6丁目のつぶやき

歩く、登る、耕す、聴く、造る、採る、乗る、見る、の写真ブログ徒然草

三年ぶりの札幌雪まつり

2023-02-05 | 風景

雪まつりの初日雲ひとつない快晴
3年ぶりに開催と決まり
これは行かなくてはと
スマホ(カメラ)をもって
大通り会場へ向かった

土曜とあって通勤客もいなく
大通り会場の一つ前のバス停を降り
徒歩数を稼いだ
 
大道り会場は
さすがに人が行き来して
ごった返していたが
以前より少ない
 
 
今年は雪が豊富で
遠くの山から持って来る事は
無っかたそうですが
五トントラック500台分は
運んだそうだ
 
氷点下で雪像は真っ白に
形も崩れず陽を浴びていたが
展示部分は縮小、雪像も少なく
屋台も目玉のスキージャンプも無く
まだコロナが尾を引いている
 
 
南北に走る道路は
北1から西10まですべて閉鎖
こんな事は無かったが
会場内の密を避ける狙いか・・・
 
路面はツルツルだが
渋滞無くゆっくり歩け
スピーカーが中国語で
何やら話しているが
外人は少なく場違いの様相
 
 
大きな声も聞こえず
マスクは着用していて
黙々と歩いてる景色は
祭のイメージとちょっとかけ離れ
表情は寒そう
 
あんなに晴れていたのに
今は曇って
淋しい雪まつりだ
 
 
 
 
ススキノ会場まで氷像祭りを観ようと
駅前通りを歩いてみたが
何故か活気が無い
 
ライトアップされた雪像
イルミネーションに飾られた木々
プロジェクトマッピング等々
ロマンチックな世界に彩られる
夜の方が
素晴らしいのでは・・・
 
 
 
朝あんなに晴れていたのに
正午前には曇り空
雪まで降り始めた
あわてて帰りを急いだが
万歩計は一万歩近かった
 
 
 
 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

氷点下の真駒内公園

2023-02-03 | 日常

最近快晴でも真冬日
強い陽射しは春を思い知らせるが
まだまだ春は遠い

運動不足を補うために
徒歩に余念がないが
いつもの道ではあきてきて
今日は真駒内公園周回コース

5kmと3kmの
計8kmを試みた

氷点下-6度
キュッキュッと足元は鳴る
耳や指は刺すように痛く
鼻水は氷柱状に垂れ下がるが
大股で歩けば
次第にアンダーシャツが汗ばむ

公園内はいつもの如くマラソンランナー
愛犬の散歩、幼稚園児の散歩
カントリースキー、
バードウォッチ等ひと様々

私は徒歩の合間にスマホ写真
寒さの中風景を歩きながらの鑑賞

今年は
宿木が多くこれも異常気象のせいか・・・
五輪施設もくたびれて雪に埋もれていた

この公園は都心部に在りながら
人の手のかからない原生林もあり
身近に自然界に接しられ
心を癒してくれる愛着のわく公園だ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

南部藩の陣屋跡

2023-01-31 | 旅行

室蘭の南部藩陣屋跡は
前から見たいと機会を探っていたが
今回北黄金貝塚からの帰り道
国道に標識を見つけ
あわててハンドルを切った

高速道路の橋桁下を潜れば
直ぐに室蘭市民族資料館(トンテン館)があり
正倉院を模しての校倉造りは
鉄を使って室蘭らしい
室蘭は鉄の町と言われる所以か・・・
 
資料館は明治以降の歴史資料を
収集展示していたが人はいない
館員が我々のためにわざわざ
照明を点けてくれたが
陣屋の資料はないとの事
 
身近な生活の
蓄音機、手回しミシン、農耕器具等々
わかりやすく収納展示され
しばし幼少期を思い巡らせたが
肝心の南部藩陣屋資料は無く
あてが外れ
陣屋は何処かと聞けは
資料館の後方にあり
歩いて5分ぐらいとのこと
 
