卯月の日常 金沢・富山・大阪・京都のグルメなど

大阪から富山に嫁いで早13年。愛猫と主人、そして父sとの田舎生活。グルメ、旅記事をメインに綴っています。

「東京コンサート旅行」(2)

2016年11月30日 12時18分04秒 | 旅行ー「その他国内旅行」「海外旅行」

 

 

東京の夜は明るい・・・・

というわけで、荷物を一旦ホテルに置き、身支度を整えてから、サントリーホールへ。 

ビル風に震えながら、どこかレストランに入ろうかと思っていたんだけど、時間かかると面倒だし、止めた。

期待に胸を焦がしながら、時が経つのを待つのも一興。 

18;30:入場受け付け開始。

 さすがはサントリーホール。内装がとてもシック。

ここから先は撮影禁止なのでごめんなさい。

クラシカルな座席と、明るい照明。

5898本のパイプ数を誇るオルガンが真正面に存在します。
http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/facility/pipeorgan/

 さぞかし素晴らしい音色なんでしょうね。

曲は「ハイドン」から始まり「モーツァルト」、「ブラームス」へと。

途中休憩の後、「ベートーヴェン」で〆となります。

モーツァルトの中でも特別好きな曲「ピアノソナタ第8番イ短調K.310」だったので、かなり興奮しました。

でもやはり驚かされたのは彼お得意の「ベートーヴェン」。

「ピアノソナタ第29番 変ロ長調「ハンマークラヴィア」Op.106 全四楽章」

これには心臓を撃ち抜かれたような衝撃が・・・。

ぶっちゃけ、とてつもなく難曲です。

相当な技術を持つ弾き手じゃないと無理です。

でも彼は見事にそれを成し遂げました。

彼の奏でる旋律は、ピアノを囓ったことのある人なら、羨ましくて仕方の無いものだと思います。

色鮮やかな表現と、楽曲への緻密な掘り下げ。

マレイペライアというピアニストの実力に唖然とさせられるコンサートでした。

余韻は長く続き・・・

ピアノというたった一つの楽器で、大勢の人間を感動の渦に巻き込める彼を、これからも可能な限り追い続けていきたいと思います。

本来、アメリカンなディナーでも楽しもうと思っていたのですが、胃と相談した上、ホテルの部屋で生ハムとチューハイで済ますことに。

一人なら充分。

赤坂で14000円なら納得出来ます。

(他は死ぬほど高い)

 

寝る間際まで頭の中でピアノの旋律が流れていて、とても気分の良い夜でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「東京コンサート旅行」(1)

2016年11月18日 15時37分00秒 | 旅行ー「その他国内旅行」「海外旅行」

 

 

旅行というほどのものでもないのですが、一年ぶり「マレイ・ペライア」氏の来日コンサートのため、東京に行って参りました。

今回は浜離宮とサントリーホール、二箇所だけ。

両方のチケットを取るべきだったと、今更ながらに後悔していますが、それはまた贅沢すぎるというものです。

行きは飛行機、帰りは新幹線。

個人的には飛行機の方が好きです。

なにせ、あっという間ですから。

ラウンジでのんびり寿司?を頬張っていると、乗り遅れそうになって、スタッフのお姉さんに助けられました。(アホ)

※ちなみに上の、こんか鯖寿司、美味しいです。

うとうとする間もなく羽田に到着。

ここから電車を乗り継いで一路渋谷を目指します。

東京ではスマホが必需品。

電池残量との闘いですね。

なんとか渋谷に辿り着き、ちょっくら東急でぶらついた後、お馴染みI村さんとの待ち合わせ場所へ向かいます。

神泉という、渋谷からたった一つしか離れていない駅で降りた私。

渋谷の喧噪から一転、静かな高級住宅地が広がる、素敵な街でした。

マヌエル・コジーニャ・ポルトゲーザ 渋谷店
 (Manuel Cozinha Portuguesa)

東京都渋谷区松濤1-25-6 1F

050-5868-1329(予約専用番号)

こちら彼女が選んでくれた、ポルトガルの家庭料理とワインのお店。

可愛らしい、こぢんまりとしたレストランです。

昼時はほぼ満席のようで、予約した方が確実かと。

こちらの前菜。

一見、なんの変哲もない感じですが、この塩ダラのコロッケはすごかった。

どうしたらこんなに美味しく作れるんだろう。

 

