銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

ハヤブサIIの新ミッションを口実として、JAXA吉川貢氏が、CIAに使役をされた。鎌倉Agentが起案をして、其れを、JAXAに伝達したのは、中谷某東大宇宙工学研究所所長だったかな

2019-04-02 21:50:12 | 政治

 今は、4日の、午後2時ですが、大量に残っていた誤変換直しを始めます。読みにくかったと、思います。お許しくださいませ。なお、総タイトルは、午後、二時まで、【ハヤブサIIの新ミッションは、目隠しをして流鏑馬をするがごとき、難しさです。と、JAXA側は、言う。3日には、山崎直子とクィーンズも登場したし】でしたが、その時点で、変更をしました。推敲が終わった場所は、@@@@罫線で示します。

 最初に置いた写真を説明をさせてくださいませ。

これを写真1と命名して置きます。これは、2019年4月2日の、NHKニュースウォッチから、撮った、写真です。JAXAの、新ミッション、発表の際に、説明用に、持ち上げたボードです。あまりにも素早い復讐でしたね。苦笑するほどに、素早い復讐行為でした。何に対する復讐かは、下で、語っています。尚、写真がさかさまになっていますが、それも、私が言って居ることが、すべて正しいので、こういう風に妨害を受けます。しかし、この写真は、あまりにも見にくいので、元のさかさまの物を削除して、正当な方向のモノへ直すつもりはあります。

と、書いて、パソコンを別のものへと取り換えようと、15分程度間を置いたら、治っていました。

 次のモノは、2018年秋の、鶴岡八幡宮の流鏑馬の日に、危険な道路を歩かさせられている、観光客の姿です。これも写真がよこむきになっています。これも、上と同じで、私が非常に、正しい事をいっている際に、行われる妨害の一つなので、そのままに、24時間程度は、しておきます。パソコンまたは、スマホを、90度傾けて、見てください。右側に樹木が迫っているでしょう。その樹木と歩いている人の間には、深い側溝があって、そちら側にも、がーどれーる、もしくはフェンスがないし、反対側の車道にもフェンス、もしくはガードレールが無いのです。こんな危険な道を歩かせるという・・・・不親切きわまりない事を、吉田茂穂宮司は、お客側に、ご命令に成るのでした。驚きますね。でも、無論、裏があるのです。前報または、前々報に詳しく書いています。武部聡志とか、伊藤玄二郎が、自分が助かるために、八幡宮様を、道具として使役しているのです。これを写真2と、致します。

 次の写真は、流鏑馬道の、終点に、麗々しく、掲げられている看板です。こんなものは、30年前には、全く設定をされておらず、人々は、此処から自由に出入りしていたのですよ。これも、本当に嫌な事ですが、受動喫煙防止条例と同じく、井上ひさしが、考案したものでしょう。なんと、鎌倉市では、たち歩き食い禁止条例を、三日に出していますこれは、後程、別の章で、問題にいたします。本日は、流鏑馬に、集中しておきます。これを写真3と、致します。

 これも横むきですね。私がどれほどに、正しい事を言っているのかを証明しています。前報とか、前々報には、すごく大きな、恐ろしい事を書いているのですよ。最近立て続けに、そう言う恐ろしいことを書いています。だから、こそ、総タイトルを、柔らかいものへと、わざと志向しているのです。かもふらーじゅをして、「宮崎、みどりさんって、太ったかなあ」などと言う軽いものをつけているのです。もし、いつもの読者で、「これ、つまんなあいなあ」と、お思いになって、パスした方は、大損をなさったと、言うべきでしょう。と、言う写真の説明を終わって、本文へ入ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

副題1、『私は、昨日の、ブログ(後注1)を書いて、のち、2日の早朝に、あの、ブログの総タイトルは、変更すべきだろうと、考え始めていた。しかし、新橋の慈恵医大へ、行こうと、思って居て、実際に行って、そこに、一日中詰めていたので、日中に変更するのが無理だった。最近は、体のリフォームと、故障個所があるか、ないかの検診に、凝っていて、2日も、一日かけて、首から上を検査していたのだった。それで、変更が遅れてしまったが、今、2日の夜10時に、変更を果たした』

