映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

レヴェナント 蘇えりし者

2016年05月10日 | 洋画(16年)
 『レヴェナント 蘇えりし者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)主演のディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受けたというので、映画館に行ってきました。

 本作(注1)の冒頭では、夜、横になっている主人公のヒュー・グラスレオナルド・ディカプリオ)が、先住民の言葉で息子のホークフォレスト・グッドラック)に、「大丈夫だ、息子よ。早く終わって欲しいとお前は望んでいる。父さんが付いている。ずっとそばにいる。諦めてはいけない。いいな。息が続く限り戦うのだ。息をしろ、息を続けるのだ」と語りかけています。
 その際に、グラスが妻(グレイス・ドーヴ)や息子と一緒にいるシーンや、家に火がつけられて燃え上がってしまうシーンが挿入されます。
 そして、ディカプリオの顔が大写しになって、タイトルが映し出されます。

 次の画面では、流れる水で樹の根元まで覆われている森の中を、銃を持った者が数人歩いています。
 グラスがホークに「前を見ろ」と言うと、前方に大きな鹿が見え、グラスが銃で撃ち倒します。



 宿営地では、毛皮ハンターのグループが、採った毛皮を束ねて出発の準備をしています。
 銃声がしたので、「銃はマズイのでは?」などと話していると、矢が飛んできて仲間が倒れます。
 大鹿の革を剥いでいたグラスらも異変があったことに気付き、急ぎ宿営地に戻ります。
 宿営地には先住民のアリカラ族がたくさん現れ、毛皮ハンターたちを次々矢で射倒します。
 生き残った毛皮ハンターたちは、大急ぎで毛皮を船に積み込み、乗船してその場所を離れます。

 毛皮ハンターを襲った先住民の族長のエルク・ドッグデュアン・ハワード)は、「毛皮をフランス人に渡し、代わりに馬をもらい、それで娘・ポワカメラウ・ナケコ)を探すのだ」と仲間に向かって言います。

 どうやら、グラスは、息子を連れながら、ヘンリー隊長(ドーナル・グリーソン)の率いる毛皮ハンター団の道案内役としてミズリー川中流域にいて、その宿営地がアリカラ族に襲われてしまったようです。
 この後、グラスはハイイログマ(注2)に襲われ瀕死の重傷を追うことになるのですが、さあ、グラスの運命はどうなるのでしょうか、………?

 本作の舞台は、1820年代のアメリカ中西部。毛皮ハンター団のガイドを務める主人公が、熊に襲われたりするなど様々な危難に遭遇しながらも、息子を殺した男に復讐を遂げるという物語。広大で魅力的な雪景色が何度も映し出され、さらにはどうやってこんな危険な場面を撮影できたのだろうと思わせる箇所がいくつもあり、加えて主演のディカプリオが渾身の演技を披露するので、物語は単純で2時間半を超える長尺ながらも、最後まで全く飽きずに見ることが出来ます。

(2)本作については、いくつか問題点を上げることが出来るように思います。
 例えば、主人公のグラスは、あれほど大きく獰猛なハイイログマに傷めつけられ瀕死の重傷を負うわけですから、例え生き返るにしても、息子を殺したフィッツジェラルドトム・ハーディ)を追跡できる体力を回復するまでには、相当の医療知識とかなりの治癒期間が必要となるのではないか、にもかかわらず本作ではそこらあたりが曖昧なのではと、思ってしまいます。
 また、グラスは、先住民を妻とし、その間に子どもを設けてしまうような白人としては異端的な存在にもかかわらず(注3)、白人のヘンリー隊長がなぜあそこまでグラスのことをかばい続けるのか(注4)、よくわからない感じです。
 さらに言えば、死んだ妻のことをあれほど何回も思い出すのであれば、息子のホークもさることながら(注5)、グラスはなぜ妻を殺したフランス兵にまずもって復讐しようとしないのでしょうか(注6)?

