映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

2011年07月03日 | 洋画(11年)
 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を渋東シネタワーで見てきました。

(1)これまで『X-MEN』のシリーズを何も見ていなかったので、本作品は当然のことながらパスしようと思っていたところ、どうも頗る評判がよさそうで、かつまたこれまでのものを見ていなくてもかなり理解できると聞きこみ、さらに大変面白かった『キック・アス』の監督マシュー・ボーンが製作していることもあって、それならと映画館に足を運んできました。

 確かに、『X-MEN』のシリーズを見ていれば、今回登場するミュータントたちの実際の活躍ぶりを既に把握しているわけですから、本作でその前歴を知ることは随分と楽しいに相違ありません。
 ですが、今回の作品でも、次から次へとミュータント達が驚きの技を見せてくれますから、何も後日譚を知らずとも、それだけで十分楽しめますし、なにより、本作が出発点となってその後の展開があるのですから、本作だけでもかなりのところまで理解することができます。

 物語は、第3次世界大戦を引き起こし人類を絶滅させ、自分たちミュータントの世界を作ろうとするセバスチヤン・ショウ(ケヴィン・ベーコン)の企図を阻止しようと、これもミュータントながら、人類との共存を図ろうとするチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX:ジェームズ・マカヴォイ)は、エリック・レーンシャー(マグニートー:マイケル・ファスベンダー)らとともに戦って、地球の危機を救うといったものです。

 こんな風にまとめてしまうとありきたりのストーリーといえそうですが、この映画には興味深い点がいくつもあります。
 たとえば、
イ)エリックは執拗にショウを追うところ、それは、幼い頃ユダヤ人として強制収容所に収容されているときに、エリックがミュータントとしての特別な能力をショウに見せなかったために、目の前で母親がショウによって射殺されてしまったからなのです。
 要すれば、エリックは、ミュータントとしてだけではなく、ユダヤ人としても厳しい差別に遭遇していたことになります。

ロ)第3次世界大戦を引き起こす際のきっかけとして使われたのが、1962年の「キューバ危機」であり、映画においてもその時のニュース映像が実に効果的に映し出されます。



 実際には、無論ミュータントの出番などありえず、当時のケネディ米大統領とフルシチョフソ連第1書記との息詰まる駆け引きの結果、理性的に戦争は回避されましたが、あとから考えれば、ミュータントの出番があってもよかったくらいに切羽詰まったところまで世界は追い詰められていたとも考えられます。

ハ)登場するミュータントのうち、最後は獣人の姿になってしまうハンクとか、背中に4枚の羽が生えるエンジェルなどはありきたりの感じがするものの、ジェニファー・ローレンス(『あの日、欲望の大地で』に出演しています)が演じるミスティークは、青い肌に変身するなど独特の個性を持っていると思いました。




 とはいえ、問題点もありそうです。
イ)ミュータントの特別な力といっても、テレパシーを使うとか、口や手などからエネルギー(超音波とかレーザーなどの)の塊を砲弾のように発射して相手を倒すなど、お馴染みの手法によるものばかりで、そこには余り新鮮さが感じられません。

ロ)本作の特色とも言えるミュータントの悩みも、主に外形的なところ(普通の人間と肌の色とか形状とかが違っているなど)にあるようで、その点でもありきたりではないでしょうか(肌の色の違いによる差別の段階であり、宗教とか言語等の文化面の相違による差別の段階には至っていないのではないでしょうか?ただ、ソウした外形的な違いによる差別の方が、執拗さは格別でしょうが)?

ハ)ショウは、第3次大戦を引き起こして人類を絶滅させようとしますから、一般の人間にとっては邪悪な敵といえるでしょうが、ミュータントにとっては、果たしてそうした人達と同じように考えられるのでしょうか?



 現にエリックは、母親の復讐のためにショウを倒しますが、実際にはチャールズとは手を組まず、むしろマグニートーとして彼と対立するようになります。
 なにより、核戦争の危機を免れたこと分かると、一ヶ所に固まっているミュータントたちを倒すべく、米ソの艦隊はミサイルを彼らに撃ち込もうとするのですが、まさにこれはショウが言っていた通りであり、エリックがチャールズに同調しないのもよく理解できるところです。

ニ)一番の問題は、普通の人間と違った才能を持っていることで自分達が様々な差別を受けているにもかかわらず、迫害する人間をなぜ自分たちが犠牲を払ってまで守らなくてはならないのか、についての理屈を、チャールズがきちんとミュータント達に説明していないことではないでしょうか?




