映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

キック・アス

2011年01月23日 | 洋画(11年)
 『キック・アス』をシネセゾン渋谷で見てきました。

 先だっては、恵比寿ガーデンシネマの閉館が報道されましたが、今度はこの映画館も2月27日で閉館の予定だとか。26年間も続いたようで(ガーデンシネマは17年)、最近では『森崎書店の日々』、『恋愛戯曲』、『悪夢のエレベーター』など他ではあまり上映されない作品を観ることができたりして、クマネズミもよく利用していただけに残念です。

(1)さて、『キック・アス』ですが、登場する3組の家族が類似していることに注意が向きます。
 すなわち、主人公デイブ(実はキック・アス)の家族、ビッグ・ダディヒット・ガールの家族、それにマフィアのボス・フランクとその息子クリス(実はレッド・ミスト)。
 主人公の家族は、当初は両親と息子の3人家族だったのですが、突然母親が食事中に脳梗塞で倒れて亡くなってからは、父親との二人暮らし。
 結果として、これら3組の家族からは母親の存在が十分にうかがわれないのです。
 こうなると、この映画は女性を排除したマッチョな作品なのか、もう一つの『マチェーテ』なのかと思われかねませんが、然にあらず。
 なにしろ、ヒット・ガールの活躍ぶりが甚だしいので、むしろ女性が見て溜飲を下げているのではないでしょうか?
 それも、11歳の少女が、ナイフを巧みに扱ったり、様々な銃を使い分けたり、長刀を振り回したり、垂直な壁を走ったりと縦横に暴れまわります。
 これを見ると、逆にキック・アスやレッド・ミストの軟弱ぶりが観客の目に焼き付いてしまいますし、ビッグ・ダディも影が薄い存在になってしまいます。結局は、男低女高の最近の流れと総体して違わないのかも知れません。

 というようなことは別にどうでもいいのですが、なにしろ登場人物とそれを演じる俳優陣が多士済々ですから、面白いこと請け合いの映画と言えるでしょう。
 まず、『ノーウェアボーイ』で主人公・ジョンを立派に演じたアーロン・ジョンソンが、まだまだ若い(20歳)にもかかわらず、こちらでは街のチンピラどもにボコボコにされる役を演じているのですから、その幅の広さに驚いてしまいます。
 悪との対決の場面では、大部分、ビッグ・ダディとヒット・ガールのペアの後塵を拝してはいるものの、最後には、ビッグ・ダディ開発のマシンに乗りながらヒット・ガールの危機を救うわけですから、やはり主役といえましょう。



 また、キック・アスらが立ち向かう悪人のトップ・フランコを演じるマーク・ストロングは、最近見た『ロビン・フッド』において、イギリス人でありながらフランスに内通しているゴドフリーの役を演じて強烈な印象を残しましたから、まさにうってつけと言えるでしょう。
 悪役だから仕方ないとは言え、『ロビン・フッド』では、海岸での戦いから逃げ出そうとしたところをロビン・フッドが放った矢で射殺され、この映画でもバズーカ砲で窓の外まで吹き飛ばされるという過酷な運命を担っています(『シャーロック・ホームズ』においても、原作には登場しないブラックウッド卿〔なんと絞首刑から蘇って活躍するという、これまた理不尽な境遇に置かれています〕を演じています)。



 それに、ビッグ・ダディを演じるのがニコラス・ケイジ
 映画では彼はいつも主役を演じていますから、この映画でも、その存在感やバットマン張りの装束から、もしかしたら主役はこちらではと思わせますが、途中でフランコの配下に焼き殺されてしまうので、やはり主役はキック・アスなのだなとわかるような始末です。
 それにしても、ニコラス・ケイジも、随分と幅広く様々の作品に登場するものです。
 TVでチラッと見ただけながら、『ナジョナル・トレジャー』(2005年)でインディ・ジョーンズの縮小版ベン・ゲイツを演じたかと思うと、『バット・ルーテナント』(注)では麻薬におぼれながらも昇進を果たす刑事を演じたりと、ずいぶん忙しいにもかかわらず、こうした映画にまで登場するとは!