 でも、それらのことはどうでもいいように思われます。
 何よりも、本作は、自分の息子を殺された男が、息子を殺した男に復讐しようとする実にシンプルな物語を、広大な大自然の中でたっぷりと描き出すことに主眼があるように思われます。
 ただ、シンプルな話とはいえ、グラスは何度も窮地に追い込まれます。
 例えば、迫ってきたアリカラ族から身を隠すために冷たい川の中に入りますが、流れが大層急で、グラスはどんどん押し流されてしまいます。
また、アリカラ族に追われ、グラスは乗っていた馬もろとも高い崖から落下してしまいます。

 このように物語にいろいろ起伏が設けられている上に、こうしたところを描き出す画面は実にリアルで、いったいどのようにしてそのような映像を作り出したのか不思議に思えるほどです(注7)。

 そして、絶体絶命と思える窮地に追い込まれながらも、不屈の闘志によってそれらを乗り切りフィッツジェラルドとの1対1の対決(注8)にまでたどり着くグラスを演じるディカプリオの演技は実に素晴らしく、見入ってしまいます。
 ディカプリオの主演男優賞は、十分納得できるものと思いました(注9)。

(3)渡まち子氏は、「尊い自然への畏敬の念が、この壮絶なサバイバル劇を貫き、すべてが終わった後に魂の救済へと至る物語は、観客を大きな感動で包み込んでくれるだろう」として90点をつけています。
 森直人氏は、「いま、インターネットやモバイル機器の発達でコンパクトな映画の視聴が進む中、新しい劇場対応型の表現とは何か?という問いが浮上しているように思う。そんな課題に応えるべく、実験的、前衛的とも言える手法で、プリミティブなパワーを志向した本作は、前人未到の領域を開拓した」と述べています。
 藤原帰一氏は、「議論が分かれるところでしょうが、私には、「レヴェナント」のディカプリオは、無理な撮影に耐えたのが流石だし、役柄からいって致し方ないんですが、硬くて一本調子な印象が残りました。逆に目を見張ったのは、悪役のトム・ハーディ」と述べています。



(注1)監督は、『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『BIUTIFUL ビューティフル』のアレハンドロ・G・イニャリトゥ。本作で、アカデミー賞監督賞を受賞。
 撮影監督のエマニュエル・ルベツキは、本作でアカデミー賞撮影賞を受賞。
 また、音楽は坂本龍一
 原案小説は、マイケル・パンク著『蘇えりし者』(ハヤカワ文庫NV)。

 なお、出演者の内、最近では、ディカプリオは『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、トム・ハーディは『マッドマックス―怒りのデス・ロード』、ドーナル・グリーソンは『スター・ウォーズ フォースの覚醒』、ウィル・ポールターは『メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮』で、それぞれ見ました。

 〔酷くつまらないことながら、邦題の副題「蘇えりし者」は、常識的には「蘇りし者」となるところ、『蘇える金狼』(大藪春彦)とか『蘇える変態』(星野源)などもありますから、どちらでもかまわないのでしょう〕

(注2)本作の中では「グリズリー」と言われています(なお、この記事が参考になります)。

(注3)昔見た『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1991年)の主人公のジョン・ダンバーケビン・コスナー)が思い出されます。ダンバーも、先住民の女を妻とします。ただ、時代は、本作よりも40年ほど下って南北戦争の最中であり、またダンバーが接触する先住民は、本作のアリカラ族と対立するスー族なのです(さらに言えば、ダンバーの妻となる女の家族は、本作でグラスの妻となる女の出身部族であるポ-ニー族に殺されています)。

(注4)ヘンリー隊長は、瀕死のグラスを樹の枝でこしらえた担架に乗せて運んだり、グラスが死ぬまで付き添うよう、ホークのみならずフィッツジェラルドとジム・ブリジャーウィル・ポールター)に命じたりするのです(それに、300ドルもの報酬を与えると約束します)。

(注5)フィッツジェラルドは、このままだと共倒れだとして瀕死のグラスを早く殺してしまおうとし、それを見たホークがブリジャーに知らせようとしたために、まずホークを殺してしまいます。



 無論、フィッツジェラルドの行為を正当化出来るわけでないとはいえ、アリカラ族と寒さが迫っている中、仕方がない面もあるように思えます(何しろ、当初は、ヘンリー隊長自ら、グラスを安楽死させようと考えてグラスに銃を向けたほどなのですから)。
 そう考えると、グラスの復讐劇も、親子の情愛という面は無論あるにしても、クマに襲われてホークを守りきれずに死なせてしまったことに対する後悔の思い(あるいは、妻への謝罪の気持ち)によるところもあるのではないかと思えます。



