卯月の日常 金沢・富山・大阪・京都のグルメなど

富山・小矢部市に嫁いで10年超え。グルメ、旅を中心に続けています。

「トラットリア ヴィバ ラ ヴィータ」 in 富山市

2014年11月25日 18時15分43秒 | グルメー「伊料理」

 

最近、富山でお気に入りのイタリアンがこちらのお店。
何回も頭で記憶しているのに、とっさに出てこない店名。

「トラットリア ヴィバ ラ ヴィータ」さんです。

店内、イタリア本国のようなトーンダウンした照明。
小物なども可愛くて・・・雰囲気出てますね。

 

 

この日はがっつりお酒頂きました。

だってお酒に合うお料理が豊富なんだから!


 

 

ラルド 600円

壱:三種のチーズのクレープグラタン 1200円
弐:ラヴィオリ ミラノ・ブリアンツァ(Brianza)地方のカゾンチェッリ 1600円
参:ポルチーニのリゾット 1800円
四:大山地鶏のパリッと焼き 1800円

紋甲烏賊のパスタ ヴェネツィア風 1400円

どのお料理も丁寧。
味付けもワインにぴったり。
ちょいパスタ弱いけど、素材が新鮮でぷりぷりです。
お昼のランチは1080円と激安。
いつも満席です!

富山市安田町3-14
TEL 076-413-7166
[平日]
11:30〜14:00 (LO)
18:00〜22:30 (LO) 23:00close

[金・土・祝前日]
18:00〜23:30 (LO) 24:00close

 


 

 

こちらがとある日のランチ

 

国産鶏のパリっと焼き

 

羊のチーズ、トマト、ベーコンのアマトリチャーナ風

コメント

Bistro Le Cercle Rouge(ビストロ ル・セルクルルージュ) in 砺波市

2014年11月25日 18時14分26秒 | グルメー「カフェ」「その他」

 

Bistro Le Cercle Rouge

少し前にオープンしたカフェレストランへY'sさんと共に行ってきました!(2014 9-18)
え?こんなところに??と思うようなちょい奥まった場所にお店があります。
ビストロ椋」のときもそう思ったけど、やはり駐車場を確保するには
店舗を奥にもっていくしかないのかもしれませんね。

店内は明るく、木の温かいイメージそのもの。
既にお客様で賑わっていました。

セルクルランチ(1200円)やパスタランチ、オムライスランチ(900円)から選べます。

ドリンク追加は+200円。
デザート追加は+300円。

私は、パスタランチを、Y'sさんはオムライスランチをチョイス。

パスタランチにはミニサラダとパンが付いてきます。
オムライスにはサラダとスープ。

上:デミグラスソースのオムライス

下:しらすとカラフル野菜のバーニャソースパスタ

各900円

味はとてもシンプルで、ちょい物足りなさを感じる見栄え。
サラダももう少しなんとかしてほしい・・と思ってしまうレベル。

オムライスはちょいと味見させていただいたけど、美味しかったな。

これに珈琲と、デザートをつけて1400円かぁ・・・うーん。
ちなみにモンブランは+400円でした。

ちょい割高な感じは否めません。

モンブランは美味しかったです。デザートはどちらもなかなかのボリュームです。

 

コメント

「GALLERIA」 in 白山市

2014年11月25日 17時08分01秒 | 料理 調理器具など

 

こちらのギラギラとした急須は、下のお店「GALLERIA」で一目ぼれして購入しました。

http://www.galleria-art.net/

南部鉄器の「SAKURA」シリーズです。

とってもお洒落なお店で、イタリア製の革鞄から、茶瓶、壺、絵画などなど・・・・個性的な作品が多く並べられています。

特に、鞄は良かったなあ・・<お高いけどね。

ちょっと遠出しなきゃ・・だけど、いいお店なのでお勧めです。

 ガレリア画廊 〒920-2305 石川県白山市河内町江津イ-1 TEL&FAX:076-273-0403

 

落ち着くカフェも併設。

コメント

女三人旅 「2014・秋の京都」其の六▲コリス▲

2014年11月24日 16時33分14秒 | グルメー「洋食」

 

腹ごしらえの前に、ちょっと寄り道。
主人からのおねだりで、こちら「村上開新堂」さんのクッキーの注文を。
http://www.kaishindo.co.jp/

  レトロな門構え。
そこに並ぶお菓子も「素朴」を体現したもの。

お持ち帰りでみかんゼリーとロシアケーキを購入しました。

 

想像していたより、甘みが控えめで少し柔らかめのクッキーでした。

美味しかった。

 

そして今回オーダーしたのはクッキーのボックス。(小)
我が家に到着するのは1月末あたりとのこと。
送料は600円です。楽しみ×2

※資料映像

 


さて、かにたまさんとY'sさんが以前訪れて、美味しかったと太鼓判を押すお店がこちら「コリス」さんです。


京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町101
075-561-9281

昭和な雰囲気が漂う外観。
ドアを開けると、少々狭いテーブル席は既にお客様でいっぱい。

予約をしてくださっていたので、私たちは一番大きなテーブルに!