(注)『クロッシング』を取り上げた記事の(2)の中で触れておきました。


(2)ただ、この映画に問題があるとしたら、ヒット・ガールが行うたくさんの殺戮行為・暴力行為でしょう。



 父親のビッグ・ダディは元警官ですが、悪人フランコにより罠に嵌められ、無実ながらも刑務所に服役させられた経緯があり、出所後は復讐のために、娘のヒット・ガールとペアを組んで、フランコ一派を街から掃討しようとしているわけです。
 そのために、フランコ側はビッグ・ダディ側を一人も殺してはいないにもかかわらず、ビッグ・ダディ側は、フランコ一味をいとも簡単に殺しまくるのです。
 むろん、キック・アスが窮地に陥って殺されかかっているとか、ビッグ・ダディとキック・アスが手酷い拷問を受けて死の寸前という状況ですから、相手側を殺すのは仕方がないにしても、いくらなんでもこれではやりすぎなのでは、とも思えてきます。
 そう思うのは、なにも狭い日本での偏った道徳観によるというわけでもなく、劇場用パンフレットの「プロダクション・ノート」にも、この内容に「ハリウッドの大手スタジオが難色を示した」とあり、「配給されないかもしれないという危惧があった」と監督が認めた、などと記載されています。

 それはそうでしょう。小学生の女の子が、まるでゲームでもこなすかのように、色々な武器を片手に男の悪漢どもを次々に殺戮していくのですから!
 時あたかも、米西部アリゾナ州トゥーソンのスーパーマーケットの敷地内で、6人が死亡、13人が負傷しするという銃撃事件が発生しました(8日)。負傷者の中には、女性のガブリエル・ギフォーズ民主党下院議員(40)も含まれているとのこと。
 この事件に対しては、オバマ大統領が、「米国の悲劇的事件だ」との声明を発表したほどです(ここらあたりの事柄は、この記事を参照しました)。

 なにも、『キック・アス』のような映画が公開されるからこうした事件が起きるわけではないのでしょうし、また銃が社会にいきわたっているからこそこうした事件があまり起きないのだ、と議論することも可能でしょう(現役の米連邦議会議員の命を狙った銃撃事件は、1978年に民主党下院議員が殺害されて以来のことだとされますし)。
 でも、こうした映画が製作されて容認されてしまう社会が健全なのかどうかは、検討してもいいのかもしれません。

 ナーンテしゃっちょこばらずに、クマネズミのように、リメイク作の『十三人の刺客』で役所広司が「斬って斬って斬りまくれ!」と叫ぶのを認めるのであれば(注)、この映画でヒット・ガールが暴れまくるのだって、楽しめばいいのではと思います。たかが映画なのですから!


(注)元の『十三人の刺客』では、松平斉韶を斬った島田新左衛門(片岡千恵蔵)は、「無用の殺し合いを止めるよう、早く笛を吹け」と指図しますが、そちらを良しとするのであれば話は別になるかもしれません。


(3)渡まち子氏は、「この物語の本筋は、ビッグ・ダディとヒット・ガールの父娘が仕掛ける復讐劇にある。アメコミの大ファンを自認するニコラス・ケイジがビッグ・ダディを演じていて、復讐のために、まだ幼い娘を殺人マシーンに作り変えるというトンデモない父親を怪演。バットマン風のコスプレでハジケる様はハマりすぎて怖いくらいだ。同時に、ヒット・ガールを演じるクロエ・グレース・モレッツの凶暴な可愛さには、心底シビレた」、「この映画、おバカなふりをしているが実は案外テーマは深いのだ。とはいえ、難しいことは考えず単純に“面白がる”ことも可能。なかなか上手い脚本で、スミにおけない映画である」として75点も付けています。