 以前のものは、【首相官邸に入る、宮崎みどりさんを見て、「あれ、彼女、いつの間にか、太ったの?」と、思った私だったが? 新元号・発表に際して、思う事、あれこれ】であったが、新しいものは、

TV画面に、宮崎みどりと、林真理子が登場した時に、鎌倉・CIA・エージェント達は、ウハウハだった筈・・・+・・・武部聡志と、流鏑馬2018秋     2019-04-01 22:44:03 | 政治

であり、これを、後注1といたします。

 しかし、『この文章を、書かれて、しまった事は、痛いなあ』と、考えた、連中(CIA側に立って、日本に核燃料を売りつけている国際的軍産共同体の、家来たち。その姿勢によって、特権と富を独り占めにしていて、自分達に従う、日本人だけに分け与えている人たち)が、速攻で、復讐をしてきました。

 私はね。それほど、この復讐行為を、気にしてはいないのですよ。『やってきましたねえ。今度も』と、思って居て、苦笑をしている次第です。しかし、自分が正しいことをやっているし、書いているのだと、言う事を証明する為に、きちんと経緯を書いていきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『写真1は、2019年4月2日の、NHKニュースウォッチ内で、公開をされたものだが、それ以前に、私は、5時14分、新橋駅発、逗子行きに乗ったはずである。脳のCTスキャンと、耳鼻科の検診が、終わって、新橋駅で、電車に乗ったのが、その時刻発の電車だった。逗子行きの横須賀線。これは、鎌倉駅には、通常、6時10分には着くはずなのだ。しかし、6時半過ぎであった。20分も遅れた理由が、あれこれ、述べられたが、嘘であろう。というのも、これは、言いたくないのだが、私が鎌倉駅に降りた途端に、次の電車が、来たからだ。ただ、私を苦しめるために、電車が遅延をした。

 ::::::::::ここで、私は、説明をしているうちに、次の日、2019年4月3日に発表をされた、鎌倉市の、新条例へ、入って行ってしまいました。しかし、文章の、構成が、煩雑になりすぎるので、今、やっと思いなおして、其れを、別章に、移動をさせたところです。::::::::で、JAXAだけで、其れが、対、私への復讐であったことを語りたいと思います。

 しかし、JAXAの、記者会見が、対・私のブログへの復讐であったという事を証明するためには、電車が、2日にも、3日にも膨大な、レベルで、遅延をしたことを語らないと、いけません。それも、又、傍証づけに役立つからです。

 ただし、この3日の夜の時点では、次の日の午前中、程、各駅での、公開放送が、派手であはなかった。で、対・私だけを狙って居るとしても、ごく自然に見える様に、敵さんは、行動をしたのである。

 ところで、前報の中で、もっともいけない人物としては、伊藤玄二郎と、井上ひさし位の名前しか上げていない。いや、謀略行為を考えだし、命令を、JRに、行う事ができる主体的、人間としては、・・・・・石川和子さんが、自分は、伊藤玄二郎の愛人だったから、特別によくしてもらって居ると、公言をする、・・・・・・あの例の、伊藤玄二郎・鎌倉ペンクラブ会長と、・・・・・国民の目には、自分を死んだことにして、いまだ、実際には、生きていて、アリと、あらゆる、謀略行為(=国民をだます嘘)を発案をしている・・・・・井上ひさし・元日本ペンクラブ会長の名前しか上げていない。ほかに上がっている、吉田茂穂宮司と、武部聡志は、利用されている、駒でしかないと、私は、思って居る。しかし、それにしては、武部聡志の、あの、2016-10-5(木)の夕方の、私を小ばかにした様な顔は、忘れられない。恐ろしいことをやっているから、ああいう顔になるのだろうか?