(注6)グラスは、自分たちの暮らしていた部落にやってきて家に火をつけ、出てきた妻に銃を向けて撃ち殺すフランス兵らを、隠れた物陰から見ているのです(これは、グラスによる回想シーンで描かれます)。民間人のフィッツジェラルドに復讐する方が、軍人に復讐するよりも容易なのでしょうが、ホークの復讐をする執念をもってすれば可能ではないでしょうか?

(注7)最初の方に出てくるグラスとハイイログマとの闘いについて、劇場用パンフレット掲載の「Production Notes」では、「ハイイログマの攻撃のシークエンスでは、本物の熊は一頭も使われなかった。イニャリトウ(監督)はCGIを本作ではわずかしか使っていないが、ここではCGIを活用している」と述べられています。
 急流の場面とか崖から墜落する場面などは、いったいどのようにして画面が作られているのでしょう?

(注8)ラストでは、グラスは、フィッツジェラルドを殺さずに川に流します。すると、川岸にいたアリカラ族の族長のエルク・ドッグがフィッツジェラルドを殺します。
 その際、フィッツジェラルドが「復讐しても、お前の息子は戻ってこない」と言うのに対し、グラスは、「復讐は神の手に委ねるのであり、俺の手じゃない」と応えて、フィッツジェラルドの体を川に落とします。
 ただ、そう言われたくらいで最後までの復讐をためらうのであれば、グラスは、初めから追跡などしなくともよかったかもしれないとも思えてしまいます(あるいは、グラスは復讐の念で頭が一杯になっていて、フィッツジェラルドにそう言われるまでその意味するところに気が付かなかったのかもしれませんが)。
 また、この場合の神とはキリスト教の神でしょう(その前に、十字架のキリストや使徒が壁に描かれた教会の廃墟の中で、グラスは、ホークの亡霊に見えた樹木を抱きしめたりします)。でも、族長のエルク・ドッグは異教徒でしょう。その異教徒にフィッツジェラルドの処分を委ねるのはどういうことなのでしょう?
 それに、エルク・ドッグの娘・ポワカをさらったのはフィッツジェラルドではなく、フランス人の毛皮商ではないでしょうか?ポワカは、父親のそばにいるのですから、人違いだと父親に告げてもよかったかもしれません。あるいは、先住民には、白人の見分けがつかないと言うのでしょうか(でも、エルク・ドッグは、グラスの傍らを通り過ぎる際に、グラスには手を出そうとしませんでしたが)?

(注9)さらに、公式サイトの「Introduction」では、「本物のフロンティアの再現に強くこだわったイニャリトゥ監督は、マイナス20℃の極寒の地でロケを敢行。人工的な証明を一切使わない自然光のみの撮影を行い、壮大な大自然を未だかつてないスケール感で映し出している」と述べられていますが、イニャリトゥ監督の監督賞とルベツキ撮影監督の撮影賞も充分に納得できます。



★★★★☆☆



象のロケット:レヴェナント 蘇えりし者

コメント (8)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
« アイアムアヒーロー | トップ | 太陽 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (atts1964)
2016-05-10 14:59:31
執念の塊の復讐劇と、対照的な大自然の美しさと過酷さ。もうこの作品はこれに尽きますね。
事実ベースなんで、超人的な回復力も、そうだったんだ…というある種人間の強さも感じました。
スタントも多く起用していたようですが、それでもディカプリオに迫力を感じました。
TBこちらからもお願いします。
Unknown (クマネズミ)
2016-05-10 18:54:00
「atts1964」さん、TB&コメントをありがとうございます。
確かに本作は「事実ベース」とされていますが、原作小説との乖離も指摘されているようで、かなりの脚色がなされているように思われます。
いずれにしても、おっしゃるように、「ディカプリオに迫力を感じ」たところです。
こんばんは。 ()
2016-05-10 20:50:12
アメリカ国内でも、広がって行く国境と地の彼方、というか、フロンティアというのは、無法地帯だったのでしょう。その良さもあれば、悪さもあったという事だと思います。

アメリカ人のメンタリティの根底にある世界を、レオが演じたのは、良かったと思います。あの時代に共通するのは、銃と騎馬が開いた力の世界だという事でしょうね。

そして、息子を奪われた事に対する怒り、これは、家族に対する個の愛着が、今の時代と変わらないという事だと思います。
Unknown (ふじき78)
2016-05-11 00:39:35
> 追跡できる体力を回復するまでには、相当の医療知識とかなりの治癒期間が必要となるのではないか

こういうのは「火事場の馬鹿力」という事にしておきたいのだけど、するとずっと火事続きになってしまう。


> 白人のヘンリー隊長がなぜあそこまでグラスのことをかばい続けるのか

BL


> グラスはなぜ妻を殺したフランス兵にまずもって復讐しようとしないのでしょうか?

推測ですが、フランス兵の行動は戦時行動であり、妻を殺した一人に対して責めを負う事はできないからじゃないでしょうか? 今回のフィッツジェラルドの行動は彼一人にのみ追わせる罪があるのですが、前回は違ったのでは?
Unknown (クマネズミ)
2016-05-11 05:34:16
「陸」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「息子を奪われた事に対する怒り」からくるグラスの復讐心の高まりが見事に描き出された作品だと思います。ただ、グラスの「息子を奪われた事に対する怒り」は、フィッツジェラルドに向けられるだけでなく、身動きできない体になってしまってホークを守りきれなかったグラス自身に対しても向けられているのではないかと思っています。そうした後悔の念があるために、フィッツジェラルドに対する復讐を最後まで貫徹しなかったのではないでしょうか?
Unknown (クマネズミ)
2016-05-11 05:53:51
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
・「火事場の馬鹿力」によって、足が折れていても一瞬間は立つことが出来るとしても、長い時間敵を追って追跡できるとは思えないのですが。
・「BL」とは思い浮かびませんでした!
・フランス兵に関してはおっしゃるとおりと思います。ただ、息子の場合に復讐心があれほど燃え上がるのであれば、妻の場合であっても理性的な判断を超えて復讐心が強く湧き上がるのではないかな、と思った次第です。
西部開拓史のひと場面 (もののはじめのiina)
2016-05-14 10:47:12
先住民は土地を追われ、毛皮ハンターから元々は自分たちのものである毛皮を取り戻し、別のハンターに売る。
西部開拓史に、矛盾した正義と正義の争いにも見えて、仲間の仕打ちに復讐するサバイバル・ドラマでした。

ヘンリー隊長があそこまでグラスを尊重するのは、よほど隊に貢献していたからではないでしょうか。

Unknown (クマネズミ)
2016-05-14 21:13:39
「 もののはじめのiina」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「矛盾した正義と正義の争い」という点はよく理解できないところですが、グラスがフィッツジェラルドに復讐をするというのは、ハンムラビ法典のいわゆる「目には目を歯には歯を」の精神からではないかと思うのですが?
なお、ヘンリー隊長がグラスにどのような環状を持っていたのかは、映画からはよく理解できないのでは、と思いました。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

