映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

グランド・ブダペスト・ホテル

2014年06月20日 | 洋画(14年)
 『グランド・ブダペスト・ホテル』をTOHOシネマズシャンテで見ました。

(1)本作を制作したウェス・アンダーソン監督の『ダージリン急行』などが良かったこともあって(注1)、映画館に行ってきました。
 ただ、前宣伝が行き届いていたせいなのでしょうか、ほぼ満席でした!ことに、学生ではなく中年過ぎの女性が多かったのには驚きました(注2)。

 本作は、旧ズブロフスカ共和国の国民的大作家(どうやらステファン・ツヴァイクのようです:注3)が、同共和国内にあったグランド・ブダペスト・ホテルのオーナーであるゼロ・ムスタファF・マーレイ・エイブラハム)から聞いた話を描いていきます。
 ゼロ(若い時代はトニー・レヴォロリ)は、1932年に、このホテルのロビーボーイとして働き始めます。



 その彼に何かと目をかけてくれたのが、本作の主人公であるコンシェルジュのグスタヴレイフ・ファインズ)。



 そんななか、彼の上顧客であるマダムDティルダ・スウィントン)が何者かに殺害されます。グスタヴは彼女の居城に行き、彼女の遺言によって、価値の大層高い絵画(注4)を受け取ります。
 ですが、ホテルに戻ると、マダムDを殺害した容疑でグスタヴは逮捕され拘留所に入れられてしまいます。どうやら、彼は、マダムDの長男ドミトリーエイドリアン・ブロディ)を中心とする遺産相続争いに巻き込まれてしまったようです。
 さあ、グスタヴは助かるでしょうか、ゼロはどんなサポートをしたのでしょうか、………?

 本作は、一昔前のホテルのコンシェルジュとロビーボーイのお話ですが、その構成や衣装、装置、それに登場人物の演技などによって、まるでおとぎ話の絵本の世界に入り込んだ感じがするものの、と言って決して荒唐無稽でもなく、むしろとてもリアルな印象を受け、全体として実に面白く見ることが出来ました(注5)。

(2)色々興味深い点があるところ、クマネズミは、本作の最初の方の構成の仕方がいろいろ複雑で随分と面白いと思いました。

 まず、現代の若い女性が墓地(Old Lutz Cemetery)の中に入っていき、男性の胸像の前に行きます(注6)。その胸像には沢山の鍵が吊るされているのですが、彼女も、自分の鍵を一つそこに吊るします(注7)。
 彼女が「グランド・ブダペスト・ホテル」とのタイトルの付いた本を手にしていることから、この胸像の主は、同小説を書いた国民的作家であることがわかります。胸像のそばで、彼女はその小説を読み始めます。

 次いで、場面は1985年となり、その作家(トム・ウィルキンソン)が観客に向かって、「作家は、想像力で物語を最初から創りだすと思われているが、それは誤解。作家とわかると、人は面白い話を進んで話してくれる。この話も人から聞いたものだ」などと語り始めます(ただ、子どもたちが闖入してきて、彼の周りで遊び始めるので、話は何度も中断しますが)。

 さらに、場面は1968年とされ、若い時分の作家(ジュード・ロウ)が、グランド・ブダペスト・ホテル内のレストランにおいて、富豪のゼロ・ムスタファから、そのホテルを所有するに至った経緯を聞き取ります。

 その上で場面は、1932年のグランド・ブダペスト・ホテルとなり、「ルッツに帰るのは怖い」と言っているマダムDに対し、「旅の前の不安はいつもです」などと答えて彼女を宥めて車に乗せているコンシェルジュのグスタヴが映し出されます。
 彼は試用期間中のゼロを見つけて、「ロビーボーイとして適任かテストする」と言って、他のホテルの経験や教育程度、家族について質問しますが、なにもない(すべてがゼロ)ことがわかります(注8)。
 そこで、グスタヴは「なぜ、ロビーボーイになろうと思ったのか」と尋ねると、ゼロが「だれでも憧れるグランド・ブダペスト・ホテルですよ!」と答えたため、「大いに結構!」として受け入れ、彼はグスタヴのもとで修行をすることになります。