 宮崎みどりさんと、林真理子さんは、同じく、利用をされている形での、お人形さんでしかない。だから、いろいろ、名前が浮かんでいても、前報の主役は、鎌倉エージェントと、私が呼ぶうちの、最高に、動きが激しい、上の二人を指すわけで、それ以外は主役ではない。

 しかし、次の日にも、もっと、派手な形で、遅延現象が起きたので、こうなると、成岡康司君の名前も上げておかないと、いけない。それから、警察の、殺人用別動隊もだ。電話の盗聴を、あっちこっちで、行って居て、私が、2日も外出したが、3日も、外出する予定であることを、彼等は、知っていたからだ。

 2日の夜に、遅延現象を起こしたのは、ともかく、後注1が、おお困りの文章だから、復讐行為をしておきたいと、いう事だったが、3日の早朝の、大遅延現象は、ちょっと、意味合いが異なっている。

 それは、こちらのJAXAの、文章を、下書きとして、総タイトルだけだが、2日に用意した。非公開として置いたが、文案としては、起案をした。それに対する、確実にして、ターゲット的、復讐行為だったのだ。どうしてか、JAXAがああいう発表を行った影に、中谷共二氏の長男と、伊藤玄二郎の結託があるからであろう。其れについては、後程、山崎直子さんについて述べるが、そのあとで、もう一回詳述をしたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『つまり、武部聡志という、知る人ぞ知るが、日本人全部が知っているわけではない、人間とか、吉田茂穂宮司さまという、知る人ぞ知る人が、利用をされているのだった。テレビには、表立っては、出ない人だが、その世界では、実力のある有名人である。吉田茂穂宮司さんだって、さいきん、全宗教団体が、カソリック雪ノ下教会で、平和への祈りを行ったと、いうNHK映像で、横顔とか、後姿が映っただけである。その二人を使役して、自分達が、行った悪いことを、薄めていって、消していこうとするのと、

 JAXAの記者会見という、学問の分野を使役して、自分達のロンダリング(洗浄化)を果たそうとするのは、相当に、意味が違う。というかレベルが、違う。大衆向け、心理操作という意味で、レベルが違う。したがって、そこに含まれている悪を分析していこうとする、私を、絶対的復讐を行って、早くノイローゼにしてしまおうと、するのが、例の電車の、大遅延現象なのだ。

 で、私自身は、その復讐行為に対して、さして、心が痛んではいないが、日本とか、日本国民を守るためには、JAXAの記者会見場で、・・・・・インパクタという次のミッションは、目隠しをして、流鏑馬をするがごときものです・・・・・と、言う、冒頭の、写真(ナンバー1)を用いた、吉川貢氏の、記者会見を、言上げをしないといけなくなった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『しかも、続く三日の、夜に、私は、山崎直子さんが、クイーンズの、ブライアンメイが、ハヤブサのファンであると、いう映像を見た・・・・・・』

 山崎直子さんは、お茶大付属高校の後輩であり,たぶん、彼女はすでに私を認識しています。二、三度、彼女について、ブログを書いているので、伊藤玄二郎等から、彼女は、其れを見せられており、かつ、私の顔写真も、見せられている筈なので、雨宮舜(=本名 川崎千恵子)と、スーパー東急の前ですれ違うと、お互いに、にっこりする間柄です。

 ただし、アジサイ畑欺罔事件で、もっとも、恐ろしいことをやった中谷共二氏のご長男が、東大名誉教授にして、宇宙工学研究所所長であった、(又は、現在もそうである)と、言う裏事情がありますので、その人と、山崎直子さんの、関係は、非常に強いでしょう。直子さんが、鎌倉に引っ越してきた理由そのものが、「教授を、したって」という趣があると、思って居ます…中谷共二氏の長男は、お母さん似です。次男は、お父さん似ですが。

  ところで、今、20分ぐらいかけて、チェックしたところ、3日の夜に、直子さんの画像を見たのは、4ch(日本テレビ)でした。【衝撃のアノひと!】という夜7時から始まる2時間番組でした。