 でもそんな詰らないことを言うのは『X-MEN』シリーズの面白さを知らないからであって、ここは悪をやっつける正義の味方の凄さ(ただし、その中で内部対立が起きていますが)をそのまま素直に愉しむべきなのでしょう!

(2)この映画は、ミュータントといわれる特別な才能を持った人間達を描いていますが、外見は人間そのものながら異なるところもあるというのであれば、『私を離さないで』で描かれている「クローン人間」が当てはまるかもしれません。
 ただ、その映画においては、彼らは、自分たちが周囲の一般の人間達と異なっているらしいことは分かっていても、この映画におけるミュータント達のように、その点に関し酷く悩むことはないようです。

 なお、映画の中でもミュータント達は、自分たちは突然変異によって生まれたと何度も話しているところ、ミュータントとは「突然変異体」のことで、Wikipedeiaの「突然変異」の項ではあらまし次のように説明されています。

 “遺伝子突然変異(DNAあるいはRNA上の塩基配列に物理的変化が生じること)や、染色体突然変異(染色体の数や構造に変化が生じること)の結果、表現型に変異が生じた細胞とか個体を突然変異体(ミュータント)と呼ぶ。”

 ただ、最近刊行された池田清彦著『「進化論」を書き換える』(新潮社、2011.3)によれば、ネオダーウィニズム(ダーウィンの死後、メンデルの遺伝学説と合体したダーウィンの学説)は、「遺伝する形質の変異の原因はDNAの偶発的かつ無方向的な突然変異以外にはありえないと主張」するが(P.69)、しかしながら、「環境が変化すると、生物は、環境刺激に応答可能な(すでに個体群のゲノム中に存在し、今までは眠っていた)遺伝子(群)を活性化させることにより、まず表現型を作り、それが適応的ならば、この表現型を選択し続けることで、遺伝子の組み合わせを変更して、表現型を遺伝的に固定する」とのこと(P.78)。

 要すれば(あるいは間違った解釈かもしれませんが)、遺伝子突然変異といったものでなく、特定の環境変化によって、形の異なる生物は生まれるのだ、結果としては「突然変異体」としても、Wikipediaが言うように限定的なものではないのだ、ということではないでしょうか?

 それに、本来的には、いくら形が違ったものが生まれるとしても、羽根の生えた人間とか、金属を意のままに動かすことの出来る人間などがいきなり生まれることはなく、中間的なものがいくつも生まれた上でのことではないでしょうか?
 とすれば、プロフェッサーXが開設する学園にしても、そこに入りたいと願うミュータントは引きも切らずの状況ではないか、と想像されるところです(まあ、それらの中間的な段階の人間は除外して、最終的な形態のミュータントだけを選別するということかもしれませんが!)。

(3)渡まち子氏は、「人気SFシリーズ「X-MEN」の起源をひも解く物語は、非常に内容が濃く満足感が味わえる。超絶アクションでありながら、同時に心を打つドラマ性も兼ね備えた秀作だ」、「アメコミの映画化は数多いが、現時点では「X-MEN」が最高峰だと思っている。共に最上級の能力を認め合いながらも決裂せざるをえなかった若者二人の運命をドラマチックに描いた本作を見て、それは確信へと変わった」として85点もの高得点を付けています。
 また、福本次郎氏も、「映画はミュータントたちが歩む苦難の歴史にスポットを当て、真の敵は人間の胸に潜む未知なるものに対する偏見や恐怖心であると喝破する。見た目がノーマルな者は能力を制御できればごまかせる、だが、姿形そのものが突然変異の結果と分かる種類のミュータントにとって、生きることは人目を避け続けるのと同じ。そんな、外見にコンプレックスを抱くミュータントの苦悩と葛藤がリアルに再現されている」として70点を付けています。




★★★☆☆




象のロケット:X-MEN:ファースト・ジェネレーション
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (71)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奇跡 | トップ | 127時間 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2011-07-03 08:29:12
> 本作の特色とも言える
> ミュータントの悩みも、
> 主に外形的なところにあるようで、
> その点でもありきたりではないでしょうか