タコのリゾット

豚肉とアサリのアレンテージョ風

エスプレッソ

料理の味は文句無し。

どれもカラフルで可愛い器に乗ってやってきます。<欠けているのはご愛嬌

こういうお店が金沢にもどんどん出来て欲しいなと思いますね。

 

次に向かったのが、徒歩1分もかからない場所にある、こちら。

ガレットリア (Galettoria) 
03-3467-7057
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13045560/

 

もじゃもじゃと蔦に覆われた、フランスのカフェそのもの。

ガレット、クレープ専門店でかなりの人気店らしく、時間制(このときは2時間)を導入している上、ドリンクだけのオーダーはNG。

二階の席に通されましたが、特に景色がいいわけでもないので、一階でも問題なし。

レモンクリームたっぷりのクレープは、確かに生地は美味しかったけども、胸焼けのする甘さ。

途中、何度かギブアップしそうになった。

ここは、I村さんの選んだ、砂糖とバターのシンプルなクレープが正解だったな。うん。

 

臨月に突入していたというのに、お付き合い頂き、ありがとうございました。

無事出産されることを祈っています。

 続く・・・・

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「冨包」 in 高岡市

2016年11月05日 22時28分37秒 | グルメー「中華・中国料理」

最近見つけた中華レストランがこちら。

高岡市にある「冨包(フーパオ)」さんです。

https://tabelog.com/toyama/A1604/A160401/16007866/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチタイムに二度訪問。

どちらも提供時間が早くて、綺麗に盛り付けられた料理が登場しました。

値段に納得出来るお味でした。

ボリュームがあって、一般の女性ならヒーヒー言うかも知れません。

私は大丈夫ですが。

鶏塩そばランチ(小籠包+中国茶付き)で990円

海老炒飯ランチ(小籠包+中国茶付き)で990円

選べる麺(ご飯)セット(前菜+小籠包+杏仁豆腐+中国茶付き)で1380円

全て税込み価格です。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「富山市 ファミリーパーク」

2016年10月16日 21時57分27秒 | ★日常の出先&イベント&ドライブ★

 

 

嫁いできて早13年。

この動物園を素通りすることは何十回あっても、足を踏み入れた事は一度もなかった。

その前に腹ごしらえ。

前々から気になっていた「ラーメン楓」さんへ。

https://tabelog.com/toyama/A1601/A160101/16000229/

しょうゆラーメン+煮卵

とんしおラーメン

まろやかなスープと、ほろほろに煮崩れたバラ肉チャーシューが好み。
シンプルなラインナップに拘りを感じます。
優しい味は年配の方にも人気みたい。
なかなかに美味しかったです。

さて満たされた胃を抱え向かった先が、ファミリーパーク。

こちら、富山市営の動物園です。

最近、膝から下を患っておりまして、ちょっとした運動も兼ねて赴いたのですが、のちのち痛みがぶり返し、後悔する羽目に。

でもここに来た事は後悔していませんよ。(笑)

大人一人500円の入場料。(中学生以下は無料)

そんな安くて経営していけんの?

市営だから問題ないの?

・・・と、余計なお世話でしょうが心配になります。

土曜日ということもあり、かなりの賑わい。

でも広大な敷地故、混雑しているといった感じは全くありません。

ピンク色のフラミンゴはまるで置物のように静か。

しかしその横では「アムール虎」が吠えていたりと、出だしからわくわくしますね。

こちらは、すやすやお休みのアムール虎。

しかし、もう一頭はウロウロと徘徊しながら、時折「猫」よりも迫力のある表情で「雄叫び」をあげていました。

でもわたしたち、猫好き夫婦でしょう?

