日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

AFC女子アジアカップ決勝!なでしこジャパン悲願の初優勝!

2014年05月26日 | soccer


ベトナムで開催中のAFC女子アジアカップ、25日は「日本VSオーストラリア」の決勝戦が行われました。悲願のアジア杯初優勝に王手をかけたなでしこジャパンは、22日の準決勝では、延長終了間際に岩清水梓選手の決勝ゴールで中国に末競り勝ちました。決勝の対戦相手・オーストラリアは、グループリーグ初戦で1度対戦し、2-2の引き分けでした。その時以来の再戦となる今回は、まさに決着戦です。


スタメンはこちら
[日本女子代表]
GK 1 福元美穂
DF 3 岩清水梓
DF 2 有吉佐織
DF 19 宇津木瑠美
MF 10 澤穂希
MF 8 宮間あや
MF 9 川澄奈穂美
MF 6 阪口夢穂
MF 20 川村優理
MF 12 中島依美
FW 13 高瀬愛実
日本はこの試合4-5-1の布陣で臨み、澤がボランチ、宮間がトップ下、そして高瀬が1トップに入りました。


日本ボールで始まったこの試合、開始早々にいきなりピンチを迎えます。豪州のデバナのスルーパスをゴール前で有吉がうまくクリアしきれず、カーが奪ってシュート。しかし、枠を外れて得点ならず。さらに9分、宇津木のバックパスが豪州FW・カーに渡り、シュートを打たれるも左にはずれ、12分には右サイド・デバナのクロス→ヘイマンに頭を合わせられるが、日本GK・福元がキャッチ。
序盤のピンチを凌いだ日本は15分、右サイドのFKを宮間が蹴り、岩清水が頭で落としてから、最後は高瀬がバイシクルシュート。思い切って狙ったものの、豪州GKにキャッチされた。前半28分、左CKを獲得した日本は、宮間がペナルティエリア手前にいた宇津木にパスを出し、宇津木の左足クロス→ゴール右にいた岩清水がヘディングシュート。ボールは豪州ゴールに吸い込まれ、日本がアジア初制覇へ1点を先制します!

後半に入り、4分、豪州はヘイマンがDFをかわしてミドルシュートを放つが、GK福元がキャッチ。対する日本も7分、宮間のスルーパス→高瀬が受けるもシュート打ち切れない。後半10分、豪州右サイドのクロス→味方が頭で落とし、ゴール前にいたヘイマンが合わせたが、福元が間一髪抑えます。さらに後半14分、左サイドのカーのクロス→ヘイマンが飛び込むも届かず。ボールはゴール左に外れる。
流れを変えたい日本は、後半20分に澤に代えて菅澤優衣香を投入。すると後半23分、右サイドの有吉がクロスを上げ、DFの裏にいた菅澤が抜け出し、胸トラップから右足シュート!しかし、バーに直撃して追加点ならず。逆に今度はピンチを迎え、豪州のゴリーの折り返し→カーが合わせて同点に追いつかれたかと思われたが、オフサイドでゴールならず。後半25分には豪州はロングボールからデバンナが左サイドを突破し、左足で流し込もうとしたが、ゴール前で川村が足を伸ばしてクリア。気迫のディフェンスで同点ゴールを阻止。
1-0で迎えた後半アディショナルタイム直前、日本は川澄が相手ボールを奪ってから一気にドリブル突破。一旦ボールをキープしてから菅澤にパスを送ったが、菅澤は豪州DFに阻まれる。試合はそのまま1-0でタイムアップ!日本が1点のリードを守りきり、アジアカップ初優勝!


なでしこジャパンがやりました!14回目の出場で女子アジアカップ初優勝を果たしました!オーストラリアとの決勝戦は、立ち上がりに再三のピンチを守りきり、前半28分にセットプレーから岩清水選手のゴールで1点を奪い、後半は何度も危ないシーンがありましたが、最後まで豪州の反撃を凌ぎきりました。豪州の反撃が続く時間帯は、いつ失点されてもおかしくなかったですよ…。苦しい試合だったけど、よく勝った!女子W杯で優勝、五輪でメダルを獲得しながらも、アジアのタイトルには無縁でしたが、ついにアジアの頂点に立つことができました!これで自信持って「アジアの女王」と名乗れますね。
今大会は大野忍選手や近賀ゆかり選手、熊谷紗希選手といった海外組の選手が呼ばれず、エースの大儀見優季選手がグループリーグのみ出場。そんな中、若手選手が躍動しました。木龍選手がベトナム戦でゴールを決めると、ヨルダン戦では、吉良選手と中島選手が2ゴールを挙げる活躍を見せました。決勝トーナメントでは、なでしこを支えてきたベテランの活躍が目立ちました。岩清水選手が中国戦と豪州戦で2試合連続ゴール、澤選手は準決勝で久々の代表ゴール。宮間選手はセットプレーで得点を演出し、大会MVPに選ばれました。川澄選手も暑い中ピッチを駆け回り、持ち前のスピードで相手を翻弄させたり、ベトナム戦で2ゴール1アシストと大活躍でした。
チーム一丸でアジアカップ初優勝を成し遂げたなでしこジャパン、次は9月に開催される韓国・仁川(インチョン)のアジア競技大会で優勝を目指します。前回の広州大会では北朝鮮を破って金メダルを獲得し、翌年のドイツ女子W杯の優勝につながりました。来年の女子W杯、2016年のリオデジャネイロ五輪に弾みをつけるためにも、連覇するしかないでしょう!


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ヌーヴォレコルトがオークス... | トップ | ザックJAPAN W杯壮行試合!仮... »
最新の画像もっと見る

soccer」カテゴリの最新記事