私にとっては
トンテン館がちんぷん館だった
 
そのトンテン館を出て山道を登れば
史跡モロラン陣屋跡と立派な碑があった
 
 
幕末に幕府から命じられた
南部藩が蝦夷警備のため
山を削り平地にして築造
土塁が囲む見晴らしの良い陣屋跡で
外国船からの港の警護にあたり
13年間駐屯したが廃塁となる
 
今はその土塁とお堀が残り
陣屋には柱のあった基礎玉石が
規則正しく残り当時の家屋を
想像するしかない
 
 
駐屯した藩士が
堀の外に故郷の杉を植え
今や大木となり
陣屋を覆っていた
 
 
北海道には無い景色が
ここにはあり
藩士の寒さを凌いだ生活は厳しかった筈と
哀愁感が漂っていた
 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北海道世界遺産 北黄金貝塚

2023-01-26 | 旅行

マイカーで苫小牧側から
国道36号線室蘭を過ぎて
内浦湾を左に垣間見て間も無く
北黄金貝塚の標識に気づいた

迷わず右折すれば
小高い丘陵と貝塚が顔面に広がり
崖地の足もとに資料館が・・・
 
小さな資料館は
残念ながら三月末まで閉館の貼紙
そこから見渡す広い貝塚は
夏来た時と違って誰もいなく
仮設小屋が2棟埋もれ
殺風景だった
 
ここ伊達地方は太平洋側に
位置するためか
比較的雪も無く
縄文の森と命名された小道には
どんぐりや胡桃、栃、等々
葉を落とした木々が繁り
胡桃の実など拾いながら頂まで登る
 
そこから貝塚を見下ろせば
約6000年前縄文前期
今より10mは高かった海と
豊富な樹木林の中で
大勢の人達が定住
争いもなく遥か遠くの
雪化粧の山を望みながら
漁業を中心に
狩猟
生活を
していたのか・・・
 
空には数羽のトンビが
悠々と舞っていたが
淡々と日々を過ごした
縄文時代に戻ったような
錯覚を覚え写真撮影を
忘れていた
 
どんより曇った寒い状況では
カメラは自動車内にうっかり置き
前回訪れた時の新緑写真を
載せる事で間に合わせた
 
 
 
 
 
 
 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

千里真志保の碑

2023-01-22 | 旅行

国立アイヌ民族博物館の知里真志保特別展示で
アイヌ文化や
アイヌ語研究の原稿
アイヌ語辞典を観て
博物館を後にした

ところが
国道36号線登別付近で
千里真志保碑の道路標識が
見落とすぐらい小さく表示
アイヌ語の先生だと
急遽脇道に入って行ってみた
 
先祖はアイヌ人らしく
東京帝大大学院を中退して
アイヌの研究者として
北海道大学から博士号をもらったと・・・
 
「分類アイヌ語辞典」など多くの業績を残し
アイヌの差別や
その他アイヌの研究のずさんさを批判
その存在と主張はアイヌにとっての精神的支柱に
なったと献碑に書いてあった
 
姉の知里幸恵のアイヌ神謡集の一節
 
「銀のしずく
降れ 降れ まわりに」 
 
と大きな碑が立てられていた
 
そこから山の上に
墓があるとの標識
これも見なくてはと
どこだどこだと目をさらのようにして
小山の頂まで走った
 
ひと町内ぐらい広い墓地は
和人の墓の集合で
姉の幸恵や身内の人々知里家の墓も
片隅にあったが和人墓と比べ
石の積み方が素朴で
自然体なかたちに好感を覚えた
 
 
 
 
 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アイヌ料理

2023-01-19 | 料理

アイヌ文化の共生思考に興味があり
ウポポイに出かけ
国立アイヌ文化博物館見学は
3度目となった

ちょうど昼時
歓迎の広場で
伝統的なアイヌ料理なるものを2点
食べてみた
 
キナオハウ(カジカの出汁に大根、人参、葱、蕨、牛蒡、ヒメジ、昆布等々がいっぱい入った汁)
おでんを食べている様な
あっさりしたものだった
お茶はイタドリで
ちょっと甘味であった
 