ふと触りたくなるんです。

毛並みはどうなんだろう?とか、顎の下は気持ち良いのかな?とか。

もちろん命知らずのチャレンジなんでしょうけど。

何時間でも見ていたいアムール虎から離れ、目指すは「シンリンオオカミ」のコーナー。

その間にももちろん色んな動物がいます。

中でもツキノワグマは人気の動物。

いや・・・ほんとでっかいわ。

東北地方では「恐ろしい事件」が多いけど、これを目にしたら、マジでおしっこちびります。

熊って足速いし、ジャンプ力もすごいし、決して見た目通りの鈍重ではないんですよね。

くわばらくわばら

そんなこんなで、膝を壊しているというのに、緩やかな登り坂を歩くこと、約20分。<単に足が遅いから・・・

餌をあげる時間に間に合いました~!<14:00

子供たちに混じって(といっても大人も多かった)、引換券をゲット。先着50人限定です。

シンリンオオカミはアメリカ原産。

遠目だとハスキー犬くらいかな?と思っていたんですが、近付くとそれはもう立派な体躯。

この日は馬肉をカットした物が提供されました。

ちなみに二頭いるんですけど、この仔しかやって来ませんでしたね。

口を傷つけるので、ハサミは横にするのがポイントと教えられました。

大人しそうに見えても、狼ですからね。

手を出せばヤバいかも。

ちなみにこちらは園内を移動する時に便利なバス。<100円

最初は乗る気満々だったんだけど、なんとな~く、歩くことにしたんです。

おかげでじわりと汗を掻くくらいの運動にはなりました。

この後、雷鳥やワオキツネザルなどを見て、休憩しながら歩き続けます。

秋空が広がり、とても気分が良かった。

もちろんお目当てはこちらの「ツシマヤマネコ」ちゃん。

食事を終えたばかりの二匹は夜行性ということもあり、ぐっすりお休みタイム。

残念。

見た目、完璧猫です。

可愛いなあ。

絶滅危惧種なので、今は一生懸命保護され、全国で35匹が飼育されています。

(野生はその範疇ではありません)

そして最後にお目にかかったのが「野間馬」。

ハロウィーン仕様でとってもラブリー。

小さくてとても大人しいお馬さんでした。

毛並みも柔らかくて、おっとりとした顔がいいですね。

ちなみに、この動物園で一番驚いたのが「猿山」の快適さ。

どこぞの森●公園では「キーキー」と神経質に喚く猿たちの、殺伐とした空気を感じましたが、ここは皆、のんびりゆったり、落ち着いています。

これが猿山?と疑うほど、誰もが好戦的でない。

じゃれあう猿たちが可愛くて、思わず長居してしまいました。

初めてのファミリーパーク。

想像以上に面白かったです。

動物園といえば大阪の「天王寺動物園」が即座に思い浮かぶ私。

あそこは臭くて、すっごくトラウマなんです。

だから動物園は好んで出向かなかったんだけど、ここならまた遊びに来ても良いかも。

今度は石川動物園にも足を運んでみよう!

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「ボンテ」 in 金沢

2016年10月07日 22時30分33秒 | グルメー「仏料理」「オーガニック」

 

 

 

 

 

 

 

Bonte  ボンテ

http://www.kanazawa-french-bonte.com/

 久々に心に染みるようなフレンチを頂きました。

最近、魚を選ぶ事が多くなったのですが、それで正解。

最後のデセールまで、きめ細やかな味わいを堪能でき、また足を運びたいなと思わせてくれました。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「撰鮮」 in 富山駅前

2016年10月02日 20時32分39秒 | グルメー「日本(和食)料理」

 

 

 

富山駅が変わった!との情報で突撃。

お昼は「駅前」にある「撰鮮」(せんせん)さんへ。

活気ある店内。

多くのスタッフが活き活き働いていらっしゃいます。

まずは鮮魚コーナー。

獲れたてほやほやのお魚や、それを使った総菜が並びます。

本当は「画像にある鯖の一本焼き」を食べたかったんですが、白エビを目にしてしまい、ふらりと。

刺身は鮮魚コーナーで購入して、食堂に持ち込むことが出来ます。

ふくらぎちゃん!美味しい。

で、こちらが白エビ天丼:980円。

味はさすが!それに付け合わせの古漬けが美味しかった。

 

主人はにぎり寿司:1500円

どれも鮮度抜群で、特に烏賊が美味しかった模様。

駅前ということもあり、少々価格設定は渋めだけれど、味は満足できるなと感じました。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「LA CHIC (ラシック) de ランチ」

2016年09月30日 16時49分18秒 | ~ランチグルメ~

 

美術館へ行く前の腹ごしらえは久々の「ラシック」さんで。

赤いかのマリネ、カリフラワーのポタージュ!秋のイチジク。

雨で冷えた身体には「ポタージュ」が助かりました。

Y’sさんは脂身を切り落とした豚肉を。

私とかにたまさんはスズキのグリエ。甘エビのカプチーノ仕立て。

こちらのランチで1500円(税抜き)

いつも、上品なまとまりを見せてくれるお店ですが、やはりドリンク込みでのお値段がありがたいなと思います。

デザート・ドリンクを追加すると+600円。

お昼も混雑しますので予約した方がベター。

石川県金沢市袋町4-23 袋町フレンチビル・プルミエ 1F・2F
076-232-4570
月曜定休


 

