DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

日本統治時代開場のゴルフ場に残るクラブハウス、県定古跡に/台湾・花蓮

2019年12月05日 | 台湾ニュース
 
花蓮県の古跡に登録されたクラブハウス



(花蓮中央社)日本統治時代に開場した東部・花蓮県のゴルフ場に残る築84年のクラブハウスが、同県の古跡に登録された。同県が2日に告示した。今後は、同県文化局によって修復、保存される見通し。

クラブハウスがあるのは、1928(昭和3)年に開場した米崙ゴルフクラブを前身とする県営ゴルフ場「花蓮ゴルフクラブ」。同県政府によると、クラブハウスは35(同10)年に落成。第2次世界大戦時には旧日本軍の司令部として使われたこともあった。戦前、戦後を通じて使用され続けた台湾唯一のゴルフ施設であり、30年代の東部におけるスポーツの発展や歴史を反映していることが登録理由となった。

クラブハウスの文化財登録を県に働き掛けてきた文化・歴史研究家の葉柏強さんが3日、中央社の取材に応じた。クラブハウスの存在は長い間世間に知られることがなく、現在は暫定的に倉庫となっていると説明した葉さん。建物の修復については、保存状態はおおむね良好で難易度は高くないとの見方を示し、本来の姿を取り戻すことができれば、台湾の建築・スポーツ史上における貴重な財産になるだろうと期待を寄せた。修復後の用途としては、スポーツ関連の博物館として再活用することを提案している。

コメント

台湾の美しい公道人気投票、苗栗走る海沿いの高速が1位に

2019年12月05日 | 台湾ニュース
 
水平線に落ちる夕日が拝める「台61線」の通霄区間



(苗栗中央社)交通部(交通省)公路総局が実施した「台湾で最も美しい公道」を選ぶ人気投票で、台湾西部の海沿いを走る高速道路「台61線」の北部・苗栗県通霄区間が3万4839票を集め、1位となった。台1線に接続する連絡道路は台湾海峡に面しており、水平線に落ちる夕日が拝める。

2位は同じく台61線の永安漁港(北部・桃園市)につながる区間(2万1783票)。昨年、竣工した高架橋は漁港にちなみ、風を受ける帆のようなデザインが採用された。3位は東部・台東県の「金崙大橋」(1万9219票)。太平洋沿いに架けられた同橋は全長1315メートルで、天気が良ければ黒潮が見られる。

30本の公道を対象にインターネットで実施され、参加者は1日に5本まで投票が可能とされた。11月6日から12月1日までの投票期間中、延べ21万4080票が寄せられた。

コメント

女子相撲の今選手、BBCの「今年の100人の女性」に 自身の映画通じ競技普及目指す

2019年12月05日 | 京都のニュース
 



世界選手権の女子無差別級で準優勝し、表彰台で記念撮影する今(左)



女子相撲をリードしてきた立命大4年の今日和(こんひより)が、新たな道を切り開こうとしている。10月の世界選手権で2年連続銀メダルに輝き、来季は数少ない実業団選手として現役を続けるだけでなく、国際相撲連盟の選手委員として競技普及も目指す。その存在が海外から注目され、自身のドキュメンタリー映画が制作されるなど新たな動きも生まれている。「女子相撲を知らない人も巻き込んでいきたい」と決意を語る。

 今は昨年の世界選手権無差別級で準優勝。今年10月の同大会で世界一を目指したが、決勝でウクライナ選手に敗れた。大学4年間の集大成としての優勝はかなわなかったが、来季から愛知県の実業団で競技を続ける。国内の相撲界では、大相撲を除けば男子でも社会人で競技を続ける環境は乏しい。今は男子チームを持つ会社に自らを売り込み、初の女子部員として加入が決まった。

 さらに意外な展開もあった。今の存在に注目した英国の映画監督から1年半にわたり密着取材を受けた。その短編映画「相撲人(原題リトル・ミス・スモウ)」が英国や日本で上映され、英BBC放送の「今年の100人の女性」にも選ばれた。10月からは大手動画配信サイトを通して世界中で公開されている。