驚いたのはメニューの数。
洋食屋さんというだけあって、とにかくいろんな揚げ物、焼き物(グラタンなど)多し!

今回は悩んだ挙句、「豚のポロネーズチーズ焼」(1750円)をチョイス。

Y'sさんは「サーモンとホタテのフライ」(1650円)、かにたまさんは「豚のブルーチーズカツレツ」(1750円)。

パンかライスを選べ、ボリューミーなサラダが付いてくる(ランチタイム15:30まで) サービス。

私のチョイスは豚が柔らかくてでかい。
チーズがどっかりへばりついていて食べ応え抜群。
中までしっかり火も通っていて、ちょっと濃い目のデミソースがご飯ではなくワインを要求したくなる(笑)。

 

Y'sさんから頂いたホタテのフライもそれはそれは良い味でした。
鮮度がいいのでしょう。ぷりっぷり。

かにたまさんの豚カツレツはブルーチーズがいい香りを漂わせてくれます。
やはりワインがほしくなる・・・・・・。

これらのメインディッシュでおなかがいっぱいになり、ライスちょい足りないか?と思っていたのが嘘の様。

大満足のランチでした。
男性にはちょうどいいボリュームだとおもいます。

グラタンもおいしそうだったので次回またオーダーしてみたいですね。

 


 

 

さて、お店から車で移動。高台寺近辺へと駐車し、各々で散策することに。



さすがにこのあたりは観光客でゴタゴタしていたので、私はいつものお店でお香を購入し、すぐに公園へ移動しました。

ぼーっと、行き交う観光客たちを見ていると、小学生たちが「猫おった!どこいった??」って叫んでいるではありませんか。

「猫」

 というフレーズを聞き逃すはずがない私は、小学生達が公園から立ち去ったあと、捜索開始。(子供達には大人気ないところは見せられん)

捜せど・・・「いないなあ・・・残念」と思っていた矢先、遠くからゆっくりと近づいてくる猫ちゃん発見。

興奮度MAX!

とても美猫でふくふくとしています。

私と一定の距離を保ちながらの移動。
決して触らせてはくれませんでしたが、立ち止まって悶絶する私を冷静に見たり。

割としつこく付きまとったので、しばらくすると茂みに飛び込んでしまいました。
幸せな時間でしたー!!!(笑)


駐車場へと続く階段。
普段ならブツブツ文句言っているはずだが、猫効果により足取りも軽かった。

Y'sさんとかにたまさんとは1時間後に合流。
無事迷わずたどり着いたかにたまさんに安堵。

さて、そろそろ帰りますか!!


今回の京都、あっという間の二日間でした。
内容はとても濃くて、紅葉も堪能できたし、京都の空気をたっぷり吸うことが出来ました。

女三人旅・・・これにて閉幕・・・!



コメント (4)

女三人旅 「2014・秋の京都」其の伍

2014年11月21日 14時15分38秒 | 旅行ー「大阪&京都」

 

さて、ぐっすり?と眠ることが出来、朝はすっきり目覚めた。<よく歩いたおかげ

朝はコンビニで買ったパンスープを飲み、ほこほこ。

約束の時間に皆さんとロビーでおちあい、朝から元気よく向かった先は桂川に面した素敵な場所。

朝はちらほら降っていた雨もすっかり上がり、曇り空まで回復。

二度目の訪問となりましたが、秋の装いのお庭はさすがですね。

 

海に見立てた池に灯台に見立てた灯篭。

 

不謹慎かもしれませんが、この畳にお布団敷いて眠りたい・・・。
風通しも良し!笑 

静寂のお庭に対して、鳥たちの「動」はとても気になる。
鳥たちもとても居心地よさそげ。

 

 

アクセントのように、紅く色づくモミジの木。
本当、景色の要といった感じです。 

 

今回も、海外のお客様が多かった。
このお庭を見てどのような感想を抱いたであろうか。

まあ、ここまで来る方は正直かなりの「通」だと思うし・・・私なんかよりも色々深く感じ取っているんだろうな・・・。


さてこれで全て拝観できました!