 このように、本作の話は、現在時点→1985年→1968年→1932年という具合にどんどん時点が昔に遡り、話し手も、「グランド・ブダペスト・ホテル」を書いた国民的作家→その小説を書く前の国民的作家→富豪のゼロ・ムスタファへと移り変わります。
 要すれば、本作の中心は、ゼロ・ムスタファが物語った1930年代のお話ということになりますが、ただその大部分の話にはゼロ自身が立ち会っているとはいえ、例えば、コンシェルジュのグスタヴが留置された「第19犯罪者拘留所」を巡るストーリー(注9)については、グスタヴからゼロが聞いた話を作家に物語っていることになるでしょう。
 そうであれば、グスタヴは、グランド・ブダペスト・ホテルの名物コンシェルジュとして、その良き伝統を守り伝えようとしていますから(注10)、彼の話の背後にはもっと遠くの過去も様々に入り込んでいるに違いありません。
 本作は、こうした複雑な構成をとることによって(注11)、過去の多層的な分厚い積み上がりを観客が感じ取ることができるようになっているのでは、と思われます。

(3)本作は、ウェス・アンダーソンの作品の中ではDVDで見た『ライフ・アクアティック』と類似するところがあるのではと思いました(と言って、ほんの僅かの作品しか見ていないのですが)。

 同作は、海洋探検家であり映画監督でもある主人公スティーヴ・ズィスー(ビル・マーレイ)らが繰り広げる冒険を描いた作品ですが、
a.なんといっても、ズィスーが所有する探査船ベラフォンテ号の作りは、雰囲気的に、本作のグランド・ブダペスト・ホテルの構造とよく似ているように思われます。



 なかでも、同ホテルにたどり着くために必要なケーブルカーは、ベクトルの方向はまるで異なるとはいえ、同作のベラフォンテ号に取り付けられている潜水艇に類似するように思われます。

b.また、同作のズィスーは本作のグスタヴに、同作のエレノア(ズィスーの妻)は本作のマダムDに、同作のネッド(ズィスーの息子かもしれない男)は本作のゼロに、同作のジェーン(雑誌記者)は本作の国民的作家に、それぞれ対応しているようにも思われます。

c.さらに言えば、同作では、最後にズィスーがドキュメンタリー作品を制作し映画祭で上映されることになりますが、これは本作でゼロの話に基づいて数々の文学書を受賞する小説を国民的作家が描き上げることに対応しているのではないでしょうか?

 とはいえ、本作においては、1930年代の歴史的な出来事が色濃く反映しているように思われるのに対して(注12)、『ライフ・アクアティック』においてはそうした要素は余り感じられません。

(4)渡まち子氏は、「大戦前の東欧の豪華ホテルを舞台にしたミステリ仕立てのコメディである本作は、ウェス印の美学が頂点に達した作品ではなかろうか」として65点をつけています。
 相木悟氏は、「ファンシーな世界を楽しむライトな作品と思いきや、なかなかに捻りのきいた造り手の魂が木霊する一本であった」が、「ファンでもない人間の感想としては一言、つまらなかった。登場人物の誰にも共感も愛着もわかず、至極どうでもいい茶番に辟易。スカした演出にも、終始乗りきれず。そもそも監督と感性が合っていないのだろう」と述べています。
 渡辺祥子氏は、「繊細でモダン。胸躍る民族調の音楽。垣間見える1930年代喜劇、スリラーなどの映画への愛着満ちたおしゃれな映像に見とれながら、そこは『ムーンライズ・キングダム』(2012年)など才気溢れる手腕が心憎いウェス・アンダーソンの脚本・監督作、時間を遡って進む話が示す彼の豊かな感性に魅了されてしまう」として★4つ(「見逃せない」)をつけています。



(注1)『ダージリン急行』については、この拙エントリの(2)で取り上げています。

(注2)『ハンナ・アーレント』の公開時に起きたのと同じ現象でしょうか?