 これは、娯楽番組であって、ニュースではないので、相当前に、制作された可能性があり、私のブログ(あと注1)に対する、直接の復讐行為ではないでしょう。しかし、小芝風花さんが出てきて、魔女の宅急便の、実写フィルムが出てきたので、これと、山崎直子さんが、重なると、例の連中(伊藤玄二郎達)が、此処でも、『自分達が勝った』と、思いこんで居る時期の、制作であって、相当に、私を意識していて、私を、やっつけようとする、趣はあるでしょうね。魔女の宅急便の、原作者、角野栄子さんについて、私は2018年度ちゅうに、4本ぐらい、ブログを書いているので、それに対して、小芝風花さんを登場させたのは、上品な意味での、復讐でしょうか? しかし、風花さん自身は、上品で、素敵な女優さんですね。無論、山崎直子さんも上品です。

 しかし、此処で、直子さんと、中谷東大宇宙工学研究所所長との、関係を思い出した事は、重要です。

 ところで、中谷共二氏ご本人から、1985年に、「僕の長男は、東大で、助教授をしています」とは聞いています。しかし、その後、今、このブログ内で、大いなる主役を果たしている、画家A(合鍵を、警察からもらって居て、何度も我が家内に、立ち入って、いやがらせ行為を行って居る可能性のある人物、おちゃらけた、軽い存在で、ものをしっかりとは、考えることができない。そのくせに、自分は頭がいいと、思いこんでいて、こちょこちょと、裏側で、動いていて、全くどうしようもない人物であるが、この十日間も、四回も私に接触をしてきたので、私は彼に対して怒り心頭なのだ。で、中谷家の長男が、JAXAの、吉川貢氏を動かした可能性について語るのだった。)、その男性が、中谷家と、いまだに、親しいらしくて、自分が偉い人間であるかの如く、装うために、虎の威を借るキツネそのものとして、10年以上前に、「川崎さん、知っていますか。中谷家のご長男は、東大宇宙工学研究所の所長なんですよ」と、放言をした。

 それで、私は、2019年4月4日の今、あのJAXAの、「目をつぶって、流鏑馬を、行うほどに、難しいミッションです」という発言は、中谷・元・東大宇宙工学研究所所長から、依頼をされて、出てきた発言だと、見ているところだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『こここそ、私が常に言う、神様の存在が露見なさったところなのだ』

 私は、1985年から、中谷共二氏の長男が東大で、faculty(教務職、助教授)であることを知っていた。私は、自分自身が、1967~東大の教務職、助手であったので、東大内部のことはよく知っている。

 その日、中谷共二(東大宇宙工学研究所の所長の父親)氏と、私の関係を言えば、私の方が圧倒的な優位にあった。中谷共二氏は、我が家の東北の崖を無断で、崩したのだった。こんなことが、世の中に許される? その坊ちゃまが、のちに、東大宇宙工学研究所の所長になるのですよ。そう言う坊ちゃまの名誉のためにも、絶対にやってはいけないこと、を中谷氏はやりました。

 なぜ? それは、中谷氏が、カリフォルニア大学出身の、帰米二世で、既に、戦時中から、CIAエージェントの一人であったことをうかがわせるに足る事案だったのです。成田空港がない時代から、羽田空港の、飛行機用燃料のための一種のガソリンスタンドを経営しているのですって。そんな、一国の命運を左右する様な仕事をどうして、戦後、進駐軍に支配をされていた日本で、普通の人ができますか? できませんよ。当たり前でしょう? 中谷共二氏は、CIAエージェントであるからこそ、同じ、CIAエージェントである瀬島龍三から頼まれた、対・私いじめ案を実行をしたのです。

 私は京急、北久里浜を最寄とする横須賀市の、水道山のすぐ近所に住んでいました。そこで、益山重夫という人物(元、海軍参謀)が、ただで、横須賀市の水道山1200坪を手に入れたのです。地籍変更届という仕組みを利用してです。見かけ上は、書類だけは、ととのっているので、詐欺事件ではありません。ただ、実質的には大詐欺事件です。私は、その件の、すべての真相を知っています。そちらのケースで、杉本俊一、正子、元横須賀市副市長夫妻とか、仲野通巳吉、一族は私が何も書かないので、ビビっていると誤解をしているのではないかしら? ビビっていませんよ。私は、この雪ノ下の方で、画家Aという、とんでもない、男の分析が済んでいないので、そちらに触れないだけなのです。

