goo

「クィーン」 The Queen

"彼女だって望んで女王になったわけじゃないのに50年もその職務をはたして来た人なんだ"

劇中、まずは職務優先、個人は二の次、といった台詞もあったけれど、ダイアナの死後一週間にフォーカスして、エリザベス女王が国民と王室の間で板ばさみとなり、激しく葛藤する様子を、当時のニュースを交えながら描いたセミドキュメンタリータッチな作品。

ある意味でイギリス国民のみならず多くの人たちが思い描くであろう、威厳があり、人間味も豊かで、さらにキュートでもある理想的な女王像を体現するヘレン・ミレンのなりきったような演技は確かにお見事。



そしてダイアナの死に対する王子たちの動揺を紛らすために、あろうことか「鹿狩り」(← まさに「ディア・ハンター」!)に連れ出すエジンバラ公や、その様子をパパラッチに撮られたら、そいつらを撃てばいいと言い放つクィーン・マザー(皇太后)といった、旧態依然としたロイヤルファミリーの面々の捉えかたも興味深かったし、いかにも労働党党首といったトニー・ブレアの普通の家庭生活描写や政策ブレーンとのやりとりも巧いな、とは思った。

そしてストーリー上では(生きていても死んでも厄介な)ダイアナの死をめぐって適切な対応を怠ったため国民と遊離しそうとなり、時代に応じた英国王室の在り方に苦悩する女王をトニー・ブレア首相がサポートする展開となって入るけれど、実のところ女王にとって彼は所詮10人目の首相であって、「気をつけないと、あっという間に追いやられる」といったような意味の忠告をしていた通り、そんな彼がイラクへの強行派兵以降、支持率が低下し、すでに辞任が決定している現実に対しての皮肉としても効いているとも思った。



ただ、全体的なことを言えば、どうしたって王室側からの一方的な視点で語られていることは明白で、エリザベス二世の一人の人間としての魅力は大いに伝わったけれど、トニー・ブレアのちょっとわかった風過ぎる格好よさも含めて、やはり何で今頃?といった疑問とともに、なんだか王室ご用達映画の範疇に収まってしまっている物足りなさを感じてしまったのだ。



今日の1曲 “ GOD SAVE THE QUEEN ” : Sex Pistols

ご存知「アナーキー・イン・ザ・UK」で76年に鮮烈デビューしたセックスピストルズの大ヒット曲。
「ゴット・セーヴ・ザ・クィーン」というタイトルこそイギリス国歌と同じなのですが、歌われている内容はあまりに過激で、BBCでは放送禁止となったパンクムーヴメントを代表する曲。
それにしても映画の中でも出てきたスコットランドにあるバルモラル城周辺の四輪駆動車で駆け巡るほど広大な敷地を目の当たりにすると、ジョニー・ロットンの苛立ちも判らないでもない気がしました。
お馴染みの動画はコチラ
コメント ( 7 ) | Trackback ( 28 )
« ゴディバのデ... 「ラブソング... »
 
コメント
 
 
 
こんばんは♪ (ミチ)
2007-04-25 23:47:05
何十年か前エリザベス女王が来日されたことがありましたよね。
あの時は一大ブームが起こったのを覚えています。
エジンバラ公もいつも後ろに寄り添っていて「いい人」ムードをかもし出していたのに、この映画では王子たちを鹿狩りに誘ってる・・・・。
高貴な人達の考える事は分けわかんないと思った瞬間でした(笑)
皇太后の気質は結構有名ですよね。
皇室や王室ってベールに覆われているだけにちょっと興味があります。
それにしてもパパラッチの凄まじさには驚きました。
 
 
 
こんにちは (カオリ)
2007-04-28 15:40:29
これ、どこまでホントなんだろう・・・と思いつつ観てました。特にブレア首相。今のイメージがあんまり良くないもんで・・・。

でも、圧倒的な女王の孤独が伝わってきました。

 
 
 
◇ミチさん (nikidasu)
2007-04-29 00:58:06
王室といえども嫁と姑とのやりとりとか、何気ない日常ってこんなもんなんだろうなあと思わせてくれたのが、何とも可笑しかったりもしました。
そして等身大の女王ぶりは確かに見ものではあったとは思うのですが…、いささかウームでありました(笑)。
 
 
 
◇カオリさん (nikidasu)
2007-04-29 01:04:44
そうなんですよね、ちょっとそりゃぁないだろうと、英国人の友人も申しておりました。
ただ、一人の女性の何とも忸怩たる想いは確かに巧く伝わっていたと思います。
 