(注3)本作とツヴァイクとの関係の詳細については、町山智浩氏によるこの記事をご覧ください。

(注4)映画の中では、ホイトル作の『少年と林檎』とされています(むろん、そんな画家は実在しません)。この絵は、グスタヴがマダムDから譲り受けて、グランド・ブダペスト・ホテルのコンシェルジュの受付の背後に架けられています。

(注5)俳優陣の内、最近では、ジュード・ロウは『ヒューゴの不思議な発明』、ウィレム・デフォー(ドミトリーの部下の役)は『ミラル』、マチュー・アマルリック(ルッツ城の執事の役)は 『チキンとプラム―あるバイオリン弾き、最後の夢』、エイドリアン・ブロディは『ミッドナイト・イン・パリ』、ジェイソン・シュワルツマン(グランド・ブダペスト・ホテルのコンシェルジュの役)は 『ウォルト・ディズニーの約束』、レア・セドゥ(ルッツ城のハウスメイド役)は『アデル、ブルーは熱い色』、トム・ウィルキンソンは『声をかくす人』で、それぞれ見ました。

(注6)この胸像は、本作のラストにも登場します。

(注7)映画からすると、小説「グランド・ブダペスト・ホテル」では「鍵の秘密結社」(クロスト・キーズ協会:コンシェルジュによる秘密結社)が書き込まれているようですから、胸像に鍵が沢山吊るされているのも同結社絡みなのではと想像されますが、よくわかりません。

 なお、鍵に関しては、クマネズミはこれまでも関心を持っているところ〔例えば、この拙エントリの(2)をご覧ください〕、本作における鍵は、秘密結社の紋章(コンシェルジュの制服の両襟に付けられています)に使われているくらいで、なにか秘密の扉とか箱を開けたりするのに使われるわけではありません(単なるシンボルと化しています)。

(注8)後でゼロ・ムスタファが語ったところによると、戦争で家族を失って故国を追われた難民だったようです。

(注9)ゼロが差し入れた器具を使い、グスタヴらの拘留者は床を掘って拘留所から脱走しますが、ここではクマネズミの大好きなトンネルが描き出されます〔例えば、この拙エントリの(3)などをご覧ください〕。
 なお、器具の差し入れに際しては、人気の菓子店である「メンドル」の菓子と菓子箱が使われますが、その菓子店で働くアガサシアーシャ・ローナン)とゼロは親しくなり、後に結婚します。ただ、欧州で流行ったスペイン風邪によって彼女と息子は亡くなってしまったとのことです。
 ちなみに、グスタヴらが『少年と林檎』の絵をルッツ城で盗み出す際に、代わりに架けておいたのがエゴン・シーレの絵(その絵も偽造品のようです)ですが、シーレは、アガサが罹ったのと同じスペイン風邪で死亡しています。

(注10)ラストの方で、ゼロ・ムグスタファは、「グスタヴの時には既に消え去っていて幻影になっていたが」と付け加えて作家に話しますが。

(注11)もっと言えば、本作は、映画の冒頭に登場する若い女性が読む「グランド・ブダペスト・ホテル」という小説を映像化したものとも言えるでしょう。何しろ、冒頭と末尾に作家の胸像が登場し(上記「注6」)、そのそばで彼女がその小説を読んでいるのであり、その間に映画で描かれていることは、全てその小説に書かれていることとも考えられます。
 ただ、そうだとすると、トム・ウィルキンソンが扮する作家が観客に語りかける場面とか、ジュード・ロウが演じる作家がゼロ・ムスタファと会食して話を聞き出す場面、さらには映画の末尾の方でゼロ・ムスタファが作家に付言する場面(上記「注10」)などの位置づけはどうなるのでしょう?
 あるいは、その小説の「序」とか「あとがき」に書いてあることが映像化されている、と見るべきなのかもしれません(でも、ゼロ・ムスタファが、アガサのことに言い淀んで泣く場面が途中にありますが、それはどう考えたらいいのでしょう?)。

