映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

スター・ウォーズ フォースの覚醒

2016年02月16日 | 洋画(16年)
 『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を吉祥寺オデヲンで見ました。

(1)公開されてからだいぶ経つので、この辺で見ておかないと見逃してしまうおそれがあると思い、映画館に行ってきました(注1)。
(以下は様々にネタバレしていますので、映画を未見の方はご注意ください)

 本作(注2)の冒頭では、まず、「遠い昔、はるか彼方の銀河系で……」との字幕が映し出された後、タイトルが映し出され、次いで、「ルーク・スカイウォーカーマーク・ハミル)が消えた。帝国軍の残党は、ファースト・オーダーという組織を作り上げ、最後のジュダイのスカイウォーカーを探し出して殺そうとしていた。他方、共和国軍の支援によりながら、将軍・レイアキャリー・フィッシャー)はレジスタンスを率い、銀河系の平和と正義を取り戻すためにルークを探し出そうとしていた。そして、レイアは、ルークの居場所が記された地図を持つ者がいる惑星ジャクーに部下のパイロットとドロイドを派遣した」といった内容のオープニング・ロールが流れます。

 それから本編に入り、惑星ジャクーに行ったパイロットのポー・ダメロンオスカー・アイザック)は、ロア・サン・テッカから地図を受け取るものの、帝国軍の攻撃を受け、カイロ・レンアダム・ドライバー)に捕まってしまいます。ただ、その前に地図の入ったデータファイルをドロイドのBB-8に託します。

 ポー・ダメロンは行方がわからなくなるものの、惑星ジャクーで廃品回収業をやっているレイデイジー・リドリー)と、帝国軍のストームトルーパーながらそこから脱走したフィンジョン・ボイエガ)、そしてドロイドのBB-8とがミレニアム・ファルコンで一緒になり、惑星ジャクーから飛び立ちます。



 その後、ミレニアム・ファルコンには、ハン・ソロハリソン・フォード)とチューバッカが出現するのですが(注3)、さあ、物語はどのように展開していくのでしょうか、………?



 確かに、飛び交う戦闘機や戦艦などの映像はこれまでより一層精緻なものとなって、戦闘場面もリアルさが増しているように思います。とはいえ、新シリーズと聞いて何か革新的なアイデアがいろいろ積み込まれているのかなと期待しましたが、そういったものは見当たらず、どうして『ジェダイの帰還』から30年も経ってからこのような保守的とも思える映画をわざわざ制作しようとしたのかよくわからない感じがしたところです。

(2)本作は、『スター・ウォーズ』の第1作目の『新たなる希望』(エピソード4:1978年)~『ジェダイの帰還』(エピソード6:1983年)に続くとされているので、見る前に予めそれらのDVDをTSUTAYAから借りてきて予習しました。
 予習の感想は、最初の「エピソード4」はなかなか良く出来ていると思うものの、次の『帝国の逆襲』(エピソード5:1980年)及び3番目の「エピソード6」は第1作の繰り返し版のような印象で、あまり新鮮味を感じませんでした。
 
 もう少し言えば、スター・デストロイヤーXウイングタイ・ファイターウォーカースピーダー・バイクなどなど、映画に登場する様々な兵器・乗り物はどれもなかなか格好がよく、それらを見ているだけで楽しくなります。



 とはいえ、「エピソード4」では、帝国軍の究極兵器であるデス・スターは、反乱軍側によって完全に破壊されたはずですが、「エピソード6」では再度建造されていて、またもや「エピソード4」と似たようなやり方で破壊されるのは(注4)、いったいどうしたことでしょう?
 それに、「エピソード6」に登場してハン・ソロらの潜入部隊を支援する惑星エンドアの原住民イウォーク族の様子が、あまりにもアフリカや南米などに住む未開の原住民の姿を反映している感じがして、一体ここはどこの惑星なのかなと思ってしまいました(注5)。
 さらに、映画では帝国軍とか反乱軍とかが登場しますが、それらのバックとなる帝国自体とか反乱地域といったものはどこにどんなように存在しているのでしょう?これらの3つの映画では、軍隊は描かれているものの、その基盤となる国民が描き出されていないために、“正義”とか“悪”などといわれても抽象的なお題目にしか思えず、単に二つの勢力の間の派閥争いが描かれているにすぎないように思えてしまいます。

