『ガウディ伝』(中公新書、2011.7)によれば、「晩年のガウディは徹底的にカタルーニャ語に執着した」ようです(P.241)。
 ところが、1923年にクーデターを起こして独裁制を樹立したプリモ・デ・リベラ将軍は、カタルーニャ主義を排し、「カタルーニャ語は学校教育など公的な場から追放された」とのこと(P.266)。
 その後、1938年に政権の座についたフランコ総統もカタルーニャ語を禁じましたから、その独裁体制を嫌ったウスバルの父親は、ある意味でガウディに繋がっているといえるかもしれません。

 ところで、ウスバル自身はどんな言葉で話しているのでしょうか?
 劇場用パンフレットのProduction Notes に掲載されている監督アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥのメモには、「ウスバルは“チャルネゴ”として生まれ、サンタ・コロマの住人の1割に当たる、カスティーリャ語を話す人々の1人だ」とされていますから、カタルーニャ語ではなさそうです。
 同パンフレットに掲載されている八嶋由香利・慶大准教授のエッセイによれば、「この映画に登場する人たちの中で、カタルーニャ語を学習している野は、小学校に通うウスバルの二人の子供だけ」とのことです。

(3)映画評論家は総じて好意的です。
 まず、山口拓朗氏は、「言うなれば、ウスバルは私たち人間が例外なく直面しながらも後回しにし続けている「問い」に答えるべく受難を背負ったスケープゴートのようなものだ。だからこそ、私たちはウスバルの、ときに矛盾や苦悩に満ちた思考や行動に敏感に反応してしまうのだろう。その反応の原因を追い求めようとする人にとって、この作品の価値は計り知れないであろう」として80点をつけています。
 また、渡まち子氏は、「主人公が子供たちに遺したものは、家族で抱き合ったぬくもりだけだ。それでも闇の中から一片の希望を見いだそうとしたウスバルの姿は残像のように記憶に焼きつく。雪に包まれた深い森で、彼は生前会ったことがない父の、若き姿に問いかける。「向こう側には何が…」。死の恐怖から解き放たれ、安らぎがあることを願わずにはいられない」として70点をつけています。
 さらに、福本次郎氏は、「要するにハタ迷惑なひとり相撲を取っているのだが、映画はウスバルの苦悩を浮き彫りにすることで、思い通りにならい“人生”の真実に迫っていく」として60点をつけています。


(注1)ウスバルは、残されたセネガル出身の女性イヘとその子供の面倒を見ることになりますが、最後には、自分の死後自分の子供の面倒をも見てくれるようイヘに大金を渡します。ですが彼女は、そのお金を持ってセネガルに帰ってしまうのです〔この点については、下記の「まっつあんこ」さんのコメントを参照して下さい〕。



 といっても、イヘを責めるわけにもいきません。彼女の方は、自分たちはこの土地ではいつまでたっても異邦人扱いをされるため到底馴染むことが出来ず、機会さえあれば故国に戻りたいと考えていたのですから。

(注2)この双極性障害は、日本人の場合、鬱病患者の10人に1人くらいにしか見られない珍しいもののようです(ただ、作家の北杜夫氏は、ご自分がそうであることを明らかにしています)。

(注3)映画では、撤去されることになった共同墓地の中から、彼の父親の遺体の入った棺を取り出す場面があります。火葬処理をするためですが、その前に棺を開けて父の遺体を確認します。兄の方はとても正視できませんが、ウスバルは遺体の頬に手を当てたりするのです。ウスバルには、父親と通い合うものがあったのでしょう。