★★★☆☆


象のロケット:キック・アス
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (73)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海炭市叙景 | トップ | モンガに散る »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
モラルハザード (ふじき78)
2011-01-23 08:13:31
自分のブログ記事でも絶賛してるようにこれ大好きです。基本的にモラルハザードはかまわない。映画を見るくらいで影響されるなら、影響される方が悪いよ。プロパガンダ映画でもないんだから。
Unknown (リバー)
2011-01-23 10:29:48
TB ありがとうございます

ヒットガールがサイコーでした
とにかく 爽快・痛快で
続編もあるそうで 楽しみ
母親不在 (kiyotayoki)
2011-01-23 10:46:51
ああ、なるほど、そう言われると、3家族共、母親不在でしたね。
母性の欠如が、父性の象徴である権威への憧れや闘争本能をあおったことは十分に考えられますし、原作者もそれを十分意図して人物設定を作り上げたんでしょうね。
こんばんは (にいな)
2011-01-23 18:50:11
TBありがとうございました。

単純に楽しめましたが、確かに幼い少女が大人をぶっ殺していく様に時々、『いいのかなあ』とは思いましたね。後半はキックアスよりヒットガール主体になっていたような気もしますが・・・(^^;;
続編が楽しみです。
お母さん (ほし★ママ)
2011-01-26 08:30:53
ずっと楽しみにしていましたが、やっと観れました。
本当に面白い映画でした。
わたしもクマネズミさんと同じで、本作に限っては「モラルはええやん」と観ていました。
わたしは、母の立場なので思ったのですが
この3父子に母親が居たら、きっとこんな無茶をさせないと思うんです。
そこもうまく作られてるなと思いながら、鑑賞しました。
アメコミ映画化の傑作 (フライング・マシーン)
2011-01-30 14:52:20
  もとはアメコミですから、荒唐無稽さを予め飲み込んで見ると、それなりの楽しい映画だと思われます。ヒットガールこと、クロエ・モレッツが縦横無尽の大活躍(言い換えれば、悪人連中に対して大量殺人)をして、それをゲーム的に楽しめばよいという感じです。主人公キック・アスや父親役、そしてレッド・ミストの行動の意味合いにも面白いものがありますが、その辺は深く考えないようにします。
  クロエ・モレッツは成長途上で、『(500)日のサマー』の妹役で出てきていましたが、来日してテレビに出てきていたのを見ると、もう少し大人になっており、次作ではどのように変貌しているのでしょうか。美少女はもう一人いて、主人公デイブのガールフレンドのLyndsy Fonsecaもなかなかよいです。そして、それらの代わりに母親不在というクマネズミさんのご指摘も面白いですね。
  あまり難しく考えないで、楽しく映画を観ることも考えてよいと思わせる作品です。そして、このように考える方々の評価が高くなっているようです。
楽しく見ましょう (クマネズミ)
2011-01-30 22:44:21
「フライング・マシーン」さん、コメントをありがとうございます。
この映画は、キック・アスらの「行動の意味」などを考えていくと面白いでしょうが、おっしゃるように、なによりもまず「楽しく映画を観ること」から出発しなければ始まらないでしょう。
そして、続編におけるクロエ・モレッツの「変貌」振りを、今から期待することといたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