 そして、今回の『フォースの覚醒』(エピソード7)です。
 飛び交う戦闘機や戦艦などの映像はより一層精緻なものとなって、戦闘場面もリアルさが増しているように思います。
 とはいえ、話自体は、事前に予習をした「エピソード4」~「エピソード6」とあまり変わらないように思われます。

 なるほど、「エピソード4」では兵器としてのデス・スターが破壊されただけで帝国自体は存続しているのでしょうから、「エピソード5」で帝国軍が登場してもかまわないのでしょう(注6)。
 ですが、「エピソード゛6」で皇帝以下壊滅したはずの帝国軍が、本作では“残党(ashes)”として生き残っていて、その“残党”が巨大なスターキラー基地までも建造しているのは、よく理解できません。

 また、銀河系全体は、帝国軍を打ち破った新共和国がすでに支配しているはずにもかかわらず、“残党”の帝国軍と戦うための組織が「レジスタンス」といわれるのもよくわかりません(注7)。まさに、「エピソード4」のレイア姫率いる「反乱軍」の焼き直し版といったところです(同じレイアが「レジスタンス」を率いているのです!)。

 そして、「エピソード6」の第2デス・スターの拡大版といったところのスターキラー基地。
 規模が氷の惑星全体に広がっているとはいえ、やることはデス・スターと同じであり(注8)、またデス・スターと同じように破壊されます(注9)。

 さらに言えば、スターキラー基地でファースト・オーダーのストームトルーパーを前にして、ハックス将軍(ドーナル・グリーソン)が演説をしているシーンが映し出されますが、1936年に開催されたナチスのニュルンベルグ党大会を彷彿とさせます。



 これは、銀河系を支配する新共和国を打ち破ろうとする帝国軍が、またしても従前のように、正規軍による正面攻撃をしようとするのを表しているのでしょう。
 ですが、帝国軍は“残党”によって構成されているはずですし、支配体制を打破するのであれば、まずもって考えられるのはゲリラ戦ではないでしょうか(注10)?

 要すれば、本作のストーリー展開に独創性・新規性といったものが少しも感じられないのです(注11)。

 そして、劇場用パンフレット掲載の「Staff Interview」で、J.J.エイブラムス監督は、「(本作の)中核にあるのは家族の物語であり、ファミリードラマだ。己の力を見つけ、知り合うことなど予期しなかったような人々との繋がりを探す。秘密や大義、そして事故よりもなにか大きな存在と結ばれることについての物語だ」云々と述べています。
 きっと、次の「エピソード8」では、レイが本作のラストで遭遇する人物が重要なカギを握ると予想されます。ですが、“家族の物語”なら、すでに「エピソード4」~「エピソード6」で様々に描かれているところであり、新シリーズでその屋上屋を重ねても仕方がないように思えるのですが。

(3)渡まち子氏は、「いずれにしてもSF活劇の楽しさが十二分につまった極上のエンタテインメントだ。エピソード8と9の公開にはもう少し時間が必要だが、今からたまらなく待ち遠しい」として85点をつけています。
 前田有一氏は、「結局「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は、この上なくよくできた模写の域を出ていない。つまり、旧シリーズとシームレスにつなげた一点でJ・J・エイブラムス監督の職人芸を味わうことはできる。しかし、過去作でルーカスが目指したであろう、映画史を塗り替えんという創作魂や革新性はまったく受け継いでいない」として65点をつけています。
 クマネズミは、基本的にこの前田氏の見解に賛同するものです。
 渡辺祥子氏は、「第1作の頃より大幅に進歩した映像技術による3D映像が体感させる空中戦の数々。見るのではなくゲームの中で翻弄される快感がある。若い世代の新たな活躍は第8作に期待したい」として★4つ(「見逃せない」)をつけています。



(注1)SF物は総じて敬遠していましたが、この記事によれば、本作の「世界興収が20億ドル(約2340億円)を突破した」、「歴史上、20億ドルの壁を突破したのは、『アバター』(27億ドル8800万ドル)、『タイタニック』(21億8680万ドル)に続いて3作目。しかも、史上最速の53日で到達してしまった」とのことで、そんなにすごいのであればやはり1回くらいは映画館で立ち会っておかなくては、という気持ちになりました。