 
ペネイモ(ジャガイモを外部に晒し凍結、解凍をなん度も行い乾燥、水にさらしあく抜きをして臼と杵で突いて平団子状に焼いたもの)
ボソボソ感のある
ちょっと甘みがあり粉餅を
食べている様なビスケットの様な
手間のかかったものだった
 
 
どちらも美味しく
自然体で造られた
地元産の郷土料理
に違いない
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国立アイヌ民族博物館

2023-01-15 | 建築

白老から
交通標識に従い
国立民族博物館のある
ウポポイに立ち寄る

駐車場へ車を置いて
エントランスから歩くと
誘いの回廊が招き入れる
 
 
コンクリート打ち放しの衝立塀には
樹木の像を加工した異質空間が
屈折しながら続きここから入る
仕掛けが巧みである
 
そのトンネルを抜けると
歓迎の広場を通り
目指す国立アイヌ民族博物館が
大きな屋根に被さった下に
小さな入口が・・・
 
 
 
外壁に天然スレート粘板岩の板を使い
茅葺き屋根を模した塩害、火山灰に強いチタン鋼板が
覆い被さる
まことにチセハウスの
現代版だ
 
 
中は展示場で
陳列棚には数々の衣類、道具、祭具
の生活品や
歴史資料がシヨウケースと共にあり
所々ビデオで
アイヌ文化を紹介している
 
 
要は自然と共に暮らす
アイヌ先住民族の共生文化を
伝える博物館で見応えはある
 
 
ウポポイとはアイヌ語で
『大勢で歌うこと』だそうです
 
 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新年

2023-01-02 | 日常

朝早く外を見れば
いつもより明るい曇りで
雪が降るよりは良いと
2023年の新年の明け

仏壇に手を合わせ
今年も健康で安全と
戦争、コロナ、温暖化、物価高
政治不信等々悩みは尽きないが
平穏な生活ができるよう
合掌
 
縁起もののお節料理を食べ
静かに元旦が過ぎた
 
 
2日目陽射しが白銀に眩しく
歩数を元旦の分まで稼ごうと
真駒内公園まで歩くことにして
カメラを片手に繰り出した
 
氷点下で新雪の中
キュッキュッと足音が響き
手袋をはめても指は次第に
つめたくなりマスクは吐息で凍る
 
公園内では寒い中
各人思い思いに
ウォーキング、
バードウォッチ、犬の散歩と・・・
 
 
 
 
 
公園内一周して
我が家藻岩山の麓迄
2時間のウォーキングで
ほどよい汗を新春にかく
 
シャワーに入り
箱根マラソンを観て昼寝
ウクライナには大変申し訳なく
平和な一日だ
 
感謝感謝感謝
 
 
 
 

 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

松飾り

2022-12-31 | 日常

 

今年も簡単に
掃除をすまし
例年友人から頂く手作りの
松飾をして・・・
 
別の友人からも藁で使った
立派な亀飾りを頂き
紙垂が無いので
作って飾って欲しいと・・・
 
 
作り方が分からず
ネットで検索して
苦労のすえ作って
我が家の玄関にある魔除けの鬼の
下へ飾り
来年も宜しくと・・・
 
 
室内では水神さま、火の神様
と和じめを・・・
 
 
御供えもかざり
華やかさが欲しくなり
ナンテンを買いに
一万歩目指して
雪道を歩いた
 
 
今年の万歩計のトータルは約1450km
札幌から神戸近くまで
歩ったことになり
我ながらよく歩いたものだと・・・
 
その甲斐あって
健康に過ごせた事を
感謝してお飾りに一礼・・・
 
来年も今年同様
年神様が居座る
良い年でありますように
見守ってくれるに違いない
 
 
 