 
 
TB失礼します★ (motti)
2007-05-01 13:23:11
女王はすごい!
ブレアはすごい!
双方の面目を絶妙に保ったことで映画化に成功しえたわけでしょう。
ピストルズは大好きでした♪
 
 
 
◇motti さん (nikidasu)
2007-05-03 03:00:30
確かに双方の面目は保ったように見える映画でしたね。
ただスティーヴン・フリアーズの意図はどこにあったのか、いささか不明?
だったりします。
 
 
 
こんにちは (あん)
2007-05-04 13:58:41
すみません。2つもTBさせて頂きました。

双方の面目は保った...う~ん、そうですね。
かなり、今、生きている王室の方々に配慮されている、と思いました。
チャールズも、息子達の生母であるダイアナを擁護している描き方だったので”ホントかな?!”と疑問でした。
ただ、王室の内部事情やヘレン・ミレンの演技は、面白かったです!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
『クィーン』 (Sweet* Days)
CAST:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン 他 アカデミー最優秀主演女優賞、ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞 他受賞 STORY:1997年、8月。ダイアナ元妃がパリで交通事故により死亡し、イギリス国民はみな悲しみに暮れていた。王室の対応へ国民の視線が注が...
 
 
 
クィーン (ネタバレ映画館)
ホモだからといってエルトン・ジョンを馬鹿にするな!あんただってスカート穿いてるゾッ!
 
 
 
クイーン (シャーロットの涙)
エリザベス女王の苦悩
 
 
 
真・映画日記『クィーン』 (CHEAP THRILL)
4月19日(木)◆416日目◆ 終業後、三田線で日比谷へ。 シャンテ・シネで『クィーン』を見る。 6割ほどの入り。 女性客、会社帰りのリーマンが客層の中心。 ボクの右隣は外国人の野郎二人組。 1997年8月に起きたダイアナ元皇太子姫の自動車事故→急逝。 ...
 
 
 
映画~クィーン (きららのきらきら生活)
 「クィーン」公式サイト本年度アカデミー賞主演女優賞受賞作品1997年8月31日に交通事故で他界したダイアナ元妃をめぐって、揺れ動く英国王室の内実を描いた衝撃のドラマ。1997年8月31日、“英国の薔薇”ともうたわれた英国王室のダイアナ元皇太子妃が、パリで交通事故に...
 
 
 
クイーン (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  威厳の壁、世論の波にゆれるクイーン  
 
 
 
クイーン (八ちゃんの日常空間)
この作品も最初に予告編を観た時からかなり気になっていました。なんか面白そう!ノンフィクション系の中でも群を抜いて楽しめます。今年に入ってからのシャンテ・シネ上映作品で、一番良かったと思えます。
 
 
 
映画 【クィーン】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「クィーン」 1997年8月31日に交通事故で他界したダイアナ元妃をめぐって、揺れ動く英国王室の内実を描いたドラマ。 ダイアナ元妃が交通事故で亡くなったというニュースが世界を駆け巡ったのは10年前の夏休み最後の日。ダイアナ元妃は世界的アイドルであり、...
 
 
 
クィーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アカデミー賞主演女優賞受賞のヘレン・ミレンを観に劇場へ―【story】1997年8月31日。ダイアナ元皇太子妃がパリで自動車事故によって急逝した―事故直後、英国国民の関心は一斉にエリザベス女王(ヘレン・ミレン)に向けられ、好奇心の対象となった。民間人となったダイア...
 
 
 
クィーン (週末映画!)
期待値: 95%  「ヘンダーソン夫人の贈り物」のスティーヴン・フリアーズ監督作品。 ヘレン・ミレン
 
 
 
「クィーン」 (やまたくの音吐朗々Diary)
公開中の映画「クィーン」を観賞(3月某日・試写にて)。2006年英仏伊合作。第76回アカデミー賞主演女優賞はじめ、多くの映画賞を受賞した話題作。監督はスティーヴン・フリアーズ。出演はヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェイムズ・クロムウェルほか。1997年8月31...
 
 
 
クィーン (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”The Queen”監督=スティーヴン・フリアーズ。脚本=ピーター・モーガン。1997年8月31日、ダイアナ元皇太子妃の事故直後、英国国民の関心とマスコミの好奇心は、エリザベス女王の対応に向けられるのだが・・・。☆☆☆☆★★
 
 
 
クィーン (そーれりぽーと)
世界中から愛された元プリンセス・ダイアナと、彼女の死によって必要以上に悪役のレッテルを貼られてしまった女王の苦悩を描いた映画『クィーン』。 ご本人存命の内にこんなプロットの映画が製作出来たというのは驚き。 オスカーでも評価されるなと興味深く公開を待ってい...
 
