日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

主人公は80歳。

日々、「現実」と「勘違い」「幻想」の合間を行き来する状態に陥っている。

 

記憶力が低下しているだけではない。

むしろ意識ははっきりしている。

だがどこからが真実で、どこからが幻想か、わからくなっている自分に気づく。

 

具体的には例えば、

 

・会ったこともない人物が突然現れる。それも複数…

 

・自分の家にいるはずが、違う場所にいるような気もする

 

・自分が大事にしているアンティークウォッチが、置いて会った場所から無くなる

 なので、お手伝いの介護士を疑う、娘すら疑いだす

 

・感情の起伏が激しくなっている(とまわりが考えている)

 

・このため娘が苦労して手配した介護士が次々と辞めていく…

 

・娘の夫の顔が思い出せない。他人にみえる

 

 

アンソニー・ホプキンスが唸るような演技でこの様子を表現していき、観客は魅了されるばかり…

鳥肌が立つほど(汗)

 

前評判をうっちゃり、アカデミー主演男優賞を獲得したことにガッテン!

(急死した C ボーズマン が大本命視で発表順までトリに → 結果ドッチラケ...)

 

やはりアカデミー賞を獲得した 脚色 にも納得。

(元々は舞台劇だったそう)

 

主人公視点を ある時はセリフで、ある時は映像で、ある時は音楽で、と組み立てていく技に時間さえ忘れそうになった!

 

 

娘を演じる オリヴィア・コールマン も好演。

彼女は前年にすでにアカデミー主演女優賞を獲得していたのでその点で不利だったかも…

 

 

結論:脚色 そして 名優の演技 で、主人公視点という新しい切り口から「老化」を描き切る一作。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 本日の 聖火リ... 本日の 聖火リ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (margot2005)
2021-06-02 19:51:26
俳優はもちろんのこと、「現実」と「勘違い」「幻想」の合間を行き来する状態を巧みに描いていて素晴らしかったです。

この物語は日本でも舞台劇になったようですね。
オリヴィア・コールマン最高です。
>鳥肌が立つほど...
たちました。
 
 
 
コメントありがとうございます! (onscreen)
2021-06-03 00:15:59
こうして思うに、何度となく、

ホプキンス
オリヴィア・コールマン

の演技に浸りたいという気もしますね〜
 
 
 
こんばんわ (にゃむばなな)
2021-06-07 01:23:26
アンソニー・ホプキンスなくして、この作品は成り立たず。
そう思わせた時点でアカデミー主演男優賞は決まりでしたね。
 
 
 
御意! (onscreen)
2021-06-07 05:37:39
<アンソニー・ホプキンスなくして、この作品は成り立たず。
<そう思わせた時点でアカデミー主演男優賞は決まり

それでアカデミー賞史上に残るドッチラケエンディングを
迎えた訳ですね!(笑)

まあこの事件にはかなわないですが → リンク参照
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集