でもって、美術館から出た後は、もちろんデザート。

古都美さんへ。

 

私は「アイス加賀棒茶」と「抹茶チーズケーキ」

棒茶はいつ飲んでも美味しいなあ。

自宅でもこんな茶器で頂きたいものです。

抹茶との割合が半端ないチーズケーキでしたが、とても美味しかった。

前回の柚子もよかったけどね。

Y'sさんはフルーツロール。
優しいスポンジとクリームでした。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「アートアクアリウム」 in 21世紀美術館

2016年09月30日 16時21分27秒 | ★日常の出先&イベント&ドライブ★

 

 

かにたまさん、Y'sさんと共に「アートアクアリウム」へ行って参りました。

ほぼ写真ですがご容赦を。

 

 

 

 

想像していた以上の人出。

会場は暗いので足元には要注意です。

色んな金魚を目にすることが出来、アートとしての魅力を余すところなく伝えてくれます。

10/14まで

興味のある方は是非。

http://artaquarium.jp/kanazawa2016/

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「最近のランチ」

2016年09月22日 21時00分00秒 | ~ランチグルメ~

 

 

手抜きでゴメンナサイ。

最近のランチで頂いたものをご紹介。

8番ラーメンのトマトラーメン。

これがなかなか美味しかった。

夏場は冷たいトマトラーメンだったけど、私は温かい方が好き。

ミネストローネのようでいて、やっぱりラーメンなんだよね~。

高岡にある洋食の老舗、オータニレストランの海老フライと蟹クリームコロッケのコンビ。

蟹クリーム美味しかったぁ・・・でも本当は二個欲しかったんです。

蟹クリームだけだとちょっと物足りないかなと思ってコンビにしたんだけど、やっぱり蟹クリームのみにすればよかったな、と後悔。

こちらは金沢まいもん寿司系列の「かつぞう」さん。

最近、豚カツの脂にへこたれるんですが、ここの豚は意外とすんなり食べられる。

基本「塩」で食べるのが好きです。

主人お気に入りの「せなら」(金沢)。

最近はもっぱらランチで訪れます。

焼き肉ももちろん美味しいんですが、ここは冷麺がオススメ。

氷もしっかりお出汁で作られていて、水っぽくならない。

麺もすっごくしこしこ!最後のスープまできっちりいただけました。

 

Y'sさんと訪れた「Ventuno alla taiki」さん。

ランチはやっぱり予約必須かな。

すぐに満席になります。

私がオススメなのはやはりCランチ(1800円)。

タイキは昔から前菜に定評があるので、これを食べないのは勿体ない。

 


 

さて、ここで高岡に登場した二つのカレー屋さんをご紹介。

まずこちらは「KUSHI」さん。(インドカレー系です)

居抜き店舗をちょっとだけ改造した、どことなく定食屋さん的な感じのお店。

ビリヤニメインのランチは嬉しい。

しかしチキンカレーに「パクチー」が当然のように入っていたのは困った。<主人大嫌い

チキンティッカも香ばしく焼けていて、パクチーさえ抜いて貰えれば1000円ならお得だと思います。

(ナンも付いてくる)

もう、二、三回行って、色々確かめてみますね。

 

そして次に。

かにたまさんと主人&主人の同僚さんで堪能した「PAK MASALA RESTAURANT(パークマサラレストラン)」。

人数が多ければカレーも種類多く頂けるので嬉しいですね。

実はタンドール料理を食べるため、二度目の訪問をしたのですが、満員御礼。

列になるほどの人気店・・・・。

休日に訪れる時は、早めがおすすめです。

今回気に入ったカレーは、実は「キーマカレー」。

今度は「ダル(豆)カレー」を食べてみようっと。

ビリヤニは単品でオーダー。

うん、美味しい。

でもやっぱり「ザイカ」に軍配が上がるような気もする。

近いうちに再訪してきます。(ザイカよりも近いのはありがたい)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Ventuno alla taiki」 in 高岡

2016年09月12日 21時55分54秒 | グルメー「伊料理」

 

オステリアタイキさんが移転、改名して初めての訪問です。

「Ventuno alla taiki」

高岡市本町3-9塩谷ビル1F
0766-30-2287
11時30〜15時(14時 LO)
18時〜23時(22時LO)
金曜、土曜のみ18時〜25時(24時LO)
定休日毎週月曜日

おいしゅうございました。

特に前菜が最高。

相変わらず手際よくて、素敵です。

また近々訪問しまっす。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加