差別大国アメリカの人間はありがちな差別がまず外見から行われるという事がよく分かってるのでは? オリジナル1作目の監督がゲイを公言してたりもするので、内面が違う例を掘り下げると生々しくなるし、話がアクションよりそっちに引きずられるから凄く深みに行くのは避けてるようにも思えます。そのバランスは間違えてないとも。
TBありがとうございました (風子)
2011-07-03 14:22:51
シリーズを見ると、悩みは外見だけではないのがわかりますよ。違う能力もまだ色々ありますし。
家族からも化け物扱いされ、友人もできない孤独感もわかります。機会があれば、ご覧になってくださいね。^^
外形的 (クマネズミ)
2011-07-03 21:26:18
「ふじき78」さん、TB&コメントをいただき誠にありがとうございます。
おっしゃることはよく分かります。そういうことも考えられるので、本文では引き続いて、「外形的な違いによる差別の方が、執拗さは格別でしょうが」と書き添えておいたのですが。
なお、2つ前のブログ記事で、イラク映画『バビロンの陽光』を取り上げているところ、その映画では、イラク北部に居住するクルド人の祖母と孫とが主役となっています。その際に不思議に思ったのは、クルド人はどうして居住する国のマイノリティになってしまい、迫害を受け続けてきたのか、という点です。
ユダヤ人と同様、外形的には、メジャーな人達とそんなに代わらないのではと見えるのにもかかわらず、フセイン政権下においては厳しく弾圧されました(トルコでも同様です)。
尤も、「映画や宣伝で鉤鼻といえば伝統的にユダヤの印であり、上に反り返った鼻こそが、人種的・宗教的なアメリカの支配層であるWASAPの印である」なんて書いてあるものもありますから(トマス・ピンチョン『V.』〔新潮社2011.3〕P.64)、クルド人も、外形的に分かるのかも知れませんが!
時間がない悩み? (クマネズミ)
2011-07-03 21:35:12
「風子」さん、TB&コメントをいただき、誠にありがとうございます。
「X-MEN」シリーズを何一つ見ずに、この映画を見ただけで、偉そうなことを言い募ってしまい、申し訳ありません。
キット他の作品では、ミュータント達の他の側面を見ることが出来るに違いないでしょう。ご忠告に従い、時間を見つけてフォローすることといたしましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