(注2)監督は、『SUPER 8/スーパーエイト』のJ.J.エイブラムス
 脚本は、J.J.エイブラムス、ローレンス・カスタン(『スター・ウォーズ』のエピソード5と6の脚本を書いています)とマイケル・アーント。
 原題は「STAR WARS: THE FORCE AWAKENS」。

 なお、出演者の内、最近では、ハリソン・フォードは『42 世界を変えた男』、オスカー・アイザックは『アレクサンドリア』、マーク・ハミルは『キングスマン』、マズ・カナタ役のルビタ・ニョンゴは『それでも夜は明ける』で、それぞれ見ています。

(注3)『の・ようなもの のようなもの』に関する拙エントリの「注12」で、宇多丸氏が「往年の『スター・ウォーズ』ファンが、新作の予告編を見て、ハン・ソロとチューバッカが出てくるだけで感涙する」と述べていると申し上げましたが、本作は、『の・ようなもの のようなもの』と同様に、これまでの作品に格別の思い入れのある人にとって懐かしさを募らせる作品なのでしょうが、そうでもない人にとってどんな意味があるのでしょうか?

(注4)もちろん、「エピソード6」においては、「第2デス・スター」は強力なシールドで防護されていて、その発生装置を破壊するために、ハン・ソロが率いる潜入部隊が惑星エンドアに乗り込むなどというように、「エピソード4」と細部はいろいろ違っています。
 ですが、Xウイングがデス・スターの狭い通路を突進して中央部にある炉を破壊することで全体を壊してしまうという構図は類似しているように思います。

(注5)「スター・ウォーズ」と銘打たれて入るものの、地球上で展開される“第3次世界大戦”といった感じがしてしまいます。

(注6)究極兵器が破壊されたのですから、帝国が受けた損失は甚大だったはずにもかかわらず、帝国軍が、僅かな期間で最初のものよりも巨大で防御機能に優れた「第2デス・スター」を生み出してしまうというのも、どうなのでしょうか?

(注7)第2次世界大戦でナチスに対してフランス国内で行われた抵抗運動のように、支配体制に抵抗するのが“レジスタンス”ではないでしょうか?本作の「レジスタンス」のように、支配体制を防衛しようとする組織が何故そのように呼ばれるのかよくわかりません。

(注8)スターキラー基地は、新共和国の首都惑星などをビームを放って破壊しますが、これは最初のデス・スターが惑星オルデランを破壊したのと全く同じことでしょう(デス・スターのレーザー砲とは異なる原理によるのでしょうが)。

(注9)スターキラー基地の内部に侵入したフィンやチューバッカらが爆弾をセットして破壊して突破口を開くと、ポー・ダメロンらのXウイングの部隊がそこから内部に入って攻撃することでスターキラー基地は崩壊します。
 帝国軍の究極兵器の最大の弱点を狙って内部に侵入して、その一点を破壊することによって兵器全体をも破壊するという構図は類似しているように思います。

(注10)現在の世界情勢からしたら、リアリティがあるのは、ナチスばりの正規軍による攻撃よりも、むしろテロ攻撃の方ではないでしょうか?

(注11)本作に登場する戦艦や戦闘機なども、図体が大きくなったり性能が増していたりするのでしょうが、新しい機種が登場しているようには思えません。



★★★☆☆☆



象のロケット:スター・ウォーズ フォースの覚醒
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (63)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニューヨーク 眺めのいい部... | トップ | オデッセイ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エンタテインメント性 (iina)
2016-02-18 10:13:46
>「エピソード6」は第1作の繰り返し版のような印象で、あまり新鮮味を感じませんでした。
そんな印象でした。
ジョージ・ルーカスの手を離れてますから、ディズニーがルーカスの意向を無視してエンタテインメントを追求したもののようです。

二番煎じですが、スターウォーズを煮詰めた極上のエンタテインメントともいえそうです。

Unknown (クマネズミ)
2016-02-18 21:32:18
「iina」、さん、コメントをありがとうございます。
ただ、クマネズミが「「エピソード6」は第1作の繰り返し版のような印象」と申し上げたのは、『ジェダイの帰還』が『あらたなる希望』の繰り返しのように思えるということで、本作(エピソード7)についてではありません。
とはいえ、本作も、エピソード4(第1作目)と類似した内容のように思えます。
そんなところから、クマネズミには、本作がとても「極上のエンタテインメント」とは思えなのですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