46 トラックバック

劇場鑑賞「レヴェナント 蘇えりし者」 (日々“是”精進! ver.F)
復讐は、神の手に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604220000/ 【輸入盤】Revenant [ レヴェナント: 蘇えりし者 ]価格:2365円(税込、送料無料) レヴェナント 蘇えりし者 [ マイケル・パンク ]価格:885円(...
「レヴェナント:蘇えりし者」 (或る日の出来事)
凄いところは凄すぎて、あり得ず、かっこつけすぎ。眠くなった。
『レヴェナント 蘇えりし者』 2016年3月23日 20世紀FOX試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『レヴェナント 蘇えりし者』 を試写会で鑑賞しました。 レオ様アカデミー賞受賞おめでとう これだけやったんだからご褒美だね。 【ストーリー】  アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死(ひ...
「レヴェナント:蘇りし者」☆生まれ変わって蘇るレオ様 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは凄い! これでアカデミー賞取らなかったらオカシイよね。
レヴェナント:蘇えりし者 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
オリジナル・サウンドトラック盤「The Revenant(蘇えりし者)」 [CD]1820年代、西部開拓時代のアメリカ。探検隊のガイドを務める凄腕ハンター、ヒュー・グラスは、ハイイログマに襲われ喉 ...
レヴェナント:蘇えりし者 (佐藤秀の徒然幻視録)
トム・ハーディの悪にはワケがある 公式サイト。原題:The Revenant。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督(本年度米アカデミー監督賞受賞)、音楽:坂本龍一。レオナルド・ディカプリオ(本年 ...
レヴェナント:蘇えりし者 (あーうぃ だにぇっと)
レヴェナント:蘇えりし者
レヴェナント 蘇えりし者 (Akira's VOICE)
そして彼はクマになった。
レヴェナント: 蘇えりし者 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
厳しい極寒の大地でロケーションしたサバイバル劇は人間の存在の小ささと、主人公の壮絶な復讐への執念を浮かび上がらせる。満点の出来栄えだと思う。
「レヴェナント 蘇えりし者」:大自然と激痛サバイバル (大江戸時夫の東京温度)
映画『レヴェナント 蘇えりし者』は、明らかに映画史に残る作品。シンプルなサバイバ
「レヴェナント:蘇えりし者」絶対不死身、ディカプリオ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[レヴェナント:蘇えりし者] ブログ村キーワード  “アカデミー賞最多12部門ノミネート、監督賞・主演男優賞・撮影賞 受賞!”「レヴェナント:蘇えりし者」(20世紀フォックス)。実在した伝説のハンター、ヒュー・グラスの実話を基にした“サバイバル・ドラマ”。とに...
神の手~『レヴェナント:蘇えりし者』 (真紅のthinkingdays)
 THE REVENANT  19世紀、雪深いアメリカ北西部。ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は 原住民の妻との間にもうけた息子ホーク(フォレスト・グッドラッグ)と共に、狩猟 団の一員として原野を旅していた。  レオが6度目のノミネートにし...
『レヴェナント : 蘇えりし者(The Revenant)』アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドー... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『レヴェナント : 蘇えりし者』The Revenant監督 :アレハンドロ・G・イニャリトゥ撮影 : エマニュエル・ルベツキ出演 : レオナルド・ディカプリオトム・ハーディドーナル・グリーソン、他
レヴェナント:蘇えりし者 (atts1964の映像雑記)
2015年作品、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ主演。 1823年、西部開拓時代のアメリカ北西部、極寒の荒野の中、狩猟をして毛皮を採取するハンターチーム。 しかし、いきなり彼らはネイティブアメリカンの一団に襲われ多大...
映画『レヴェナント:蘇えりし者』★復讐に燃えた魂は旅の果てに真に生還す (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168505/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ ←大好き☆ 主演: レオナルド・ディカプリオ レオの仇: トム...
レヴェナント:蘇えりし者・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
死の先に、何を見出すのか? タイトルの「レヴェナント(Revenant)」には、「帰ってきた者」の他に「亡霊」という意味がある。 本作は19世紀初頭のアメリカで活躍した猟師にして探検家、ヒュー・グラスを主人公とし、彼がグリズリーに襲われ、仲間に見捨てられながらも...
