ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

競馬 桜花賞予想 1強ムードですが・・・ 

2018年04月07日 | 競馬予想
桜花賞の予想
 牝馬クラシック戦線の第一弾の桜花賞。4戦4勝と結果がパーフェクトなら内容も完璧。他馬につけいるスキは無いように思われたが、最内枠を引いてしまった。揉まれた経験がないだけにこの枠は歓迎ではないだろう。
 しかし、能力は同世代の牝馬の中では屈指の存在なのは確か。スタートも悪くない馬であり、前走のチューリップ賞のように早めに好位につけるレースができれば問題なく勝てると思うのだが。しかし、俺は油断はしない。よくメンバーを見渡せば相当な能力を秘めているかもしれない馬がいるし、勝負づけが済んだように思える馬の中にも枠順を考えれば逆転可能の馬もいるような気がしてきた。
 さて、レース展開だがコーディエライトが逃げ宣言。逃げて結果を残している馬が他にいるが無理な先行争いは避けるだろう。そうなると意外にペースは速くならないし、先行する馬が有利か。やっぱり前走のチューリップ賞の経験が2歳牝馬チャンプに桜花賞へ向けての試運転として本番の桜花賞に活きる。もしかしたら最内枠の枠順も実は功を奏するかもしれない。
 そうなるとやっぱり本命の印は尊敬の意味も込めてラッキーライラックに打つしかない。

◎ 1 ラッキーライラック
▲ 4 アンコールプリュ
▲ 9 リリーノーブル
▲13 アーモンドアイ
△ 7 トーセンブレス
△10 アンヴァル
△17 マウレア
× 5 レッドサクヤ
×12 デルニエオール
×16 フィニフティ

 俺の本命は1番のラッキーライラック。まともにレースを運ぶことができればこの馬が勝つ。父のオルフェーヴルの初年度産駒だが、その父は今のところ期待ほどの戦績は残せていないが、どうやら父のステイゴールド同様に数年に1頭超大物を出すタイプか。そんな中で本馬は今後超大物の予感を漂わせる貫禄がある。最内枠は少々の不安を感じさせるが、そんな不安を杞憂に終わらせる快走を見せる。

 自信の本命と言いたいところだが、この枠順で位置取りが悪くなったり、包まれて抜け出すのにてまをとってしまうと他の馬にチャンスが出てくるか。
 単穴には3頭選ぶ。
 まずは4番のアンコールプリュ。フィリーズレビュー組からはこの馬の末脚が光った。前走の1400Ⅿから距離が延びるのは良さそうだし、外回りコースは明らかにこの馬には良い。前走から大幅な上積みを見込めるのが大きい。
 しかも、ラッキーライラックを目の前に見ながらレース出来そうなのは良い。この馬の末脚なら本命馬と叩きあいに持ち込めばチャンスあるか。

 次に9番のリリーノーブルを挙げる。ラッキーライラックとの対戦では2戦2敗。それも完敗なだけにすっかり勝負づけは済んでしまっている。しかし、この馬の持ち味はサッと好位につけることができるレースセンス。巨大なライバルが最内枠に入ってチャンスがこの馬に出てきた。ラッキーライラックが馬群に包まれて抜け出せないようなシーンがあれば、その間隙を縫ってこの馬が先頭でゴールを駆け抜けるか?この馬も久々の前走を叩いて調子が上がっている。大舞台でライバルを蹴散らすか。

 次に13番のアーモンドアイを挙げる。前走のシンザン記念で見せた末脚は圧巻。スタートが悪かったり、粗削りな面があるが逆にそれが本馬の魅力。未知の能力をこの馬には感じさせる。問題は鞍上のルメール騎手のリズムが悪いし、追い込みタイプのこの馬に展開が向かない可能性があること。大外を回って他の馬をねじ伏せるだけの能力がこの馬にはあるのかないのか?しかもシンザン記念から予定通りとはいえ間隔があいているのが不安。そうは言ってもこの馬のレースパフォーマンスを見ればこれぐらいの評価は必要か。

 △でお勧めしたいのが10番のアンヴァル。前走のフィリーズレビューでは結果的に枠順が向かなかったし、それでも勝ち馬とは差がない所まで来た。道中は前に進もうとしないので実は距離延長はプラス材料。休み明けを叩いてこの馬も調子を上げている。勝つのは厳しいと思うが2着ぐらいに突っ込んできても驚けない。

買い目 三連単フォーメーション
 1着 1
 2着 4、7、9、10、13、17
 3着 4、5、7、9、10、12、13、16、17

買い目 三連単フォーメーション
 1着 4、9、13
 2着 1
 3着 4、5、7、9、10、12、13、16、17   合計 72点



 
 
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 競馬 大阪杯の予想 先行押... | トップ | 競馬 アーリントンカップ予... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬予想」カテゴリの最新記事