63 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (Break Time)
今朝は、山間部では雪が・・・
映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2D・日本語字幕版)』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら60点にします。 ざっくりストーリー(ネタバレにならぬよう概要です) 舞台は、スター...
劇場鑑賞「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 (日々“是”精進! ver.F)
フォースが導く運命… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201512180001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】スター・ウォーズ フォースの覚醒 オリジナル・サウンド...価格:2,916円(税込、送料込) 【送料無料】...
スターウォーズ フォースの覚醒 (映画好きパパの鑑賞日記)
 今年の1本目は世界的に大ヒットしているこの作品。元日の夜に見ました。エピソード4、5を思い出して、素直に楽しめたけど、優等生すぎるというのか、突き抜けたところがないような気もしました。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:J・J・エイブラムス 出演...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (セレンディピティ ダイアリー)
「スター・ウォーズ」シリーズ第7作、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(Sta
『スターウォーズ EPISODE? フォースの覚醒』 2015年12月30日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スターウォーズ EPISODE? フォースの覚醒』 を鑑賞しました。 今年の映画納は満を持してこの作品にした。 大正解で文句なく今年№1の映画であった。 【解説】  2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公...
スター・ウォーズ を観たゾ (ヤジャの奇妙な独り言 zwei)
本日公開の スター・ウォーズ/フォースの覚醒 …未だ観てないです 何時行こうか… タイトルの観たゾは 「EPISODE I:THE PHANTOM MENACE」 (エピソード1/ファントム・メナス)のBlu-rayの事であります(ダメ?) 何か世間では今回の「フォースの覚醒」は 無理矢理...
スター・ウオーズ/フォースの覚醒 を観たゾ (ヤジャの奇妙な独り言 zwei)
やっと重い腰を上げて 13時20分に開映する スター・ウォーズ/フォースの覚醒 を観に行く事に 今の段階では 12/18の上映前には既に 物語の大まかな流れを知り 尚且つ上映後の様々な評判から 不安9・期待1の状態 (以前は不安7、期待3) シリーズ開始前の構想は 全9話....
「STAR WARS エピソード7 フォースの覚醒」Star Wars: The Force Awakens (2015 ディズニー) (事務職員へのこの1冊)
エピソード3特集はこちら。STAR WARSはまことに因果なシリーズで、熱狂的なファンが多いものだから彼らの心のなかにそれぞれ独自のSWがあり、相違すると思い切り批判される。たとえそれが創造主ジョージ・ルーカス本人の意向であっても。自分の製作会社ごとルーカスがデ...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (佐藤秀の徒然幻視録)
同窓会してどうするんだ? 公式サイト。原題:Star Wars:The Force Awakens。J.J.エイブラムス監督。デイジー・リドリー、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、 ...
[映画] スターウォーズ フォースの覚醒 (12時間Blog)
「スターウォーズ フォースの覚醒」を川崎TOHOシネマズにて観て来ました いやー、遂に公開されましたな! SWシリーズの前置きみたいなことについては昨日のエントリをご覧頂くとして、いきなりネタバレ感想に行きます! 以下ネタバレ感想: 上映開始でいきなりルー...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (アリスのさすらい映画館)
  スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015)アメリカ 原題:Star Wars: The Force Awakens 監督:J・J・エイブラムス 脚本:ローレンス・カスダン/ J・J・エイブラムス/ マイケル・アーント 出演:ハリソン・フォード / キャリー・フ...
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(1回目) (或る日の出来事)
「スター・ウォーズ」の明快な楽しさが帰ってきた。
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Force Awakens (Star Wars) [ハードカバー]映画ファンのみならず、全世界を巻き込んだ一大エンタテインメントの様相を呈している「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、エピソード7。A ...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (あーうぃ だにぇっと)
スター・ウォーズ/フォースの覚醒@TOHOシネマズ日劇
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (Akira's VOICE)
やっぱりSTARWARSが好き。  
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 4DX3D吹替え版 (海外ドラマ☆SFワールド)
公開初日の18日に観てきました。4DX3D観賞、すっごく楽しかった。フォースを感じたよ!(笑)。※ネタバレあり!(なんでもネタバレのような気がするので要注意です