72 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「X-MEN ファースト・ジェネレーション」 (日々“是”精進! ver.A)
X-MEN、誕生の瞬間・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106110003/ Soundtrack posted with amazlet at 11.06.06 X-Men: First Class Pid (2011-06-14) 売り上げランキング: 98073 Amazo...
映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション(字幕版)』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演24時過ぎの割りに観客は約50名近く。『ブラック・スワン』の2倍以上で、流石『X-MEN』人気と言った感じだ。 採点は、限り無く★×3.5に近い...
映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(お薦め度★★★★★) (erabu)
監督、マシュー=ヴォーン。原案、ブライアン=シンガー。脚本、マシュー=ヴォーン、
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (映画情報良いとこ撮り!)
X-MEN:ファースト・ジェネレーション 裕福なでのチャールズそして、エリックがである。 チャールズは、テレパシー能力を持っていた。 一方のエリックは、金属を操ることが出来る。 そんな二人は、ミュータントだったのだ。 彼らは友として、友情を築いていっ...
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 (或る日の出来事)
これは、おもしろかった!
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (あーうぃ だにぇっと)
6月11日(土)@日比谷スカラ座で鑑賞。 今日もまた雨降りだ。
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (ぷち てん てん)
☆X-MEN:ファースト・ジェネレーション☆(2011) マシュー・ヴォーン監督 ジェームズ・マカヴォイ (プロフェッサーX) マイケル・ファスベンダー (マグニートー) ケヴィン・ベーコン セバスチャン・ショウ ローズ・バーン モイラ・マクタガート ジャニュア...
『X-MEN ファースト・ジェネレーション』を109シネマズ木場5で観て、ハンク押しふじき☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆ツイッターでムチャクチャ高評価だったので、逆にちょっと食い足りない感を感じてしまったけど、これがプロの映画であることは保証する】 おお、面白かっ ...
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」X-Men: First Class (20世紀FOX) (事務職員へのこの1冊)
“新種”としての自分に懊悩し、旧人類からの差別に一方は共存の道をさぐり、一方は破
可愛さ余って憎さが百倍。『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 (水曜日のシネマ日記)
『X-MEN』シリーズの最新作。これまでの作品の起源となるミュータント第一世代のドラマを描いた作品です。
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」みた。 (たいむのひとりごと)
X-MENシリーズのスピンオフ作品ということでとても楽しみにしていた。とはいえ重鎮のチャールズやエリックの若き日となれば、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』に比べてやや華に欠けちゃうかなとは思っ
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 (prisoner's BLOG)
ここで描かれるミュータントたちの孤独は、第一作・二作の監督で今回は製作にまわったブライアン・シンガーがゲイなので、ゲイを示す記号があちこちに埋め込まれているらしいが、よくわからず。一作目のXメンのスーツのデザイン(パーツによって革やメッシュなど使い分け....
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
プロフェッサーXと人類に敵対するマグニートーの子供時代から青年期までの歩んだ道を丁寧に描いていておもしろい。キューバ危機をからめたミュータント同士が戦うシーンは迫力満点だ。ショウ率いるヘルファイヤークラブとそれを阻止しようとする二人のミュータント率いる...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション/ジェームズ・マカヴォイ (カノンな日々)
あの『ナルニア国』のフォーン族のタムナスさんがプロフェッサーXの若き頃の青年になるなんてこれは大出世ですよね。もちろん主演のジェームズ・マカヴォイくんのことですけど(笑) ...
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション ( X-Men : First Class )』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。「X-MEN」が人間社会との共存「X-MEN2」が人間との全面対決「X-MEN : ファイナル ディシジョン」が治療薬キュアを巡っての最終戦争を描いてきた。そして本作はX-ME
『X-MEN/ファースト・ジェネレーション』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
今まではDVDで観てたこのシリーズだけど、あんまり評判が良いもんだから5本目にして初めて劇場にて鑑賞(吹替版をチョイス)。これまでこのシリーズとは相性が悪いというか、イマイチ、イマニぐらいで楽しめなかったのだけれども、今回は結構いける。 キャラクター...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011)☆★X-MEN: FIRST CLASS (銅版画制作の日々)
 共存か、支配か。その<起源>を目撃せよ! 東宝シネマズ二条にて鑑賞。シネマズディということで、1000円で鑑賞しました。 このシリーズは途中から鑑賞することになったので、詳しいことは分からないのですが、それでも十分観やすくて、楽しめましたね。 本作は...
ビギニング;~『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 (真紅のthinkingdays)
 X-MEN: FIRST CLASS  裕福な家庭に育ったチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)は、強力なテレパ シー能力を持つミュータント。彼は金属を自在に操ることができるエリック(マイ ケル・ファ...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (LOVE Cinemas 調布)