 
 
クィーン (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ノンフィクション系の映画も流行ですが、これは前代未聞! こんな映画が作られること自体すごいです。 女王はすごい! ブレアはすごい! ...ってことで絶妙に面目を保ったことで映画化に成功しえたわけでしょう。
 
 
 
クィーン (悠雅的生活)
21世紀の英国女王、エリザベス2世。
 
 
 
【2007-63】クィーン(THE QUEEN) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ショッキングなニュースが世界中を震撼させた 1997年8月31日 ダイアナ元妃 突然の死 世界中が泣いたその日、 たった一人涙を見せなかった人がいた 世界中が注目したひとりの女王 その時─ 英国王室に何が起こったのか あれから10年 今、真実が...
 
 
 
クィーン 2007-20 (観たよ~ん~)
「クィーン」を観てきました~♪ 1997年5月ブレア首相が当選した。その3ヵ月後、パリでダイアナ元皇太子妃が自動車事故のため亡くなる。既にロイヤル・ファミリーではないダイアナの死に対し、エリザベス女王は沈黙するが、世間の批判がエリザベス女王に集中する・・・...
 
 
 
『クィーン』私は英国の女王なのです (描きたいアレコレ・やや甘口)
ダイアナ元皇太子妃が不慮の死を遂げ、お葬式までの、英国王室の日常と女王の心の動きを、追った映画。 英国王室の”頭痛の種”だったダイアナが ”民間人”であった事を理由に、女王は何の声明も出さず、悲しみにくれる国民か
 
 
 
女王の涙 【クィーン】 (犬も歩けばBohにあたる!)
2007年、アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞したヘレン・ミレン。 彼女は映画「
 
 
 
GOD SAVE THE QUEEN / SEX PISTOLS ~DEVOTE TO QUEEN 2 (Get it on !! ~another ver.~)
「女王」2回目です 過去にもブログネタにしたアルバムなんですが 再び登場!! ネタ切れではないよ…w 誕生を祝う曲としては ”?” だけど 「女王」ネタとしては数少ないので 本日のネタに(笑) というコトでWe love our queenな曲を! ...
 
 
 
【劇場映画】 クィーン (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になった。王家においてダイアナはいつも頭痛の種で、民間人となっていたダイアナの死は本来関係のないことであった。女王はコメントを避けるが、ダイアナを称える国民の声は次第に高まっていく。や...
 
 
 
QUEEN☆エリザベス女王の“本当の姿”とは?そしてダイアナとの確執の行方?! (銅版画制作の日々)
  エリザベス女王にそっくりなので、いやあ~です。(ちなみに、このヘアースタイルの名前はキャベツヘアーだとか)よく似た人がいるものだと感心していたところ、先日「キネマ旬報」でヘレン・ミレンの素顔を見て、あまり似ていないことに気づきました。それにしても、...
 
 
 
特別な存在であり続ける事の難しさ。『クィーン』 (水曜日のシネマ日記)
英国王室のダイアナ元皇太子妃が、パリで交通事故に遭い、逝去してからの王室での一週間を描いた作品です。
 
 
 
『クイーン』 (すきなものだけでいいです)
 第79回アカデミー賞・主演女優賞受賞 世の中には、知りたい情報や、知らなくていい情報や、知りたくもない情報や、様々な情報が溢れかえっています。 明らかに供給過多なそれらの情報は、私たちになにを与えてくれるの
 
 
 
★「クィーン」 (ひらりん的映画ブログ)
クィーンといえば、英国のエリザベス女王。 ダイアナ元妃の事故死事件時の王室を描いた作品・・って、よく作ったねぇ。 主演のヘレン・ミレンがオスカーの主演女優賞に輝いた作品。
 
 
 
クィーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1997年8月31日、ダイアナ元妃の突然の死。 その時、王室に何が起こったのか。 世界中が泣いたその日、 たった一人涙を見せなかった人がいた』  コチラの「クィーン」は、ダイアナ元皇太子妃の事故直後の7日間のイギリス王室とブレア政権を描いた4/14公開になっ...
 
 
 
God Save the Queen (「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所)
5月15日のベストヒットは、克也さんの日記にもあったように、最初から最後までイギ
 
 
 
映画 「クィーン」 (英国日記)
1997年、ダイアナ元妃が事故でお亡くなりになった時の、 王室および首相を中心とする舞台裏を描いた作品です。