 今日もJAXAの吉川貢氏が、この22日日に、インパクタは、目をつぶって、流鏑馬をやるがごときだと、いった問題で、語っている文章なのですが、まさしく、またもや、画家Aの、おバカさん下限を、分析できることとなっています。彼が、どれ程に、おっちょこちょいで22日あって、だから、自分は中谷家を守っているつもりでありながら、事実は、かえって、反対であって、大迷惑をかけている存在であるかを明らかにできるからです。絶好の機会です。

 中谷氏は、瀬島から、私が恐るべき頭の良さの人で、決断力もあるので、気が付いた限り、法廷闘争等にもっていきかねないことを聞いて知っていました。気が付かないうちに、悪い既成事実を作ってしまおうと、思って居たのに、私は、すべて、気が付くのです。そう言うところも神様のご支援があると、思うのですが、私をだまそうとか、ひっかけようなどという事は、100年早いです。

 で、中谷氏は、必死になって、私を懐柔しようとしていたのでした。法的闘争にもっていかない様にしていたのです。

 で、中谷氏は、肉を切らせて、骨を断つという作戦に出てきました。自分のプライバシーを、一時間以上かけて語ったのです。それで、仲良しになりましょうと、言う作戦です。

 私は、要所、要所で、此処が、突っ込みどころだなあと、思うポイントに気が付きました。

 例えば、中谷氏は、「長男が東大助教授です」というのです。これで、威張れるというつもりなのでしょう。だけど、私から見れば、すべてはもろ刃の剣だから、それで、威張ることができると思うのは浅はかです。

 私は、1967年に東大の教務職をしていたわけですが、この時、間髪を入れず、二つ質問をしたいなあと、思いましたよ。

 当時の東大は、職員が、9000人いると、聞いていました。それで、「お坊ちゃまは、駒場で教えておられるの? それとも本郷ですか?」と。これだけで、後は、中谷という名前で、探れば、どこの部門で、何を教えているかがわかるはずです。もっと、単刀直入に言えば、「何学科の助教授ですか?」と、聞くのが、近道でしょう。

 しかし、私は、すべてがわかっている人だからこそ、質問をしないのです。後程、画家Aが『ご長男は、東大宇宙工学研究所の所長ですよ」と、ばらしてくるわけですが、其れを聞きたいのに、押さえる人が私なのです。

 象徴的に言えばです。この日、私は自分の右手の甲の側で、中谷氏の左ほほを、ひっぱたいてもかまわないくらい、こちらが上だったのですよ。無論、そんなことはせず、私は、最高にお行儀よく、法律で、許されている範囲の言葉しか出しませんでした。

 「これは、困ります」それから、「これは理不尽です」です。どうして理不尽と思うかについては、理由を述べました。安野千沙夫人の意図場片居木が、大問題で、そこで、一番大きな声を出す、前田清子さんに対して、藤本禎子夫人は怒っていて、彼女に対する復讐案として、道路の真ん中に、ご自分用のフェンスを作ると言って居るのです。だから、前田夫人に、謝罪に行かせればいいのです。ともかく、この安野智紗、前田清子という二人の、おくさんは、非常識に過ぎます」と、説明をしました。すると、中谷夫人が、「あなた、川崎さん(雨宮舜の本名)のおっしゃる通りです。この件は、これ以上進めない様になさいませ」といったのに、中谷氏は、進めたのです。今に続く、歴史的な禍根を残してまで、すすめたのです。

 一方に私ですが、『此処で、ご長男の専門フィールドを、聞いた方がいいと、わかっていても、質問をしないのです。つまり、欲張らないことを肝に銘じているからです。

 ここが,信仰の問題とか、哲学の問題へ移行をするところです。

 しかし、待てば、海路の日よりありです。

画家Aが本当にぺろっと、と、教えてくれました。役に立つ情報をです。

 

 

@@@@@@@、此処が現在書きかけ中の最先端です。

ところで、品川駅で、人身事故? それが、午前7時53(または、8)分で、またもや電車が遅延をした。で、9時18分に鎌倉駅を出発した・・・・・これは、100%、私のブログに対する復讐だった。だが、古典的なものである。2005年に、品川駅で、大遅延が起きた事と、2010年4月3日に、北鎌倉と、大船の間で、1時間半、何の説明もないママに、遅延したのと、メトロポリタンオペラが、渋谷のNHKホールで、公演をした次の日に大崎駅で、一時間半泊まっていた、又主人が入院中に歌舞伎座昼の部を、見に行くときに、西大井と、品川の間で、1時間以上胃炎をした。に続く、五番目の第謀略としての遅延だった。私は、昔、鎌倉駅で、実際の飛び込み自殺を見たことがあったが駅員さんは、30分で、回復させた。それが、優秀な日本の、鉄道マンのしぐさだと、思う。』

 ええとね。ここから先、大変たくさん書きたいのです。自分が言って居ることが正しい事を証明する、傍証をです。だが、本日も外出をして、疲労をしているので、傍証なしですが、その地縁は、私狙いだと、言っておきましょう。というのも、大船駅で、東海道線に乗り換えたら、トタンに、スムーズに、東海道線も横須賀線も走り出し、

 しかも、横浜駅についたとたんに、すぐ次の、編成列車が、横須賀線の、ホームでも、東海道線のホームでも発車したのです。つまり、尾行が付いていて、その尾行は、いつもいう様に、応用能力がないのです。それで、上司に、「彼女は、既に、横浜駅につきました」と、言えば、JR東日本に対して、「もう、お芝居をしなくていい」と、連絡を入れるわけですね。それで、次の電車が、すぐ、くるのです。

 これは、本当に書きたくなかった現象ですが、今までも、同じことが起きていて、私はそれで、人身事故も、信号の点検であろうが何であろうが、自分狙いの、遅延か、どうかを判断をしているのです。

 もう一つあります。私の行き先が、委員であって、午前中に行かないといけないという事を、3日には、敵方は、知っていたと、いう事です。したがって、午前中にそちらに到着できない様に、大船駅まで、3か所で、停滞して、そこで、既に、20分以上待たされているのでした。

 それと、もう一つの特徴が、大音量で、遅延のお知らせがぎゃんぎゃん放送をされることです。人々をイライラさせる様に、放送をされることです。これは、安藤高春警察庁長官が、横浜で、APECが開かれたときに、横浜を視察して歩く映像が出た年だったのですが、テロリスト警戒だと、言って、新橋駅の横須賀線側の、改札より内側のリッカーが全部封鎖されて、しかも、それ以降、復活をしていないことを見ても明らかです。

 そのころも新橋駅は、ものすごくうるさかったです。銀座通りと、交差する交差点までも、新橋駅の遅延情報が聞こえるほどに、うるさかったです。2019年4月3日の、大船駅も同じでした。

 そして、私が、大船駅で、東海道線のホームに移動をした途端に、横須賀線のホームで、放送もなく、東京行の電車が発車して(というのも、東海道線の方が先のはずでしたが、急に、私をあざ笑うがごとく、横須賀線を先に発射させたのです)横浜まで、両線ともに、全く停滞することなく、走り続けたのでした。鎌倉から、大船までの、車内放送では、これから先も電車が各駅で、停滞しているので、何度も止まると、言って居ましたが、全く止まらなかったのですよ。

 これは、命令された通りにしか、動けないという例の、連中(刑事❔)の頭の悪さを証明しているのです。または、成岡康司君が頭が悪いのか? こと電車を利用した、いじめには、成岡康司君が、かかわっていると、私は、推察しています。彼は、元早稲田の革〇の委員長(1965年ごろ)にして、現在では、日本のCIAエージェントのトップクラスに位置していると、思います。アイデアを出すのは、井上ひさしです。しかし、政治的トップは、成岡康司のはずです。