★★★★☆




象のロケット:BIUTIFUL ビューティフル
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陰謀の代償 | トップ | 黄色い星の子供たち »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イヘ (まっつぁんこ)
2011-07-31 08:12:57
イヘはセネガルには帰らなかったと思います。
どっちにでもとれる曖昧な表現で1回目に見たときは帰ったと思いました。
どちらでもいいんですけどね。(だったらコメントするなって(笑))
イヘのその後 (クマネズミ)
2011-07-31 09:31:12
「まっつあんこ」さん、コメントをありがとうございます。
飛行場にイヘがいるのを見てそのように推測したにすぎませんから、おっしゃるように実際にどうしたかはよく分からないところですね。
ただ、イヘがウスバルの家に戻って子供達の面倒を見ることになったのかどうかなどのことは、このウスバルの物語とはまた別の物語と言えるでしょうから、結局のところは「どちらでもいい」のでしょう!
イへの行方 (うさぎ)
2011-09-22 11:47:52
先日沖縄旅行で(!)『ビューティフル』を観てきました。こちらのレビューでは、ラスト近辺で天井にはりついていたのはウスバル本人とされていますが、私の目にはイへに見えました。
セネガルに帰ろうとしたイへの身に何があったかは映画の中では具体的に描いていませんでしたので、真意のほどはわかりませんが・・・
この場面が私には一番ショックだったので、いったい誰が天井に張り付いていたのか・・DVDで明らかにしたいと思います。
でも、Authorさん(ですか?)のコメントを読んで、なるほど、こちらも有りだなと思いました。
天井の人 (クマネズミ)
2011-09-22 21:39:28
「うさぎ」さん、貴重なコメントをありがとうございます。
例えば、ブログ「菫色映画」の7月23日のエントリによれば、「ラスト近辺で天井にはりついていた」のが誰なのかについて「レビューを読み漁ったら、解釈は分かれまくっていた」そうです。
DVDを見れば決着は付くかもしれませんが、様々な意見があるということは、あるいははっきりと映し出されていなかったのかもしれません。
そうなれば、あとは見た人の解釈次第、どうにでも受けとめられることになるのではないでしょうか?
Re:天井の人 (うさぎ)
2011-10-02 10:05:49
クマネズミさん、早速のご返答ありがとうございました。
クマネズミさんのおっしゃるとおりだと思います。
この映画は、ウスバルの『子供に対する思いと記憶にない父親への思い』の集約ですね。
天井の人がたとえどちらでも、『ウスバルの思い』は一緒だと感じます。
イヘについて (おがわ)
2011-10-30 01:04:39
僕も最後に天井に張り付いていたのはイヘにみえました。

確かに
この映画の要点は「ウスバルの思い」だと思いますが、どうしても気になってしまいまして。。笑

というのも、
賄賂を受け取っていた警察の
「飢えたやつを信用するな」
という言葉がこの映画のひとつのキーワードであると思ったからです。

イヘは、セネガルに帰ろうとする途中
死んでしまった、もしくは誰かに殺されてしまったのではないか。

結果的にイヘはウスバルを裏切る形になったけれど、イヘも愛する人のため、そうせざるおえなかった。
ウスバルもイヘもある意味、善人になりきれず、愛する人のために死んでいったのではないか。
そう思うのです。

「飢えた」=「自分に余裕のない状況」
においては綺麗事なんて言えない。
でもその中で、もがきながら、生きようとする。

それがこの映画のメッセージだと思いました。

ですから、イヘの行方も、最後の天井の人の正体は重要なんじゃないのかなって思います!

もう一度観たい!
DVDはいつ (クマネズミ)
2011-10-30 22:03:52
「おがわ」さん、わざわざコメントをありがとうございます。
拙ブログにコメントを寄せていただいた方が皆さん、「イヘ」のその後や「天井の人」に関心があるとなると、早いところDVDを見てみたいものですが、まだその発売日は公表されていないようですね
Unknown (Quest)
2012-04-27 18:30:52
クマネズミさん、こんにちは。

最後に天井に出てきた人物は主人公みたいです。DVDでスロー再生してみましたが、イへではなかったですね。死者の霊視が出来る主人公が自身の姿を見た、ということかもしれないですね。