大人気の「X-MEN」シリーズ最新作。今回では若き日のプロフェッサーXとマグニートーの出会いから別離、そしてX-MEN誕生の秘話に迫る。主演は『つぐない』のジェームズ・マカヴォイとマイケル・ファスベンダー。共演にケヴィン・ベーコン。『キック・アス』のマシュー・ヴ...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:X-MEN:First Class。マシュー・ヴォーン監督、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケヴィン・ベーコン、ジェニファー・ローレンス、ジャニュアリー ...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (Akira's VOICE)
興奮した。そして泣いた。  
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」:貴様と俺とは同期のエスパー♪ (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:マシュー・ヴォーン 出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー 米国2011年 「X-MEN」のシリーズは全て見ている。 一作目と二作目は古過ぎて感想はブログに書き始める前だ。残ってるのは『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』と『ウルヴァ...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Soundtrack人気SFシリーズ「X-MEN」の起源をひも解く物語は、非常に内容が濃く満足感が味わえる。超絶アクションでありながら、同時に心を打つドラマ性も兼ね備えた秀作だ。国際情勢 ...
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 (ここはここ)
映画 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 X-MEN: FIRST CLASS を観ました       マシュー・ヴォーン監督 2011年 アメリカ シリーズ物ですが、バランスの取れた作品で面白かったです。 (注意:こんな文でも完全ネタバレしてます) ああ、今回も前作...
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 正しいスピンオフ映画 (はらやんの映画徒然草)
「X-MEN」シリーズの最新作であるこちらの作品は、プロフェッサーX、マグニート
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (Memoirs_of_dai)
ミスティークの種々の活躍 【Story】 裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)は強力なテレパシーを使うことができるミュータントだったが、自分と同じような能力を持...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (新・映画鑑賞★日記・・・)
【X-MEN: FIRST CLASS】 2011/06/11公開 アメリカ 131分監督:マシュー・ヴォーン出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケヴィン・ベーコン、ローズ・バーン、ジャニュアリー・ジョーンズ、オリヴァー・プラット、ジェニファー・ローレンス、ニコラ...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (ダイターンクラッシュ!!)
2011年6月11日(土) 19:00~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』公式サイト 予告編が大して面白くなさそうだったので不安ではあった。 が、予告編の100倍は面...
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』('11初鑑賞80・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 6月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:55の回を鑑賞。
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (風に吹かれて)
ミュータントであることは誇り公式サイト http://movies2.foxjapan.com/xmen-fg製作: ブライアン・シンガー監督: マシュー・ヴォーン  「キック・アス」裕福な家庭に育ち
X-MEN ファースト・ジェネレーション / X-MEN FIRST CLASS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 遺伝子の突然変異により超人的パワーに目覚めたミュータントたちの葛藤と活躍を描いた“X-MEN”シリーズ 日本で最初にX-MENが公開されたのが2000年。 10年以上経って、まだ続きが観られ....
X-MEN  ファースト・ジェネレーション (映画の話でコーヒーブレイク)
スピンオフを含めX-MENシリーズ5本目の本作。 本シリーズは2作目までしか見ていないのですが・・・「知られざる<起源>を明かす」ってことで 続きを見ていなくても大丈夫そうなので見てきました。 シリーズ物によくある原点に返るストーリー。 「バットマン」で...
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 1962年に何があったのか? (映画のブログ)
 世界で最も売れているマンガ、それが『X-メン』シリーズである。[*]  だからそのファンは全世界におり、なまなかな映像化では納得しないだろう。  だが、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』なら、...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (キノ2)
★ネタバレ注意★  わたし燃えましたわ!  プロフェッサーXとマグニートーの若かりし頃を描いたX-MEN誕生秘話です。燃えるんです。  1960年代。チャールズ・エグゼビア(ジェームズ・マカヴォイ)は、自ら強力なテレパシー能力を持つミュータントであると同時...
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:X-Men:First Class )ブライアン・シンガーが監督した一作目と二作目よりは良い出来だ(ブレット・ラトナー監督による三作目は観ていない)。これはまず、ミュータント軍団の存在が絶対的な前提となっていた過去の諸作と違い、物語世界の設定から始まる“エピ...
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 (こねたみっくす)
温室育ちのプロフェッサーXと寒冷育ちのマグニートー。彼らの過去を知ると、シリーズ全体の感想が大きく変わってしまう。 これまでマグニートーことエリックに感情移入すること ...
[映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これなんだよ!  超能力合戦の大好きな私の見たかった「X-MEN」はこれなんだよ!  多種多様な超能力者が、敵味方に分かれて、サイキック・ウォーズを縦横無尽に繰り広げる。  それぞれの能力者が、それぞれの能力・個性を「適材適所」とし作品を進めていく。...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (そーれりぽーと)
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』よりもさらに前、プロフェッサーXとマグニートーが出会いX-MENが出来るまでを『キック・アス』のマシュー・ヴォーンが描いた『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を観てきました。 ※今回タイトルに“ファースト”と付いているけど、前作...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(P) それぞれのミュータント名がこんな風に付けられたとは笑ってしまった。
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 (★ Shaberiba )
X-MEN エピソ-ド0的作品。惹きこまれました----!!
X-MEN::ファースト・ジェネレーション・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
マーベル・コミックの大ヒットシリーズ、「X-MEN」の誕生を描く、“ザ・ビギニング”。 若き日のプロフェッサーXとマグニートが如何にして出会い、何故宿命の敵となったのか、1960年代を舞台に描かれる若きミュ...
X-MEN :ファースト・ジェネレーション (がらくた新館)
X-MEN 3部作の前、若き日のプロフェッサーXとマグニートーを描いた映画です。
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (だらだら無気力ブログ)
遺伝子の突然変異により超人的パワーに目覚めたミュータントたちの葛藤と 活躍を描いた“X-MEN”シリーズ。本作はこれまで語られることの なかったプロフェッサーXと宿敵マグニートーの若き日にスポットを当て、 X-MEN誕生にまつわる知られざる物語を壮大なス...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (映画情報良いとこ撮り!)
X-MEN:ファースト・ジェネレーション 裕福なでのチャールズそして、エリックがである。 チャールズは、テレパシー能力を持っていた。 一方のエリックは、金属を操ることが出来る。 そんな二人は、ミュータントだったのだ。 彼らは友として、友情を築いていっ...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション ミュータントと妖怪の違いって? (労組書記長社労士のブログ)
 今朝の朝日新聞トップの署名記事、「与党からも野党からも押し寄せてくる退陣要求を無視して、私たちの国の首相は今、権力の座にしがみついている。」という書き出しだが・・・。 震災からの復旧で忙しいときになんでトップの首のすげ替えか、と訝しがる国民が多いのに...
X-MEN ファースト・ジェネレーション (迷宮映画館)
キューバ危機は、ミュータントの陰謀だったのかあ!!!
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」監督:マシュー・ヴォーン(『キック・アス』)出演:ジェームズ・マカヴォイ(『ウォンテッド』『つぐない』)マイケル・ファスベンダー ...
映画 X-MEN ファースト・ジェネレーション 感想 (荒野の出来事)
 映画 X-MEN    ファースト・ジェネレーション  感想  X-MEN ファースト・ジェネレーション 公式サイト  さすがにこのタイミングじゃあ  来場者は少なかったですねえ…。   他に見た映画   ・映画 スーパー8 感想  ・映画 マ...
映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」観に行ってきました。アメリカのマーベル・コミックのアメコミ「X-MEN」シリーズのスピンオフ作品。歴史上の事件であるキューバ危機を舞...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
愛する者や世界を悪から守り、自らの運命を切り開くヒーローたち。特別なパワー、そして大いなる使命を与えられた彼らの誕生には、怒りや憎しみ、挫折など、さまざまなエピソード ...
みんな大好きベーコンさん。【映画】X-MEN:ファースト・ジェネレーション (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】X-MEN:ファースト・ジェネレーション (原題:X-MEN: FIRST CLASS) 【あらすじ】 裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)は強力なテレパシーを使うことができるミュータントだったが、自分と同じような能力を持つ者の存...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (菫色映画)
X-MEN:ファースト・ジェネレーション[DVD]2011年 アメリカ 監督:マシュー・ヴォーン 出演:ジェームズ・マカヴォイ    マイケル・ファスベンダー    ローズ・バーン     ...
「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」感想  (帰ってきた二次元に愛をこめて☆glas)
教授の目付きが悪過ぎる(^^;予告編を見た時から気になっていたのですが・・もっと
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (心のままに映画の風景)
強力なテレパシーを使うことができるチャールズ・エグゼビア(ジェームズ・マカヴォイ)は、金属を自在に操ることのできるエリック・レーンシャー(マイケル・ファスベンダー)と出会い、同じミュータントと...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (晴れたらいいね~)
公開前に、X-MENアカデミーに入学したのですが(公式サイト参)、私の能力は、ミスティークみたいな「変身」。(所見「晴れ女」出身地は、パプアニューギニア)という結果をもらっ ...