(注12)当初、ゼロとグスタヴが、マダムDの訃報を受けてルッツ行きの列車に乗っていると、突然列車が止められ、軍警察が車内に乗り込んできて、通行証がチェックされます。ただ、ゼロは移民で正式の通行証を持っていなかったところ、軍警察のヘンケルス大尉(エドワード・ノートン)がグスタヴを知っていたことから、彼はゼロに「特別通行証」を発行してあげます。
 しかしながら、ラストあたりになると、グランド・ブダペスト・ホテルはファシスト達によって占拠されており、警察によるチェックも厳しいものとなっていて、グスタヴとゼロが前と同じ列車に乗っている時に、ゼロがその「特別通行証」を提示しても破棄されてしまいます。
要すれば、この間に政府が変わってしまい、ファシストが国を支配する状況になったのです。



★★★★☆☆



象のロケット:グランド・ブダペスト・ホテル
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 罪の手ざわり | トップ | 春を背負って »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-11-21 00:48:29
> 他のホテルの経験や教育程度、家族について質問しますが、なにもない(すべてがゼロ)ことがわかります

グスタヴから見てゼロに見えるゼロが、実はグスタヴが知りえない現実的な難民としての過去を持っているという構造が興味深いです。グスタヴの世界はもっと単純にスポコン的で努力すればするほど報われると考えている。反してゼロは不当な力によって自分の持つ物を根こそぎ奪われてしまう事もありうる事を知っている。だから、ゼロはグスタヴに何回もアガサを口説くなと確認する。グスタヴの特性を見抜くと同時に、そういう事態になった時に自分が不当に奪われる事に屈してしまうのではないかという事を自覚してるのではないか、というのは考えすぎかな。
Unknown (クマネズミ)
2014-11-22 09:26:54
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
確かに、ムスタファがゼロであるのは、ヨーロッパ人のグスタヴからみたおめでたい観点からであり、ムスタファの視点から見れば、ずっと違って世界が見えることでしょう。ただ、そうしたものを封印しつつムスタファはグスタヴに従って、最後は大富豪になったものと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
グランド・ブダペスト・ホテル (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Grand Budapest Hotel。ウェス・アンダーソン監督。レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、エドワード・ノートン、マチュー・アマルリック、シアーシャ・ ...
グランド・ブダペスト・ホテル (映画と本の『たんぽぽ館』)
郷愁を呼ぶ砂糖菓子、しかしその甘さに騙されるなかれ * * * * * * * * * * 1960年代。 古くてさびれたブダペストホテルで、 ある作家(ジュード・ロウ)が、ホテルのオーナーからこのホテルを手に入れた約30年前の経緯を聞くのですが、 本作はそ....
『グランド・ブダペスト・ホテル』 (2014) (相木悟の映画評)
キュートな異空間とリアルの直結を体感せよ! ファンシーな世界を楽しむライトな作品と思いきや、なかなかに捻りのきいた造り手の魂が木霊する一本であった。 本作は、独特の作風で支持を集めるウェス・アンダーソン監督作。氏の作品にしてはヒットを記録した、ベルリ....
グランド・ブタペスト・ホテル  監督/ ウェス・アンダーソン (西京極 紫の館)
【出演】  レイフ・ファインズ  F・マーレイ・エイブラハム  エドワード・ノートン  シアーシャ・ローナン  トニー・レヴォロリ 【ストーリー】 1932年、品格が漂うグランド・ブダペスト・ホテルを仕切る名コンシェルジュのグスタヴ・Hは、究極のおもてなしを信条...
グランド・ブダペスト・ホテル (♪HAVE A NICE DAY♪)
札幌では、ミニシアターでの劇場で「シアター・キノ」 なんと、初めて行く劇場でしたが、丁度友達と 劇場の近くで逢ってランチだったので 行って来た 「チョコレート・ドーナッツ」とこの作品と二人で 迷いに迷いましたが、 明るいほうがいいねーとなり こちらにした...