イへがセネガルに帰ったのかそうではないのか、はっきりとはわかりませんね(笑)帰宅のシーンも思わせぶりで、何とも言えない気がします。

重いけど、上質な映画だと思います。
解釈様々 (クマネズミ)
2012-04-28 21:33:11
「Quest」さん、こちらにもTB&コメントをありがとうございます。
本作のDVDがでたら早速調べてみようと思っていたのですが、もう出ているようですね!うかつにも知りませんでした。
「Quest」さんによれば、天井に張り付いていたのはウスバル自身とのこと。それだと、臨死体験的なものかもしれませんが、あるいはそうでないかもしれません。
おっしゃるように、「イへがセネガルに帰ったのかそうではないのか、はっきりとはわかりません」し、様々な点が見る者に開かれていて、モットモット自分自身で考えなさいよと求めている感じがします。
一方向の感動を強いる作品も単純で楽しめますが、またこうした作品も面白いものだと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
BIUTIFUL ビューティフル (佐藤秀の徒然幻視録)
この世に居場所のない男の帰る場所 公式サイト。原題:BIUTIFUL。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥアルド・フェルナ ...
BIUTIFUL ビューティフル/あぜ道のダンディ (あーうぃ だにぇっと)
おやじが主人公の映画2本まとめて。 まず、結論から
『BIUTIFUL ビューティフル』、記憶の迸り (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
冒頭、ウスバル(ハビエル・バルデム)と娘のアナ(ハナ・ボウチャイブ)の手が、中空で指輪について語り合っている。 そこからウスバルの話は風へと移り、画面はウスバルと若い男が林の中で風について語るシーンへとつながっていくんですね。 このふたつのシーンからな...
『BIUTIFUL ビューティフル』 石ころの意味 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  「成仏」とは仏教用語である。  カトリック教徒が圧倒的に多いスペインを舞台とした映画を語るのに、あまり適した言葉ではないが、あいにくと日本語には他にこれといった表現がない...
BIUTIFUL ビューティフル (食はすべての源なり。)
BIUTIFUL ビューティフル ★★★☆☆(★3つ) 数々のブロガーさんの鑑賞レビューを見ると評価が高かったので、楽しみにしていました! が、途中おちちゃった。。。2時間半もある長い作品。寝てて友達に起こされた でも上映後に立たないお客さんも多数で、やっぱり...
映画レビュー「BIUTIFUL ビューティフル」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Biutiful◆プチレビュー◆このビターな“余命もの”は、安易な救いとは無縁。ハビエル・バルデムが渾身の演技を見せる。 【70点】 大都会バルセロナ。ウスバルは、不法移民への仕 ...
BIUTIFUL ビューティフル(2010) (銅版画制作の日々)
      “絶望”の中にも必ず“光”は存在する。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 「21グラム」「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督最新作です。今回は群像映画ではなく、一人の男の生きざまに焦点を当てた...
『BIUTIFUL ビューティフル』 (2010) / スペイン・メキシコ (Nice One!! @goo)
原題: BIUTIFUL 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演: ハビエル・バルデム 、マリセル・アルバレス 、エドゥアルド・フェルナンデス 、ディアリァトゥ・ダフ 、チェン・ツァイシェン 公式サイトはこちら。 こういう感じの作品って予告からす...
BIUTIFUL ビューティフル (LOVE Cinemas 調布)
『21グラム』、『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督最新作。バルセロナを舞台に、移民や不法滞在者への仕事のブローカーで稼いでいる男が末期がんに冒される。絶望に打ちひしがれながらも、残された子供たちの為に生き抜こうとする姿を描いている。...
BIUTIFUL ビューティフル (rambling rose)
バルセロナの片隅。男手ひとつで2人の子供を懸命に育てているウスバル。だがある日、自分が末期ガンである事を知らされる。
BIUTIFUL ビューティフル/ハビエル・バルデム (カノンな日々)
『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督がハビエル・バルデムを主演に迎え、闇社会に生きる男が自身の余命を知ったことから愛する子どもたちのために懸命に生き ...
*BIUTIFUL ビューティフル* (Cartouche)
  スペイン・バルセロナ。その華やかな大都市の片隅で、厳しい現実と日々対峙して生きているウスバル(ハビエル・バルデム)は、離婚した情緒不安定で薬物中毒の妻を支えながら、2人の幼い子供たちと暮らしている。決して裕福とはいえず、生活のためにあらゆる...
生きる男 (笑う学生の生活)
1日のことですが、映画「BIUTIFUL ビューティフル」を鑑賞しました。 バルセロナの裏社会で生計を立て 暮らしている男 しかし 余命が少ないと知り・・・ 2人の子ども、情緒不安定な妻 霊媒師、闇取り引き 生きるために、子どもたちのために まだ 死ねないと 必至に...