73 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
キック・アス (LOVE Cinemas 調布)
ヒーローに憧れる何の特殊能力もないオタク高校生がある日成り切りヒーロー、キック・アスとして立ち上がる。主演は『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』のアーロン・ジョンソン。共演に『(500)日のサマー』のクロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ。監...
キック・アス (あーうぃ だにぇっと)
12月6日(月)@九段会館。 この日は東商ホールの “人生万歳!” も当選していたが、涙をのんで “キック・アス” を選択。 ウディー・アレン監督の作品は、ギンレイホールで必ずかかる。 それまで待つ。
『キックアス』をシネセゾン渋谷で観て殺戮に興奮さめやらぬ男ふじき☆☆☆☆☆(ネタバレ気味) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆☆映画内での殺戮は全て美徳とする】    いやいやいやいや、面白いじゃん。 レビューなんて無力だよ。 この「面白いじゃん」の一言で済んじゃうんだか ...
キック・アス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】 キャストの魅力が作品をさらに盛り上げてる。
キック・アス (佐藤秀の徒然幻視録)
ハート・ウォーミング・バイオレンス 公式サイト。Kick-Ass。マシュー・ヴォーン監督、アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ニコ ...
《 キック・アス 》 (映画 - K'z films -)
「正義の心で 悪をKILL!」 [Official](C) 2010 KA Films LP. All Rights Reserved. ブラッド・ピットが代表を務める映画製作会社、プランBエンターテインメントの最新作。スーパーヒーローに憧れる青年の奮闘を描いた同名コミックの映像化で、豪華&注目のキャス...
キック・アス (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
人気のアメコミ作家、マーク・ミラーの同名コミックを、ブラッド・ピットをプロデューサーに据え映画化した作品です。 ヒーローに憧れる平凡な高校生、デイヴは、ネットでコスチュームを買い、それを身に着けて街に出ます。決して強くはない、というより、ひ弱な彼です...
キック・アス/アーロン・ジョンソン (カノンな日々)
年末の忙しいこの時期に風邪をひいてしまいました(悲)まだ病み上がりなんですけど見逃したくなくて久々の劇場鑑賞です。 ブラッド・ピットが製作に名を連ね『レイヤー・ケーキ』の ...
『キック・アス』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
Kick-Ass: Creating the Comic, Making the Movieクリエーター情報なしTitan Books 『キック・アス』 2010年(米)監督マシュー・ヴォーン ●メルクマール  アメコミ映画の集大成にして到達点。...
『キック・アス』(2010)/アメリカ・イギリス (NiceOne!!)
原題:KICK-ASS監督:マシュー・ヴォーン出演:アーロン・ジョンソン、ニコラス・ケイジ、クロエ・グレース・モレッツ、マーク・ストロング、クリストファー・ミンツ=プラッセ(TOHOシ...
ヒーローになろう (笑う学生の生活)
6日のことですが、映画「キック・アス」を鑑賞しました。 スーパーヒーローの憧れる少年が インターネットで買ったコスチュームを着て キック・アスと名乗り 悪党退治をしようとするのだが・・・ ちょっとありがちな設定と思いきや これが 良く出来ていて B級かなぁと...
『キック・アス』(2010 英・米) (映画の心理プロファイル)
心優しい殺し屋レオンが、もっと非情で、幼いマチルダに淡い恋心を抱いていなかったら、 そして、マチルダがもっとレオンのスキルを受け継ぐ才能を持ち合わせていたら、 この映画に登場するヒットガールみたいな小さな殺し屋がもっと早くに誕生していたかも・・・・ そ...
「キック・アス」 (古今東西座)
平凡よりちょっと以下の冴えないコミック好きの高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)が、憧れのスーパーヒーロー〈キック・アス〉に恰好だけは大変身して悪に立ち向かう内に、大きな事件に巻き込まれ大ピンチ。そこに謎の親娘でこれまたスーパーヒーローの恰好をした〈ビ...
映画 「キック・アス」 (ようこそMr.G)
映画 「キック・アス」
『キック・アス』 あなたが戦わない理由は? (映画のブログ)