 成岡康司君は、貧乏な育ちではないでしょう。だから、井上ひさしみたい二、上昇志向は、強くないのです。自分の名前が体臭にアッピールしなくても平気なのです。ただ、裏側で、政治力を発揮することに、意欲を持っているので、国会の運営等を、どうしようか?とか、文化界をどう支配するべきか、などと、考えている任務のはずです。

 以前、長嶋一由という、元代議士にして、どこかの市の首長だった人間が、成岡君の子供ではないかというのは、全くの想像であって、当たっていないかもしれません。成岡康司は、華族を持たず、ただ、ただ、日本を実質的に、自分の支配下に置くことに、興味を示している可能性があります。ただ、韓国をいろいろ、動かしているのは、彼かもしれません。川崎の出身なのでう感じています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『この章の結論。・・・・・それは、鶴岡八幡宮様が、2018年の秋の流鏑馬において、来訪した、観光客に対して、異様な迷惑行為を敷いたのは、伊藤玄二郎達が、武部聡志を守りたいと、思っての復讐行為だった。

 だが、吉田茂穂宮司は、ブーメラン効果をもたらして、ご自分の、首を絞める様なことを平気でなさる。きたる4月に行われる、春の例大祭に、おける流鏑馬は、元通りに、正門(三の鳥居)から、入場させる形に戻されると、思うが、ここに、

 宮崎みどりさんが、新元号を決める懇話会に、委嘱をされた、のを映像で見て、彼女が、ぼんぼりまつりの先頭の雪洞であることが、長く続いたので、八幡宮に連想が及び、そこから、2018年秋の流鏑馬の、異様な、来訪者いじめを語ってみた。

 吉田茂穂、宮司には、ああいう計画を立てる、意図がない。ただし、伊藤玄二郎達、鎌倉エージェント側にはあった。この10年の八幡宮が、異様にうるさいのだ。それを、主に、ぷわーん、ぷわーんという異様なサイレン音を、境内に、朝の九時から響かせると、いう仕草で、武部聡志に、行わせていたのだけれど、後注1や、後注2みたいに、その因果関係をはっきりと、書かれると、武部聡志に、申し訳ないと、言う気分になるのだろう。

 で、流鏑馬で、一般人に迷惑をかける、謀略を考え出し、それにすぐ私が反応するはずだと、待っていたと思われる。私は、自分が其れを、書く事を待たれていることについては、瞬時には、反応しないケースも多い。池江りか子さんの、白血病が嘘であると、言い切って居るが、続報を書いていない。しかし、今もなお、持論を変えるつもりはない。

 ところで、流鏑馬が出たのは、其れが、2018年に、鎌倉エージェントに利用をされたから、書いている私の文章を、否定するために出てきたと、思って居る。

 だけど、もっともあくどいポイントは、JAXAとは、理科系の世界であって、政治とは、別物のはずである。アメリカなどでは優開発は、軍事目的に使われるとしても、日本では、科学優勢だと、国民全部が思って居る。

 そして、JAXAは、もっとも明るい話題の一つなのだ。そこを利用してきたと、言うのが、あくどいポイントだ。

 ところで、読者の中には、「あなたは、うそを言って居る、吉川貢氏他の人は、自発的に、あの文言を思いついたのです」と、言うかもしれない。しかし、インパクタというミッションは、4日に、行われるみたいだ。今までJAXAは、そのミッションの、実行日、以前に、これ程の、大掛かりな、記者会見を開いたであろうか? ことが終わってから、開いたと、思うが・・・・・・

 しかし、此処で、こういう風に書くと、これから先、事が始まる前に、記者会見が開かれる様になるだろう。という事は、鼬ごっこだという事。それでも、此処で、こういう風に記録をして置くことは、意味があると、私は、思って居る。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

尚、このブログの、2010年より数え始めた延べ訪問回数は、5244391です。 

 

コメント