スター・ウォーズ/フォースの覚醒★★★★★ (パピとママ映画のblog)
2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されるSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。オリジナル3部作の最終章「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に描かれると言われる、新たな3部作の第1章....
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (本と映画、ときどき日常)
監督 J・J・エイブラムス 出演 デイジー・リドリー     ジョン・ボヤーガ     オスカー・アイザック 帝国軍の残党ファースト・オーダーVSレイア姫率いるレジスタンス。 行方不明のルークを探せ! 初の4DXで迫力満点! 最初ちょっとこっちにばかり....
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (2D字幕版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【STAR WARS:THE FORCE AWAKENS】 2015/12/18公開 アメリカ 136分監督:J・J・エイブラムス出演:ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴ、アンディ・サーキ....
スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015) STAR WARS:THE FORCE AWAKENS 136分 (極私的映画論+α)
 親の因果が子に報い・・・ 子の因果が孫に報い・・・(爆)
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」@109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 公開二日目の夕方。2D字幕版を上映するシアター6は満席。エグゼクティブシート真後ろを陣取った外国人軍団の異様な熱狂と共に映画を鑑賞した。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(STAR WARS : THE FORCE AWAKENS)』J・J・エイブラムス監督、デイジー・リドリー、アダム・ドライ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容(ネタバレ)、台詞に触れています。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』STAR WARS : THE FORCE AWAKENS 監督 : J・J・エイブラムス出演 : デイジー・リドリー、ア
新たな3部作の幕開け! (笑う社会人の生活)
21日のことですが、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて ポー・ダメロンはファーストオーダーに拉致される前にルークの居場所を示す地図をBB-8に託す。BB-8は難を逃れレイと出会う 一方、フィンはファーストオーダーから逃れたいと考....
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 壮大な宇宙叙事詩の新たなる3部作の始まり (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 待望のスター・ウォーズの最新作。  監督は『M:i:III 』『SUPER8/スーパーエイト』などのJ・J・エイブラムス。  今回の最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』はエピソード7。1977年から公開された『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』『ス...
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」□監督・脚本 J・J・エイブラムス□脚本 ローレンス・カスダン、マイケル・アーント□キャスト デイジー・リドリー、ジョン・ボヤーガ、オスカー・アイザック、        アダム・ドライバー...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (だらだら無気力ブログ!)
某メーカーのグズグズっぷりのあおりを喰らって予定してた日には観に行けなかったけれど、やっと鑑賞でした!最高やった!
スター・ウォーズ / フォースの覚醒 (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】ルーク・スカイウォーカーを探す良い人VS
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 2D字幕 (♪HAVE A NICE DAY♪)
最初から最後まで面白くて楽しめました!! おお~~~初めて劇場で観る黄色の字のオープニング ネタバレしてます 私は今年になってからやっと!SWデビュー(笑)だったので それでも最初から出演してる ハン・ソロ、レイア、ルークの3人の登場には感動したし チ...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11)(11) 年末祭りに相応しい本作の余韻はしばらく続きそう。
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (rambling rose)
砂漠の惑星で家族の帰りを待つレイ。廃品回収をしながら暮らす彼女は、ある日突然現れたドロイドBB-8を通じて帝国軍の残党ファースト・オーダーの脱走兵フィンと出会う。
映画 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     ◆  スター・ウォーズ シリーズ   始まりが初期の3部作を見ているような感じがしましたが   背景の星が、いまいち古すぎる技法で   字幕も現代...
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:STAR WARS:THE FORCE AWAKENS )大して面白くもないが、欠点をあれこれと指摘するのも意味が無いように思う。この作品自体がひとつの“アトラクション”であり、映画としての出来を批評するようなシロモノではない。製作元がディズニーになったことも、そのこと...
スター・ウォーズ / フォースの覚醒  監督/J.J.エイブラムス (西京極 紫の館)
【出演】  デイジー・リドリー  ジョン・ボイエガ  オスカー・アイザック  アダム・ドライバー  ハリソン・フォード  キャリー・フィッシャー 【ストーリー】 銀河、暗黒の時代  ファースト・オーダーと呼ばれる強力な軍事力を持つ組織が自由な世界を脅かそうと....
新・惑星大戦争 ジョージ・ルーカス J・J・エイブラムス 『スターウォーズ フォースの覚醒』 (SGA屋物語紹介所)
遠い昔はるか銀河の彼方で・・・ マッドマックスとかターミネーターとかナポレオン・
映画:スター・ウォーズ/フォースの覚醒 Star Wars:The Force Awakens 流石J.J.エイブラハムズ!と唸る (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず最初に当ブログのスターウォーズ(以下SW)に対してのスタンス説明をば。 第1作SW4は素晴らしい思い出、ただしその後続いたSW5、SW6はそこまでじゃない。 そしてしばらく経って立ち上がった初期の話、SW1、2、3も一応押さえたが、ルーカスのデジタル技術、V...
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 (時間の無駄と言わないで)
一番不安だったのは監督がJ.J.エイブラムスなコト。 彼の監督作とはイマイチ相性が悪く…。 今までごめんJ.J.エイブラムス!! そしてありがとうJ.J.エイブラムス!! 突っ込みどころは ...
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」:人生と並走していくサーガ (大江戸時夫の東京温度)
『スター・ウォーズ』にはさほどの思い入れはないのですが、こういったイベント・ムー
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』 (こねたみっくす)
目覚めよ、『スター・ウォーズ』サーガへの愛よ! 『スター・ウォーズ』は映画ではない、歴史である。この言葉を理解する者にとって、見終わった後に発するべき言葉はただ一つ。 ...
No.524 スター・ウォーズ フォースの覚醒 (気ままな映画生活)
2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されるSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。オリジナル3部作の最 ...
スター・ウォーズ フォースの覚醒/STAR WARS THE FORCE AWAKENS (我想一個人映画美的女人blog)
いまさら説明するまでもない映画史に残るSF大作の金字塔の続編は 「スター・トレック」「SUPER 8/スーパーエイト」のJ・J・エイブラムスが監督ということで 世界中が期待を高めていた。  わたしはというと、「SWシリーズ」はDVD持ってるし、エピソード1の時....
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 2D字幕版で観たよ! (よくばりアンテナ)
いや~昨日の公開初日のお祭りさわぎはすごかったみたいですね~ コスプレイヤー達を映画館が呼ぶっていうのも全国的にやってるんですね? Twitterのタイムラインもスターウォーズで埋め尽くされたかと思いました。 私もすごい楽しみにしていたんですけど、 ...
映画:「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
成27年12月26日(土)。 映画:「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。 監  督:J・J・エイブラムス 共同脚本:J・J・エイブラムス/ローレンス・カスダン オリジナル原案:ジョージ・ルーカス 製  作:キャスリーン・ケネディ /ブライアン・バー...
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 (ゆっくり歩こ。)
主人公のヒロイン、この子いいですよ~~  名前はデイジー・リドリー  イギリスの女優さんなんですね 過去に出演作はないようなので(?)このスター・ウォーズが初めての映画? いやー良いですよぉ すっごく上手かったし、なんてったって運動神経がぐ~  女の...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 '15:米 ◆原題:STAR WARS: THE FORCE AWAKENS ◆監督:J・J・エイブラムス「スター・トレック イントゥ・ダークネス」「SUPER 8 スーパーエイト」 ◆主演:デイジー・リドリー、ジョン・ボヤーガ、オスカー・アイザック、ドー...
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」30年の月日を経て再び訪れた帝国の脅威に再びフォースの力を求める時が来た (オールマイティにコメンテート)
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」はスター・ウォーズシリーズの最新作でエピソード6から30年後のエピソード7に当たる作品でジュダイの復讐から30年の時を経て再び帝国 ...
「スターウォーズ フォースの覚醒」☆フォースの威力 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
どうか熱狂的なファンの人がこのレビューを見ませんように☆
スター・ウォーズ / フォースの覚醒・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
創造主は去り、フォースは再び覚醒した。 ??驚くべき大傑作である。? 想像を絶する大きなプレッシャーがかかる中、J・J・エイブラムスは壮大なサーガの幕開けを告げた、「新たなる希望」の誕生に匹敵する、偉大な仕事をやってのけた。 初期三部作から三十年後の未来...