お腹すいたわ!!

 

其の六へ続く・・・・・

 

 

 

コメント

★ブログ10周年記念日★

2014年11月15日 21時45分49秒 | ひとりごと

 

 

 

「いつもご覧になってくださっている皆様へ」

 

★卯月の日常★が本日10周年を迎えました。
(2004年11月15日にこちらのgooブログを開設)

まあ、そう仰々しく発表することもないのですが、自分自身、よく続いたなという感嘆も込めて・・・お知らせいたしました。

10年前、主人のススメもあり、ブログの世界へ飛び込みました。
今でこそ、さほど珍しいことでもありませんが、当時インターネットに日記を公開していた人は
そうたくさん居なかったとおもいます。


最初は「何を食べた」「どこにいった」「なにをした」と簡単に綴る予定でしたが、
だんだん、グルメに特化してきました。


まあ、ぶっちゃけ、特にこだわりがないブログです。
家のこと、家族のこと、猫のこと、身の回りのこと・・・・。

ここまで続ける事ができたのは・・・・・皆さんの温かいコメントがあったおかげだと思います。

最近、毎日更新することも少なくなりました。

とある人から、「もっとゆったり、気が向いた時にUPしたらいいよ」と助言を受けたからです。


これから先も、きっと更にゆったりとしたペースで更新していく予定です。
(卯月の非日常との掛け持ちをしているので)

ともあれ、10年間、ありがとうございました。

この先、10年続けることが出来るかはわかりませんが、お暇がございましたら是非覗いてやってください。





コメント (30)

女三人旅 「2014・秋の京都」其の四▲美齢▲

2014年11月15日 20時37分48秒 | グルメー「中華・中国料理」

 

 

さすがに、早朝からずっと動きっぱなしで疲れてきました。

一度ホテルにチェックインをして、シャワーを浴び、向かった先は私のお勧め中華屋「美齢」さんです。

京都府京都市上京区黒門通元誓願寺上ル寺今町511
11:30〜14:00
17:30〜21:00

ホテルからバスで二十分ほどかな。
ビールも飲めるし・・とウキウキ!

 

一日目を振り返りながら・・・ガツガツとお料理を頂く。
疲れがすーっと抜けていきます。

 

 

麻婆豆腐にはやはり白米だな・・と思いながらも、ちょい坦々麺に浮気心が・・・・。

米が食いたいということで炒飯まで・・・!

完食しましたが・・・完全に食べすぎでした。

ビールも程よく回って、ハイテンションでお店を後にしました。

この日は、かにたまさん除く、Y'sさんと私はホテルへ直帰。
すぐにごろん!

かにたまさんは京都駅へ向かうとのことでバスの中でお別れしました。
そんな元気が一ミリもなかった私。

ホテルに帰り、マツコの知らない世界を楽しく視聴しましたとさ。

其の伍へ続く・・・・・

 

コメント

女三人旅 「2014・秋の京都」其の参

2014年11月15日 20時18分51秒 | 旅行ー「大阪&京都」

 

さて、おなかも膨れたしこれで文句もなかろう・・・(3人ともおなかが空くと不機嫌になる傾向にある)と
次に向かったのは、とっても広大な敷地の離宮、場所は修学院です。

ここは私が前回、廻るのを諦め、ぼーっと待っていただけの場所。
今回は涼しい季節だし(←ここ重要)、足も万全なのでもちろんチャレンジ。

途中、いつものところに猫ちゃんが舌を出してお昼寝中。かわいかーー

こういうさりげない後押しもあって、不思議と今回はやる気が漲っていた。

さすが、山の麓とあって、紅葉度合いも高い! 
こちらの離宮は、上御茶屋、中御茶屋、下御茶屋から成っています。
※詳しくはウィキなどをのぞいてみてください。<丸投げ

一つ一つが美しい設えで、気分が厳かになる。 

しばし、美しい紅葉をご堪能ください。 

周りを赤松の木に囲まれた道。
緩やかな上り坂・・・・ここが正直ちときつかった。
更に石段もあり、御年寄りもさすがに休憩がてら・・・・。 
しかし、赤松ということもあり、じーっと下を見ながら上っていると・・一本だけ松茸らしきものが!