グランド・ブタペスト・ホテル (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
東ヨーロッパの山岳地帯にある有名なホテルのコンシェルジェが巻き込まれるドタバタ事件をコメディタッチで描いた作品だ。そこに所属するコンシェルジェが伯爵夫人の相続騒動に巻き込まれて、殺し屋に追われて逃げ延びる。その様子がちょっと面白くて、間が抜けているので...
映画『グランド・ブダペスト・ホテル』★コミカルなのに毒あり長い詩もあり (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164381/ ↑ あらすじ・配役はこちらを参照ください。     予告編が面白そうだったので鑑賞しました。   『 ムーンライズ・キングダム 』の監督作品です。 ああ、...
グランド・ブダペスト・ホテル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 作品キャラ、アイテムすべて手元に置いておきたい衝動に駆られる(笑)
『グランド・ブタペスト・ホテル』 ミニチュアのホテル (Days of Books, Films )
The Grand Budapest Hotel(viewing film) エ
『グランド・ブダペスト・ホテル』 (beatitude)
ヨーロッパ大陸の東端、旧ズブロフカ共和国の国民的大作家(トム・ウィルキンソン)が語り始めたのは、ゴージャスでミステリアスな物語だった……。1968年、若き日の作家(ジュード・ロウ)は、休暇でグランド・ブダペスト・ホテルを訪れる。かつての...
『グランド・ブタペスト・ホテル』 (キュートなバアサンになるために)
     公式サイト  口コミを読んでかなり好評価だったので観てみたくなった映画です。 アルプス山脈近くのリゾートホテル、グランド・ブタペスト・ホテルは現在はまるで廃墟のようになった寂れてしまっていた。 1968年若き作家は体調を崩し静養のためグランド・ブ...
グランド・ブダペスト・ホテル (こんな映画見ました~)
『グランド・ブダペスト・ホテル 』---THE GRAND BUDAPEST HOTEL---2013年(イギリス/ドイツ)監督:ウェス・アンダーソン 出演:レイフ・ファインズ、 F・マーレイ・エイブラハム、 エドワード・ノートン、マチュー・アマルリック、 シアーシャ・ローナン ....
『グランド・ブダペスト・ホテル』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「グランド・ブダペスト・ホテル」 □監督・脚本 ウェス・アンダーソン□キャスト レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、マチュー・アマルリック、       エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、ジェフ・ゴール...
『グランド・ブダペスト・ホテル』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'14.05.28 『グランド・ブダペスト・ホテル』(試写会)@スペース汐留 見たいと思って試写会応募したけどハズレ 当選したお友達のおこぼれに与って行ってきたー ネタバレありです! 結末にも触れています! 「1968年、かつて栄華を誇ったグランド・ブダペスト・ホテルに...
映画:グランド・ブダペスト・ホテル The Grand Budapest Hotel オールスターキャストで魅了する謎めく物語 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ウェス・アンダーソンの新作。 当ブログ的には、実はちょっと苦手な監督(笑) 彼独特の美学に基づいて、徹底的に展開される緻密な画面構成。 ストーリーも一筋縄じゃいかない、自虐的な展開が多い。 趣味に走りすぎているキライがあると、いつも感じる(笑) さて今....
グランド・ブダペスト・ホテル (そーれりぽーと)
