映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

マッドマックス―怒りのデス・ロード

2015年07月21日 | 洋画(15年)
 『マッドマックス―怒りのデス・ロード』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)大変な評判作ということなので、ミーハーとして覗いてみたくなって、遅ればせながら映画館に行ってきました。

 本作(注1)の冒頭では、主人公のマックストム・ハーディ)の声で、「俺の名はマックス。昔、俺は警察官だった」などと自己紹介し、また「核戦争によって地球は荒廃し、世界は崩壊した」と状況を説明します。
 そして、車(スーパーチャージャーV8インターセプター)のそばにいるマックスが映しだされます。
 地面にいた2つ頭のトカゲを捕まえると、それを口に入れてから、車を動かします。
 すると、その後を武装集団のウォー・ボーイズが追いかけ、ついに、その攻撃によってインターセプターは大破してしまい、マックスは捕まって砦に連れていかれます。
 そこで彼は、背中にタトゥーを入れられ、ウォー・ボーイズのための輸血袋にさせられてしまいます。

 ウォー・ボーイズの本拠地の砦では、イモータン・ジョーヒュー・キース=バーン)が独裁者として君臨しています。



 人々に対して、「これから、ガスタウンからガソリンをもちかえるためにウォー・タンク(War Rig)を送り込む。指揮はフェリオサシャーリーズ・セロン)がとる。ウォー・ボーイズはわが魂とともにある。われこそは救世主だ!」などと演説し、人々に貴重な水を供給します。

 次いで、ガスタウンに向かって車が動き出します。
 ですが、ウォー・タンクを運転していたフェリオサは、ガスタウンには向かわず、敵のいる方向にハンドルを切ります。さあ、どうしてフェリオサはそんな行動に出たのでしょうか、イモータン・ジョーはどうするのでしょうか、そしてマックスの運命は、………?

 舞台は、核戦争から45年後の文明が滅びた地球。そこに家族を殺されて復讐に燃える主人公が登場し、独裁帝国から武装タンカー・トレーラーに乗って逃げ出してきた女たち(注2)と一緒になって、彼女たちを追う独裁帝国の軍団と戦うという物語。でも設定とか物語などは二の次、ともかく画面に映し出される武装カーとか軍団の戦い方などが無茶苦茶で面白く、最初から最後まで見入ってしまいます(注3)。

(2)イモータン・ジョーの独裁帝国(注4)は、いくら彼がとても貴重な水資源を独り占めしているといっても、さらにまた絶対忠誠の親衛隊としてウォー・ボーイズを彼が持っているとしても、それだけでは運営・管理出来ないように思われます。
 なにより、人々の暮らしに必要な食糧の生産はどうなっているのでしょうか?
 ちなみに、劇場用パンフレットの「The World of Mad Max(マックスが生きる世界)」の「食糧」の項では、「彼らは、生き延びるために栄養を摂取できるものは何でも食べる。核戦争の影響によって誕生した奇形種のトカゲや昆虫なども貴重な蛋白源」などと述べられていますが、こんなことでは、イモータン・ジョーらの一部の人々は生きながらえるにせよ、大部分の人民はただちに餓死してしまい、帝国を運営していくことなど出来ないように思われます。
 それに、彼の周りには、彼の息子たちやウォー・ボーイズがいますが、かれらは皆兵士であって、日常の細々とした事務を取り仕切っているようには見えません。でも、大勢の人民を管理するためには、しっかりとした官僚機構がどうしても必要になるでしょう。

 しかしながら、そんなことはこの映画にあっては、全くどうでもいいのです。
 ウォー・タンクを疾駆させて逃げるフェリオサらと、それを追いかけるイモータン・ジョーらの武装軍団との戦闘ぶりが、常識の域を超えたレベルに達していて、見る方に息をも吐かせないほどなのですから!
 マックスを輸血袋としてフロントにくくりつけてニークスニコラス・ホルト)が運転する武装カーの異様な姿。



 さらには、武装カーに取り付けられたポールをしならせて敵の車に飛び乗る“棒飛び隊”の様子とか(注5)、手榴弾付きの槍“サンダースティック”が突き刺さって破裂する様などに目を見張ります。
 なかでも、ドラム・ワゴン(Doof Wagon)には圧倒されました!
 なにしろ、その車の上には巨大なスピーカーをめちゃくちゃ積み上げ、その前でウォー・ボーイズの一人が、マスクをかぶり赤い服を羽織りながら、火を噴くギター(注6)を弾いており、後部では並べられた4つの大太鼓を4人のドラマーが叩いているのですから(注7)。
 ウォー・ボーイズの戦意高揚のためであり、進軍ラッパ的な役割を果たすのでしょうが、それにしても破天荒なシロモノ(注8)!
 そして、最後に、このドラム・ワゴンがバラバラになって飛び散ってしまうのですから、凄まじい限りです。

(3)渡まち子氏は、「様式美に満ちたアクションと、恋愛や友情などバッサリ切り捨てた潔いストーリー、CGに頼らない本物のカースタントの迫力。これほど圧倒的な刺激に満ちた映画なら“ランボー”チックでダサい副題のことは許す!」として85点をつけています。
 前田有一氏は、「ダメ作確実と思われた「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、しかしその予想を覆す、シリーズ最高傑作であった。のみならずここ10年間、これほどテンションの高いアクション映画は見たことがないほどの、歴史に残る大傑作として登場した。3DおよびIMAXにもぴったりの映画で、いくらでも追加料金を払うだけの価値があるとまずは最初に断言する」として95点をつけています。
 宇田川幸洋氏は、「あの手この手、新しい刺戟がつぎつぎとくり出されあきることがない。CGにたよらず、生身のスタントをつきつめているからだろう。監督自身が言うようにこれは、2時間の「目で見る音楽(ヴィジュアルミュージック)」だ。極上の」として★5つ(「今年有数の傑作」)をつけています。
 読売新聞の恩田泰子氏は、「セロンの熱演が際立つ映画だが、それでもハーディーはしかと存在感を放つ。女も男も老いも若きも、体を張って、熱い、熱い。ミラー監督の、自由で過激な円熟の境地が、たまらなく楽しい」と述べています。
 柳下毅一郎氏は、「余計なものをそぎ落とされた純粋なるアクションはほとんど曲芸のように、シュールレアリスティックなカーニバルのように美しい。時間の止まった世界で「怒りのデス・ロード」の登場人物は瞬間に感情を炸裂させる。その大いなる死、大いなる勝利は神話のように我らの心を揺り動かすのだ」と述べています。



(注1)監督・脚本は、ジョージ・ミラー
 なお、ジョージ・ミラーは、『マッドマックス』の第1作から第3作の監督でもあります。

(注2)フェリオサは、イモータン・ジョーによって監禁されていた若い5人の子産み女(イモータン・ジョーが自分の子孫を残すため)を連れて、独裁帝国を脱走しようとします。



(注3)出演者の内、トム・ハーディは『インセプション』で、シャーリーズ・セロンは『ヤング≒アダルト』や『あの日、欲望の大地で』で見ました。

(注4)フェリオサの運転するウォー・タンクを追いかけるイモータン・ジョーらの武装集団の画像は、イスラム国の画像とそっくりです!



(注5)このサイトの記事の中で、棒飛び隊について、「ミラー(監督)も実写をあきらめかけた時、ノリス(スタント・コーディネーター)、ギブソン(美術)、ダン・オリバー(特殊効果監修)が逆さのメトロノーム装置の開発に成功する」云々と述べられています。



(注6)Wikipediaの「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(「登場人物・キャスト」の「コーマComa-Doof Warrior」)のでは、「火炎放射器付きのエレキギターとサウスポー・エレキベースのダブルネック・メタル・ボディでディストーションを響かせたパワー・コード・リフ奏法を行う」と述べられています。どうして“サウスポー”なのかわかりませんが(あるいは、弦の張り方が逆なのでしょうか?)、映画の中で使われているのは、通常の6弦ギターと4弦のベースギターを合わせたダブルネックのギターのようです(ギター奏者が右足で踏んでいるのが「ディストーション」なのでしょう)。
 例えば、このようなものが売られています。
 ですが、YouTubeでこの映像を見てみると、そんな市販のものではなくて、4弦のベースギターのボディの上に6弦ギターを貼り付けて作られているような感じがします(それに、火炎放射のノズルが取り付けられているようです)。



(注7)Wikipediaの「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(「主に登場する乗り物」の「ドーフ・ワゴンDoof Wagon」)のでは、「後部席に4人編成で太鼓を叩くドレッドヘアのドーフ・ウォリアー」と述べられています。



(注8)ジョージ・ミラー監督は、このインタビュー記事において、「ドゥーフ・ウォリアーが存在するのにはロジカルな理由があります。言葉が発達する前、戦争や紛争では音楽がコミュニケーションの手段でしたよね。打楽器があったり、スコットランドではバグパイプがあったりしました」と述べています(「言葉が発達する前」と言っているところはよく理解できませんが)。



★★★★☆☆



象のロケット:マッドマックス 怒りのデス・ロード
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (68)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の轍 | トップ | きみはいい子 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
世紀末の混沌 (iina)
2015-07-22 10:01:09
世紀末ともなれば、イスラム国のような無法な武装集団が出現するはずですから、まさに近未来を予言しています。

>巨大なスピーカーをめちゃくちゃ積み上げ、・・・火を噴くギターを弾いて・・・大太鼓を4人のドラマーが叩いている・・・
>様式美に満ちたアクションと、・・・CGに頼らない本物のカースタントの迫力。
>これほどテンションの高いアクション映画は見たことがないほどの、歴史に残る大傑作として登場した。
>あの手この手、新しい刺戟がつぎつぎとくり出されあきることがない。

“棒飛び隊”は、ヤジロベエにも見えました。  ↓
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/5d369ead2a020ceaf7b788c80dcda77e

Unknown (クマネズミ)
2015-07-22 18:54:22
「iina」さん、コメントをありがとうございます。
本作は、核戦争後45年経過した世界を舞台としていますから、今から30年位先に核戦争が起きるとしたら、まさに21世紀末の姿を表しているのかもしれません。
そして、いまでは一つしか出現していない「イスラム国のような無法な武装集団」があちこちに見られることでしょう!
なお、ヤジロベエの情報をありがとうございます。
Unknown (ふじき78)
2015-09-11 08:06:22
> 人々の暮らしに必要な食糧の生産

植物プラントは出てきたけど、人以外の獣は出てこなかったですね。カラスくらいか。牛や豚は飼うとそれなりの餌(植物)を必要としてしまうので、犬や狼のような肉食動物が手ごろに入ると便利の筈だけど。人しかいないなら、人を食ってそうですけどね。
Unknown (クマネズミ)
2015-09-11 21:05:19
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「人しかいないなら、人を食ってそう」ということなら、『海街diary』と『マッドマックス怒りのデス・ロード』がつながっているばかりか、『マッドマックス怒りのデス・ロード』と『野火』ともつながってきますね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

68 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マッドマックス 怒りのデス・ロード (佐藤秀の徒然幻視録)
実はセレブの美女ロード(load) 公式サイト。オーストラリア映画、原題:Mad Max: Fury Road。ジョージ・ミラー監督。トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・ ...
マッドマックス 怒りのデス・ロード (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★【5点】(11)(11)(16) 広大な砂漠を舞台にした「シルク・ドゥ・ソレイユ」の世界がここに(笑)
マッドマックス 怒りのデス・ロード/トム・ハーディ (カノンな日々)
もはや説明不要かとは思いますけど、メル・ギブソンの主演で大ヒットしたバイオレンス・アクション・ムービー『マッドマックス』シリーズの30年ぶりとなる第4弾です。 出演はその ...
映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』★見ているほうも死ぬほどマッ度大の追跡劇with白い男 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/166046/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 死ぬほど面白い!(>_<)というシリーズの最新作☆ 私は、新マックスの トム・ハーディ 目当てで鑑賞しました。 それと、今回の女番長 フ...
試写会「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 (日々“是”精進! ver.F)
生き延びれば、希望はある… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506110001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】マッドマックス 怒りのデス・ロード [ O.S.T....価格:2,019円(税込、送料込) 【初...
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」:壮大な「チキチキマシン猛レース」 (大江戸時夫の東京温度)
映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は奇天烈な改造車が列をなして爆走しなが
マッドマックス 怒りのデス・ロード  監督/ジョージ・ミラー (西京極 紫の館)
【出演】  トム・ハーディ  シャーリーズ・セロン  ニコラス・ホルト  ヒュー・キース・バーン 【ストーリー】 資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックスは、砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョーの一団に捕らわれ、深い傷....
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Mad Max Fury Road )どこが面白いのか分からない。脚本ダメ、映像ダメ、キャラクター設定ダメというこのシャシン、どこをどう見ても評価できるポイントは見つからない。褒め上げている評論家連中は、いったい何を考えているのやら。  前作「マッドマックス....
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 (時間の無駄と言わないで)
監督は頭オカシイだろ!? というのが最高の褒め言葉なのではなかろうかと。 予告編の時点で最高のデキだったけど、そのテンションを本編でもしっかりキープしてるあたりが流石 ...
マッドマックス 怒りのデスロード (とつぜんブログ)
監督 ジョージ・ミラー 出演 トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト  祭りだ祭りだ。これは祭りだ。ワッショイワッショイ。花火も上がるし、山車も神輿もくり出す。さまざまに趣向を凝らした山車が、岸和田のだんじりもかくやと思わせる勢いで走り...
[映画] マッドマックス 怒りのデス・ロード  (12時間Blog)
「マッドマックス 怒りのデス・ロード 」を川崎TOHOシネマズにて観て来ました 「北斗の拳」の元ネタとなった事でも有名な「マッドマックス」はオレがまだ小学生の頃に公開されていたシリーズですが、まさかオリジナルを手がけたジョージ・ミラー監督が(齢七十にして)....
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」□監督・脚本 ジョージ・ミラー□キャスト トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース=バーン■鑑賞日 7月1日(水)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★...
映画 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 (向う岸)
allcinema 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 3D吹き替え版で鑑賞。 俺達の見たかった世紀末。 暴力こそが全てのルールとなった世界で 砂漠を猛スピードで走る狂った車とバイクが 大音量のギターとドラムをBGMに、クラッシュして炎を上げる。 マックス達が乗....
マッドマックス 怒りのデス・ロード (あーうぃ だにぇっと)
マッドマックス 怒りのデス・ロード@ワーナーブラザース映画試写室
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 (或る日の出来事)
なんじゃこりゃあああーーーーー!
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 試写会で鑑賞したけれど、劇場でもまた観たい (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 あの『マッドマックス』シリーズの久しぶりの最新作。本作もシリーズの生みの親ジョージ・ミラーが監督である。  今回は試写会にて鑑賞。劇場公開は本日(6月20日)から。  一足先に観られる上に、ちゃんと3Dでの上映ということでありがたい(報知新聞社様に感...
映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 (FREE TIME)
映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を鑑賞しました。
マッドマックス 怒りのデス・ロード・・・・・評価額1800円+ (ノラネコの呑んで観るシネマ)
狂気が、荒野を覆い尽くす! 30年ぶりの「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、恐るべき熱量を持つ映画である。 近年は「ベイブ」や「ハッピー・フィート」など、すっかり動物映画の人になっていたジョージ・ミラー監督は、たまりにたまったマグマが噴出するよう...
マッドマックス 怒りのデス・ロード (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」オリジナル・サウンドトラック [CD]荒廃した世界をさまようマックスの新たな死闘を描く「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。あぁ、最高 ...
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 2015年6月8日 ワーナー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 を試写会で鑑賞しました。 やっぱり、3Dは不要だね そんなこたぁどうでも良い! まぁ兎に角すげぇ映画だわ 【ストーリー】  資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックス(トム・ハーデ...
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 (beatitude)
石油も水も尽きかけた世界。元警官のマックス(トム・ハーディ)は、愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられた彼は、ジョーに囚われた女たち&ldquo;ワイブズ&rdquo;を率いて反逆を企てるフ...
映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジョージ・ミラー監督最新作 (映画マニアの徹底レビュー)
映画情報 マッドマックス 怒りのデス・ロード (原題:Mad Max: Fury Road) 製作:2015年(オーストラリア/アメリカ) ジャンル:アクション/SF 上映時間:120分 監督:ジョージ・ミラー 脚本:ジョージ・ミラー、 ブレンダン・マッカーシー、ニコ・ラソウリス 出演者:...
まさに最初から最後までクライマックス (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」IMAX3D を鑑賞しました。 資源が枯渇し法も秩序も崩壊した世界。荒野をさまようマックスは砂漠を支配する凶悪なイモータン・ジョーの軍団に捕らえられる そこへジョー配下の女戦士フュリオサらが現れ、マッ...
映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『マッドマックス 怒りのデス・ロード(2D・日本語字幕版)』 (公式)を本日、劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 ざっくりストーリー 水や石油などの資源が枯渇し、法も秩序も崩壊した近...
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」Mad Max Fury Road (2015 WB) (事務職員へのこの1冊)
「観たんすかデスロード!今度のインターセプターはどんなだったんすか?」先日、いっしょに野球を見に行ったマッドマックスフリークは意気込んで訊いてくる。知らんがな。確かにわたしは前3作をすべてリアルタイムで観ているけれど、それにしたってもう「サンダードー....
マッドマックス 怒りのデス・ロード @MX4D (セレンディピティ ダイアリー)
ジョージ・ミラー監督による30年ぶりのシリーズ最新作、「マッドマックス 怒りのデ
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、シャーリーズセロン圧巻のアクション (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ カーアクション好き ☆☆☆☆☆ 見た記憶はあるが定かでないマッドマックスシリーズ。 今回30年ぶりの新作、それも同じ監督、もう70歳の御大だ。もともとオーストラリアの映画だったが、今回はアメリカ。まあ製作費の関係か? それにしても...
マッドマックス 怒りのデス・ロード (Mad Max: Fury Road) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョージ・ミラー 主演 トム・ハーディ 2015年 オーストラリア/アメリカ映画 120分 アクション 採点★★★★★ “マッドマックス”シリーズの第4弾として2003年頃からプロジェクトがスタートするも、ロケ地ナミビアの情勢不安定による治安の悪化や、当然の...
マッドマックス 怒りのデス・ロード (Akira's VOICE)
アドレナリンが吹き出す活走まつり!  
マッドマックス 怒りのデス・ロード3D★★★★★ (パピとママ映画のblog)
荒廃した近未来を舞台に妻子を暴走族に殺された男の壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を描き、主演のメル・ギブソンの出世作となった『マッドマックス』シリーズ第4弾。同シリーズの生みの親であるジョージ・ミラーが再びメガホンを取り、主役を『ダークナイト ライジング』な....
【試写会】「マッドマックス 怒りのデス・ロード」@ワーナー・ブラザース映画試写室 (新・辛口映画館)
 今回私は映画レビューサイトCOCOさん主催「『マッドマックス 怒りのデス・ロード』coco独占【男子限定】試写会」に招かれた。客席は満席だ。試写会は3D字幕版が上映された。
マッドマックス 怒りのデス・ロード (映画に耽溺)
「アクション!!!アクション!!!アクション!!!アクション!!!!アクション!!!アクション!!!アクション!!!アクション!!!セロン!!!アクション!!! 」 「いきなりな~~にを言っているのかあーたちょっとあぶない人のようよ~~??」 「マッドな...
マッドマックス 怒りのデス・ロード (miaのmovie★DIARY)
【MAD MAX: FURY ROAD】 制作国: アメリカ  制作年:2015年 石油も水も尽きかけた世界。元警官のマックス(トム・ハーディ)は、 愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。資源を独占し、 恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられた彼は、ジョ...
映画:「マッドマックス 怒りのデス・ロード」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成27年6月22日(火)。 映画:「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。 監  督:ジョージ・ミラー 脚  本:ジョージ・ミラー 、 ブレンダン・マッカーシー 、 ニック・ラソウリス 撮  影:ジョン・シール 音  楽:ジャンキー・エックスエル 編...
マッドマックス 怒りのデス・ロード (キノ2)
★ネタバレ注意★  観て来ました、マッドマックス 怒りのデス・ロード! ■マッドマックス三部作  苦節30年、艱難辛苦のその果てに、ジョージ・ミラー監督がついに撮り上げた新しいマッドマックス! 戦慄し、奮い立ち、思わず雄叫びがもれる120分。広漠た...
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 これは劇場で体験するしかない (サイの角のように 独りよがり映画論)
 ジョージ・ミラー監督の『マッドマックス』が約30年ぶりに新シリーズとなって復活。主役はメル・ギブソンからトム・ハーディに代わったものの、そのテンションたるやこれまでの ...
君よ、憤怒の道を奔れ ジョージ・ミラー 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 (SGA屋物語紹介所)
あれは小学校1年か2年のころ。親につれられて映画館で『ブッシュマン』を観に行った
マッドマックス 怒りのデス・ロード (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【MAD MAX: FURY ROAD】 2015/06/20公開 オーストラリア R15+ 120分監督:ジョージ・ミラー出演:トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース=バーン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ライリー・キーオ、ゾーイ・クラヴィッツ、....
マッドマックス 怒りのデス・ロード (そーれりぽーと)
公開前からやたら前評判の高かった『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観てきました。 ★★★★ 面白いんだけど、手放しで楽しんで観られたかと言うと、ちょっと趣味が違った感覚で、個人的に星が伸びない。 俺、オリジナルのメル・ギブソン版『マッドマックス』シ...
『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』 最高のアクション映画 (Days of Books, Films )
Mad Max :Fury Road(viewing film) これは時代を画
女たちのジハード~『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【3D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 MAD MAX: FURY ROAD  What a lovely day!  核戦争後、汚染され荒廃した世界。元警官のマックス(トム・ハーディ)は家族 を失い、彷徨うように一人で生きていた。そんな彼がある日、水や石油を独占し、 残された人々を支配するイモータン・ジョー...
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を2D字幕で観てきました。 メルギブちゃんの前シリーズも観てないし全く観る予定はなかたのですが、いろんな人のレビューを読んでいると「今年観ておくべき1本」だなぁ~と思って炎天下のなか観てきちゃいました。 #ポイントが...
マッドマックス 怒りのデス・ロード (信州諏訪発気まぐれ親父のブログ)
およそ30年ぶりのマッドマックスは健在でしたね~ 荒廃した近未来を舞台に妻子を暴走族に殺された男の復讐 『メル・ギブソン』の出世作ともなった「マッドマックス」シリーズ題4弾  ジョージ・ミラー監督が再びメガホンを取った! お馴染み核戦争後の荒廃した世界...
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 (こねたみっくす)
ハイテンションなマッド・ジョージ、喜びのビッグバジェット・ロード! 70歳にしてまだ中二病的固有結界を有するジョージ・ミラー監督の願望が全て詰まっている!爆音、カーチェイ ...
マッドマックス~怒りのデスロード (シネマ日記)
メルギブソンの3部作は昔々見ているけど、昔過ぎて忘れてしまいました。忘れていても十分楽しめました。というか、前作のファンの方はがっかりしているようなので覚えてないくらいがちょうど良かったかもしれません。物語はびっくりするくらい単純。荒廃した近未来。イモ...
マッドマックス 怒りのデス・ロード (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョージ・ミラー 【出演】トム・ハーディ/シャーリーズ・セロン/ニコラス・ホルト/ヒュー・キース=バーン/ロージー・ハンティントン=ホワイトレイライリー・キーオ/ネイサン・ジョーンズ 【公開日】2015年6月20日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 ...
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 (ゆっくり歩こ。)
シャーリーズ・セロン いいじゃん  テレビのインタビューで撮影当時は息子が4~5ヶ月で大変だったと言ってました (スゴいなー!と思っていたけれど調べてみたらば養子でした) 実は私、予告で観ていた映像にシャーリーズ・セロンが出てるとは思いもせず(スキンヘ...
マッドマックス 怒りのデス・ロード (だらだら無気力ブログ!)
あっという間の2時間で面白かった。
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」☆やっぱり大好き! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
長い事『歴史に残る傑作』と思っていた「マッドマックス サンダードーム」 その後見返してみると、サンダードーム以外はただ走るだけだなぁ・・・と思っていたのが、過去3部作と同じジョージ・ミラー監督の手によって、3部作を合わせたメガ傑作となって戻ってきた!!
マッドマックス 怒りのデス・ロード (はるみのひとり言)
試写会で観ました。(3D 吹替版)荒廃した世界で限られた資源を独占し人々を支配するジョー率いる武装軍団に捕らわれたマックスが、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ達と共に砂漠を逃亡しちゃうお話です。メル・ギブソン版の1作目はTVで観たような気がするんだけど覚....
マッドマックス 怒りのデス・ロード (2015) (肩ログ)
MAD MAX: FURY ROAD 監督:ジョージ・ミラー 出演:トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース=バーン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、他 ヒャッハーどころの騒ぎじゃありませんでした。 石油も水も尽きかけ荒廃した世界。...
『マッドマックス 怒りのデスロード』('15初鑑賞49・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 6月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:05の回を鑑賞。
■マッドマックス 怒りのデス・ロード (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第380回「この荒れ果てた世界で、見えた本質とは?」 名優メル・ギブソンの出世作であり大ヒット作となった「マッドマックス」シリーズ。映画ファンなら観ていて当たり前の作品なのでしょうが、公開された当時には小学生から中学生だった私には、あの暴力と殺戮に満ち....
[3観目なので3Dで『マッドマックス 怒りのデスロード』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・いやはや、ちょっと3Dを見直した。  映画が違った印象になりました。  で、吹き替え版でもあったので、セリフの表現の違いが、これまた新鮮でした。  人喰い男爵が、着ていたスーツの胸だけを、ロリコンAVのスク水の胸元をくりぬいて乳首を見せているの...
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 (ラムの大通り)
(原題:Mad Max : Fury Road) ----おっ。いよいよだニャ。 フォーンが知っている限り、 えいが、これなででもっとも興奮していた映画。 Twitterでもいろいろ喋っていたでしょ。 「そうなんだ。 この映画は、これまでここで話してきた作品のどれとも違う。 観る前に、す....
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 今を生きる (はらやんの映画徒然草)
アドレナリンマックス!まさに血沸き肉躍るとはこのことです。このところ80年代の作
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 今を生きる (はらやんの映画徒然草)
アドレナリンマックス!まさに血沸き肉躍るとはこのことです。このところ80年代の作
マッドマックス 怒りのデス・ロード (花ごよみ)
過去にメル・ギブソンが主演のシリーズ作品。 今回はなんと30年ぶりの新作!! 監督はシリーズでもメガホンを取った 70才になるジョージミラー。 今回はトム・ハーディがメル・ギブソンの跡を継いで 主役のマックスを演じます。 共演はシャーリーズ・セロン。 延々と続...
「MAD MAX 怒りのデス・ロード」 (ここなつ映画レビュー)
MADがMAXで、怒りを抱えて死の道をひた走るのである。なんのこっちゃ。観始めた時にはこの世界観についていけるのかな?と。だけど全然オッケーだった。いや、むしろ好きかも。誰にも感情移入しなくて済むのも、心と身体が疲れ果てている時にはある種の利点だ。ただ、つい...
映画:マッドマックス 怒りのデス・ロード Mad Max Fury Road 驚きの今年度ワースト候補(え~!) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
旧作シリーズを「全く」観ていないこともあって、この最新作もあまり積極的な気持ちにはなれないでいた。 さらにキネ旬の記事で「アクションしてればアクション映画というわけではない」という批判をみて、「そうかもね~」 すっかり腑に落ちていた(笑) とはい....
マッドマックス 怒りのデス・ロード 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
荒廃した近未来が舞台のアクション映画で、日本でも 漫画『北斗の拳』など多大なる影響を及ぼした映画 シリーズ『マッドマックス』、それが今年生みの親 であるジョージ・ミラー自らがメガホンを取り、新作 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を発表、 公開されるやい...
『海街diary』を109シネマズ木場3で、『マッドマックス怒りのデス・ロード』をトーホーシネマズ六本木4と立川シネマ2aで... (ふじき78の死屍累々映画日記)
未レビュー撲滅運動対象記事。 時間のかかるTBとかもできるだけ避けてガンガン飛ばしたい。 ◆『海街diary』 五つ星評価で【★★★★「これが癒しだ!」と叩きつけられ ...
 (rambling rose)
独裁者イモータン・ジョー率いる軍団に捕まった元警官マックス。その上、軍団に反旗を翻した女戦士フュリオサを追跡する戦闘に巻き込まれてしまい・・
「マッドマックス怒りのデス・ロード」(2015... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「マッドマックス怒りのデス・ロード」(原題:MadMax:FuryRoad)は、2015年公開のオーストラリアの映画です。終末的な世界で繰り広げられる壮絶なサバイバル・バトルを描いたメル・ギブ...
マッドマックス 怒りのデス・ロード (銀幕大帝α)
MAD MAX: FURY ROAD 2015年 オーストラリア 120分 アクション/SF R15+ 劇場公開(2015/06/20) 監督: ジョージ・ミラー 製作: ジョージ・ミラー 脚本: ジョージ・ミラー 出演: トム・ハーディ:マックス シャーリーズ・セロン:フュリオサ ニコラス・ホ...
マッドマックス 怒りのデス・ロード (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジョージ・ミラー 出演:トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース=バーン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ライリー・キーオ、ゾーイ・クラヴィッツ、アビー・リー、コートニー・イートン、ネイサン・ジョーンズ、ジョ...
マッドマックス 怒りのデス・ロード (心のままに映画の風景)
石油も水も尽きかけ荒廃した世界。 愛する家族を守れなかったトラウマを抱え、本能だけで生き長らえている元警官、マックス(トム・ハーディ)は、砂漠一帯を支配する独裁者イモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の一団に捕らわれ、彼らの“輸血袋”として利用...
マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015) (のほほん便り)
メル・ギブソン三部作は未見なのですが、巷の噂で「とにかく、ぶっ飛んでて凄い」「クレイジーで面白い」「行って帰ってくるだけなのに、こんなに魅せてくれるとは」「とても70歳......