「BIUTIFUL ビューティフル」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Biutiful)暗い映画だが、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作の中では一番気に入った。人生の終わりが近いことを知らされたら、いったい何を残せるのか。そして、残せないものは何なのか。アプローチはまるっきり異なるが、黒澤明監督の傑作「生き....
映画「BIUTIFUL ビューティフル」、死にゆく男のあがき、それは生への憧れか? (ひろの映画日誌)
題名のBIUTIFULはスペル間違いではない。主人公が子供にスペルを教えたその言葉だ。 あの「ノーカントリー」のハミエル・バルデムが主人公を演じるスペイン映画。 あの大聖堂がバックに映し出される、バルセロナが舞台。 ここも移民の街だ、セネガル人や中国人...
死にゆく者への祈り~『BIUTIFUL/ビューティフル』 (真紅のthinkingdays)
 BIUTIFUL  サグラダ・ファミリアを遥かに望む、スペイン・バルセロナの貧民街。幼い二人 の子どもを抱え、裏社会に生きる男ウスバル(ハビエル・バルデム)。彼は末期 癌に侵され、余命2ヶ月...
「BIUTIFUL ビューティフル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Biutiful」 2010 メキシコ/スペイン ウスバルに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「コレラの時代の愛/2007」「それでも恋するバルセロナ/2008」「食べて、祈って、恋をして/2010」のハビエル・バルデム。 マランブラにマリセル・アルバレス。 アナにハナ・ボウチャ...
BIUTIFUL ビューティフル (キノ2)
★ネタバレ注意★  久々に、「凄い映画を観た」と思いました。  今年にはいってからも、よくできた映画、感動的な映画、わくわくする映画、すばらしい映画、などはいくつも観てきたと思いますが、「凄い映画を観た」と思ったのは、この映画が今年初めてです。 ...
「BIUTIFUL ビューティフル」 (prisoner's BLOG)
死者が生者と同じ次元に棲んでいるあたり、ラテンアメリカ文学風でもあり、死んだら消えてなくなるというニヒリズムはあらかじめ封印されている。 また黒澤明の「生きる」にインスパイアされたとはいえ、生きている間に何かしら有意義なことのために生きるのを目指す(と....
BIUTIFUL ビューティフル (こんな映画見ました~)
『BIUTIFUL ビューティフル』---BIUTIFUL---2010年(スペイン/メキシコ)監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ハビエル・バルデム 、マリセル・アルバレス 、エドゥアルド・フェルナンデス、ディアリァトゥ・ダフ 「21グラム」「バベル」....
■『BIUTIFUL ビューティフル』■ (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:スペイン+メキシコ合作映画、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、 エドゥアルド・フェルナンデス、ディアリァトゥ・ダフ、チェン・ツァイシェン出演。
『ビューティフル』 見えないバルセロナ (Days of Books, Films )
Biutiful(film review) 『ビューティフル(原題:Biutif
BIUTIFUL ビューティフル 生きるってことは辛いのだけど、しかししっかりと意味があることなのだ。 (労組書記長社労士のブログ)
 我が家は淀川のスーパー堤防の上に建っているマンションの川側の8階。 そういえばこの夏、夕食にお鍋をやった日以外にクーラーは一度も使っていない、寝室もだ。 扇風機だけで平気、昼間だと俺ならさすがに我慢できないかも知れないけど、妻は別にへっちゃらだそうだ、....
BIUTIFUL ビューティフル (とりあえず、コメントです)
突然に余命2ヶ月と言われた男の生き様を通しながら、 社会の底辺に生きる者たちの切ない姿を描いた作品です。 主演のハビエル・バルデムがアカデミー賞主演男優賞にノミネートされていたので気になっていました。 主人公の凄まじい存在感とあまりにも救いの無い展開にドー...
BIUTIFUL ビューティフル (試写会) (風に吹かれて)
父として生きた公式サイト http://biutiful.jp6月25日公開カンヌ映画祭主演男優賞受賞監督: アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ  「バベル」 「21グラム」スペインのバルセロナで
父還る (宇宙のめいぐると)
「BIUTIFUL ビューティフル」
「BIUTIFUL ビューティフル」 (のんびり。)
〔2010年/スペイン・メキシコ〕 スペイン、バルセロナ。 ハビエル・バルデムは情緒不安定な妻と離婚し、 二人の幼い子供を育てている。 生活は苦しく、金の為には 中国やアフリカからの不法入国者への仕事の斡旋など、 非合法な事も厭わない。 彼は数ヶ月前から体...
BIUTIFUL ビューティフル (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞BIUTIFUL ビューティフル/BIUTIFUL 2010年/スペイン、メキシコ/148分 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演: ハビエル・バルデム/マリセル・アルバ...