世界観が面白そうだった『グランド・ブダペスト・ホテル』を観てきました。 ★★★★ いかにもウェス・アンダーソン監督作な世界観が加速していて面白い。 どこかファンタジックな香りのするレトロで豪華なセットや背景、衣装とメイク、世界観の表現に割り切った特撮が凄...
【 グランド・ブダペスト・ホテル 】ピンクの箱庭とモノクロの現実 (映画@見取り八段)
グランド・ブダペスト・ホテル~ THE GRAND BUDAPEST HOTEL ~        監督: ウェス・アンダーソン    出演: レイフ・ファインズ、トニー・レヴォロリ、ジュード・ロウ、ビル・マーレイ、F・マーレイ・エイブラハム、マチュー・アマルリック、エイドリアン・...
劇場鑑賞「グランド・ブダペスト・ホテル」 (日々“是”精進! ver.F)
コンシェルジュとロビーボーイの、深い絆… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406060000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「グランド・ブダペスト・ホテル」オリジナル・サウンド...価格:2,571円(税込、送料...
グランド・ブタペストホテル (映画好きパパの鑑賞日記)
 ウェス・アンダーソン監督が豪華キャストで描く、人を食ったようなコメディミステリー。ヨーロッパ映画らしい小粋でおしゃれな描写となんともいえないブラックな部分が同居しています。万人にお勧めというわけでもないですが、この手の作品が好きな人にはたまらないでし...
「グランド・ブタペスト・ホテル」、ファンタジーなヨーロッパ映画です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆  ファンタジーー映画好き ☆☆☆☆  ウェスアンダーソン好き ☆☆☆☆ ブタペストの名はありますが、ハンガリーではありません。 舞台は、架空の国ズブロフカ共和国。 映画は入れ子構造になっていて、現代、1960年代、1932年。 ただ...
「グランド・ブダペスト・ホテル」 (セレンディピティ ダイアリー)
ウェス・アンダーソン監督の最新作、「グランド・ブダペスト・ホテル」(The Gr
グランド・ブダペスト・ホテル (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
グランド・ブダペスト・ホテル [Blu-ray] [Blu-ray]東欧の格調高いホテルを舞台に伝説のコンシェルジュとベルボーイが繰り広げる冒険ミステリー「グランド・ブダペスト・ホテル」。レイ ...
『グランド・ブダペスト・ホテル』 2014年5月4日 日テレホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『グランド・ブダペスト・ホテル』 を試写会で鑑賞しました。 ウェス・アンダーソン監督の作品は2本目ですが、2本とも寝落ち 相性が悪いのか、つまらないのか、、、合う合わないってありますね。。。 前回は、『ムーンライズ・キングダム』 【ストーリー】  1932年、...
『グランド・ブダペスト・ホテル』 (こねたみっくす)
いざ、ヨーロッパ旅行へ。 これまでのウェス・アンダーソン監督作品と比べるとファミリーという中核部分が少々物足りないものの、御伽話をより強調したような世界観とシリアスで ...
グランド・ブダペスト・ホテル / The Grand Budapest Hotel (勝手に映画評)
高級ホテルのコンシェルジュと、その弟子(?)のベルボーイの繰り広げる、殺人犯の濡れ衣を晴らすための冒険譚。ちょっと不思議な感じのする映画です。 過去(1930年代)、若かりし頃(1960年代)、そして今と、スクリーン上の映像サイズ(アスペクト比)が異なっています....
ウェス・アンダーソン監督『グランド・ブダペスト・ホテル (THE GRAND BUDAPEST HOTEL)』レターヘッドなどのデザイン周りからアスペク... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『グランド・ブダペスト・ホテル』(THE GRAND BUDAPEST HOTEL)ウェス・アンダーソン監督出演者: レイフ・ファインズ、トニー・レヴォロリ、他(多すぎて多すぎ
グランド・ブダペスト・ホテル (心のままに映画の風景)
