できることを、できる人が、できるかたちで

京都精華大学人文学部・住友剛のブログ。
関西圏に関することを中心に、教育や子ども・若者に関する情報発信を主に行います。

ただいま歯の治療中~右上の親不知を昨日、抜きました~

2018-08-28 10:23:19 | 悩み

昨日の夕方、近所の歯医者で、右上の親不知を抜きました。

実はお盆休み前に「なんか奥歯が変な感じ…」と思って歯医者で診察を受けたら、なんとまぁ、右上の親不知に虫歯ができていることがわかりました。

それも親不知の横、隣の歯とのすき間から虫歯が広がっていて、歯医者曰く「これは抜かないといけないですね。まあ、痛みもあまりでないですし、治りも早いですよ」と。

「ええっ、横から虫歯できるって、ほんまかいな?」と思ったり…。

二十歳過ぎに下の親不知を抜いたとき、3日間くらい、七転八倒するくらい痛かった記憶がよみがえったり…。

そんな思いがぐるぐるよぎりながら、昨日の夕方を迎えました。

ですがまぁ、歯医者さんのおっしゃるとおり、親不知を抜くこと自体は、麻酔をかける時間を入れても約30分程度。抜くときは全然痛くないですし、麻酔が切れたあと、右のほっぺたに腫れと鈍い痛みというか、重たさみたいなものが出ましたが、下の親不知を抜いたときみたいに七転八倒するほどでもないです。

昨夜は食事をスープ飲む程度に控えましたが、今朝からは普通に食事をとったりすることもできるようになっています。まだ右のほっぺたの腫れが続いていますけど、これも時間の問題で消えるでしょう。今のところ、痛みもほとんどないです。

あと、実際に抜いた歯を見せてもらうと、ほんと、歯の真横から穴が開いていまして…。その穴がもうちょっとで歯の根っこにまで到達しそうな状況でした。ここで気が付いて、ちゃんと抜いてよかったなと思いました。ついでに、その抜いた歯をもらってきました。

まあ、そんなわけで、無事に右上の親不知を抜くこと、終わりました。

なお、来週水曜日に、今度は左上の親不知も抜きます。こちらはもう何年も前に虫歯になっていて、別の歯科で治療を受けて、詰め物をして一応、落ち着いています。でも「こっちももう、抜いておいてもいいでしょう」ということですね、はい。

ジャンル:
ヘルス・ビューティ
この記事についてブログを書く
« 今日(8月26日)のプリキ... | トップ | 最近読んだ本をまとめて紹介... »
最近の画像もっと見る

悩み」カテゴリの最新記事