 Wikipediaに "Japan is the only country that nears the US in output of superheroes." と解説されているように、おそらく世界でもスーパーヒーローを輩出している大国は日米2ヶ国である。  しかしなが...
キック・アス 【飛べずとも お前のケツは 蹴り飛ばす】 (猫の毛玉 映画館)
『キック・アス』 KICK-ASS 2010年・イギリス=アメリカ マーク・ミラーのアメコミ原作。原作とは同時進行での製作。  もうすぐ公開!キック・アス!ってことで、昨日試写会で観てきたよ。スーパーヒー...
『キック・アス』 (ラムの大通り)
(原題:Kick-Ass) ----この映画、ニャんだかスゴク話題になっているみたいだよね。 「うん。 最初は 第3回したまちコメディ映画祭in台東の『映画秘宝まつり』内で限定公開。 しかも、アメリカでは配給されないかもしれないという話さえあったしね。 日本人って、ぼく...
キック・アス (試写会) (風に吹かれて)
こんなところにバズーカが 公式サイト http://www.kick-ass.jp12月18日公開アメリカンコミックの映画化監督: マシュー・ボーン 「レイヤーケーキ」 「スターダスト」製作には、ブラ
「キック・アス」 スーパーヒーローの条件 (はらやんの映画徒然草)
2011年の最初の観賞作品は・・・「キック・アス」! 実は年末に観に行こうと渋谷
キック・アス (だらだら無気力ブログ)
『ウォンテッド』の原作者マーク・ミラーのアイデアを基に、同名コミックの 執筆と同時進行で製作されたハードバイオレンス・アクション・コメディ。 スーパーヒーローに憧れる平凡なオタク高校生が始めた無謀な自警活動が 思わぬ事態へと発展していくさまを、ハードな...
キック・アス / Kick-Ass  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click スティーヴン・キングが選ぶ、今年の映画ベスト10で見事6位! ブラピが製作に参加、ニコラス・ケイジ、地味においしく出演 アメリカで大ヒットした話題のB級ヒーローアメコミ、遂に日本上陸 日本では、夏の終りに下町コメデ...
キック・アス (メルブロ)
キック・アス(原題: KICK-ASS) 340本目 2010-44 上映時間 1時間57分 監督 マシュー・ヴォーン 出演 アーロン・ジョンソン(デイヴ・リゼウスキ(キック・アス))     クリス ...
「キック アス」R指定?過激なオタクアクションムービー (ノルウェー暮らし・イン・London)
コスプレ好きなオタクが、頑張って本物のヒーローに成長していく、ほのぼのコメディだと思ったら大間違い! こーれは、面白いよ♪ でもアメコミヒーローいっぱい出てきて、子供と楽しめる?と思っちゃいけない。 さまざまな国でR指定になった、過激なアクションムービ...
キック・アス (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
チラシや映画の説明を見た感じではヒーローもののお馬鹿なコメディ?と思っていたのですが、アクションも派手できっちり人物の成長を描いた、なかなか面白い映画でした。祝日の前日...
キック・アス (映画鑑賞★日記・・・)
【KICK-ASS】 2010/12/18公開 アメリカ R15+ 117分監督:マシュー・ヴォーン出演:アーロン・ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、マーク・ストロング、クロエ・グレース・モレ ...
映画を観た~キック・アス/KICK-ASS~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
キック・アス (映画尻エリカ)
『キック・アス』 “KICK-ASS” (2010・イギリス=アメリカ) 1h57 製作・監督・脚本 : マシュー・ヴォーン 出演 : アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ、マーク・ストロング、クリストファー・ミンツ=ブラッセ、リンジー...
キック・アス (零細投資家映画記録)
鑑賞映画館:テアトル梅田 1 鑑賞日時:12月27日 評価:A- 原題:KICK-ASS 製作:2010年 アメリカ イギリス 監督:マシュー・ヴォーン 出演: アーロン・ジョンソン ニコラス・ケイジ クロエ・グレース・モレッツ マーク・ストロング クリストファー・ミンツ=プ...
キック・アス (Spice Cafe -映画・本・美術の日記-)
「キック・アス」の試写会へ行ってきました。 NYに住むデイヴ(アーロン・ジョンソン)は、コミックオタクでスーパーヒーロー に憧れる高校生。ネット通販で買ったコスチューム
「キックアス」 (Con Gas, Sin Hielo)
年忘れヒーローまつり。 「ゾンビランド」がゾンビを背景にした成長物語+ロードムービーならば、こちらはヒーローを触媒に使った青春ものである。 善が悪を倒す痛快さに、主人公の成長というハッピーエンドが加わって、観賞後の気分は倍以上の爽やかさだ。 キックア....