 映画は、アマチュア相撲での奮闘ぶりと大相撲の女人禁制との対比に焦点が当てられた。一方で、今自身が最も関心を寄せているのは、相撲の五輪競技入りだ。国際相撲連盟は昨年、国際オリンピック委員会(IOC)の正式承認団体になった。IOCによって採択されるオリンピック憲章には男女平等が明記され、連盟は採用に向けたアピールを続けている。執筆中の卒業論文では女子相撲の発展について扱う予定だ。

 その胸には、故郷の青森で幼少から親しんだ相撲を世界に広めたいとの夢がある。「体さえあれば、途上国でもできるスポーツ。五輪競技になればどの国でもスポンサーなどの支援が受けられる」。まずは競技を知ってもらうため、「スポーツと無縁の人も、全ての人に映画を見てほしい」と力を込めた。

京都新聞

コメント

最古級の電気機関車、解体免れた!学生らCF、407人が580万円寄せる

2019年12月05日 | 滋賀県
 
近江鉄道のED31形4号機



 近江鉄道の電気機関車保存のためクラウドファンディング(CF)で資金を集めていたびわこ学院大の学生らが、目標の500万円を上回る580万円を集めてプロジェクトを成立させた。国産最古級の電気機関車の解体は回避されることになった。

 学生らのプロジェクトチームが、ED31形電気機関車の4号機の保存に向けて資金協力を呼び掛けていた。11月29日までの約2カ月間で、インターネットを通じて407人から資金が集まった。

 機関車は近く東近江市八日市の近江酒造に移設され、21日午後3時すぎから記念式典がある。参加自由。

京都新聞

コメント

セキュリティー充実「高級下宿」 学生向け、朝夕食付きで「ハンズ」割引も

2019年12月05日 | 京都のニュース
 
来年3月完成予定の「キャンパスヴィレッジ京都一乗寺」



東急不動産と傘下の学生情報センター(京都市下京区)は、主力の食事・家具付き学生マンション「キャンパスヴィレッジ」を来年3月、京都市伏見区と左京区に新たにオープンする。サービスやセキュリティーを充実させた「高級下宿」で、学生の増加に合わせて供給を加速する。

 東急不動産は2018年に「キャンパスヴィレッジ」ブランドで学生マンション事業に参入。20年3月に全国で計1千室を突破する見込み。京都市内では右京区で1棟目を今春開設しており、3棟になる。

 両物件はともにワンルームで、伏見区が5階建て95室、左京区が4階建て115室。入居者には生活雑貨「東急ハンズ」の割引サービスも付き、併設のカフェテリアで平日に朝夕2食を提供する。

 伏見は住人の交流を促す多目的シェアラウンジを設け、左京では自動車や日用品などを共有できるシェアサービスを利用できる。

 家賃は、食事代込みでおおむね月7~8万円(入館料や管理費など除く)。同センターは「親元を離れ、初めて一人暮らしする新入学生に安全で健康的な生活を送れるよう工夫している」とする。

京都新聞

コメント

同志社大学長に初の女性、植木氏「話題にならない時期が来てほしい」

2019年12月05日 | 京都のニュース
 
同志社大の次期学長に決まり、会見で抱負を述べる植木氏



 同志社大の学長に来年4月1日付で就任する植木朝子(ともこ)副学長(52)が4日、京都市上京区の同大で会見した。社会との連携や国際化への対応、多様な背景を持つ学生や教職員が活躍する大学づくりに取り組むと強調。2025年に同大が創立150周年を迎えることに触れ「点で存在する伝統の蓄積を線や面として再構成し、未来を開きたい」と述べた。

 植木氏はお茶の水女子大卒。同大学助手などを経て05年に同志社大文学部の助教授に着任し、07年から教授。17年から副学長を務める。松岡敬学長(64)の任期満了に伴う11月の学長選挙で選ばれた。同大で女性が学長となるのは初めて。任期は4年。

 会見では、ドイツに17年にできたEUキャンパスについて「軌道に乗せていくことが大事。欧米だけでなく、アジアへの視点の必要性も学生に伝えたい」と強調。今年、企業との連携を進める役目を担う高等研究教育院が開設され、大和総研と教育や研究に関する連携協定を締結したと紹介し「優れた業績を発信したい」と力を込めた。