スター・ウォーズ フォースの覚醒 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】J・J・エイブラムス 【出演】ハリソン・フォード/マーク・ハミル/キャリー・フィッシャー/デイジー・リドリー/ジョン・ボイエガ/オスカー・アイザック/アダム・ドライバー/ドーナル・グリーソン/グウェンドリン・クリスティー/ルピタ・ニョンゴ/アンソニー・...
スター・ウォーズ フォースの覚醒 3D (そーれりぽーと)
世界同時公開初日の金曜日、二回目上映のレイトショー。 日本で唯一、先月出来たばかりの109シネマズエキスポシティーで、IMAX4Kレーザーシアターのエグゼクティブ席ど真ん中を押さえ、気合を入れて『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を観てきました。 ★★★★★ はじ...
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』('15初鑑賞92・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 18:15の回を鑑賞。2D・字幕版 12月26日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:00の回を鑑賞。2D・字幕版
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」予告編2 (癒し系!?税理士の爆笑??商売繁盛記)
みなさん、こんばんは。 今日は快晴でしたが、風も冷たく、師走らしい寒さでした。いよいよ、年末へ突入といったところですね。 さて、今日は帰りがけに映画を観てきました。 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」予告編2 今まで、上映初日、かつ、初回の上映を鑑賞....
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 素晴らしい!の一言 (はらやんの映画徒然草)
素晴らしい!の一言。 最初にEpisode ?が公開された時から9部作構想と言わ
スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:J・J・エイブラムス 出演:ジョン・ボイエガ、デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、アンディ・サーキス、ドーナル・グリーソン、マックス・フォン・シドー、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミル 【解説】 SF....
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (心のままに映画の風景)
砂漠の惑星ジャクーで、家族を待ちながら暮らす孤独な少女レイ(デイジー・リドリー)は、ボール型ドロイドのBB-8とストームトルーパーの脱走兵フィン(ジョン・ボイエガ)と出会い、運命が一変する。 フォースを巡るSF超大作。 オジナル3部作の最終章「エピソ...
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 素晴らしい!の一言 (はらやんの映画徒然草)
素晴らしい!の一言。 最初にEpisode ?が公開された時から9部作構想と言わ
スター・ウォーズ フォースの覚醒 (シェイクで乾杯!)
もう、最高!最初からワクワクし通しだった!
スター・ウォーズ フォースの覚醒 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
いわずとしれたSF映画シリーズ「スター・ウォーズ」 の新3部作がついに始動!、待望の第1章である 『スター・ウォーズ フォースの覚醒』が公開、 3D映画でしたので3D字幕版を観に行ってきました。 本国アメリカでは『アバター』の記録を塗り替え、 全米NO.1興行収入を叩...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 STAR WARS: THE FORCE AWAKENS (まてぃの徒然映画+雑記)
不朽の名作、待望の続編。スターウォーズシリーズを劇場で観るのは初めてかも。「ジェダイの帰還」から約30年後の設定だけに、ハン・ソロやレイア姫は年齢を重ねているけれど、実際にハリソン・フォードやキャリー・フィッシャーがずっと演じているのは歴史を感じます。....
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (映画の話でコーヒーブレイク)
本年1本目は、昨年末に見た「スター・ウォーズ」です。 昨年は例年になく掃除や洗車を早めに始めたのギリギリに慌てることなくサクサク終了。 やればできるじゃん!な~んて…自分でも驚きです。 わんこの体調も戻ったので、29日に映画館へ。 1977年のエピソード4にワク...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015)*STAR WARS:THE FORCE AWAKENS (銅版画制作の日々)
 記憶が飛んでしまってましたが・・・・。 実はすべて鑑賞したのか?覚えてないのですが(汗)そんないい加減なのにいきなり鑑賞。皆さん以前のものをちゃんと観て鑑賞に臨まれたようですね。それを考えると大胆すぎる私。 上記の登場人物が主なメインキャラクターで...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (Star Wars: Episode VII - The Force Awakens) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 J・J・エイブラムス 主演 ハリソン・フォード 2015年 アメリカ映画 136分 SF 採点★★★ 特別な愛や“信仰”ってのをスター・ウォーズに関して持ってない私ではあるんですが、円卓の騎士の物語や指輪物語など普遍性の高い物語をSFの中に巧みに盛り込み、...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (いやいやえん)
「ジェダイの帰還」とあったように、SWは親と子の物語であった(ルークの答えに対してのベイダーの答え)と、個人的に思っているので、なんか別作品をみてるような気分でした。