 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

豪雪

2022-12-20 | 日常

今年はいつもより雪が少なく
温暖化の影響かと思ったら
ここにきて典型的な西高冬低となり
大雪注意報
遂に来るべきものがきた

朝起きたら
ベランダには
綿のように真っ白く
40cmは積もり
あたりは白一色だ
 
 
 
ベランダに積もった雪の
東側から赤々と太陽がのぼり
無風状態の中新雪が眩しい
 
 
玄関前の除雪と
ゴミ置き場の当番で外へ出れば
吐息は白く手は悴むが
量の多さに汗をかく
 
我が家の取りつき道路は
除雪車が来なく車不通
車庫前を除雪して車を出せば
氷点下の粉雪のため
空回りして動かない
 
 
除雪作業でエネルギーは
使い果たし
この分では歩けなく
万歩計に縛られなくて
良さそうだ
 
 
 
 
 
 
 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寒風の景色

2022-12-14 | 風景

東の空に太陽が煌々と登り始め
雲のまにまに紅く染め始め
それは綺麗で
自然の姿に感動する

雪原は朝靄が水平線に立ち込め
凍てつく空気感が伝わって
これも魅力ある景色だ

寒風で木立に積もった
軽い細雪が舞い散り
結氷した沼の縞模様が
より寒さを刺激する
 
 
 
 
北国ならではの情景は
さらに厳しく烈風が吹き
これから厳しい生活が
3か月も続く
 
ウクライナでは
こんな中で戦・・・
よせば良いのに
人間は馬鹿だなぁ
 

 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

豊平川の雪捨て場

2022-12-04 | 風景

氷点下の豊平川沿い護岸道路を
走っていたら
大勢の作業員が川芝の上に
大きなブルーシートを敷いて
雪捨て場を確保していた

札幌は真冬日が続き
根雪になるみたいで
まだ積雪は10cmぐらいだが
ドカ雪になれば札幌市内の道路雪を
かき集めダンプがづづ繋ぎで
搬入する様になる
 
豊平川沿いには複数
雪捨て場があり
冬の風物詩だ
 
 
今年は人材不足とダンプ車が少なく
道路排雪が思う様にいかないとの
うわさがあるが
3月頃には
川幅一杯に例年運び込まれる筈だ
 
 
この膨大な排雪量を
コスト換算すると
今年は大雪を予想して
初めて300億円超えとか
 
春先になると溜まった雪を
何台ものブルドーザーが串刺しに
幅広の溝を毎日同じ様に繰り返し
融雪を促進させる風景が
何ヶ所も豊平川沿いに
見られる
 
これを見ると雪から解放され
暖かい春がようやく来たと思う一方
この積雪を有効活用できないものかと
いつも思う
 
ほっとけば自然に溶けるものを
何とかならないものかと・・・
市民に早く開放して自転車や
野球場、サッカー場に戻す
親心かもしれないが
経済的に如何なものかと・・・
 
豊平川に鮭が遡上して
ダンプで運んだ融雪水は
鮭に影響は無いのだろうか
 
 
 
 
 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

獣除け柵のネット外し

2022-11-25 | 家庭菜園

冬到来
ほっとけ農場も
獣除けのネットを撤去する
季節になった

積雪でネットは埋もれ
それに引っ張られ
支柱まで倒すので
横着してネットだけ外す
 
外すと言っても
支柱の釘に引っ掛けているだけなので
外せば良いだけだけど
そう簡単にはいかない
 
ネットにツタや茎に引っかかり
それらを除去したり
支柱の中間の釘からも外し
所々獣の登った形跡の穴が開いて
補修もしなければならない
 
 
 