 初の女性学長となることには「偶然の巡り合わせ。『女性学長』と話題にならない時期が来るのが望ましい」と話した。大学での性的少数者の受け入れ体制について問われると「専門の相談窓口の開設など具体的な動きを取りたい」と語った。

京都新聞

コメント

「兄さん、お帰り」弟たち涙 太平洋戦争で戦死、遺族にアルバム返還

2019年12月05日 | 京都のニュース
 
アルバムに収められていた家族写真。
右から3人目の袖なしシャツ、半ズボン姿の少年が保さん




太平洋戦争で戦死した陸軍兵四方秀雄さんが持っていたアルバムがこのほど、弟の保さん(89)=京都府綾部市多田町=ら遺族に、米国の団体から返還された。遺品となったアルバムには、戦地の秀雄さんを励まそうと家族10人で撮った写真が収められていた。「兄さん、お帰り。長い間ご苦労さまでした」。戦後74年を経ての「帰還」に保さんは涙した。

 秀雄さんは1944年末~45年初頭にフィリピンのレイテ島で戦死した。24歳だった。詳細は不明。遺骨も遺品も残っていない。保さんら遺族は今年9月、日章旗など旧日本兵の遺品を遺族に返還している米国の非営利団体「OBON(オボン)ソサエティ」からアルバムの存在を知らされた。

 アルバムには写真が約20枚収められていた。うち1枚は秀雄さんの父母、保さんらきょうだいなど10人が田んぼに並ぶ家族写真。「覚えてます。みんなで撮った。戦地の兄さんを励まそうと送ったのだと思います」。保さんは10歳離れた兄との思い出がほとんどない。だが、写真を見たとたん、感情がこみ上げた。

 アルバムはケニア在住のジャラット・チョプラさん(55)が英印軍将校だった大叔父の足跡を調べる中で関係者から託された。「あるべきところに返したい」と持ち主を約30年間探し続けた末、OBONソサエティに7月に調査を依頼。アルバムに収められていた新聞記事から秀雄さんの遺品と分かった。

 秀雄さんの故郷・多田町の農業振興センターでこのほど行われた返還式では、チョプラさんがアルバムを保さんに手渡し、拡大した写真を見ながら思いを語り合った。家族写真に写る保さんの弟の旬(ひとし)さん(84)と昊(ひろし)さん(82)らも見守った。

 保さんは「感無量。レイテ島では米軍の艦砲射撃がすさまじく、兄も砲撃で亡くなったのではと思っていたが、アルバムがこれほどきれいに残っていたなら、兄は苦しまずに死ねたのかもしれない」と目に涙を浮かべた。チョプラさんは「アルバムの返還がご遺族に心の平安をもたらし、未来につながる節目になれば」と、ほっとしていた。

京都新聞

コメント

京都)加悦鉄道のSL、半世紀ぶり里帰り 展示へ整備中

2019年12月05日 | 京都の鉄道
 





かつて京都府北部を走っていた旧加悦鉄道の蒸気機関車が4日、与謝野町加悦の旧加悦駅舎に半世紀ぶりに里帰りした。旧加悦鉄道の保存、活用を進める地元のNPO法人「加悦鐵(てつ)道保存会」が京都市から譲り受け、来春の展示に向けて整備する。

 C―160型タンク機関車(全長6・58メートル、幅2・3メートル、高さ3・13メートル)。1942年に製造され、66年に廃車となるまで客車や貨車などを引き、大江山の鉱山から精錬所まで鉱石を運んだ。69年に京都市に売却され、市大宮交通公園(北区)で展示されていたが、交通公園の再整備に伴って里帰りが決まった。

 この日は、トレーラーから車体を下ろし、レールの上に載せた。今後、NPO法人のメンバーが、部品の復元など整備を進める。作業を見守った山添藤真町長は「歴史ある加悦鉄道を町内外に知ってもらい、SLが走っていた当時を思い起こしてほしい」と話した

朝日新聞

コメント

インフルエンザ京都市も流行入り

2019年12月05日 | 京都のニュース
 


京都市は4日、1つの医療機関あたりのインフルエンザの患者数が1人を超えてインフルエンザの流行期に入ったと発表しました。
インフルエンザの流行入りは、去年より3週間早くなっています。

京都市は、市内の69の医療機関から毎週、インフルエンザの患者数の報告を受けています。

京都市によりますと、今月1日までの1週間で1医療機関あたりの患者数が1.75人と、流行の目安となる1.00人を超え、インフルエンザの流行期に入ったと発表しました。

去年より3週間早く、先月24日までに、京都市内の幼稚園と小中学校、高校では、学級閉鎖が合わせて13件にのぼり、学年閉鎖の措置をとった学校もあるということです。

京都府も、先月27日に京都市を除く府内の流行入りを発表していて、保健所は、外出後の手洗いを徹底する、十分な睡眠や栄養をとる、加湿器などを使って部屋の湿度を保つなどの対策をとるよう呼びかけています

NHK

コメント

報道の映像や写真を集めた展示会 京都

2019年12月05日 | 京都のニュース
 


関西などの報道カメラマンが、この1年間に撮影したニュース映像や写真を集めた展示会が、4日から京都市で始まりました。

この展示会はNHKや民間放送、新聞社など75社が加盟する関西写真記者協会が毎年この時期に開いていて、ことしは、テレビのニュース映像12本と、スチール写真110点が展示されています。

このうち「テレビ・映画の部」では、NHKのカメラマンが撮影した、京都アニメーション放火事件の容疑者を専門の病院に移送するニュース映像などが放映されています。

天皇陛下の即位を祝うパレードの写真は、沿道で歓迎する市民と、笑顔で手を振って応えられる天皇皇后両陛下の姿を捉えています。

ラグビーワールドカップの日本対サモア戦でボーナスポイントを勝ち取った選手の姿を捉えた作品は「新聞・通信の部」の「スポーツ部門」で銀賞を受賞しました。

京都市南区から訪れた60代の男性は「今年はラグビーの試合が特に印象に残っています」と話していました。
この展示会は、京都市南区のイオンモールKYOTOで今月10日まで開かれ、そのあと、大阪と神戸、広島でも開かれる予定です。

NHK

コメント

京都市動物園構想案 ライオンは

2019年12月05日 | 京都のニュース
 


京都市動物園は、ライオンの将来的な飼育中止などを盛り込んだ今後の構想案をこのほどまとめ、市民から意見を募集しています。

京都市左京区にある京都市動物園は、ライオンやゾウなどおよそ120種類の動物を飼育していて、先月、今後の運営の理念や行動指針を示した構想案をまとめました。

それによりますと、ライオンについては、動物の福祉の観点で、国内で最長飼育となっている雄のナイルのあと、新しいライオンは迎え入れず、飼育を中止するとしています。

具体的には、都市部にあるため、ライオンが群れで、自由に走り回れるようにするための飼育スペースの拡張などが難しいとしています。

このほか、アカゲザルやオナガゴーラルなどの4種についても飼育を見直す方針です。

京都市動物園の坂本英房副園長は、「動物の福祉の観点に立って考えると、ライオンをこのまま継続して、新しい個体を入れて飼育することには、無理があるのかなと思う。ライオンと別れるのは寂しいと思いますが、動物たちの幸せも一緒に考え、構想案についてご意見いただけるとありがたいです」と話していました。

京都市動物園では、新しい構想案について、ホームページに掲載していて、6日まで、メールやFAXなどで広く市民から意見を募集しています。

NHK

コメント

梶井基次郎「檸檬」の草稿展示  京都

2019年12月05日 | 京都のニュース
 


京都を舞台に描かれた梶井基次郎の短編小説、「檸檬(れもん)」の直筆の草稿が、作品とゆかりのある書店、「丸善京都本店」で展示されています。

梶井基次郎は、大正から昭和初期にかけての小説家で、肺結核を患い、31歳の若さで亡くなりました。

代表作「檸檬」は、孤独や焦燥に駆られた青年が京都市内をさまよったあと丸善に立ち寄り、本の上に爆弾に見立てたレモンを置いて、爆発することを想像しながら店を後にする物語です。

京都市中京区の丸善京都本店には、「檸檬」の直筆の草稿およそ20枚が展示されていて、「檸檬」の漢字を間違えて書いていたり、線を入れて何度も書き直し推こうを重ねたりしていた様子がうかがえます。