止まってみるわけにもいかず、帰り道再度みてみると・・やはり生えておりました。

〜隣雲亭から臨む〜

 ちょい曇っていてあれだけど、その分赤がくっきりと目に飛び込んできて、逆に良かったかも。
展望目的の建物とあって、ほんと景色は最高です。

 

〜浴龍池〜こちらの御池では船を見ることが出来ました。
月や星の出る晩にこの船の中で、熱燗でも頂いたらそれはもう幸せでしょう。 
比叡山麓から流れてくる川を貯めて作られた池。
名前の通り、龍が水浴びしてもおかしくない大きさです。

〜千歳橋〜が臨めます。

後ろの御山がもう少し色付くと・・それは絶景でしょうとも。

ちょっぴり汗ばむくらいの、拝観でした。

余談ですが・・・Y'sさんと一人のガイドさんは既に仲良し。
ガイドさん並みに詳しいY'sさんはいつかはそのポジションを奪い取ることでしょう。

楽しみにしております。


其の四へ続く・・・・

 

 

 

 

コメント

女三人旅 「2014・秋の京都」其の弐▲Bistro Cerisier▲

2014年11月14日 19時30分32秒 | グルメー「仏料理」「オーガニック」

 

 

Bistro Cerisier(ビストロスリージェ)
京都府京都市左京区田中下柳町1-3
075-723-5564

さてお腹を満たすべく、Y'sさんがチョイスのこちらのビストロへ。
店内満席。
基本、予約でいっぱいっぽい。
奥に細長いお店には可愛いインテリアの数々。

ちょい汗ばんだので 独りノンアルコールビールで喉を潤す。

くはぁ!旨い。

最近年をとってきたので、本物のビールよりもノンアルコールがいい。<疲れが出ない 

メイン1 「オングレノステーキ エシャロットソース」(牛の脇腹肉)
メイン2  「タラのニース風

スモークされたロースハムのサラダ。ロースハムは香りが店内に充満していた。
味もGOOD。

私はタラのニース風。
黒オリーブがガンガン入っていて、ちょい酸味のあるスープに。
タラは芳ばしく焼かれていてスープをいい感じに纏う。

残念なことに、最初にパンを食べきってしまったので、スープに浸すという当たり前のことが出来なかった。

ショック:自業自得
お代わりをもらおうと思ったが、このタラ!意外と多い。

お腹いっぱいになりました。

デザートは胡麻のブランマンジェ。
口どけがたまらない!!

1800円のランチでした。

其の参へ続く・・・・


コメント

女三人旅 「2014・秋の京都」其の壱

2014年11月14日 17時37分45秒 | 旅行ー「その他国内旅行」「海外旅行」

 

毎度のことですが、行き先は京都です。
(メンバーはかにたまさん、Y'sさん、わたくしでございます)

Y'sさんの超がつく念能力のおかげで今年も とある雅な場所の見学 に当選しました。<ここまできたら魔力と呼んでも差し支えない

さて、秋の京都ということもあり、ホテル=激高。

しかしY'sさんが最初にスパッとアパホテルを予約してくださったおかげで、なんとなく一安心。
いま流行りの町家に泊まる云々も考えましたが、寒さ対策とやらで問題があるんじゃないか・・と諦めることに。

実際、京都は富山よりも当然暖かかった。
なんら問題なく過ごせました。夜はちょい冷えたか。

かにたまさんは初めて!という京都御所。

その広さに驚かれていました。
私もはじめて見た時は・・・不敬にも、「ここに分譲住宅何戸ほど建つだろうか」と思ったほどです。

今回は私がドライバーということもあり、じわじわっと疲れが来たので、(朝5時半起きは辛い)
お二人が護王神社へ参拝している間、御所内の喫茶店でのんびりグリーンティをすすっていました。

この飲み物のおかげで少し頭がすっきり。

いよいよ、拝観のお時間となり、合流しました。

※あくまでも 「とある雅な場所」ということで軽く画像をUPいたします。

11月の京都はまだ色づきはじめ・・という時期。

緑と赤のコントラスト、そしてうっすらオレンジも混じり 見ごたえ抜群です。

御池があると、そこには鴨がスイスイ。

その鴨たちが可愛いんですよ。

苔の美しさはさすがです。
お手入れがきちんと成されているからこそ。

うちの庭もしてほしい・・・・・。

ところどころでハッとするほど美しい色に出会えます。

時が止まっている・・・とまでは言いませんが、
鳥のさえずりさえなければ、風景写真をみているくらい静かな所です。


ちょい汗ばむくらいの太陽。
ほどよい散歩の時間。

いい感じにお腹が空いてきました!


其の弐へ続く・・・・・





 


 

コメント (2)