キック・アス (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Music from the Motion Pictureアメコミ愛全開のユニークな作品で、一見脱力系に見えるが、なかなかよく出来ている。ヒーローを生むということは、すなわち悪を生み出すことでもあるのだ。 ...
キック・アス (とりあえず、コメントです)
マーク・ミラー原作のアメコミを映画化したアクション・ムービーです。 コスプレの主人公たちが闘っている予告編を観て楽しそうだなあと思っていました。 予想以上に人がどんどん死んでいく展開にキャ~と思いながらも、つい笑ってしまうような作品でした。
「キック・アス」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・米=英/配給:カルチュア・パブリッシャーズ原題:Kick-Ass監督:マシュー・ボーン脚本:マシュー・ボーン、ジェーン・ゴールドマン原作:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミタ・Jr. マーク
『キック・アス』 (Cinema + Sweets = ∞)
久々にGyaO!のオンライン試写会が当たって、ストリーミングで先日視聴しました~。 やっぱり公開前に自宅で観られるって、ちょっと嬉しいw。 ******************** 『ウォンテッド』の原作者マーク・ミラーのアイデアを基に、同名コミックの執筆と同時進行で製作...
キック・アス (Memoirs_of_dai)
ヒット・ガールとレッド・ミストの共通点 【Story】 コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、ある日、インターネットで買ったスーツとマスクで、“キック...
「キック・アス」 (It's a wonderful cinema)
 2010年/アメリカ  監督/マシュー・ヴォーン  出演/アーロン・ジョンソン     クロエ・モレッツ     ニコラス・ケイジ  アーロン・ジョンソン目当てで鑑賞。彼も良かったけど、この作品で一番輝いてたのは「ヒット・ガール」だね!タイトルが「キッ...
キック・アス (ダイターンクラッシュ!!)
2010年12月31日(金) 19:00~ シネセゾン渋谷 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『キック・アス』公式サイト これを観ないと年を越せない。2010年のベスト10を選出出来ない。 ということで、本年最後の劇場鑑賞に、正月映画最...
『キック・アス』 (beatitude)
やり過ぎとみるか、潔くぶち殺してる痛快娯楽ととるか。ニューヨークに住むデイヴは、アメコミ好きでスーパーヒーローに憧れているさえない高校生。ネット通販で購入したコスチュームを着て、勝手にヒーローになりパトロールするが、特別な能力があるわけではなく、最初の...
■映画『キック・アス』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
いやー、童貞ってアホだな、アメリカ人ってアホだなと、いい意味で思わせてくれる映画『キック・アス』。 こういうノリ、大好き! ニコラス・ケイジ、ようやくアメコミヒーローになる夢がかなったね…。『ゴーストライダー』よりずっとハマってるよ…。 アメリカ人...
キック・アス (心のままに映画の風景)
アメコミ好きの高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、インターネットで買ったコスチュームを身に纏い、憧れのスーパーヒーローとして街で活動しようとする。 何の能力もないデイヴだったが、捨て身の姿...
キックアス (シネマ日記)
これは前評判が良くて、ちょっと期待しすぎちゃったかなーという感想でした。コミックオタクの冴えない高校生デイヴアーロンジョンソンが“キックアス”と名乗り、本当のスーパーヒーローになろうとするのだけど、実際はネットで買ったダサいコスチュー...
キック・アス (2010) (肩ログ)
KICK-ASS アメリカ 監督: マシュー・ヴォーン 出演:アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ、マーク・ストロング、クリストファー・ミンツ=プラッセ、リンジー・フォンセカ、ソフィー・ウー、クラーク・デューク、エヴァン・ピーターズ...
「キック・アス」  KICK-ASS (俺の明日はどっちだ)
・ この年末年始は何かと忙しくて全く映画が観れなかったのだけど、ようやく時間が取れた昨日『香林坊109 シネモンド』へと出かけ、「キック・アス」と「マチェーテ」という支配人の上野くんならではチョイスの2本を立て続けに鑑賞し、めちゃめちゃ満足。 ということで....
キック・アス (映画三昧、活字中毒)
■ シネセゾン渋谷にて鑑賞キック・アス/KICK-ASS 2010年/イギリス、アメリカ/117分 監督: マシュー・ヴォーン 出演: アーロン・ジョンソン/クリストファー・ミンツ=プラッセ/マーク・ストロング/...
