シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私が、生きる肌

2012-06-08 | シネマ わ行

ワタクシはペドロアルモドバル監督が好きだ。彼の作品のすべてが好きとは言わない。なんだこれ?最悪!みたいに思った作品もある。でも、それでもやっぱりアルモドバルは嫌いになれない。

この作品、原作があるらしいのだけど、描かれる世界はとってもアルモドバル的。彼はいつも「君はこれを“愛”と呼ぶか?」というテーマをぶつけてくる。いやいやいやいや、これを“愛”だなんて言えないよ。っていつも思うんだけど、それでもそんな形の“愛”もあるのかもしれないと思ってしまう、、、というか錯覚しそうになるとでも言っておいたほうがいいでしょうかねぇ。

数年前、ロベルレガル医師アントニオバンデラスの妻は不倫相手ロベルトアラモと駆け落ちする途中交通事故で全身やけどを負い、命は助かったものの自らの醜い姿に絶望して自殺。そのせいで娘ノルマブランカスアレスは精神のバランスを崩して入院してしまう。

退院することができたノルマだったが、友人の結婚式に参加した際、パーティを抜け出した男にレイプされまた精神を病み、やがてノルマも自殺してしまう。犯人を突き止めたロベルはそ男ビセンテジャンコルネットを拉致・監禁する。

物語は時系列通りには進まず、まず始めにロベル医師と監禁されている美しい女性患者ベラエレナアナヤの生活が描かれる。ベラはなぜか全身タイツをまとっており、医師の家で鍵のかかった部屋で生活をさせられている。ベラには自由がなく、メイドのマリリアマリアパレデスに買い物なども頼んでいるようだ。ベラが自殺をはかり、それから過去に戻って物語が始まる。

ロベルの過去と現在がどのようにつながるのか全く話が見えない中で進んでいくのだけど、まぁなんとなく途中からは分かるけど、それにしてもまぁ、、、すごいね。完全にネタバレしてしまうけど、娘をレイプした男を拉致して性転換しちゃうんだからなぁ。そこまではまぁもしかしたら究極の罰という意味では考えられないことではないかもしれないけど、女にしてしまっただけではなくて、顔から肌からすべて変えてしまって亡き妻にソックリにしてしまい、しかもその元レイプ男を愛してしまうっていうんだから、もう倒錯しまくり。

これで女にされてしまったビセンテもロベルを愛してしまい…っていうさらなる倒錯の世界に進むのかと思いきや、案外その辺は普通でビセンテが復讐を遂げて自分の家に帰ってくるところで終わる。この自分の家ってのがお母さんが経営しているブティックで、そこにビセンテがかつて好きだった女店員がいるんだけど、その店員さんはどうやらレズビアンでビセンテの想いは叶わなかったという過去があるので、女になって帰ってきたビセンテにはその人と結ばれる可能性がでてきたというのは深読みしすぎ?ビセンテの心は男性のままだろうからどうだか分かんないけど。

それにしても、ビセンテはノルマをレイプしたといっても、あんなのほとんど合意の上って感じだったし、ノルマが精神病だなんて知らなかったんだし、ほんとうに災難としか言いようがないね。

ベラを演じたエレナアナヤが非常に美しく、アルモドバル好みの女優さんという雰囲気だ。アルモドバルはゲイだけど美しい女性が好きですね。一種の憧れなのかな。崇拝対象というか。

相当エログロなんで、ワタクシは嫌いじゃない内容でしたが、アルモドバルファンじゃない方にはあえてオススメはしません。





「映画」もいいけど「犬」も好き。という方はこちらもヨロシクです。我が家の犬日記「トラが3びき。+ぶち。」


コメント   この記事についてブログを書く
« 君への誓い | トップ | トゥルース~闇の告発 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

シネマ わ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事