日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

機会があれば是非と思っていたDavid Byrne  American Utopiaライブ。

 

David Byrne は、元 Talking Heads のリーダー(写真センター)

Grown Backwardsi以来、14年ぶりにソロアルバム、そしてツアーを1年行ってきた。

ライブ・ストリーミングでみて「行かなくちゃ」モードだったのだけれど、どうにもタイミングが合わない(涙)

 

と嘆いていたら…

 

何と!ブロードウェイでレギュラー・ショー化!!!

 

 

どんなライブなのか、を以下再現してみる。

 

David Byrneも含め、総勢11名のメンバーが、全員パレードのバンド状態で立ち姿。

通常のバンド形式から完全に逸脱している(そのかわりパーカッション隊は充実)

そしてパフォーマンスは各曲とも、ユニークな演出に満ちている。

過去長く続けてきたパフォーミング・アーティストとの共演の経験値が生きた感じ。

 

 

例えば、

 

・ステージ上のメンバーは全員はだし!

 

・真っ暗な中、ライトの点灯でメンバーのダンスを見せる演出。

 

・全員が円になり踊り歌う、”Everyday is a miracle”

 円がバラバラになったり、また円に戻り、皆で右回り左回り(笑)

 

・Byrne がギターを持ち、とても明るい曲調で歌う、”Blind”

 影をうまく活用し、ステージ上で 大きな動きをみせる演出。

 

 ・Headsの曲 ”The Great Curve”

 赤のライティングで、曲の危機感を演出。

 ギター演奏終了後、ギターははけ、ダンスにスムーズに移行する Byrne

 悲壮な感じだったこの曲のイメージが、かなり変わった!

 

 

 

 

 

 

当たり前かもしれないが、新作からの曲はいっそうノリが良い。

だけでなく、 ”Once in a Lifetime”などの Talking Heads時代の名曲は勿論、鉄板。

 

そして Byrne が作曲した他のミュージシャンに提供した以下の曲も披露され、

 ・ファットボーイスリムに捧げたという、”Toe jam”

 ・ジャネール・モネイにプレゼントした”Hell you Talmbout”

 ステージの流れに、いいアクセントを加えている!

 

 

というわけで結論は、

「いつかライブでみたいぞ!」

が実現しそうなことに、今からエキサイトしている!(笑)

(公演期間は 10/4 ~翌年1/19 @NY ハドソンシアター、先行9/11 〜 28 @ボストン)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



     


 
編集 編集