キック・アス (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネ・リーブル> 監督:マシュー・ヴォーン 原作:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミタ・Jr 脚本:ジェーン・ゴールドマン、マシュー・ヴォーン 正義の心で 悪をKILL 特殊能力ゼロ、モテ度ゼロ、体力微妙──なりきりヒーローが世界...
キック・アス【試写会】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:キック・アス 制作:2010年・イギリス/アメリカ 監督:マシュー・ヴォーン 出演:アーロン・ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、マーク・ストロング、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ あらすじ:コミックオタクでスーパ...
[遅ればせながら、映画『キック・アス』を観た^^] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いやはや、素晴らしいですね。  何が良いって、<ヒットガール>ですよね!  私、今年の<ナカデミー賞>は、この娘以外には考えられないほど夢中になりました。  まだまだチンクシャ顔の11歳の女の子ミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)です。      ...
キック・アス (うろうろ日記)
連れられていってきました。正義の味方に憧れているオタクな少年が、実際になろうと頑
★「キック・アス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
上映館も上映回数も少ないので、平日の割には結構お客が入っててビックリ。
『キック・アス』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
予告が掛り出したのが、10月くらいだったと思います。 最初から、何だか気になっていました。 そして12月に入って、オンラ
「キック・アス」最強ヒロイン、悪を切り裂く! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[キック・アス] ブログ村キーワード  “なりきりヒーロー・青春ムービー”「キック・アス」(カルチュア・パブリッシャーズ)。『オタクが狂喜する、カル~イ映画かいな?』と、思っておったのですが、これが何ともなかなかハードな出来でございました。  デ...
キック・アス (そーれりぽーと)
リアルスーパーヒーローになろうとした青年を描いた話題の『キック・アス』を観てきました。 ★★★★★ なんでスーパーヒーローってコミックの中だけなの? こんなにコミックのスーパーヒーローに憧れてる人が多いのに、なんで自らなろうと思う人は居ないの? と考えた...
「キック・アス」 12/18~1/4 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 1318日間累計動員: 3万275人18日間累計興収: 44
キック・アス (りらの感想日記♪)
【キック・アス】 ★★★ 映画(80)ストーリー アメコミ好きでスーパーヒーローに憧れるニューヨークの高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)。
キック・アス (試行錯誤)
パッと見、なりきりヒーローの青春ムービー。しかしその実態は!? …R-15作品である。 ブラット・ピットやニコラス・ケイジの名前もあって、予告編で気になっていた映画【キック・アス】→公式サイト 近く...
「キック・アス」 (Mr.Bation)
「キック・アス」 コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生デイヴは、ある日、インターネットで買ったスーツとマスクで、ヒーローとして街で活動を始める。何の能力も持たない彼はあっさり犯罪者にやられるも、捨て身の活動がネット上に動画で流され、“キッ...
『キック・アス』 (kuemama's_webryblog)
【Kick-Ass】 2010年/英・米/カルチュア・パブリッシャーズ/117分 【オフィシャルサイト】 監督:マシュー・ヴォーン 出演:アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ニコラス・ケイジ
『キック・アス』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 キック・アス 』 (2010)  監  督 :マシュー・ヴォーンキャスト :アーロン・ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ、マーク・ストロン...
映画 ■■キック・アス■■ (Playing the Piano is ME.)
