蕎麦喰らいの日記

蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。

清風亭  上越市三和区

2013-06-18 23:59:24 | 日本料理
江戸末から明治の初めにかけて上越も下越も新田開発が盛んに行われた。


灌漑事業とともに、夏場の用水を確保するために、写真のようなため池が数多く造られた。


清風亭さんは、そういう池の端に建てられた川魚料理を得意にするお店である。
日差しは厳しいが、何もしないでも涼しい風が座敷を吹きわたる。


鯉こくと、鯉の洗いの二品の料理のめでたさよ。


鯉の洗いは、他では思いつかない味。


そして、鯉こくの味の深さは本当に凄い。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 旧樋爪家茶室  七尾城跡 | トップ | 七尾みやげ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (雪だるま)
2013-06-19 06:04:08
鯉こくと鯉の洗い
これを食べるためにだけ店に入ったことがありません
どちらもメニューを見たらあったのでついでに頼んだという記憶ばかり

これはぜひとも食べてみたい
こちら方面へ出かける機会があれば訪れてみたいと思います
Unknown (kikouchi)
2013-06-19 23:11:16
>雪だるまさん
この日は、年に2回しか公開されない日本庭園を見に行くつもりでしたが、どうした訳か現地へ行っても屋敷の鍵は閉ざされていて、川魚料理の日となってしまいました。
それでも、他に代え難い不思議な満足感がありました。
この1年くらい、この手のお店が妙に気になって仕方がありません。

コメントを投稿

日本料理」カテゴリの最新記事