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 (みんなシネマいいのに!)
 これまでもスピンオフを含め、複数制作されたX- MENシリーズ。 この映画はプ
『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』’11・米 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
原題は『X-MEN: FIRST CLASS』なんですが、この作品の個人的な印象
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (as soon as)
X-MENシリーズ 起源となる、若かりしプロフェッサーXとマグニートー ということですが、 わたしはこのシリーズ どれも観ていません ゆえに、これが初めて観たX-MENのシリーズ 面白か...
X-MEN ファースト・ジェネレーション (C'est joli~ここちいい毎日を~)
X-MEN:ファースト・ジェネレーション'11:米◆原題: X-MEN: FIRST CLASS◆監督:マシュー・ヴォーン「キック・アス」◆出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケヴィン・ ...
X-MEN ファースト・ジェネレーション (C'est joli~ここちいい毎日を~)
X-MEN:ファースト・ジェネレーション'11:米◆原題: X-MEN: FIRST CLASS◆監督:マシュー・ヴォーン「キック・アス」◆出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケヴィン・ ...
マシュー・ヴォーン監督 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
6月30日、公休の日に観てきましたが… その後、夏バテ&夏風邪でPCの前に座るのも辛く、レビューのアップ、やりかけたまま放置、申し訳ありませんでした m(__)m http://movies2.foxjapan.com/xmen-fg/ 【あらすじ】 1944年。ナチス・ドイツ占領下の...
★X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011)★ (Cinema Collection 2)
X-MEN: FIRST CLASS 共存か、支配か。その<起源>を目撃せよ! 映時間 131分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2011/06/11 ジャンル SF/アクション/アドベンチャー 【解説】 遺伝子の突然変異により超人的パワーに目覚めたミュータ....
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (とりあえず、コメントです)
X-MEN誕生の秘話を描いたSFアクションシリーズの最新作です。 予告編を観て、今までのシリーズとはちょっと雰囲気が違うかもと公開を楽しみにしていました。 これまでの映像で圧倒するアクション的な展開とは違って、深い悲しみや心情を伝えてくれる 人間ドラマのような...
X-Men: ファースト・ジェネレーション / X-Men: First Class (うだるありぞな)
ランキングに参加してます。 クリックお願いします。    「X-Men」シリーズの5作目。最初の2作を劇場で見逃したのが悔やまれる。 このシリーズで感心するのは、時間を遡っていくのに、ストーリーの流れに無理がない。(細かいところはいろいろ粗があるのかも....
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (5125年映画の旅)
20世紀。人類から進化し特殊能力に目覚めた新人類・ミュータントは次第にその数を増していた。人の心を読み、操る事の出来るチャールズ。磁力を使い、あらゆる金属を支配するエ ...
映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション/X-MEN: FIRST CLASS』 (オタマ・レベルアップ)
映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション/X-MEN: FIRST CLASS』を見たよぉ~ オフィシャル・サイト http://movies2.foxjapan.com/xmen-fg/ メディア 映画 上映時間 131分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2011/06/11 ジャンル SF...
「X-MEN : ファーストジェネレーション」 (Con Gas, Sin Hielo)
二人の軌跡こそがX(エックス)。 キャラクターが確立しているから、いちいち説明する必要がないというのはシリーズものの強み。 でも他方で、そのキャラクターに縛られて物語の自由度が狭まる恐れもある。 特に、最近多い過去に遡る話には、辻褄合わせという難題が....
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』でアメリカ近代史を学ぼうよ。 (かろうじてインターネット)
 今回は待ってましたのシリーズ第5段『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の感想です。  観に行った映画館はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。平日だったのもあり空いていました。大きめの2番スクリー...
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (悠雅的生活)
進化した人類。能力の解放。道を違える2人。
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (銀幕大帝α)
X-MEN: FIRST CLASS/11年/米/131分/SFアドベンチャー・アクション/劇場公開 監督:マシュー・ヴォーン 製作:ブライアン・シンガー 製作総指揮:スタン・リー 原案:ブライアン・シンガー 脚本:マシュー・ヴォーン 出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル....
X-MEN:ファースト・ジェネレーション (X-Men: First Class) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マシュー・ヴォーン 主演 ジェームズ・マカヴォイ 2011年 アメリカ映画 131分 アクション 採点★★★★ 時々、自分の思想がリベラル寄りなのかタカ派寄りなのか考えたりする私。同性婚は認められるべきだと思うし、信教や表現、中絶の権利や自由も守られるべ...
X-MEN ファースト・ジェネレーション (RISING STEEL)
X-MEN ファースト・ジェネレーション / X-MEN : FIRST CLASS アメリカとソ連の二大国の対立で世界中が緊迫状態にあった60年代、二人の青年がいた。 一人は裕福な家庭で育った気鋭の天才科学者...