これは面白かった! 私が大嫌いな、バイオレントな映画でしたが 「どうだった?」 と、聞かれたら 「面白かった」と答えるしかない映画でした。
キック・アス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
コミックオタクの高校生が自前のスーツとマスクを身に付け、ヒーローとして活躍する姿を描くアクション・コメディ。監督は「スターダスト」、「レイヤー・ケーキ」のマシュー・ヴ ...
「キック・アス」 (或る日の出来事)
本作最大の魅力は、間違いなく、ヒット・ガール!
キック・アス (銀幕大帝α)
KICK-ASS/10年/英・米/117分/青春アクション・コメディ/R15+/劇場公開 監督:マシュー・ヴォーン 製作:マシュー・ヴォーン、ブラッド・ピット 製作総指揮:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミタ・Jr 原作:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミタ・Jr 脚本:....
キック・アス (Kick-Ass) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マシュー・ヴォーン 主演 アーロン・ジョンソン 2010年 イギリス/アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ とどのつまり殺人者であるヒーローを、どんな世界に置くかってのも作り手の悩みどころなんでしょうねぇ。たとえば、幸楽の出前に出ていた眞がゲル...
キック・アス/Kick-Ass(映画/DVD Blu-ray) (映画を感じて考える~新作映画、DVD/Blu-ray問わず映画批評)
[キック・アス] ブログ村キーワード正義の心で悪をKILL特殊能力ゼロ、モテ度ゼロ、体力微妙──なりきりヒーローが世界を救うキック・アス(原題:Kick-Ass)満足度:★★★★★ ...
キック・アス (いやいやえん)
クロエ・グレース・モレッツちゃんが出ている作品です(「レット・ミー・イン LET ME IN」にも出ていましたね) ヒーローに憧れてる青年が、タイツに身を包んでヒーロー「キック・アス」として活動?するんだけど、正義感はあるんだけどとにかく弱くて、でもその立ち向...
キック・アス (RISING STEEL)
キック・アス / KICK-ASS 2010年 アメリカ/イギリス合作映画 監督・製作・脚本:マシュー・ヴォーン 製作:ブラッド・ピット  クリス・サイキエル  アダム・ボーリング 原作:マーク・ミラー...
キック・アス (C'est joli~ここちいい毎日を~)
キック・アス'10:イギリス+アメリカ◆原題:KICK-ASS◆監督:マシュー・ボーン「スターダスト」◆出演:アーロン・ジョンソン、ニコラス・ケイジ、クロエ・グレース・モレッツ、マーク・ ...
No.249 キック・アス (気ままな映画生活)
【ストーリー】 同名人気コミックを「スターダスト」のマシュー・ボーン監督が映画化したアクション・コメディ。ニューヨークに住む少年デイブは「誰もがスーパーヒーローを好きな ...
君にキック (Akira's VOICE)
「キック・アス」 「君に届け」 
マシュー・ボーン監督 「キック・アス」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
今、公開されている「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の監督が昨年撮った映画 雑誌・映画秘宝でベスト1として紹介されていました。 全然知りませんでした。 いったいとんな映画なんだろうか? 「X-MEN」も気になるところですが、まずは先にこの映画...
『キック・アス』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2010年  制作国:カナダ・アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:117分  原題:KICK-ASS  配給:カルチュア・パブリッシャーズ  監督:マシュー・ヴォーン  主演:アーロン・ジョンソン      ニコラス・...
キック・アス (タケヤと愉快な仲間達)
監督:マシュー・ヴォーン 出演:アーロン・ジョンソン 、クリストファー・ミンツ=プラッセ、マーク・ストロング 、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ 【解説】 とあるコミックオタクの平凡な高校生が、自ら“キック・アス”と名乗り、ヒーローとして活躍...
『キックアス』(映画)(2010)ー新たな普通のヒーローの誕生、そしてもちろん僕らはヒットガール (マンガデシネ)
 この『キックアス』シリーズ、原作のコミックで存在を知って読んで、ずいぶん面白かったのだが、その後で映画を観た記憶が曖昧だった。さいきん続編である『キックアス・ジャ ...