■映画『BIUTIFUL ビューティフル』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
かねてより交際のあったスペインの名花ペネロペ・クルスととうとう結婚し、私生活でもノリにノッているハビエル・バルデム。 この映画『BIUTIFUL ビューティフル』は、そんな彼にカンヌ国際映画祭主演男優賞をもたらした作品。 『ノーカントリー』でアカデミー賞助演...
ビューティフル BIUTIFUL (映画の話でコーヒーブレイク)
第63回カンヌ国際映画祭主演男優賞受賞、アカデミー賞主演男優賞・外国語映画賞ノミネートの、 2010年メキシコ映画です。 日経夕刊「シネマ万華鏡」で黒澤明の「生きる」へのオマージュと紹介されていたので見ることに。 の数・・・いくつだったか、忘れました   ...
『BIUTIFUL ビューティフル』はカミサマ不在の宗教映画だよ。 (かろうじてインターネット)
 今回は、ブヒャー!"BIUTIFUL"だってバカじゃねーの!?お前の偏差値カブトムシ程度なんじゃねーの!?でおなじみ『BIUTIFUL ビューティフル』の感想です。  観に行った映画館は信頼のブランドTOHO...
BIUTIFUL ビューティフル (映画尻エリカ)
『BIUTIFUL ビューティフル』 “BIUTIFUL” (2010・スペイン=メキシコ) 2h28 製作・監督・原案・脚本 : アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演 : ハビエル・バルデム、アナー・ボウチャイブ、ギレルモ・エストレヤ、マリセル・アルバレス ...
BIUTIFUL ビューティフル (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
“絶望”の中にも必ず“光”は存在する。 愛する家族を守るため、 男がすべてをかけて生きた最期の2ヶ月 これは、父が生きた証 スペインのバルセロナを舞台に、...
BIUTIFUL/ビューティフル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
バルセロナの闇社会で生きる男が余命2ヶ月と知らされ、子供たちのために奮起する姿を描く感動の人間ドラマ。監督は、「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。出演は ...
映画『BIUTIFUL ビューティフル』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-43.BIUTIFUL ビューティフル■原題:Biutiful■製作年・国:2010年、スペイン・メキシコ■上映時間:148分■鑑賞日:7月10日、TOHOシネマズ・シャンテ■料金:1,600円□監督・脚本・製作:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□脚本:アルマンド・...
『BIUTIFUL』『ヤコブへの手紙』をギンレイホールで観て、ふむふむふじき☆☆☆,☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『BIUTIFUL』 五つ星評価で【☆☆☆立派だが長い】 ハビエル・バルデム演じる主人公の正業は教会に雇われている死者との口利き屋みたいな物で、副業に非合法移民の ...
BIUTIFUL ビューティフル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
BIUTIFUL ビューティフル'10:メキシコ・スペイン◆原題:BIUTIFUL◆監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バベル」◆出演:ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥア ...
BIUTIFUL ビューティフル (ダイターンクラッシュ!!)
2011年6月30日(木) 16:00~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『BIUTIFUL ビューティフル』公式サイト 「21グラム」、「バベル」の監督の人の新作。赤の他人が、どこかで関わりあっていく話が得意な...
BIUTIFUL ビューティフル (A Day In The Life)
DVDにて早くもリリース、早速レンタル観賞 解説 バルセロナを舞台に、闇社会に生きる男が末期がんで余命 いくばくもないことを知り、愛する子どもたちのために精 いっぱい尽くそうと奮起する感動作。 『バベル』の名匠アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ ...
死を伝えていくということ 『BIUTIFUL ビューティフル』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ出演:ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレススペイン映画 2010年 ・・・・・・ 6点
死を伝えていくということ 『BIUTIFUL ビューティフル』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ出演:ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレススペイン映画 2010年 ・・・・・・ 6点