日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

アカデミー賞では作品賞を含む4部門でノミニー。

作品賞(WOW!)・助演男優賞・脚本賞・編集賞と、受賞は逃したものの立派!

だが日本では現状、未公開。

 

 

WHY?

それは映画界ではなく、異業種からの映画製作新参入組、だからだろうか?

(Netflix が出資し、彼らのサイトでは「Netflixオリジナル作品」と表現されている)

 

そういえば、こんな体験が最近にもあった。

その映画は、Grateful Dead の4時間以上の映画「グレイトフル・デッドの長く奇妙な旅」

渡米時にちょうど公開がタイミングがあっていたので、到着初日に劇場に駆けつけた。

ところが一週間で終了ですれ違い。

切符売りに「なんでたったの一週間?!」と質問すると…

答:「Amazon Studios制作だから、形だけNYとLAで一週間だけ公開、なのさ」

私:『?!?!?」

 

 

さて映画本編。

舞台はテキサス州西部。

銀行強盗を働くハワード兄弟(クリス・パイン と ベン・フォスター)

 

この2人の銀行強盗には幾つか特徴が。

大きい銀行支店は狙わない ー 設備などがより厳重になり面倒になる

小額紙幣だけを持ち去る ー 高額紙幣は足がつく

しかも、ある特定のテキサスの銀行支店のみを襲っていた!

 

そして追うシェリフ2人。

助演男優賞候補になったジェフ・ブリッジス(写真)と、インディアン系のバディ。

2人の会話がなんともすっとぼけていて笑える。

 

映画の冒頭で提示されたこの2。

物語のラストに向かい、運命的に?じょじょに距離が近づいていく。

現代版西部劇、的な趣き。

 

 

というと、ありきたりに聞こえるが、骨太の演出と各人の演技の重量が積み重なり、しっかり魅せる。

 

だけでなく、強調しなければなのが、脚本。

地元テキサス出身の脚本家が感じた「現在のテキサス」を反映させたホンになっている。

この点で侮れない出来に仕上がった。


「現在のテキサス」とは、カジノ・銀行の「金融組」くらいしか勝ち組がなく、伝統的な仕事をしている大勢は明らかに「負け組」。

資本の論理の元、ちょっとした借金で、油田で儲かることがわかっていてもそれを抵当で奪われる社会、が底流に流れている。

  

銀行強盗2人組の住む家は母に借金があったことから。その銀行に差し押さえされかかっていた。

しかも土地内から石油が取れることがわかっていたので、収入のアテはたっているのに...

その理不尽さに対しての「正義」が毎度の犯行の動機だったのだ!
 
 
とはいえ、犯行に走った者たちがたどる運命はだいたい決まっている...
 
 
 
結論:現実のリアルが染み込んでいる 現代版西部劇、は見応えあり!
   劇場公開しないかなあ...(当ブログは、リージョン1のDVDで鑑賞)


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 「ブログでサ... また突然で恐... »
 
コメント
 
 
 
こんばんわ (にゃむばなな)
2019-06-10 00:07:46
先住民から白人が奪った土地を、現代では銀行が白人から奪おうとしている。
そんなご時世にドナルド・トランプが大統領になった。
こう見ると世知辛いなぁ~と思えてしまいました。
 
 
 
確かに (onscreen)
2019-06-11 21:05:32
世知辛い....
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集