また、編集担当の友人に宛てた手紙では、作品のかき出し部分、「えたいの知れない不吉な塊が私の心を終始おさえつけていた」の一文で、「塊」が「魂」と誤って印字されているとして、訂正してほしいと求めています。

丸善には、いまでも作品のファンがレモンを持って来店するということで、店内の一角には、レモンを置くかごも用意してあるということです。

授業で訪れた女子高校生は「中学校の授業で檸檬の作品を知りました。読むだけでは分からないことも知れて、良かったです」と話していました。

直筆の草稿の展示は今月7日まで、丸善京都本店で行われています。

NHK

コメント

大覚寺の紅葉が見頃

2019年12月05日 | 京都のニュース
 


紅葉の名所として知られる京都市右京区の大覚寺では、色づいた木々が、秋の深まりを見せています。

平安時代の嵯峨天皇ゆかりの寺として知られる大覚寺は、池の周りのおよそ200本のカエデが、晩秋の装いを見せています。
池は日本で最も古い庭池として知られる大沢池で、周囲は1キロほど、平安時代に植えられた古代ハスが枯れた様子が、一層秋の深まりを感じさせています。

また、嵯峨天皇陵がある朝原山の紅葉が池に映り、貴族が船遊びをした当時の面影を今に伝えています。
大覚寺の紅葉は今週いっぱい見頃だということです。

NHK

コメント

日本といろいろ似てる? 台湾の鉄道 その魅力とは 国鉄寝台電車583系にも再会

2019年12月05日 | 臺灣鐵道 高鐵 捷運

(2019.12.03 乗りものニュース)




乗車にはICカードが便利!

 日本から飛行機で台湾の台北に向かうと、台北近郊にある桃園空港、もしくは台北駅からほど近い松山空港のどちらかに到着します。いずれの空港も「MRT」と呼ばれる都市鉄道が接続しており、空港から台北の中心まで鉄道で移動できます。

その際にまず手に入れたいのが「悠遊カード(EasyCard)」です。現地の言葉で「ヨウヨウカー」と読むこのICカードは、日本の交通系ICカード「Suica」と同じように鉄道はもちろん、バスやコンビニ、ロープウェイなど台湾内の様々なシーンでキャッシュレス支払いができます。

 さらに、MRTを含め、悠遊カードで決済すると割引になる交通機関もあるため、お得に旅ができます。悠遊カードは台北に限らず台湾全域で使用できるのもポイントです。チャージもMRTの駅にある券売機やチャージ専用の機械をはじめ、駅の窓口、街のコンビニなどいたる所でできます。

 ちなみに、新幹線以外の台湾鉄路管理局(台鉄)が一定期間乗り放題になる「TR-PASS」も発売されていますが、台鉄は元々運賃が安価なため、仮に3日間有効の「TR-PASS」(1800新台湾ドル)を購入したとしても1日中かなりの距離を乗らないと元を取れないことから、一般的な観光であれば「悠遊カード」での乗車で十分です。

日本の新幹線700系電車をベースにした台湾高速鉄道の700T型電車



 台湾は九州とほぼ同じ大きさで、九州同様に西側に台湾を南北に走る「台湾新幹線」(台湾高速鉄道、高鉄)が走っています。ご存じの人も多いと思いますが、この台湾新幹線には日本の新幹線700系電車をベースにした700T型電車が走っており、外見はもちろん車内も700系にそっくりです。

 台湾は新幹線と在来線とで事業者が異なります。在来線を運行しているのは「台鉄」の愛称で呼ばれている台湾鉄路管理局です。そのため、台北駅など一部の駅を除き、台鉄の駅と新幹線の駅が同じ駅名でも別々の駅で、かつ距離も離れている場合も多く、また逆に、新幹線の台中駅が接続する在来線は新烏日駅と場所が同じでも駅名が異なるケースもあるため注意が必要です。

 台湾新幹線には外国人専用のフリーパスが発売されており、台北と反対側の終点、左営を1往復するだけで元が取れるのでこちらは「TR PASS」に比べて、比較的元が取りやすいのが特徴です。利用日の前日までにウェブサイトで購入し、当日バウチャー券とパスポートを持って駅窓口でフリーパスと引き換えて購入します。


 【続  き】
 

コメント