 
全周131mのネット外しは
手は凍えるし
鼻水は出るし
結構手間はかかる
 
ネットを半日かけて外すと言うより
支柱から落とす
後は積雪の自然重力に任せる
ほっとけ農場は完全に
大自然と一体化して
フリー状態になる
 
彼方の山に太陽か沈み
あたりに夕闇がせまる
遠く鹿の鳴き声が聞こえ
カラスが飛び去った
 
 
一晩開け様子を見れば
早速鹿が親子連れで闊歩し
足跡、糞、だらけ
白菜は中身を丸ごとかじられ
ニンニク、ラッキョウ、ネギ
等々踏みつけられ
獣たちの天下となった
 
 
 
 
今年はまだ雪は積もらず
ほっとけ農場は
動物天国化し
やりたい放題だ
 
 
 
 
 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

棚作り

2022-11-22 | 工作
寒くなり畑も冬仕舞い
急激なコロナ禍もあり
外に出歩かない日々が
多くなった
 
ブログのネタに何かないかと
考えたあげく
日曜大工で廃材をもとに
棚作りをする事を見つけた
 
昔、堅い欅板で
ストーブの横に椅子を作ったが
意図に反して
物を置いたりパソコン類の
コードがタコ足配線で
何とかならないものか・・・
 
欅板の下部に棚を
一段作って
周囲を整頓しようと
思いついた作業だ
 
木工細工は
もともと趣味で
久しぶりのノコギリ、ノミ、カンナ
水準器、曲尺、電動カンナ、
電動ドライバー、彫刻刀のお出ましだ
 
棚は使い古した集成材を
脚は薪の中から
見栄えの良いオンコの木を
選んで活用
 
 
自然のままを生かし
彫り師になったような気分で
堅いオンコの木を
ノミや彫刻刀で加工
 
枝を落とし皮をはぎ
デザインを考え
これが面白くて
部屋中埃にしながら
時間の経つのを忘れる
 
途中で寸法を間違えて
設計変更
脚の材料がなくなり
新たに薪の中を探って
やり直しも二度三度・・・
 
 
やり直しにやる気をそがれ
足腰が疲れて腕は上がらなく
楽しさを超えて
苦しさに変貌
 
なんとか一週間掛かって
完成したが満足度は無く
ストーブの脇の熱で
パソコンは大丈夫かと言われる始末
 
 
 
 
 
 
始めから計画しなければ良かったと
感嘆する今日この頃です
 
人生甘くないなぁと・・・
 
 
 

 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宿り木の行方

2022-11-11 | 風景

我が市街化された町内は
ここだけが取り残され
灌木やアカシア、ドロの木、桑、等々
大木が繁りなんで手付かずなのか
不思議に思っていた

約850坪の
広い面積で、崖地、谷地もあり
道路も一部しか接して無く
建物も建築基準法的に難しく
建てられないと
勝手に想像していた
 
 
長い間手付かずのため
落葉広葉樹が大木となり
空中の枝には丸い鳥の巣の様な
緑の花が咲いた様な
カラスの巣とヤドリギができる始末
 
 
その為か
カラスが異常に多く電線や
テレビアンテナ、
我が家のシンボルツリー、
町内会のゴミ箱等々
群がってなんとかならないかと
いつも思っていた
 
そんな矢先この土地に
新たな計画があるらしく
造園屋さんがブルドーザーと共に
整地作業に入り
大木を次々と切り倒していった
 
 
気になっていた
カラスの巣やヤドリギも
あっと言う間にそのまま
大きな音をたて切り倒された
 
見通しが良くなったが
可哀想にもカラスの親子が
付近の屋根上で恨めしそうに
俯瞰して泣いていた
 
倒木に付着していたヤドリギは
伐採してから4〜5日経っていたが
造園屋さんが丁寧に採取
手渡してくれた
 
手に取ってよく観察
すでに瑞々しさは無く
癖の強い植物か
葉は硬く可愛く無い様な
木の上に育つ
生命力の強さを見せつけた
 
 
ガラス瓶に水を入れ
陽の射す窓際に飾ったが
落葉樹に根を下ろし栄養を横取りする習性が
水だけで育つか
文字通り宿り木となってくれるか
しばらく様子見の日々だ
 
 
 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする