映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ウルフ・オブ・ウォールストリート

2014年02月25日 | 洋画(14年)
 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)本作は、レオナルド・ディカプリオが主演で、さらに今度のアカデミー賞において、作品賞、主演男優賞、脚色賞など5部門にノミネートされているとのことなので、映画館に出かけてみました(注1)。

 ディカプリオが演じるジョーダンは、ブローカーの免許を取得して証券会社のトレーダーになったものの、出勤したその日がブラック・マンデー(1987年)で、直ちに失業。
 ですが、田舎のしがない証券会社(注2)に再就職してから、持ち前のセールスの才能を縦横に発揮し、ついには、仲間のドニージョナ・ヒル)とともに株式仲介会社を設立するに至ります(注3)。



 ジョーダンのもとには莫大なお金が転がり込むようになりますが、私生活の方では、それまで一緒に暮らしてきたテレサと別れてナオミマーゴット・ロビー)と結婚。
 しかしながら、順調にいっているように見える彼の事業に対して、FBIの捜査の手が延び、そして、………?

 なんだか『華麗なるギャッツビー』におけるド派手な生活ぶりと、前々回取り上げた『アメリカン・ハッスル』における詐欺とが合わさった作品という印象を受けるものの、ディカプリオが3時間の長尺の映画に殆ど出ずっぱりの怪演を見せてくれるので、なかなか見応えがあります(注4)。



(2)映画の冒頭では、株を扱うブローカーたちはライオンのようだとして、ジョーダンらが設立したストラットン・オークモント社のフロアーをライオンが実際に闊歩しているCMが映し出されます。
 次いで、会社がどんどん大きくなって、社員たちが馬鹿騒ぎしている様子が映し出されます。会社の中で大勢のブローカーたちが、ヘルメットを被った小人を板に描かれた的に投げつけるゲームに興じていて、ジョーダンが、的に当てたら2万5千ドル与えると宣言します。
 また、月末に2870万ドルの手数料が入ったとしてお祭り騒ぎをしますが、一方で、楽隊やらストリップガールたちが乱入してくると思えば、他方で女性の従業員に、髪の毛を剃れば1万ドルやる彼がと言うと、彼女は豊胸手術にお金を使うと言って丸刈りに同意するのです。
 なにしろ、ジョーダンは26歳で4900万ドル稼ぐというのですから!

 ですが、いったいどのようにしてジョーダンらがこのような途方もないお金を稼いでいるのか、そしてそのやり方のどこに違法性があるのかについては、映画では余り十分に描かれていません(注5)。ですから、FBIが彼らの会社に乗り込んできてジョーダンらを逮捕しますが、ぼんやりした理由しかわかりませんでした。
 とはいえ、この映画はそれらの方面は余り焦点を当てずに、むしろ、ジョーダンらが稼いだお金をどのように使ったのかを描く方に焦点を当てているように見受けられます。
 上で申し上げたように、皆でド派手な馬鹿騒ぎをする一方で、私生活面では、大変な豪邸に住み、フェラーリを乗り回し、専用ヘリコプターや豪華クルーザーを持っています。

 加えて、本作では、ジョーダンらがドラッグを使うシーンがやたらと映し出されます(注6)。
 ただ、それによる精神・身体の荒廃が強調されるのではなく、むしろ強力なドラッグを使うことによって、気分が高揚し、まるで金儲けのツールとして酷く有用といっているような感じさえ見る者は受けます。

 本作はむろん道徳宣揚作品ではありませんから、これらはこれでかまわないとは思うものの(注7)、ドラッグに関してだけは、映画『フライト』で覚えた違和感(注8)をこの映画でも持ってしまいました。

(3)渡まち子氏は、「(主人公の)ジョーダン・ベルフォート以上に、70歳を超えたマーティン・スコセッシのバイタリティを感じる大作エンタテインメントだ」として65点をつけています。
 前田有一氏は、「見所があるからダメ認定はしない。しかし、ウリである主人公のハチャメチャ人生が、私にいわせればまったく平凡でつまらない生き方であること。その興ざめ感が作品の魅力をそいでいるのは残念なところである」として60点をつけています。
 相木悟氏は、「負のエネルギーみなぎる3時間に終始圧倒される、異様な映画体験であった」と述べています。
 柳下毅一郎氏は、「一瞬たりとも休まず観客を笑わせつづけるブラック・コメディーは、我々の生のありかたを問いかける恐ろしいホラー映画でもある」と述べています。



(注1)本作は、実在する本作の主人公ジョーダン・ベルフォードが書いた回想録をもとに映画化された作品です。

(注2)その会社はペニー株を取り扱っていますが、手数料が50%という点にジョーダンは魅力を感じます。
 持ち前のセールスの才覚で、電話一本であっという間に4,000ドル売り上げてしまい、田舎の証券会社の同僚から喝采を受けます。

(注3)ドニーは、家具(Children's furniture)の会社に勤めていて、ジョーダンと同じマンションに住んでいましたが、あるときレストランの駐車場でジョーダンの乗るジャガーを見て驚き、ジョーダンに収入はどのくらいあるのかと尋ね、ジョーダンが「先月は7万2千ドルだ」と言って給与明細(pay stub)を見せると、直ちに勤務先を辞めてジョーダンの部下になることを決めてしまい、以来、ドニーはジョーダンの忠実な相棒となるわけです。

(注4)最近では、ディカプリオについては『華麗なるギャッツビー』で見ました。
 その他に、本作では、ジョーダンの相棒のドニーにジョナ・ヒルが扮しています(彼は『マネーボール』で見ました)。
 また、ジョーダンが最初に勤務した証券会社の上司マークマシュー・マコノヒーが演じています(彼は『ペーパーボーイ』で見ました)。
 ちなみに、マークは、出勤してきたジョーダン(その時22歳)をランチに誘って、昼間からマティーニを頼んだりドラッグを吸ったりしながら、「常にリラックスすること」と「コカイン」とがこの世界で成功するコツだとアドバイスします(前者については、血の巡りを良くするために、朝とランチ後に“jerk off”する必要があると強調します!)。



(注5)「Pump and Dump」といわれる株価操作の手法によっているのではないかと思われます。

(注6)特に、映画ではクエイルード(quaalude)といわれている鎮静催眠剤(向精神薬)が、なかなか手に入れ難いものとしてジョーダンらに愛用されています。
 映画の中でジョーダンが、クエイルードについて、「この薬は、最初は不眠症の主婦向けに処方されていたが、誰かが、最初の15分眠気を我慢するとハイになることを見つけ出すとすぐに広まり、しかし政府が禁止したために、残っている量には限りがある」などと説明します(さらに、この記事が参考になるかもしれません)。

(注7)逆に、4900万ドルもの大金を稼いでも、その使い道が本作で描かれているものくらいであれば、大したことはないな、あっと驚くようなものはなく、どれも程度問題にすぎないのでは、と思えてしまうのですが、あるいは、そんな風に思えてしまうのも、大金を得るどころか目にしたこともない細民のヒガミ根性がしからしめるものにすぎないのかもしれません!

(注8)このエントリの(2)を参照。『フライト』では、「コカインが自然の感じで登場する」のです。



★★★☆☆☆



象のロケット:ウルフ・オブ・ウォールストリート
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大統領の執事の涙 | トップ | はじまりは5つ星ホテルから »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-03-02 17:51:42
> ですが、いったいどのようにしてジョーダンらがこのような途方もないお金を稼いでいるのか、

お金はあっという間に儲かってしまう物。あと、薬物もお金さえあれば自然に手に入る物として、現実的な描写がありませんでした。だから、デカプリオが全財産を失うと聞いても、現実感がなく、同情も悲壮感も起きませんでした。デカプリオが延々と人生的なゲームをやってるようにしか見えなかった。
Unknown (クマネズミ)
2014-03-02 20:57:27
「ふじき78」さん、コメントをありがとうございます。
確かに本作は、ジョーダンらのお祭り騒ぎを3時間見せられている感じを受けました。ジョーダンらが捕らえられても、「現実感がなく、同情も悲壮感も起きません」。とはいえ、それもまたリアルな出来事の一面を捉えているのでしょうが。
m(_ _)m (iina)
2014-05-10 11:54:18
トラックバックにコメント返しを忘れていました。先ほど気づき訪問しました。
本作の評価は、60点すれすれですネ。

その後も、映画鑑賞はつづいていますね。
当方は、3月末まで見放題も収束して、いつも通りの日時用にもどっています。
結局、洋画20本+邦画21本を見ることになりました。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/f208e5307dca647a76123adeaa5dcaf5

Unknown (クマネズミ)
2014-05-11 05:33:55
「iina」さん、わざわざコメントをありがとうございます。
「3月末まで見放題も収束して、いつも通りの日時用にもどっています」と述べておられますが、4月からは3月までのペースでは映画をご覧にならないということでしょうか?
確かに、3ヶ月で41本では大変なハイペースですから(クマネズミの場合は30本にすぎません)!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

54 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (日々“是”精進! ver.F)
金稼ぎに人生を懸けた男… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402040001/ 【送料無料】キネマ旬報 2014年 1/15号 [雑誌]価格:890円(税込、送料込) 【送料無料】ウルフ・オブ・ウォールストリート(上) [ ジョ...
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」□監督 マーティン・スコセッシ□脚本 テレンス・ウィンター□原作 ジョーダン・ベルフォート□キャスト レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、 ...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜ヤバすぎる人生へ、ようこそ〜 2013年   アメリカ映画   (2014.01.31公開)配給:パラマウント        上映時間:179分監督:マーティン・スコセッシ原作:ジョーダン・ベルフォート    『ウルフ・オブ・ウォールストリート』/『ウォール...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (あーうぃ だにぇっと)
ウルフ・オブ・ウォールストリート@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
ウルフ・オブ・ウォールストリート (佐藤秀の徒然幻視録)
シャッターアイランド+華麗なるギャツビー 公式サイト。原題:The Wolf of Wall Street。ジョーダン・ベルフォート原作、 レオナルド・ディカプリオ製作・主演、マーティン・スコセッシ ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート / The Wolf of Wall Street (勝手に映画評)
実話を下にした作品。 演技の一線から(一旦?)退くレオナルド・ディカプリオ。その最後の作品に選んだのが、この作品です。監督は、5度目のタッグとなるマーティン・スコセッシ。 そりゃぁ、R18+指定になりますよねぇ。クスリに、セックスに、やり過ぎです。実話を下...
ウルフ・オブ・ウォールストリート/レオナルド・ディカプリオ (カノンな日々)
レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督の5度目のコンビとなる今作は実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した経済ヒューマンドラマで ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート/THE WOLF OF WALL STREET (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click レオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシ監督5度目のタッグ 欲望と夢を現実に、金(カネ)に変えたジョーダン・ベルフォートの実話を基に描いた ド派手人生エンタテインメント     198...
ウルフ・オブ・ウォールストリート(The Wolf of Wall Street) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が5度目のタッグを組み、実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートのセンセーショナルな半生を描いた。22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダンは、学歴もコネも経験もなかったが、誰も思いつ....
お金で買えないモノ。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (水曜日のシネマ日記)
実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマです。
ウルフ・オブ・ウォールストリート (Blue Blue Blue)
タイトルに「ウォールストリート」っていう単語が入っていて、 主演がレオナルド・ディカプリオで、 めざましテレビでカトパンが紹介していた、 といったことからはイメージできないほど、 下品な映画。 コピーに「驚愕エンターテインメント」とありますが、 まさに驚愕....
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 2014年1月28日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 を鑑賞しました。 上映前に、レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル・マーティン・スコセッシ監督の挨拶がありました。 舞台挨拶後はスクリーン7にはバルコニーみたいなところがあって そこにも現れて客席をレオ様が撮ってまし...
ウルフ・オブ・ウォールストリート ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
巨匠マーティン・スコセッシと、ディカプリオが5度目のコンビを組んだ、ヤバネタ満載の伝記ドラマである。デカプリオが演じるのは、ジョーダン・ベルフォートなる実在の人物で、ウォール街での証券詐欺で若くして巨万の富を築いた、最低にして最高のカリスマ。現代の下克....
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (prisoner's BLOG)
スコセッシとしては初めてといっていい「笑える」コメディではないか。「キング・オブ・コメディ」は笑うより先に頬がひきつるような感じがあったが、こちらは頬がひきつった後に笑い出してしまう。 ディカプリオがデビュー当時のジム・キャリーのように縦横無尽に口と身...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (♪HAVE A NICE DAY♪)
驚きでしたね〜この方の人生に。全てに! これは全て本当のお話?でもなく、ちょっとはフィクションも入ってますよね。 いや、映画なんだから 楽しめば?いいのでしょうか〜 それにしても乱れすぎ・・・ 暴力シーンはないけれどR18だけあって 全部子供には見せられま...
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』観たよ (よくばりアンテナ)
本日2本目は、これもアカデミー賞ノミネート作品。 果たして、レオナルド・ディカプリオは・・・ これも実話を映画化。 レオナルド・ディカプリオ演じるジョーダン・ベルフォートは ウォールストリートで若くして株屋として大金を稼ぎ、その後、 証券詐欺とし...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」:道徳レス狂騒社会 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、予想以上に面白く突っ走る2時間59分
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (こねたみっくす)
誰にも共感出来ない乱痴気騒ぎと自業自得の先にある、誰もが共感出来る皮肉。 ジョーダン・ベルフォードが堀江貴文にしか見えない!虚業で大儲けして、どんちゃん騒ぎを日々繰り ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(AF) “このペンを私に売ってみせろ”
映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/2/4、109シネマズ木場。 スクリーン2。 良い席(エクゼクティブシート、カード会員は通常料金)は中央通路の後ろ2列目と3列目。 もう1列前でもよかったのに。 **   レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、 クリスティン・....
ウルフ・オブ・ウォールストリート  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  ジョナ・ヒル  マーゴット・ロビー 【ストーリー】 学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績....
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」〜狂気と怜悧の狭間で (酔生夢死浪人日記)
 AFCはブロンコス、NFCはシーホークスと贔屓にしていた両チームがスーパーボウルで激突した。ブロンコスには圧勝の可能性があり、シーホークスが勝つなら接戦……。これが全米のアナリストの一致した見解だったが、逆の目が出てシーホークスが43―8で圧倒する。 ...
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (2013) (相木悟の映画評)
豪華絢爛、眼が眩むピカレスク・エンターテインメント! 負のエネルギーみなぎる3時間に終始圧倒される、異様な映画体験であった。 26歳にして年収46億円を稼ぎ出し、その後、一気に転落する波乱万丈の人生を送る実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォート....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (to Heart)
貯金ゼロから 年収49億円 ヤバすぎる人生へ、ようこそ。 原題 THE WOLF OF WALL STREET 製作年度 2013年 上映時間 179分 原作 ジョーダン・ベルフォート『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『ウォール街狂乱日記』(早川書房刊) 脚本 テレンス・ウィンター 監督 マー....
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演『ウルフ・オブ・ウォールストリート(THE WOLF OF WALL STREET)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
レオナルド・ディカプリオが実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録をこれまでに幾度となくコンビを組んできたマーティン・スコセッシ監督と映画化した『ウルフ・オブ・ウォールストリート(THE
ウルフ・オブ・ウォールストリート (はるみのひとり言)
映画館で観ました。ウォール街で悪名を轟かせた実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートのお話です。ボロ株を扱う店頭業者にいた頃の経験と巧みな話術で業績を上げ、26歳で名門まがいな証券会社を設立。その後標的を素人から富裕層に変え大企業へと発展させ、若...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ウルフ・オブ・ウォールストリート(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD] [DVD]実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの波乱の人生を描く「ウルフ・オブ・ウォールストリー ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画好きパパの鑑賞日記)
 予告編からみて、ウォールストリートでのしあがる一匹狼の知的なゲーム、と思いきや、「やっぱお金がほしいよね。女も酒も麻薬も何でもありだひゃっはー」という作品でした。でも、ここまで振り切れると気持ちがいいし、投資詐欺にひっかからない教訓にもなりますね。 ...
ウォール街の狼〜『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (真紅のthinkingdays)
 THE WOLF OF WALL STREET  1987年10月19日、ブラック・マンデー。念願の株式ブローカーとなった初日 にウォール街の洗礼を受け、失職した26歳のジョーダン・ベルフォート(レオナ ルド・ディカプリオ)は、零細の投資センターで再出発する。持ち前の...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.wolfofwallstreet.jp/ 実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマだそうだけど、その回想録は未読。 アカデミー賞の最有力候補という宣伝文句に釣られての鑑賞。 学歴や人脈もないまま、22歳でウォー....
「ウルフオブウォールストリート」、デカプリオさん大活躍の金融ものです (ひろの映画日誌)
 おススメ度 ☆☆☆☆ ただし、R−18です。 何しろ記事によると「ファック」という言葉が506回、平均して1分間に28回出てくるというから驚きだ。 26歳で証券会社を設立、年収4900万ドル(約49億円)を稼ぎ出し、10年間の栄光の果てに、36歳で楽園を追放され...
ウルフオブウォールストリート (夏の雨)
ウルフオブウォールストリート観ました 2013年 アメリカ 監督 マーティン・スコセッシ 出演 レオナルド・ディカプリオ     ジョナ・ヒル     マ−ゴット・ロビー     マシュー・マコノヒー 実在の株式ブローカーの回顧録が原作。 ブレーキのかから...
ウルフ・オブ・ウォールストリート The Wolf of Wall Street (映画の話でコーヒーブレイク)
レオナルド・デカプリオ主演、マーティン・スコセッシ監督の注目作品ですが、何と!179分の長さです。 インド映画もだいたい3時間ですが、本作には歌も踊りもありません。 あるのは酒池肉林。金をばら撒き、酒と女と麻薬に溺れ倒す姿を大スクリーンで2時間半ほど見せられ....
ウルフオブウォールストリート (シネマ日記)
1980年代〜90年代にウォール街で名を馳せたジョーダンベルフォードレオナルドディカプリオの自伝を映画化。そのころと言えば「ウォール街」という映画にもなったゴードンゲッコーが"Greed is Good."(良くは善なり)という有名な言葉を残した時期。ウォール街は...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WOLF OF WALL STREET】 2014/01/31公開 アメリカ 179分監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、ジョン・ファヴロー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナー、ジャン・デュジャルダ....
ウルフ・オヴ・ウォールストリート (本と映画、ときどき日常)
監督 マーティン・スコセッシ 出演 レオナルド・ディカプリオ     ジョナ・ヒル     マシュー・マコノヒー ウォール街を舞台に、証券会社を設立し莫大な富を得た青年。 そんな主人公が酒に女に薬に溺れ、破滅していくまでを描いたお話。 お下品でした〜(....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (心のままに映画の風景)
80年代後半のウォール街。 学歴や人脈もない証券マンのジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は、26歳で ドニー・アゾフ(ジョナ・ヒル)らと会社を設立すると、富裕層をカモに巧みなセールストークで瞬く間に大企業へと成長させ、自らも年収49億円の...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (セレンディピティ ダイアリー)
レオナルド・ディカプリオ、マーティン・スコセッシ監督の5度目のタッグとなる映画、
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」みた。 (たいむのひとりごと)
最近のハリウッドは実話ベースの作品が流行りのようだけれど、こちらも実在の株式ブローカー:ジョーダン・ベルフォートの半生を描いた作品で、ディカプリオ×スコセッシ監督がタッグを組んだ第86回アカデミー賞5
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 アメリカの(悪)夢 (Days of Books, Films )
The Wolf of Wall Street(film review) 『ウル
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (ラムの大通り)
(原題: THE WOLF OF WALL STREET) ----おっ、観てきたばかりの映画。 最近にしては珍しいニャあ。 アカデミー賞がらみだと、 『アメリカン・ハッスル』も『ネブラスカ/ふたつの心をつなぐ旅』もまだなのに…。 「そうなんだよ。 このままだと、 ついつい喋るのを逸し...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (ダイターンクラッシュ!!)
2014年2月11日(火) 13:45〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 悲願なるか 『ウルフ・オブ・ウォールストリート?』公式サイト 長い、退屈はしないが、長い。 退屈はしないが、客を騙すのと、ヤクを決めるのと、セック...
[映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う〜む、面白かった。  三時間の上映があっという間。  私たちが、ホリエモンによるフジテレビ買収の時に感じた悪徳を、200倍の規模、魅力的な主人公で楽しませてくれた。  まず、スコセッシがすごい。  『シャッター・アイランド』が厳しい作品だったので、...
ウルフ・オブ・ウォールストリート 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
巨匠マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ ディカプリオが再び組んだ実録ものの映画 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」が公開 されましたので観に行ってきました。 ウルフ・オブ・ウォールストリート 原題:THE WOLF OF WALL STREET 製作:2013アメリカ 作品紹介...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (悠雅的生活)
狂喜乱舞。阿鼻叫喚。捲土重来。 
ウルフ・オブ・ウォールストリート (そーれりぽーと)
レオちん遂にアカデミー賞受賞なるか?!『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観てきました。 ★★★★ 長いしクドいけど癖になる映画。 良い映画なんですよ、映画は。 問題はレオナルド・ディカプリオの事が大好き過ぎるマーティン・スコセッシ監督の推し過ぎっぷり...
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-16.ウルフ・オブ・ウォール・ストリート■原題:The Wolf Of Wall Street■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:179分■料金:1,800円■観賞日:2月13日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:マーティン・スコセッシ◆レオナルド...
『ウルフ オブ ウォールストリート/The Wolf Of Wall Street』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
実話と聞くと観たくなりますよね。 大成功そして破滅へ 学歴、ノウハウ、人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。 誰にも思いつかないような巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なア...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 狂乱の日々 (はらやんの映画徒然草)
レオナルド・ディカプリオが演じるジョーダン・ベルフォートは株式ブローカーとしてキ
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオ、あっぱれ。ずっと思ってたけどたいした役者だ。私はこの作品、好き。大好き。究極、一人の男の栄光と転落の人生を描いたものなのだけれど、なんというパワフルな作りだろうか。特殊な状況下のパワフルというだけでなく、全ての面でパワフル&ゴ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (タケヤと愉快な仲間達)
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、ジョン・ファヴロー、ロブ・ライナー 【解説】 実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマ。1980年代か....
映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」レビュー(ディカプリオ、11秒、ロウソク、株で大儲け) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いて
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 〜ん〜ん♪ん〜ん♪ドン!ドン!〜 (偏愛映画自由帳)
2013年/アメリカ/180分 監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ    ジョナ・ヒル    マーゴット・ロビー    マシュー・マコノヒー ■概要 原題は『The Wolf of Wall Street』。アメリカ製作による2013年の伝記コメディ映画です...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(2013... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(原題:TheWolfofWallStreet)は、2013年公開のアメリカのピカレスク伝記・コメディ・ドラマ映画です。80年代から90年代のウォール街で“狼”と呼ばれ...