1932年、東ヨーロッパにある架空の国。 超高級ホテル「グランド・ブダペスト・ホテル」は、完璧なおもてなしで評判の“伝説のコンシェルジュ”ムッシュ・グスタヴ・H(レイフ・ファインズ)目当てのエレガントな客で溢れかえっていた。 ベルボーイ見習いとして働くこ...
グランド・ブダペスト・ホテル ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ダージリン急行』などのウェス・アンダーソン監督が、格式高い高級ホテルを取り仕切るコンシェルジュと、彼を慕うベルボーイが繰り広げる冒険を描いた群像ミステリー。常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに巻き込まれた二人が、ホテルの威信のためにヨーロッパ中を駆け巡...
グランド・ブダペスト・ホテル (だらだら無気力ブログ!)
独特な世界観の中で繰り広げられる物語が面白くて楽しい。
グランド・ブダペスト・ホテル/THE GRAND BUDAPEST HOTEL (我想一個人映画美的女人blog)
6月6日より公開 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」「ダージリン急行」「ムーンライズ・キングダム」などの ウェス・アンダーソン監督最新作 ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)受賞作 楽しみにしてました~ 試写にて鑑賞 いつもながらに、...
「グランド・ブダペスト・ホテル」:キレイな色の眼福世界 (大江戸時夫の東京温度)
映画『グランド・ブダペスト・ホテル』は、ウェス・アンダーソン的世界の集大成とも呼
グランド・ブダペスト・ホテル (とりあえず、コメントです)
ウェス・アンダーソン監督が東ヨーロッパにある架空の国を舞台に描いたコミカルなミステリーです。 予告編を観て、格式あるホテルのコンシェルジュたちがどんな冒険を繰り広げるのだろうと気になっていました。 絵本のように美しく可愛いホテルと街並みにワクワクさせられ...
グランド・ブダペスト・ホテル (はるみのひとり言)
試写会で観ました。ある作家が若き日に訪れたホテルで、オーナーから聴いたホテルにまつわるお話を語るみたいなストーリーです。1960年代、作家のジュードさんは休暇に訪れたグランド・ブダペスト・ホテルで、オーナーのゼロ・ムスタファさんに出会います。かつての栄華を...
『グランド・ブダペスト・ホテル』 (My Pace, My Self)
凄い勢いで映画館に行った5月から一転、のんびりな6月。 予定的にも今月観れる新作はこの1本だけかも ということで、気になっていた『グランド・ブダペスト・ホテル』鑑賞 でてるとついつい気になっちゃうマチュー・アマルリック出演というのが最初の動機だった...
「グランド・ブタペストホテル」☆おもちゃ箱みたいな映画 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まるでおもちゃ箱をひっくり返したような、お皿いっぱい積み上げたマカロンがコロコロと転がっていくような、そんな可愛くて茶目っ気たっぷりな映画。 主役級の俳優たちもてんこ盛りで、遊び心いっぱい、楽しさいっぱい、贅沢な作品だ。
グランド・ブダペスト・ホテル (昼寝の時間)
2014年 イギリス、ドイツ、アメリカ 100分 原題「The Grand Bu
『グランド・ブタペスト・ホテル』 (時間の無駄と言わないで)
ホテルが舞台で、レイフ・ファインズのコンシェルジュが主人公で、豪華キャストの色んな宿泊客がいて・・・、って映画だと思ってた。 そしたら全然違った。 まさかオッサンと少年 ...
「グランド・ブタペスト・ホテル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Grand Budapest Hotel」2013 USA/ドイツ ムッシュ・グスタヴ・Hに「007 スカイフォール/2012」のレイフ・ファインズ。 ミスター・ゼロ・ムスタファに「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌/2013」のF・マーレイ・エイブラハム. 若き日のゼ...
「グランド・ブダペスト・ホテル」 (ここなつ映画レビュー)