『レヴェナント:蘇えりし者』 ディカプリオ、何もそこまでしなくても…… (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 アカデミー賞作品賞を獲得した『バードマン』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの最新作。  この作品はイニャリトゥに2年連続のアカデミー賞監督賞をもたらしたほか、主演男優賞と撮影賞などのアカデミー賞5部門を受賞した。  音楽には坂本龍一も参加して...
レヴェナント:蘇えりし者★★★★ (パピとママ映画のblog)
レオナルド・ディカプリオと、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督がタッグを組んだ話題作。狩猟中に瀕死(ひんし)の重傷を負ったハンターが、自分を荒野に置き去りにした仲間に復讐(ふくしゅう)するため....
「レヴェナント:蘇えりし者」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:The Revenant)本作で念願のオスカーを獲得したレオナルド・ディカプリオの演技は、確かに見応えがある。また、エマニュエル・ルベツキのカメラが捉えた厳しくも美しい自然の風景は、高く評価されてしかるべきだ。しかし、その2点を除けばこの映画は大して上....
祝オスカー 「レヴェナント 蘇えりし者」  (これは したり ~笹木 砂希~)
 たまたま六本木に行く用事ができた。  ついでに美術館に寄ろうと考えたが、好みの展示がない。ならば映画である。  あったあった。  レオ様悲願のオスカー受賞作「レヴェナント 蘇えりし者」が、公開されたばかりだった。  ネタバレしない程度にストーリーを紹....
レヴェナント 蘇えりし者 (E'S STREAM)
天地に委ねられし生と死、そこから立ち上がった男…。アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死(ひんし)の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に置き去...
レヴェナント:蘇えりし者 (♪HAVE A NICE DAY♪)
まず あの大自然の寒さの中、キャストの皆さん撮影に参加した皆さん 本当よく頑張ったなあ~ 大変だったろうなあ~ レオナルド・ディカプリオ 演技も良かったわ~何も喋れなくても、苦しさも充分伝わってくるし 目が物語ってます。。。これまでも何度も素晴らしい演....
レヴェナント:蘇えりし者 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11)(11) 極限という言葉が最も当てはまる映画。
レヴェナント:蘇えりし者 (to Heart)
THE REVENANT 上映時間 156分 映倫 R15+ 監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本 マーク・L・スミス/アレハンドロ・G・イニャリトゥ 音楽 坂本龍一 出演 レオナルド・ディカプリオ /トム・ハーディ/ドーナル・グリーソン/ウィル・ポールター/ルーカス・ハース 1823...
レヴェナント 蘇えりし者 (そーれりぽーと)
レオナルド・ディカプリオが、遂にアカデミー主演男優賞を獲った『レヴェナント 蘇えりし者』を観てきました。 ★★★★★ やたらとレオぽんにだけハードルの高いアカデミー賞でしたが、ここまでしなければ獲らせて貰えないのか。と、恐怖を感じさせる究極の演技に打ちの...
映画:レヴェナント: 蘇えりし者 The Revenant イニャリトゥの執念がまたもや結実した傑作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログは2年前の年末映画ベスト10で、同スタッフの「バードマン」 を3位にいれていた。 サブタイトル=「中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快? 怪作!(12/18アップ)」 オフビート系な映画にもかかわらず、ここまで心を掴まされるとは、驚き!....
『レヴェナント 蘇えりし者』をトーホーシネマズ日劇1で観て、ゴダールに謝れふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲トランプのキングに似てるレオ様。 五つ星評価で【★★★御立派な映画だが長い】 なげーよ これが一番の感想。 後はデカブリオしぶといけど、インディオの息子の父ちゃん ...
レヴェナント:蘇えりし者 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE REVENANT】 2016/04/22公開 アメリカ R15+ 156分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ 復讐の先に、何があるのか。 STORY:アメリカ西部の....
レヴェナント:蘇えりし者 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ、ドウェイン・ハワード、アーサー・レッドクラウド、グレイス・ドーヴ、ポール・アンダーソン、ルーカス・....
「レヴェナント 蘇えりし者」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2015年・アメリカ/リージェンシー=ラットパック・エンタティンメント 配給:20世紀フォックス映画 原題:The Revenant 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ原作:マイケル・パンク
