日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





ヒッチコキアンには堪らない今作。
TV ヒッチコック劇場のオープニングでキックオフしただけで、もうハイ状態に(笑)


まず、彼のどの時期が取り上げられているかを整理。

1956     知りすぎていた男 The Man Who Knew Too Much      
     間違えられた男 The Wrong Man  
1958     めまい     Vertigo
1959     北北西に進路を取れ North by Northwest      映画は、この直後→
1960     サイコ Psycho                                                          →ここまで!
1963     鳥  The Birds
      この後、失速...

つまり、彼のキャリアのピークの時代の物語。


一言でいうと! この映画の主演は実は、このサスペンスの神様 の妻 アルマ・レヴィル。
彼女が及ぼした計り知れない「影響力」を知る映画(笑)

そのアルマを演じているのは名優 ヘレン・ミレン(写真:右)
十二分にその「影響力」を発揮する。

一方でサスペンスの神様を演じる アンソニーホプキンス(写真:左)も力演。
なのだが、ヒッチコック本人の「陽性」のキャラがあまりに強すぎた故に、当ブログ的にはちょっと食い足りない。


このアンバランスさが、観賞後の印象にやや微妙にしている(ように感じた)
写真のポスターからでさえ、その感じが伝わってくると思う。

と言いつつ映画ファンにとって今年、驚喜間違いない映画の1本であることは間違いない、かな。
(昨年のマリリン 7日間の恋、のように)
5日~公開。


追記:映画の宣伝でトリビアとして「アカデミー賞に嫌われた男」と紹介されているが、それは「ウソ」
   1940年アメリカでの初作品『レベッカ」でその年のアカデミー最優秀作品賞を受賞済。
   ちゃんとやれ!(怒)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 読後評:なぜ... 映画:海と大... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集