本当に面白かった!面白くて面白くて終わって欲しくない位。いや、続編が欲しいとかいう意味ではなくて。この世界観にもう少し浸っていたいな、という感じ。美味なるお菓子の小箱を開けて味わっているあの至福の時。そう、正にMENDLSのお菓子のような。今思うと、ゴージャ...
「グランド・ブタペスト・ホテル」 失われたものへの郷愁 (はらやんの映画徒然草)
実はウェス・アンダーソンの作品を観るのはこの作品が初めて。 予告で豪華キャストで
伝説のコンシェルジュ~『グランド・ブダペスト・ホテル』 (真紅のthinkingdays)
 THE GRAND BUDAPEST HOTEL  1968年、若き日の作家(ジュード・ロウ)が投宿したのは、かつて栄華を誇 ったホテル、サ・グランド・ブダペスト。オーナーのゼロ・ムスタファ(F・マーレ イ・エイブラハム)とロビーに居合わせた作家は、ムスタファと夕...
グランド・ブダペスト・ホテル 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
シネコンのポイントが無料で1本観られるまで貯まり ましたので、ウェス・アンダーソン監督の新作で 豪華キャストが共演するミステリー作『グランド・ ブダペスト・ホテル』を観てみることにしました。 グランド・ブダペスト・ホテル 原題:THE GRAND BUDAPEST HOTEL ...
映画『グランド・ブダペスト・ホテル』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-53.グランド・ブダペスト・ホテル■原題:The Grand Budapest Hotel■製作年、国:2014年、イギリス・ドイツ■上映時間:100分■料金:1,800円■鑑賞日:6月28日、TOHOシネマズ日本橋(日本橋) □監督・脚本・製作:ウェス・アンダーソン◆レイフ・...
グランド・ブダペスト・ホテル (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
グランド・ブダペスト・ホテル '14:ドイツ、イギリス ◆原題:The Grand Budapest Hotel ◆監督:ウェス・アンダーソン「ムーンライズ・キングダム」 ◆出演:レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、マチュー・アマルリック、エイドリアン・ブロディ、ウ...
W・アンダーソン的 ホテル (笑う社会人の生活)
12日のことですが、映画「グランド・ブダペスト・ホテル」を鑑賞しました。 1932年 高級ホテル グランド・ブダペスト・ホテルの名コンシェルジュのグスタヴは究極のおもてなしを信条に大勢の顧客たちをもてなしていた。 ある夜 マダムDが殺されたことで遺産争いに巻き込....
『グランド・ブダペスト・ホテル』『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』をギンレイホールで観て、自分的には消化... (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『グランド・ブダペスト・ホテル』 五つ星評価で【★★★つまんないとは思わないが心を掴まれる感が物凄くない】 箱庭の中でお人形がトコトコ走ってるみたいな感じの可愛い映 ...
グランド・ブダペスト・ホテル (いやいやえん)
【概略】 格式高いホテルに勤める伝説のコンシェルジュが、伯爵夫人の死と絵画をめぐる連続殺人事件の謎に秘密結社のネットワークを駆使して挑む。 コメディ ウェス・アンダーソン監督だから案の定キッチュでお洒落で独特のカラーリングに箱庭感だった。綿密に...
グランド・ブダペスト・ホテル (いやいやえん)
【概略】 格式高いホテルに勤める伝説のコンシェルジュが、伯爵夫人の死と絵画をめぐる連続殺人事件の謎に秘密結社のネットワークを駆使して挑む。 コメディ ウェス・アンダーソン監督だから案の定キッチュでお洒落で独特のカラーリングに箱庭感だった。綿密に...
グランド・ブダペスト・ホテル (銀幕大帝α)
THE GRAND BUDAPEST HOTEL 2013年 イギリス/ドイツ 100分 コメディ/ミステリー 劇場公開(2014/06/06) 監督: ウェス・アンダーソン 製作: ウェス・アンダーソン 原案: ウェス・アンダーソン 脚本: ウェス・アンダーソン 出演: レイフ・ファインズ:ム...