レヴェナント:蘇えりし者  監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・ディカプリオ  トム・ハーディ  ドーナル・グリーソン 【ストーリー】 アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラスは狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルドに置き去りにされてしま...
『レヴェナント:蘇えりし者』 (こねたみっくす)
復讐は神の手に委ねる。ゆえにそれまでは己の力で生き延びよ。 こんな映画を作られたら、世界中の才能が嫉妬を超えて失望するではないか。 バジェット、アイデア、センス。その全 ...
『レヴェナント 蘇えりし者』 デジタル・シネカメラの進化 (Days of Books, Films )
The Revenant(viewing film) 映画を見る醍醐味のひとつは
「レヴェナント:蘇えりし者」 (ゆっくり歩こ。)
ディカプリオが主演男優賞、「バードマン」の監督さんってことで観てみました そーですなぁ・・・・ ストーリーは単純、というか それよりもあの過酷な中でどうやって生き延びたか?に重点が置かれているもよう(?) ディカプリオの演技は確かに大変見事です でも...
レヴェナント (もののはじめblog)
レヴェナント 蘇えりし者 実話を基に”復讐のために過酷な状況を生き抜く、決して諦めない男”を描く。(156分) 瀕死の重傷を負いながら生存本能を糧に、追う者と追われる者が交叉する強靭な男のサバイバル・ドラマ。 息遣いが荒くなる。 極寒の未開の地で凍った川に入...
「レヴェナント 蘇えりし者」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何もこの「レヴェナント~」で獲る必要があったのか?とい...
「レヴェナント:蘇りし者」 映画圧を感じる (はらやんの映画徒然草)
今年のアカデミー賞を総なめにした「レヴェナント:蘇りし者」を観てきました。 アレ
レヴェナント 蘇えりし者/THE REVENANT (我想一個人映画美的女人blog)
「アモーレス・ペロス」 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」の アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、 実話を基に”復讐のためだけに過酷な状況を生き抜く、決して諦めない男”を描く。 原題のレヴェナントには、「帰...
レヴェナント 蘇えりし者 / The Revenant (勝手に映画評)
レオナルド・ディカプリが、アカデミー賞(主演男優賞or助演男優賞)ノミネート5度目にして、初めて主演男優賞を受賞。これで彼も、無冠の帝王を脱したわけですね。 初めてのアカデミー主演男優賞のレオ様の重厚な演技が光っているそんな話題作ですが、同じく今回のアカ...
大自然の猛威の中に (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「レヴェナント:蘇えりし者」を鑑賞しました。 IMAXにて 狩猟中に熊に襲われ瀕死の重傷を負ったヒュー・グラス グラスを足手まといだと狩猟メンバーのフィッツジェラルドは置き去りにし 反抗したグラスの息子も殺害 かろうじて生還したグラス....
レヴェナント 蘇えりし者 (映画好きパパの鑑賞日記)
 レオナルド・ディカプリオが念願のオスカーをとった作品で、過酷な自然に体当たりしたのは敬意を表しますが、個人的には「リリーのすべて」のエディ・レッドメインの演技のほうが印象的だったなあ。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:アレハンドロ・G・イニャリ...
レヴェナント:蘇えりし者 (とりあえず、コメントです)
19世紀のアメリカ開拓地を舞台に一人の男の半生を描いた作品です。 レオナルド・ディカプリオが念願のオスカーを手にした作品だったので観なくちゃと思っていました。 予告編で想像する以上に凄まじい展開に、最後までスクリーンから目が離せませんでした。
【cinema】『レヴェナント 蘇えりし者』 (・*・ etoile ・*・)
2016.05.04 『レヴェナント 蘇えりし者』@TOHOシネマズ市川コルトン もう何度も書いて申し訳ないけど、デカプーことレオナルド・ディカプリオ登壇のジャパンプレミア当選してた。枚数オーバーで入場できずその代わりとして貰ったムビチケを使って、快晴だけど風の強いG...
レヴェナント:蘇えりし者  (心のままに映画の風景)
1823年、アメリカ北西部。 ヘンリー隊長(ドーナル・グリーソン)をリーダーとする狩猟一団は、未開の地で先住民の襲撃を受けて逃走する中、ガイド役のベテラン・ハンター、ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)が熊に襲われ、瀕死の重傷を負ってしまう。 手当...
『レヴェナント 蘇りし者』 (時間の無駄と言わないで)
エマニュエル・ルべツキちょっとヤバイだろ!? 才能の溢れ方が半端無い。 3年連続アカデミー賞もむべなるかな。 相変わらずの長回しに自然光撮影にもうクラクラきますわ。 デカ ...
レヴェナント:蘇えりし者 (いやいやえん)
ほとんどのシーンは主人公が困難にあり、極寒の地で大怪我をしている状態で、台詞がなく、食料も手に入らないし、痛いやら寒いやらひもじいやら息子を殺されて悔しいやらで、「う......